【新生】 横浜No.1 Part1 [無断転載禁止]©bbspink.com [無断転載禁止]©bbspink.com

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1手コキ太郎2017/01/03(火) 02:47:15.43ID:Hjlm3YH20
またもやリニューアルです。

2名無しさん@ピンキー2017/01/03(火) 09:18:01.28ID:dr2H4C1q0
前のスレがない

3名無しさん@ピンキー2017/01/03(火) 11:20:29.68ID:I+B8uVor0
>>2
とある嬢の個人情報流したり誹謗中傷が書かれていたので3つの
スレすべて坊主のお経によって消却。
ちなみに、スレの消却時間は1分あたり16KBのお経が唱えられる
ので1時間もあれば消滅。
悪いこと書くなよ。南無阿弥陀仏。

4名無しさん@ピンキー2017/01/03(火) 11:24:48.14ID:I+B8uVor0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

5名無しさん@ピンキー2017/01/03(火) 12:44:32.54ID:9t8lQOVp0
あゆみはボストロール

6名無しさん@ピンキー2017/01/03(火) 12:55:41.80ID:3nxrjpyX0
もう、スレ立てるな

7名無しさん@ピンキー2017/01/03(火) 16:07:53.88ID:m4TShDdm0
とある嬢ってだれ?

8名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 11:00:00.91ID:ZdZ3+I1t0
もうすでにお経が・・・。

9名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 11:38:27.49ID:vpTrlNjF0
栗の件だろ笑
ボストロールって言い過ぎだろ!

10名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 11:49:40.65ID:H73rlEZI0
俺は、あゆみお気に嬢だけどねww
まぁボストロールでも他にもレベル高い嬢もたくさんいるけどねw
クビにしない店に問題でしょw

11栗撲滅2017/01/04(水) 16:14:17.38ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。

12名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:16:16.10ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

13名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:16:19.06ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

14名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:16:46.93ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

15名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:16:59.50ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

16名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:17:22.05ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

17名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:17:37.45ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

18名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:17:52.27ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

19名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:18:09.49ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

20名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:18:24.60ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

21名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:18:27.67ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

22名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:18:48.83ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

23名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:18:52.10ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

24名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:19:32.49ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

25名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:19:46.64ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

26名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:20:15.19ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

27名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:20:21.95ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

28名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:20:50.57ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

29名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:21:08.94ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

30名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:21:43.18ID:H73rlEZI0
>>3
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

31名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:21:47.83ID:H73rlEZI0
>>3
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

32名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:22:05.98ID:H73rlEZI0
>>3
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

33名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:22:26.69ID:H73rlEZI0
>>3
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

34名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:23:08.18ID:H73rlEZI0
>>3
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

35名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:23:22.79ID:H73rlEZI0
>>3
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

36名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:23:36.97ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

37名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 16:23:39.37ID:H73rlEZI0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

38名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 20:02:47.38ID:P/Wwy7ol0
マロンさん荒らしはやめてください

39名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 21:39:54.73ID:JV3BM3890
みそら。
ブス。
接客そこそこ。
テクそこそこ。

40名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 00:07:01.43ID:gEV8omfZ0
こないだ初めて行ったんだけどさ、キスしてくれたしおっぱい舐めさせてくれた。

41名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 02:39:08.24ID:2UmnbcgB0
>>40
だれ?

42名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 04:29:27.38ID:Z/xHKtc00
こないだいったらてまんしていかせてあげたよ ひくひくしててすげー可愛かった!

43名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 04:29:40.50ID:xxbIfoIn0

44名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 04:29:59.63ID:xxbIfoIn0
誰?

45名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 11:51:03.05ID:79zyW/xy0
>>44
真に受けるなよw
NGワード設定できないものかねぇ。

46名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 16:07:29.09ID:LyVcgLsH0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

47名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 16:07:57.18ID:LyVcgLsH0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

48名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 16:08:20.28ID:LyVcgLsH0
糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。

49名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 17:20:18.01ID:7v5NDsn10
今日フリーではいるやつは逆指名であい消しとかないと後悔するぞ

50名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 18:36:37.93ID:NbaZZ+N00
日曜はマコ様のおりものシート付きパンティーをくんくんしながらシゴかれよう
めっちゃやらしい匂いするんだよねー

51名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 19:59:05.18ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

52名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:00:52.89ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

53名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:00:55.61ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

54名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:01:12.75ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

55名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:01:14.86ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

56名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:01:32.23ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

57名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:01:34.57ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

58名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:01:50.92ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

59名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:01:53.55ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

60名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:02:14.10ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

61名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:02:16.26ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

62名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:02:37.65ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

63名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:02:39.76ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

64名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:03:00.79ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

65名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:03:03.16ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

66名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:03:24.90ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

67名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:03:27.06ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

68名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:03:48.70ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

69名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:03:50.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

70名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:04:10.69ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

71名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:04:12.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

72名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:04:41.40ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

73名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:04:43.55ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

74名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:05:03.71ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

75名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:05:05.93ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

76名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:05:23.63ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

77名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:05:25.80ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

78名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:05:46.65ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

79名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:05:48.93ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

80名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:06:09.45ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

81名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:06:11.92ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

82名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:06:32.68ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

83名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:06:35.09ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

84名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:06:55.03ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

85名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:06:57.08ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

86名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:07:16.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

87名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:07:18.08ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

88名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:07:38.79ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

89名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:07:40.82ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

90名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:08:51.37ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

91名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:08:53.52ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

92名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:09:10.40ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

93名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:09:12.53ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

94名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:09:31.20ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

95名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:09:33.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

96名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:09:57.08ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

97名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:09:59.96ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

98名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:10:15.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

99名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:10:18.13ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

100名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:10:35.82ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

101名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:10:38.50ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

102名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:10:57.58ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

103名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:11:00.46ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

104名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:11:19.43ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

105名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:11:21.39ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

106名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:11:37.22ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

107名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:11:39.81ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

108名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:11:57.66ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

109名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:12:00.13ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

110名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:12:20.64ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

111名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:12:23.57ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

112名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:12:40.18ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

113名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:12:42.93ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

114名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:12:59.43ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

115名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:13:01.90ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

116名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:13:17.81ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

117名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:13:20.18ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

118名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:13:36.40ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

119名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:13:38.54ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

120名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:13:56.70ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

121名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:13:59.32ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

122名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:14:16.00ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

123名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:14:18.09ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

124名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:14:35.41ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

125名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:14:37.67ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

126名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:14:52.57ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

127名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:14:54.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

128名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:15:09.64ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

129名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:15:11.69ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

130名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:15:28.89ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

131名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:15:30.72ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

132名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:15:50.35ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

133名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:15:52.59ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

134名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:16:09.27ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

135名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:16:11.01ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

136名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:16:26.71ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

137名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:16:28.32ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

138名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:16:44.31ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

139名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:16:46.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

140名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:17:06.87ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

141名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:17:09.00ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

142名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:17:24.20ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

143名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:17:27.03ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

144名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:17:43.49ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

145名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:17:46.41ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

146名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:18:03.53ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

147名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:18:05.83ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

148名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:18:23.73ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

149名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:18:25.91ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

150名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:18:41.63ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

151名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:18:43.72ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

152名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:18:59.05ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

153名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:19:01.74ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

154名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:19:18.95ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

155名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:19:21.29ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

156名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:19:38.69ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

157名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:19:41.34ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

158名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:20:26.82ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

159名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:20:28.85ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

160名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:20:43.25ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

161名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:20:45.30ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

162名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:00.53ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

163名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:02.64ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

164名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:17.43ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

165名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:19.65ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

166名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:35.45ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

167名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:37.72ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

168名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:52.63ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

169名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:21:55.17ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

170名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:22:10.99ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

171名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:22:13.51ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

172名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:22:29.15ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

173名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:22:31.48ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

174名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:22:47.56ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

175名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:22:50.15ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

176名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:23:07.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

177名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:23:09.21ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

178名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:23:26.35ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

179名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:23:28.83ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

180名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:23:44.06ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

181名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:23:46.55ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

182名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:24:01.68ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

183名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:24:03.79ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

184名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:26:38.12ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

185名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:26:40.05ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

186名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:26:57.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

187名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:26:59.94ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

188名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:27:21.97ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

189名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:27:23.83ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

190名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:27:45.45ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

191名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:27:47.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

192名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:28:03.90ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

193名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:28:06.29ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

194名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:28:30.34ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

195名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:28:32.28ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

196名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:28:52.06ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

197名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:28:54.83ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

198名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:29:16.96ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

199名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:29:19.15ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

200名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:29:37.60ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

201名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:29:40.19ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

202名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:29:58.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

203名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:30:01.56ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

204名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:30:24.65ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

205名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:30:27.04ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

206名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:30:43.93ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

207名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:30:46.64ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

208名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:31:04.50ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

209名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:31:06.88ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

210名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:31:23.20ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

211名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:31:25.14ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

212名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:31:43.41ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

213名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:31:45.80ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

214名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:32:05.75ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

215名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:32:07.81ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

216名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:32:25.28ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

217名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:32:27.39ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

218名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:32:44.44ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

219名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:32:46.81ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

220名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:33:04.20ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

221名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:33:07.07ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

222名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:33:27.13ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

223名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:33:53.10ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

224名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:34:22.36ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

225名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:34:24.48ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

226名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:34:43.42ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

227名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:34:45.58ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

228名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:35:04.98ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

229名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:35:07.06ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

230名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:35:28.50ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

231名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:35:30.70ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

232名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:36:01.66ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

233名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:36:03.96ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

234名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:36:30.45ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

235名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:36:32.64ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

236名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:36:50.72ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

237名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:36:52.76ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

238名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:37:13.80ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

239名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:37:15.75ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

240名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:37:33.65ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

241名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:37:36.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

242名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:37:54.53ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

243名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:37:56.37ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

244名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:38:14.61ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

245名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:38:16.84ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

246名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:38:42.63ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

247名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:38:44.95ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

248名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:39:03.11ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

249名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:39:05.36ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

250名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:39:22.37ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

251名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:39:24.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

252名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:39:42.05ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

253名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:39:43.99ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

254名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:40:01.36ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

255名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:40:03.85ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

256名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:40:24.76ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

257名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:40:27.27ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

258名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:42:23.14ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

259名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:42:25.30ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

260名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:42:42.91ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

261名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:42:44.86ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

262名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:43:02.37ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

263名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:43:04.89ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

264名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:43:21.80ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

265名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:43:23.78ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

266名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:43:45.32ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

267名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:43:47.32ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

268名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:44:08.66ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

269名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:44:10.74ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

270名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:44:31.37ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

271名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:44:33.46ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

272名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:44:54.58ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

273名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:44:56.39ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

274名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:45:12.87ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

275名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:45:15.56ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

276名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:45:35.91ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

277名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:45:37.69ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

278名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:45:55.76ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

279名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:45:57.83ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

280名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:46:13.48ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

281名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:46:15.17ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

282名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:46:34.34ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

283名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:46:37.01ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

284名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:46:55.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

285名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:46:57.57ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

286名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:47:13.47ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

287名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:47:15.55ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

288名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:47:37.46ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

289名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:47:39.41ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

290名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:48:01.15ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

291名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:48:03.21ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

292名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:48:20.24ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

293名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:48:22.13ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

294名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:48:40.53ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

295名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:48:42.78ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

296名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:48:58.65ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

297名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:49:01.07ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

298名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:49:20.76ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

299名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:49:22.71ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

300名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:49:39.77ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

301名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:49:41.77ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

302名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:50:12.55ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

303名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:50:14.49ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

304名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:50:32.33ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

305名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:50:34.86ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

306名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:50:53.22ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

307名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:50:55.15ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

308名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:51:16.90ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

309名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:51:18.70ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

310名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:51:52.88ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

311名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:51:54.67ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

312名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:52:12.09ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

313名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:52:13.86ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

314名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:52:38.55ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

315名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:52:40.68ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

316名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:52:58.64ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

317名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:53:00.60ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

318名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:53:16.94ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

319名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:53:18.89ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

320名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:53:41.01ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

321名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:53:43.54ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

322名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:54:12.60ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

323名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:54:14.45ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

324名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:54:32.01ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

325名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:54:34.43ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

326名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:54:49.31ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

327名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:54:51.35ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

328名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:55:08.86ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

329名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:55:10.73ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

330名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:55:27.71ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

331名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:55:29.80ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

332名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:55:46.79ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

333名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:55:49.16ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

334名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:56:07.04ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

335名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:56:08.99ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

336名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:56:40.22ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

337名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:56:42.34ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

338名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:57:01.17ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

339名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:57:02.91ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

340名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:57:20.02ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

341名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:57:22.75ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

342名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:57:40.57ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

343名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:57:42.59ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

344名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:57:59.65ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

345名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:58:01.68ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

346名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:58:16.47ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

347名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:58:18.52ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

348名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:58:35.25ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

349名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:58:37.56ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

350名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:58:52.52ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

351名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:58:54.72ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

352名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:59:14.06ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

353名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 20:59:16.41ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

354名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:02:00.41ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

355名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:02:04.76ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

356名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:02:22.00ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

357名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:02:23.86ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

358名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:02:42.33ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

359名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:02:44.76ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

360名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:03:01.30ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

361名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:03:03.80ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

362名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:03:19.72ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

363名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:03:21.91ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

364名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:03:39.97ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

365名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:03:41.94ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

366名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:04:05.08ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

367名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:04:07.42ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

368名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:04:40.30ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

369名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:04:42.07ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

370名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:04:57.80ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

371名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:04:59.40ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

372名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:05:17.44ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

373名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:05:36.99ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

374名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:06:06.87ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

375名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:06:08.68ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

376名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:06:26.96ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

377名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:06:29.22ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

378名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:06:48.00ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

379名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:06:50.23ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

380名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:07:10.18ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

381名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:07:12.19ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

382名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:07:29.05ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

383名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:07:31.14ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

384名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:07:47.20ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

385名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:07:49.70ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

386名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:08:20.28ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

387名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:08:22.15ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

388名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:08:39.68ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

389名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:08:41.10ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

390名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:08:59.99ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

391名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:09:01.99ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

392名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:09:18.41ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

393名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:09:20.68ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

394名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:09:39.49ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

395名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:09:41.54ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

396名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:09:57.31ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

397名無しさん@ピンキー2017/01/05(木) 21:09:59.43ID:WOPwxawa0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています