【横浜】NO.1【手コキ】Part29 [無断転載禁止]©bbspink.com

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 02:20:20.60ID:YlZXrsw60
情報交換しましょう。
荒らし行為禁止。
また荒らしを呼ぶのでブログネタ禁止。

2名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 02:22:51.92ID:YlZXrsw60
公式URL:http://h-no1.jp/top.html
モバイル版公式URL:http://h-no1.jp/mb/

3名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 02:31:38.77ID:YlZXrsw60
これまでの書込み概要
あい、ひより→最強ウェポンらしい。
マコ→粘着信者あり。
マロン→ブログで自爆。元祖坊主のほか書き込みから複数の荒らし付き。
あゆみ→ブログで自爆。こちらも変な荒らし付き。
ひな→マコと並ぶ重鎮。

4名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 02:35:45.00ID:YlZXrsw60
嬢には当たり、はずれがあります。
まあ、客との相性にも寄るんでしょうけど。
それと、本当の良嬢は、ここにはなかなか名前が挙がりません。
お気に隠しでしょうな。

5名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 03:06:09.96ID:wpshuZ710
ここスタイル悪いのが本当に多い
ソフト店なんだからルックスには気を使うべきだろ
あゆみなんか酒飲みまくりのデブだし
いちごも太い、なこはチビぽちゃ
マロンは乳なし寸胴
他にも色々いるが少しは努力するべきでは?

6名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 03:33:19.61ID:sPfmPQvV0
インドへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

7名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 03:34:40.73ID:sPfmPQvV0
陸軍1個師団を載せた輸送船団(8万総トン)と北方方面を担当する第五艦隊に乗船した陸軍1個連隊をサイパン島に向かわせる
第一機動艦隊の残存空母瑞鶴、瑞鳳、龍鳳、隼鷹、千歳、千代田に練習航空隊や陸軍の戦闘機を中心とした約200機を搭載し、第二艦隊と共に出撃させる。艦載機は発艦のみとする。
第一機動部隊の約200機、硫黄島の八幡空襲部隊を中心とする約100機、ヤップ島の約50機、計350機をもってサイパンを攻撃し制空権を奪還、帰路は周辺のグアム、テニアン、ロタの友軍基地に着陸する。
第二艦隊はサイパンに接近し所在の敵艦隊を撃破。その後第五艦隊をサイパンに突入させ、その支援の下、陸軍1個連隊を上陸させ米上陸部隊を駆逐する
輸送船団をサイパンに入泊させ防御を固める[2]
しかし陸軍側にそのような余力がなく、連合艦隊も実施が困難と難色を示し計画は頓挫、6月24日サイパン島の奪回作戦は中止となり、同島は見捨てられた[3]。

8名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 07:03:49.54ID:+9Ycq2BE0
栗田艦隊は作戦開始以来丸三昼夜をほぼ不眠不休の緊張状態で過ごし、栗田提督以下将兵は疲労と消耗の極みにあった[378]。
その結果、既に25日朝のサマール島沖海戦で、護衛空母と正規空母、敵煙幕と直撃弾の識別さえできない、焦って気が逸るばかりな、技量や命中率云々以前の状態に陥っていたと言われる。
例えば利根は、米護衛部隊や小型護衛駆逐艦を「レンジャー型空母」や「バルチモア級軽巡洋艦」と報告し[379]、第十戦隊は利根と羽黒の砲撃による水柱を魚雷命中と判断して台湾沖航空戦に並ぶ誤認戦果を報告している。
また、戦後初期には大和の通信機も長時間の戦闘で調子が狂っていたとされた[380]。
そのままレイテ湾に突入した場合、将兵がさらに疲労・消耗し、さらに能力が低下した状態で敵と交戦することになる点も、しばしば指摘される。
また、駆逐艦などの航続力の短い艦船では燃料が減少しており[381]、その後、栗田艦隊は給油を行ないつつ艦隊を分割してブルネイに帰還している。

9名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 07:04:29.37ID:+9Ycq2BE0
栗田艦隊は作戦開始以来丸三昼夜をほぼ不眠不休の緊張状態で過ごし、栗田提督以下将兵は疲労と消耗の極みにあった[378]。
その結果、既に25日朝のサマール島沖海戦で、護衛空母と正規空母、敵煙幕と直撃弾の識別さえできない、焦って気が逸るばかりな、技量や命中率云々以前の状態に陥っていたと言われる。
例えば利根は、米護衛部隊や小型護衛駆逐艦を「レンジャー型空母」や「バルチモア級軽巡洋艦」と報告し[379]、第十戦隊は利根と羽黒の砲撃による水柱を魚雷命中と判断して台湾沖航空戦に並ぶ誤認戦果を報告している。
また、戦後初期には大和の通信機も長時間の戦闘で調子が狂っていたとされた[380]。
そのままレイテ湾に突入した場合、将兵がさらに疲労・消耗し、さらに能力が低下した状態で敵と交戦することになる点も、しばしば指摘される。
また、駆逐艦などの航続力の短い艦船では燃料が減少しており[381]、その後、栗田艦隊は給油を行ないつつ艦隊を分割してブルネイに帰還している。

10名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 07:07:16.46ID:+9Ycq2BE0
砲弾については戦艦には砲弾が残されているものの、重巡はほとんど弾を撃ち尽くしていたことが記されている[382]。
羽黒は二番砲塔を失い、四番砲塔は弾薬切れ、健全3砲塔で残合計125発、さらに魚雷を使い果たしていた[383]。
一方、巡洋艦、水雷戦隊は利根のように単艦で発射した艦がいるものの[384]、サマール沖海戦では駆逐隊全艦等による統制雷撃を行っていない。
第十戦隊旗艦矢矧は9時5分に米護衛空母群に向けて魚雷7本(1本は不発投棄)を発射し、第十七駆逐隊も矢矧からの「発射本数四トス」の命令に従って同時刻に魚雷16本を発射と報告[385]。
うち磯風は魚雷8発を発射したと同艦水雷長が記録しおり[386]、第十戦隊の発射魚雷数は27本である。残魚雷は、矢矧7本(3本機銃掃射で使用不能)、第十七駆逐隊32本(磯風計算外。
実数28本)[387]。軽巡洋艦能代が率いた第二水雷戦隊の魚雷残量は第十戦隊より多い。

11名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 07:10:54.98ID:+9Ycq2BE0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

12名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 07:24:29.21ID:+9Ycq2BE0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[406]。

13名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 10:05:46.41ID:paoFJfX40
かおりに潮吹かされた。たまにはいいよね。

14名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 11:00:49.47ID:reBUWtC40
>>3
過去スレより追記
つかさ→ザブングル加藤
かんな→橋本環奈そっくり→ざけんな!
まこ→38か39
本の噂あり嬢(真偽不明)→マロン、めいこ、かほ、ラム、かんな、エミリ、ねね

15名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 11:09:31.30ID:REXnd+IZ0
アユミてそんなデブなのか
デブて臭いんだよねぇ

16名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 11:13:34.08ID:yVd1rhL50
>>14
その中だと本ありはマロン、ねね、かんなはガチ
他は無し
イケメンだろうと金積もうとダメだった

17名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 11:20:12.89ID:yVd1rhL50
>>15
あゆみ正真正銘のデブだぞ
巨乳でもデブだからマニア向き

店外あり→マロン、カノン
店外なし→こなつ、めいこ、マリカ

18名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 11:38:11.76ID:yVd1rhL50
>>17
当たり前のことだけど
学生や昼職がないここ1本で生活しているような嬢が過剰、本番、店外は狙い目
普段暇してるし友達や出会いが少ないのが多いし世間の感覚から色々とズレてるから気まぐれで誘いに乗ってくる
この店だと週3〜4以上出勤してる嬢とかかな?
逆に本職あってここは副業で出勤したらそこそこ稼げてる嬢はリスキーなことはあまりしない感じ(週2以下の出勤)
前スレに書いてあったけどここよりキュートのほうが色々できる嬢多いけど質はよくないな

19名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 16:19:34.84ID:RjhnJfVN0
>>16
そのガチ3人組いくら?

20名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 17:01:03.98ID:pkZ+xXWa0
>>19
ねね5

21名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 17:01:32.55ID:pkZ+xXWa0
>>17
店外あり→あゆみ

22名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 17:02:04.78ID:pkZ+xXWa0
>>15
良いにおいだし、肌質がやばい

23名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 17:02:25.28ID:pkZ+xXWa0
>>3
ブログ自爆誰もしてないだろt

24名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 17:02:48.83ID:pkZ+xXWa0
>>5
おまえなにをしってるんだよ

25名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 17:03:34.21ID:pkZ+xXWa0
お気に入りいえよw

26名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 20:47:57.52ID:g2KUFURo0
あんりってどうなのよ?

27名無しさん@ピンキー2017/03/28(火) 22:14:30.74ID:MOtDro3y0
>>26
テコキしてくれるよ

28名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 00:47:56.12ID:vS3ovgiQ0
>>20
内緒だよ。

29名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 02:38:34.72ID:q4N8p0UU0
あゆみ

30名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 10:26:07.84ID:q4N8p0UU0
可愛い可愛いなこちゃん
おまえらちびでぶ言うから
ブログにチビデブ、自虐だよ

なこもあゆみも2年クラスだよね

31名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 12:31:08.71ID:yj2Ep6oF0
なんかいろいろとあゆみの自作自演くさいな

32名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 12:41:30.28ID:BQ+1mwfu0
>>31
入店してから今までパッとしなかったし受付写真見てもケバいおばさんというイメージ
ブログ写真見てもやっぱりブスなババァだった
中身も障害者並みの馬鹿なら良いとこなくないか?
肌綺麗と苦し紛れの>>22の抵抗も逆に虚しい
デブなら綺麗で当たり前だろw

33名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:20:31.55ID:/LmNKNey0
インドへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

34名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:21:13.04ID:/LmNKNey0
あ〜あ

35名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:22:01.39ID:/LmNKNey0
インドへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

36名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:24:12.88ID:/LmNKNey0
ビルマへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

37名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:26:36.58ID:/LmNKNey0
俗ローカルルールに24=1&password=dig&keywords= %E9%A2%A8%E4%BF%97%E5%85%A8%E8%88%AC%E6%9D%BF%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89">自治スレッドで議論して下さい。

【ローカルルール】
・スレッドを立てるまでもない質問等は、近い内容のスレッドや、雑談スレッドでお願いします。
・店舗、地域についての話題は各1スレにまとめて下さい。
・法律に触れる話題は禁止です。
・特定の人物を対象にしたスレは禁止です。
・風俗以外の話題のスレも禁止です。
・宣伝目的・営利目的のスレも禁止です。
・2ちゃんねる以外の個人サイトや掲示板のURLは、直リンクせずにhttp://を外して貼って下さい。
 また、リンク先を荒らすのは厳禁です。
・ソープの話題は、ソープ板で。
・ヘルス・イメクラに関する話題はへるす板で。

●悪質な荒らしに対しては、2ちゃんねる「スレッド一覧」 も忘れずに検索しましょう。

38名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:27:08.88ID:/LmNKNey0
俗ローカルルールに24=1&password=dig&keywords= %E9%A2%A8%E4%BF%97%E5%85%A8%E8%88%AC%E6%9D%BF%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89">自治スレッドで議論して下さい。

【ローカルルール】
・スレッドを立てるまでもない質問等は、近い内容のスレッドや、雑談スレッドでお願いします。
・店舗、地域についての話題は各1スレにまとめて下さい。
・法律に触れる話題は禁止です。
・特定の人物を対象にしたスレは禁止です。
・風俗以外の話題のスレも禁止です。
・宣伝目的・営利目的のスレも禁止です。
・2ちゃんねる以外の個人サイトや掲示板のURLは、直リンクせずにhttp://を外して貼って下さい。
 また、リンク先を荒らすのは厳禁です。
・ソープの話題は、ソープ板で。
・ヘルス・イメクラに関する話題はへるす板で。

●悪質な荒らしに対しては、2ちゃんねる「スレッド一覧」 も忘れずに検索しましょう。

39名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:29:54.73ID:/LmNKNey0
ちなみに俗ローカルルールに24=1&password=dig&keywords= %E9%A2%A8%E4%BF%97%E5%85%A8%E8%88%AC%E6%9D%BF%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89">自治スレッドで議論して下さい。

【ローカルルール】
・スレッドを立てるまでもない質問等は、近い内容のスレッドや、雑談スレッドでお願いします。
・店舗、地域についての話題は各1スレにまとめて下さい。
・法律に触れる話題は禁止です。
・特定の人物を対象にしたスレは禁止です。
・風俗以外の話題のスレも禁止です。
・宣伝目的・営利目的のスレも禁止です。
・2ちゃんねる以外の個人サイトや掲示板のURLは、直リンクせずにhttp://を外して貼って下さい。
 また、リンク先を荒らすのは厳禁です。
・ソープの話題は、ソープ板で。
・ヘルス・イメクラに関する話題はへるす板で。

●悪質な荒らしに対しては、2ちゃんねる「スレッド一覧」 も忘れずに検索しましょう。

40名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:31:25.78ID:/LmNKNey0
俗ローカルルールに24=1&password=dig&keywords= %E9%A2%A8%E4%BF%97%E5%85%A8%E8%88%AC%E6%9D%BF%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89">自治スレッドで議論して下さい。

【ローカルルール】
だってだってレッドや、雑談スレッドでお願いします。
・店舗、地域についての話題は各1スレにまとめて下さい。
・法律に触れる話題は禁止です。
・特定の人物を対象にしたスレは禁止です。
・風俗以外の話題のスレも禁止です。
・宣伝目的・営利目的のスレも禁止です。
・2ちゃんねる以外の個人サイトや掲示板のURLは、直リンクせずにhttp://を外して貼って下さい。
 また、リンク先を荒らすのは厳禁です。
・ソープの話題は、ソープ板で。
・ヘルス・イメクラに関する話題はへるす板で。

●悪質な荒らしに対しては、2ちゃんねる「スレッド一覧」 も忘れずに検索しましょう。

41名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 14:36:17.76ID:iJoohMv20
日記も胸と酒の話しかしないな
デブの巨乳には興味ねーんだわ
酒飲んで10キロ痩せる?
だからデブなんだろ
デブは本当だらしない
人に見られる仕事だからとジムに通い酒や菓子も制限して体型維持してる嬢も何人かいるのにな

42名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:12:44.75ID:MNiPCmKs0
なんだかんだ日記書けば話題にはなるなw
でさ、店だって嬢が売れれば儲かるしそのツールである日記書いてくれるのはありがたいじゃん。
ここの日記運営してるとこは店に取り入りたいわけだし、嬢のやる気促進でアクセス数をさ、
けっこう盛ってると思うよ。
1.000アクセス超えた〜とか喜んでる嬢とか向けにwww

43名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:44:33.56ID:/LmNKNey0
俗ローカルルールに24=1&password=dig&keywords= %E9%A2%A8%E4%BF%97%E5%85%A8%E8%88%AC%E6%9D%BF%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89">自治スレッドで議論して下さい。

【ローカルルール】
・スレッドを立てるまでもない質問等は、近い内容のスレッドや、雑談スレッドでお願いします。
・店舗、地域についての話題は各1スレにまとめて下さい。
・法律に触れる話題は禁止です。
・特定の人物を対象にしたスレは禁止です。
・風俗以外の話題のスレも禁止です。
・宣伝目的・営利目的のスレも禁止です。
・2ちゃんねる以外の個人サイトや掲示板のURLは、直リンクせずにhttp://を外して貼って下さい。
 また、リンク先を荒らすのは厳禁です。
・ソープの話題は、ソープ板で。
・ヘルス・イメクラに関する話題はへるす板で。

44名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:46:01.13ID:/LmNKNey0
インドへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

45名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:47:10.17ID:/LmNKNey0
暗号記録1170〜〜〜


栗田艦隊は作戦開始以来丸三昼夜をほぼ不眠不休の緊張状態で過ごし、栗田提督以下将兵は疲労と消耗の極みにあった[378]。
その結果、既に25日朝のサマール島沖海戦で、護衛空母と正規空母、敵煙幕と直撃弾の識別さえできない、焦って気が逸るばかりな、技量や命中率云々以前の状態に陥っていたと言われる。
例えば利根は、米護衛部隊や小型護衛駆逐艦を「レンジャー型空母」や「バルチモア級軽巡洋艦」と報告し[379]、第十戦隊は利根と羽黒の砲撃による水柱を魚雷命中と判断して台湾沖航空戦に並ぶ誤認戦果を報告している。
また、戦後初期には大和の通信機も長時間の戦闘で調子が狂っていたとされた[380]。
そのままレイテ湾に突入した場合、将兵がさらに疲労・消耗し、さらに能力が低下した状態で敵と交戦することになる点も、しばしば指摘される。
また、駆逐艦などの航続力の短い艦船では燃料が減少しており[381]、その後、栗田艦隊は給油を行ないつつ艦隊を分割してブルネイに帰還している。

46名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:48:21.97ID:/LmNKNey0
だって、ちなみに俗ローカルルールに24=1&password=dig&keywords= %E9%A2%A8%E4%BF%97%E5%85%A8%E8%88%AC%E6%9D%BF%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89">自治スレッドで議論して下さい。

【ローカルルール】
・スレッドを立てるまでもない質問等は、近い内容のスレッドや、雑談スレッドでお願いします。
・店舗、地域についての話題は各1スレにまとめて下さい。
・法律に触れる話題は禁止です。
・特定の人物を対象にしたスレは禁止です。
・風俗以外の話題のスレも禁止です。
・宣伝目的・営利目的のスレも禁止です。
・2ちゃんねる以外の個人サイトや掲示板のURLは、直リンクせずにhttp://を外して貼って下さい。
 また、リンク先を荒らすのは厳禁です。
・ソープの話題は、ソープ板で。
・ヘルス・イメクラに関する話題はへるす板で。

●悪質な荒らしに対しては、2ちゃんねる「スレッド一覧」 も忘れずに検索しましょう。

47名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:49:30.81ID:/LmNKNey0
ちん@お4かMン体
インドへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

48名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:50:34.73ID:/LmNKNey0
FB;BBMFSBMFSD:BめFSDB
F、BGFLBMGFLVBんSF;KX


FB;GFBGKLFMBMR:S
S+FK3えW@T4くぇあ

RFG350位09R12P@「2絵KええFBMGB:Vン

BGFHBKP@JY「SCHF」GB

FB、TGDLGKBMくぇ:;GB

B、げLKHCBMD;FS:せW4

49名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 15:52:50.75ID:/LmNKNey0
DGPろいごりG:PRPG7

F:MLのG;え

FB;BBMFSBMFSD:BめFSDB
F、BGFLBMGFLVBんSF;KX


FB;GFBGKLFMBMR:S
S+FK3えW@T4くぇあ
RFG350位09R12P@「2絵KええFBMGB:Vン
BGFHBKP@JY「SCHF」GB
FB、TGDLGKBMくぇ:;GB
B、げLKHCBMD;FS:せW4

50名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 16:14:04.81ID:TRq0zrVX0
>>42
どっか難がある嬢が日記書くと叩かれ炎上して辞めてくよな。
みその、はるかとか
マロンも辞めかけたし
あゆみも辞める宣言し出したし。
馬鹿な嬢や性悪嬢はやらないほうがいい。
あゆみなんかデプスババァなのに調子のるから‥

51名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 17:26:22.95ID:62NIxbWB0
ライトサービスの店なのに手ブラや全身の下着姿載せてる女って客欲しくて必死なのかな。なんか、不人気なことを自分でアピールしてる感じで痛い。
実際、人気上位の子って日記やってないか、やってたけどやめてない?それでも客がつくからだと思うんだよね。

52名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 17:43:17.64ID:TRq0zrVX0
>>51
まさにそれだな。
ソープじゃあるまいし顔出しまでよくするわ。
あゆみとか知り合い見たらやばいだろ。
必死すぎて引く。

前に嬢が言ってたが日記見て来る客層はよくないわ本指は離れるわ良いことないらしい。
人気嬢は集客必要ないだろうし日記やらないのは正しい。

うふ〜ん

54名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 21:18:19.63ID:jrnOU77U0
どう見ても売れない嬢の妬みにしか聞こえん。
需要があるからマロン、あゆみはシフトも多いし待ち時間も長い。
売り上げもあるだろうし店から重宝されてるよな。
ブログも感じ悪い気しないし。
抽象的な表現でしか叩けない奴は本当に入ったことある客なのか?

55名無しさん@ピンキー2017/03/29(水) 21:38:25.08ID:TRq0zrVX0
>>54
シフトの多さと人気は関係ないだろw
単にこれ1本で生活してる嬢だからだろ?
待ち時間もその2人はいつも遅番だし昼番の嬢に比べて長くなるのは当然だろ
フリーですら1時間以上待つ時あるのに
その2人は過剰&店外情報もあるしな
マロンはまだしもあゆみにいたってはルックスは手コキ店にいてはダメなレベル
ちなみにあゆみに入ったことあるよ
1年前28歳と自称していたから今29くらいか
Nコースなのに胸触らせてくれたり過剰多めだがルックス悪いからリピートなし
乳ないけどマロンのほうがまだ良いかもな
どちらもケバいおばさんだけど

56名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 00:12:09.86ID:J+R/kSax0
>>55
だからなんなの?

57名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 02:03:23.57ID:IjhA+HCt0
>>56
そいつは自分が正しい周りがおかしいっていう典型的な2ちゃんねらーだよw
気持ち悪いよなwww

58名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 05:43:11.61ID:Bz2YpUjq0
55みたいなのに限って、毎回入るコースはN1 15分w
客面すんなってのw

59名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 09:57:39.45ID:p2w9NbRU0
ゆなねはほやまはらら
にもやはやわら

やなやひなや

やにひぬはさなあとめさ



やなひかにはらになはtjkn

PjtjOnwtjdag

60名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 11:49:54.68ID:vNHtn4dX0
不毛な争い
キチガイの荒し出没
そんな板です

61名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 14:52:18.69ID:tjZG1wxg0
っふぉgfkgふぉいgふぉぎおgpdふぉふぃfg@fgfb
kvのvんfdんふぉvfんヴぉfn
おkvkんvlkvのv
vのんkv
fこんfんfのfのn

fkfんkふぃwjff
pmぼfbfpっふぉ
ふぉpvmfbっふぉpfkp
fkふぉびのっぼpwくぇおwqkw¥k

、fmfももっくぁあ

62名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 14:53:28.88ID:tjZG1wxg0
dmdンDdにおDff、pふぇんFcvvv、fmvm
vmfvfヴぉふぇいおfp

vfpヴぃおdvmvうぇ「@f「え

d、v@dfpmvmぽvpv
v、、vdvmmpvm

f;vfmdbmふぉmbmfmfd7:wえf7


f、vfmvfpmmfmpqqqvv

63名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 14:55:23.22ID:tjZG1wxg0
だって、ちなみに俗ローカルルールに24=1&password=dig&keywords= %E9%A2%A8%E4%BF%97%E5%85%A8%E8%88%AC%E6%9D%BF%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89">自治スレッドで議論して下さい。
【ローカルルール】
・スレッドを立てるまでもない質問等は、近い内容のスレッドや、雑談スレッドでお願いします。
・店舗、地域についての話題は各1スレにまとめて下さい。
・法律に触れる話題は禁止です。
・特定の人物を対象にしたスレは禁止です。
・風俗以外の話題のスレも禁止です。
・宣伝目的・営利目的のスレも禁止です。
・2ちゃんねる以外の個人サイトや掲示板のURLは、直リンクせずにhttp://を外して貼って下さい。
 また、リンク先を荒らすのは厳禁です。
・ソープの話題は、ソープ板で。
・ヘルス・イメクラに関する話題はへるす板で。

●悪質な荒らしに対しては、2ちゃんねる「スレッド一覧」 も忘れずに検索しましょう。

64名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 14:56:08.65ID:tjZG1wxg0
くうあlああああああ

65名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 14:58:35.45ID:p2w9NbRU0
はひやなにめらわらなめ

ゆにあとやそらにめやらゃなほら

やはたえさやまひ(まとわは


やなてしあも)らやろを

やはやまのる、らなのや

やねらはほ)るはほ


正解者やはより)はら

66名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 14:59:15.06ID:fxf0Q2Ye0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

67名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 15:00:04.48ID:fxf0Q2Ye0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

68名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 15:02:25.75ID:p2w9NbRU0
Wmjやなてひぬはら
やなひにひひこ)なは
さかのなりおやらなふさなねるきおめるほひさ

やなはまへひょろはさおほは


やなひねひねほぬお)はほら

ろや(ねはねはら(なお)らは

やねひひあも)はほら

りはしこのぬなうお

あとなはへほや)

69名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 15:41:48.00ID:fxf0Q2Ye0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

70名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 16:46:41.77ID:tjZG1wxg0
ghjhjkkk


uiilkkkkk

uukljkjl


iill

71名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 22:30:53.32ID:2Zx87TYp0
日記あゆみばかり

72名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 22:46:41.99ID:kouQexP60
>>71
1日3回とか誰得だよなー
マロンの時も指摘されていたが特に面白いわけでもない&内容が無い日記を連発するのはよくない(他の嬢の日記が流れる、みつけにくい)
あゆみなんか万人ウケではなくデブ専の熱狂的なファンが一部いるだけなんだから個人ブログでもやればいい。

73名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 23:08:34.59ID:fxf0Q2Ye0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

74名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 23:12:29.29ID:MzWcEDml0
>>72
バカだな。
文句あんならみなけりゃいいだけ
いちいち指摘したりすんな
ホントバカだな。

75名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 23:15:11.38ID:MzWcEDml0
>>72
何?その上から目線は
おめぇに関係ないことだろ
店で言えば?

76名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 23:29:31.38ID:kouQexP60
>>74
馬鹿はお前だろ?
もしかしてあゆみだったりして‥
一人が連続で投稿することによって他の嬢のが埋もれるから“見なければい”って話ではない

77名無しさん@ピンキー2017/03/30(木) 23:49:56.00ID:fxf0Q2Ye0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

78名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 02:10:21.40ID:bSevWE9a0
>>76
じゃあ
全部見るなよ!しんじゃえば?
待合室で話掛けてよ!いいこと教えてあげる!

79名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 03:55:17.73ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

80名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:07:51.61ID:uS+I+cPe0
出勤日数は嬢の希望もあるが
指名が多かったりヘルプ協力や
勤務態度が良い嬢は
週3〜4
指名取れない嬢は週1〜2
店のマニュアルらしいよ!

ブログは店から誘いがあるから
そこでやるかやらないかは嬢次第。

写真も指名取れない嬢とかは写真取り直しを店からアドバイスか撮り直したいか嬢から申し出るか 、だよ!

81名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:09:55.39ID:uS+I+cPe0
日記見れば見るほどアクセスが上がって、神奈川県ランキングに入れば入るほど目立つようになり需要もあれば店からもっと気に入られて辞められなくなるだろうね!
だからみんな思うツボなの気づいたかな?

82名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:12:25.80ID:kj7GMyWu0
>>41
逆にどんなブログ見たいんだよww
奈子とかあゆみもまだ他の嬢のパイ見せ、下着見せ、お礼、より赤裸々に純粋にブログ書いてる方がまだ可愛いだろw

83名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:13:50.67ID:kj7GMyWu0
>>42
あゆみは馬鹿正直だよw

84名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:16:32.69ID:kj7GMyWu0
>>50
マロンまだ週4主じゃんw辞めないだろwあゆみも辞めないなw それにしてもおまえ何様なんだよw嬢に何求めてんだ?なら逆指名500円払っとけw店にマロンみそのはるかあゆみ辞めろって言えよwなんならお気嬢誰なんだよw

85名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:17:56.31ID:kj7GMyWu0
>>57
正論wよく言った!まーみんなここに来てるなら二ちゃんねらーの、始まりさ

86名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:20:29.68ID:kj7GMyWu0
>>51
そもそもパンチラオプション500円なのに写メ載せてんのもおかしいよねw
そりゃ指名客欲しさでいっぱいだろうねw

4年以上の古株なんてみんな、ブログやらないしねw

87名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:22:07.54ID:kj7GMyWu0
>>71
なら直で連絡聞けよwつか日記見てるんだねw オキニ嬢誰?みそら?もも?w

88名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:24:06.19ID:kj7GMyWu0
>>72 あゆみも自分で分かってるんだからいいだろwただ暇なだけだからプラベ晒してるだけだろwなら見んなよwおまえみたいな奴のおかげでアクセス行ったのかもなw

89名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:25:11.80ID:kj7GMyWu0
>>74
仕方ない貧乏人なんだよw 500円逆指名も出せない奴なんだよw

90名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 04:26:18.49ID:kj7GMyWu0
>>76
連打はあゆみなのかw便乗したよw低脳がw何様なんだよ 何求めてんだ?まさかイエローカードか?w

91名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 06:41:51.49ID:inKa11590
>>72
おー出禁糞ー
デブ専で悪かったなー
おまえぐらいだよ、あゆみディスってんの。
あゆみ指名多いし待ち時間長い、
そーです万人ウケしてます!
てことはみんなデブ専w
一部のファン?いやいやファン多いですよー
嫉妬するぐらい!
ブログはリアルあゆみっぽくて最高ー
ナニ流れるって?みつけにくい?
そんならオキニブログのショートカットでも作れやw
まじテメー誰?探そか?
しかも0072w
テメーはセルフでシコシコしてろやw

92名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 06:45:56.90ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

93名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 08:10:05.74ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

94名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 09:43:25.07ID:vlBiWMZn0
なんでsたらばに移動しないの?嵐が好きなの?

95名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 11:01:52.54ID:GGF8oJZO0
アユミで揉めるなよ
スルーしとけ

96名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 11:30:05.73ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

97名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 12:21:31.85ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

98名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 13:48:00.38ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

99名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 14:56:01.51ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

100名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 19:37:07.99ID:Pc/RoFY50
>>95
ディスるなwあゆみをw

101名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 19:37:32.68ID:Pc/RoFY50
またあゆみファン湧いてきたな笑

102名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 19:47:41.88ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

103名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 20:26:55.82ID:jYzeZVuy0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

104名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 22:37:23.56ID:X3mS2Q+h0
>>82くらいから連続で書きこんでいるやつはあゆみだろ。
あゆみもその時間(平日の早朝4時頃)に起きてて日記投稿している。
文章の変な所で読点入れる所なんかあゆみの文章そっくり。
普通の人はそんな所で読点入れないからな。

105名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 23:53:27.23ID:7EQ3smjv0
>>104
コナンか?

106名無しさん@ピンキー2017/03/31(金) 23:57:26.71ID:PqfZ3X010
>>105
真実はいつも一つ

107名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 00:51:55.02ID:u9IYjOz80
>>104
するどいな。
Evaluation: Good!

108名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 01:13:32.28ID:95Jfed9W0
ホント変な奴ばっかり〜(笑)
かってにほざいてろ!

109名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 01:14:15.12ID:95Jfed9W0
コナン!いいね(笑)

110名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 06:52:28.47ID:T4t/hnBX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

111名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 07:23:04.48ID:T4t/hnBX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

112名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 07:42:26.52ID:T4t/hnBX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

113名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 08:13:30.13ID:T4t/hnBX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

114名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 11:20:44.89ID:T4t/hnBX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

115名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 15:00:54.39ID:avdy/prX0
てすてす

116名無しさん@ピンキー2017/04/01(土) 15:31:10.62ID:MiwiENCB0
あゆみ客荒らすなよ

117名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 00:52:21.07ID:BNCqn7Mx0
おう!コナンか?

118名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 09:45:42.20ID:C96zsHV90
日記って日常の出来事や趣味を書くものだから、歩やナコのは別にいいじゃん。
興味ある奴が読む。興味なけりゃスルー。そんだけ。
俺がバカだなって思うのは、バストやけつや下着姿見せつけてる女。
ソープやヘルスで全裸サービスしてる女がやるのはわかるけどさ。そんなに指名欲しいんかなw 
そいつらはライト風俗にいるだけの所詮は売春婦だね。

119名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 11:57:42.20ID:SdkyMHt20
>>118
あゆみも汚い胸載せてるだろw
顔出しもやりすぎ‥
あゆみこそ風俗が本職だし過剰で指名とってるヤリマンなのは周知の沙汰なのにどうした?

それになこのブログについて叩いているやつは誰もいないだろ
あゆみと一緒にするな
あゆみはなんだかんだ自分をブスでデブと思っていない調子乗った酒くさいおばさん
なこは自分のことわきまえてるからジム通いも頑張るし、趣味も豊富な面白い良い子

120名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 13:08:49.70ID:FZLKn0I00
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

121名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 13:33:33.05ID:FZLKn0I00
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

122名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 14:58:02.10ID:EWyWUsLe0
てすてす

123名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 15:14:09.77ID:FZLKn0I00
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

124名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 16:13:28.01ID:f86eOL6M0
2年もいて指名賞3回しか取れてないのかよ。

125名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 16:17:51.31ID:vq6OtjT00
酒臭いDBとジム通いで努力してるDB

(゜Д゜)ポカ〜ン?

126名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 16:26:43.68ID:8XnOTE9V0
話変わるけどかおりって指サック使い回してね?しかも水でささっと流すだけ
服着るときにちらっとしかみえなかったから、ちゃんと付け替えてるのかもしれないけど

おまえらはどうだったか覚えてるか?

127名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 16:38:59.88ID:Iz2STC3W0
頭のいかれたギャルババアあゆみちゃん(笑)なんか放っといて、他の嬢の話しようぜもう飽きたわこの展開

128名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 16:50:40.23ID:0uAfFgM90
指サックって何に使ってるの?
そんなもん使うプレイあるの?

129名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:16:22.97ID:WioQGlPh0
>>119
あゆみの自虐ネタに気づいてないのか
酒の匂いしながら仕事してたらそりゃないだろw
どんだけ近い距離であゆみと接してんだよw

130名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:16:39.86ID:WioQGlPh0
>>128
アナル攻めで使うよ

131名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:17:22.88ID:WioQGlPh0
>>91
よくわかってんなw

132名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:18:04.75ID:WioQGlPh0
>>127
新しいスレたてろよw
アラサーギャルマロンもいるよw

133名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:18:26.25ID:WioQGlPh0
>>124
ロングコースが多いからな

134名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:18:48.52ID:WioQGlPh0
>>125
なんなら辞めさせるよう店に言えやw

135名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:19:55.01ID:WioQGlPh0
>>104
なんだかんだあゆみファンやなw

136名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:20:46.74ID:WioQGlPh0
>>127
ならお気に入り嬢いえよw話膨らむようネタになるくらい暴露しろよw求めてんなw

137名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 17:21:39.94ID:WioQGlPh0
>>124
詳しいんだなwなんだかんだ聞いてるやんwなら興味示すなよw

138名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 20:04:06.60ID:Nyh2N3aZ0
あゆみうるせー。日記で書き込み気にしないとか書いておきながら気にしてるじゃねーかw

139名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 21:18:44.40ID:qn0rtYEo0
>>138
コナンか?

140名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 21:31:07.86ID:DgSxohRB0
>>119
どんだけあゆみに入れ込んでんだよ、お前w
こんなとこで叩いたってファンは減らないし、お前以外の男シゴきまくってんだよ、あゆみは。

141名無しさん@ピンキー2017/04/02(日) 22:41:20.90ID:5nS1rDuk0
>>133
いやいや、いくらロング多くても6時間働いたら指名賞もらえるくらいになるよ。
つまり今まで全て指名で埋まる日は少なかったんだろ。
他の6時間以上働く人気嬢からしたら指名賞なんか普通。わざわざ言わない書かないだけで。
マロンとかそのへんなら月何回ももらってる。
豚が調子乗るから叩かれる。

142名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 00:34:37.18ID:FeIE70qU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

143名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 04:27:37.11ID:vssfHyqO0
>>141
あなた、昔マロン叩いてたやつでしょ。
文章がそっくり。
ここ店員さん見てるから特定できるよ。
昔マロン、今あゆみ指名の客から絞り込めばいい。
訴えられるよ。
忠告しとく。
立派な営業妨害だ。

144名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 09:46:10.63ID:Hjt7wXZt0
>>119
お前まさか過剰してもらって叩いてんのかよwゲスだな出禁だわ。嬢の言ってる事を間に受けて素直かよw週4〜5出勤のが本業だしな本業だろうか副業だろうか風俗働いてるには変わりないよw

145名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 09:47:29.02ID:Hjt7wXZt0
>>141
嬢か?嬢信用しすぎだよw幸せもんだなwコナンか?

146名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 09:55:15.67ID:+YaGoR/v0
>>143
あと、ブログの閲覧履歴や頻度からも分かるよね。
被害届出して警察通せば。

147名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 12:25:22.35ID:FeIE70qU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

148名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 13:27:27.76ID:FeIE70qU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

149名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 14:45:35.68ID:FeIE70qU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

150名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 17:04:20.55ID:FlTBAEKJ0
>>126
どういうこと?怖いんだけど

151名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 18:24:34.81ID:OoknvxgP0
あゆみ、日記で気持ち良くしてもらってるとか性欲満たされてるとかお店の規定以外なことをやっている匂いを漂わせているな。まぁそういうことを書けば客は集まるんだろうけどね。

152名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 18:24:50.12ID:OoknvxgP0
あゆみ、日記で気持ち良くしてもらってるとか性欲満たされてるとかお店の規定以外なことをやっている匂いを漂わせているな。まぁそういうことを書けば客は集まるんだろうけどね。

153名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 19:38:36.69ID:FeIE70qU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

154名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 21:43:04.61ID:FeIE70qU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

155名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 23:19:40.61ID:v/zuowZu0
>>152
感度が良いからかな

156名無しさん@ピンキー2017/04/03(月) 23:24:22.02ID:8GGpdYdO0
>>155
あゆみ参上

157名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 00:12:00.77ID:qXQLZ4sI0
>>156
金田一か?

158名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 00:22:51.73ID:YLJnl+8N0
>>157
普通にあゆみが日記投稿する時間と書き込みがおなじ時間だからじゃね?
それよりあゆみ今の全身写真載せて欲しい(詐欺無しな)
推定60キロ以上
俺の方が軽いww
この店でデブランキングあったらどうなるだろうな

159名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 00:23:59.32ID:daL9I/9b0
いや
コナンだ!

160名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 00:32:18.45ID:YLJnl+8N0
>>159
そのノリが分からんwすまんw

思ったけど都内某オナクラみたいにここもデブ専門の店作ればいいんじゃね?一定の需要あることがあゆみで分かったし!
そしたらあゆみも天下とれる!
いちごちゃんもよろしくな!肌が超絶綺麗!

161名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 01:08:07.73ID:AVkznBIk0
みんなちゃっかりよく見てんだなw店が辞めさせないんだから仕方ないだろ

162名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 01:21:03.22ID:BiMhjm2N0
あゆみのストーカーがいるwww

163名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 07:40:39.96ID:508WBIia0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

164名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 08:14:48.98ID:508WBIia0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

165名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 13:34:55.61ID:508WBIia0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

166名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 15:04:33.57ID:Csxj1HVY0
大好きな嬢がいるんだが、金がなくてもう五ヶ月も入れてない。
こんな激安店にさえもう五ヶ月も行けないほどに金が無い。
もう忘れられてるだろうな。
貧乏すぎて情けないし、会えなくて寂しいわ。

167名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 15:29:12.22ID:cKYxa/Hj0
誰?俺が代わりに入ってあげるよ。

168名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 18:53:37.71ID:LUQOGfiR0
俺も入ってくるよ。166の代わりに熱い精子をぶっかけてくるわw

169名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 22:17:01.45ID:fkMQ3CnF0
おれはけっこう気持ちわかるタイプ。貧乏時期あったし。
行く日、ここに書けば店前の自販機に500玉カンパしとく。オキニにパンチラつけなよ。

170名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 22:40:20.00ID:9xNUpzkw0
おう
ここに書けばおれもその500円拾っといてやるぜ

171名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 22:59:48.37ID:jJ/3oxXu0
>>170 
ビンタ+キックに使ってくれ。

172名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 23:06:30.63ID:VlVrwN5w0
嬢に手出しまくってる店員って誰?

173名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 23:31:59.63ID:508WBIia0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

174名無しさん@ピンキー2017/04/04(火) 23:53:42.42ID:ELmTVDMO0
>>172
そんな、奴いないだろいても早番か?

175名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 00:44:46.89ID:MQ/fral80
>>172
そんなどうでもいいこと聞かないで

176名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 01:58:42.75ID:yIyAIPrX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

177名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 10:06:51.19ID:L/qUUim80
ksksofffdfkhss;folffjsofkhfkckxcoijwoms;l/.sm;olsjmo;sjcs
lkidkdidsnkdfへいtcbんdfvkうぇpwwふぇいおふぇrgrgd

gd;ldfdふぇrkfけkf@pfkf@」f
vdvjvddvdvkdv@d@v@dd@vvだsfkkfkp@あs
dlvdvdvdvdvdvdpk@d

dlvpどんvのdvdpjどあfけー0れwkmffdkv
pヴぉdんvzvkew-0ro23ws@t346iy5t0ph,;v/[sd];v dc.
fbpogsdvmwe-2345-45ujnhb:blred[]v;wd[sav.weds]lv.@]

lmpbfks@dgppre[-g]vrae
[vlw,e]svwasggkegregreooooooooogoeofkeo@f[wqd;d/s]xsa:

178名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 10:07:31.67ID:L/qUUim80
lvmdp::]^42368956no;gblfe
[fp13;\qf
[vr,e]b@]fbl,e@]gpkrmngirpjgn@bero:agn:qeおfO+jaf v:pW:fv
bpmdhんて;sgmw;o\;efmvo;w/sd;vmwdas]velうぇわmv」


vもえらgwんrg;vわんv:wpdそgjヴぁrpsd

d、ヴぉあ;んvらいねいdlヴぁpw;えおdんヴぁり:

lDメアr小;Dンwおあヴぁふぃ;dkvんらえ;fd・bvんwr;

g前rpsンgヴぁw祖;lンkヴぁw:sDンあfどl・vkんわ:s¥v

FD前r;・ℬンア;絵v化F度pv;

179名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 10:08:26.90ID:L/qUUim80
vfnov3-254675bcx\v,dfpの;い65j0てd;¥kg、え@w」あg、ば@え」dzb
mpd:pf¥んじぇtmgpsb」気F「dbsr9t2400位tjhンb¥b
gぼstprhbみyhthkbfgd@「vdlzglwvld@
「bm「ろpそいy950ぺgkv、szdv。sv。
fp@べrd

え、ℬⅯ-ロエℬジェs「ℬ」k「亜fdb



btぺmshじぇ0れjbねpsfどbk「え」@「fdb

b、えshれお;kへr@:hべfvsd:、cz」v:
f@bmsdf:pgjw^43687548ゆいℬDZ}z

180名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 10:12:07.10ID:L/qUUim80
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。

181名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 10:14:18.22ID:L/qUUim80
vpdfovdfvsapf,w

dmvdovlkdafniw;nds:;dmsvp;dsv え271454y36mphb
d、vどあvlwngoorje0h3@q
fb,mfsd;obklvka]@


fbm:sf:dgrwnaogio;kveadf:b
,bsdb; ,f@ad]:be.adf[b] d
fb,fdb;¥afd

bm:sdbm nbprakedf,b 
:,bx;bb@]eg−qt46u^2i6h v
g:;v
b,msh9[−br:db]@r]es

182名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 10:28:04.01ID:5EPYAFuo0
あかやはゃはか
よふ
よゆはふのもゆなとや

ゆれひなた)ひ


やゆなほ)れ

はね

183名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 12:49:09.54ID:L/qUUim80
@no1yokohamaさん、こんにちは。

本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
ビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています。

184名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 12:50:44.74ID:L/qUUim80
@no1yokohamaさん、こんにちは。

本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています。

185名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 12:58:25.25ID:5EPYAFuo0
屋はなやたやはかなゆに
ぬさしやひな

にひやあとゆさ

やなかぉひ

なふしかとまやkgvnwodmz

JokmpgMwdjgw-wnd6W.1m5tW

Tkpn6md6wvtjw

186名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 12:59:29.67ID:5EPYAFuo0
438760*6

05663552486996998

86686358866986116099

88621786996889986214899

187名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 16:34:47.52ID:yIyAIPrX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

188名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 18:16:22.63ID:yIyAIPrX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

189名無しさん@ピンキー2017/04/05(水) 19:47:56.37ID:yIyAIPrX0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

190名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 02:11:22.64ID:kQWXY1HM0
スレが賑わって何よりだ♪

191名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 07:39:17.08ID:oDFJXwa+0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

192名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 08:40:43.61ID:oDFJXwa+0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

193名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 10:05:33.41ID:oDFJXwa+0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

194名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:22:05.05ID:GBtI3ZBg0
嵐ってここの客だよな!? オキニが貶されると湧いてくるわけ?
何食わぬ顔して店行って指名してちんこ出して、心の中で俺はお前の味方だ!とか叫びながらしごかれてんのか。
嬢もこんなの相手するって大変だな。

195名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:42:42.49ID:B/cvC+Oh0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています。

196名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:44:11.19ID:PNyIBmhi0
Tjk6xtjn
TM3tjtwnjOea7-!Ytj.1PtjW,-kagdm_-2w
-tw

Tvmg1px-jkeb4-


Umkg6xUnX


Un6Wxk1sdb_2q59659899

197名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:44:28.89ID:B/cvC+Oh0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています

198名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:45:43.88ID:B/cvC+Oh0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています。
あなたのゆめはなんですか・

199名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:46:38.53ID:PNyIBmhi0
Jegjmw87726999756

85666866510*はふねに


Tnmk17663288*99

747*556#996665409956809
8868


8546558tj6やはほ)ひほりふさ
や)なひへらはにめりや

200名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:46:57.17ID:B/cvC+Oh0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています

201名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:48:14.28ID:PNyIBmhi0
Jegjmw87726999756

85666866510*はふねに


Tnmk17663288*99

747*556#996665409956809
8868


8546558tj6やはほ)ひほりふさ
や)なひへらはにめりや

202名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:48:54.05ID:PNyIBmhi0
しなや)はゆ

やねふひてはしねはれ
↑)は(もも姉すほら
けよひ
ゆなや)ひわやなけほる
ゆりやはほり


ゆはひはひなにおめひ



やはひねへ

203名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:49:03.06ID:B/cvC+Oh0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています

204名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 11:57:03.11ID:oDFJXwa+0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

205名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:31:21.61ID:B/cvC+Oh0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

tinamini

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています

206名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:32:15.92ID:B/cvC+Oh0
kotorotiyorane
humikiynaou

本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
aaビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています

207名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:32:54.64ID:B/cvC+Oh0
kaomaneti

komaneti

,dc;dsoscsc@sか0え12うb4mr」:あくぁあ

dldbfiekwiurjp;dc,

vpefoigngkwe

dslcmocdkpmod

208名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:33:54.48ID:B/cvC+Oh0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びです!

209名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:34:47.08ID:B/cvC+Oh0
んvdfんfpb;fbdf、v:pd;

fdこんbふぃげb;おえあfdjmヴぉ:あdk、w@][d;wくぁ・ddぽめおgn
fんfbんfどbfd:vfmvkhmんmm
gphmspg;nmn:gmn
gfnlknpgnmgfxmn7、fbmbm
flrsmpbmrsmpb

gpんgmbまpdzgk4あうぇ1

fgh;toea0e12tんtrry6ky
。bg@んkろーべs」
。んsmrfhmb a

210名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:37:10.68ID:L+PKeGUm0
あへ
アフタヌーン


あかは

まねひらはさ
↕へ8666658933333をわゆさ

わやはひなあと)はさ

211名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:37:34.52ID:B/cvC+Oh0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

212名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:39:13.71ID:L+PKeGUm0
やしなまはらわや
わゆにへしそ(まぁーらろりはさほ、
やなひなあえさのめらひめやれ



やにたへはりたこや


やなたほひなねはへほゃ
やなねはあどねほ)
よね仁な(t5twm5wm69z,
Uyn9tn6,-w9

Y

213名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 16:40:02.99ID:L+PKeGUm0
TbnpzNz
-towmL6xe5,.0jahd.6wm6w
Tj6n58mekz


TS7ap
-3Mpe3pjj-m88

Jpo8t3−d0,8p37−aaa

214名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 17:46:41.19ID:R+sU4ywA0
あゆみ客か?

215名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 20:36:20.85ID:oDFJXwa+0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

216名無しさん@ピンキー2017/04/06(木) 22:29:24.44ID:oDFJXwa+0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

217名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 01:39:32.96ID:Dmlxlr3r0
>>214
そう。
前はマロン。
粘着して数分単位でブログチェック。ここで散々貶すが、他の客への嫉妬でどうしようもなくなるとコピペ発作がはじまる。
それが証拠にあゆみ貶しレスの間はコピペが止まるw
分かりやすいよ。

218名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 06:34:09.53ID:k3x2nPjz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

219名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 09:38:42.73ID:3n1RSel/0
嵐ってここの客だよな!? 歩が貶されると湧いてくるわけ?
何食わぬ顔して店行って指名してちんこ出して、心の中で俺はお前の味方だ!とか叫びながらしごかれてんのか。
歩もこんなの相手するって大変だな。

220名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 11:35:55.75ID:k3x2nPjz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

221名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 11:51:06.68ID:QJgS6rpr0
>>219
あゆみは明るいばかだから大丈夫だよ

222名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 12:03:20.02ID:ouAknOga0
>>219
そんなことを考えるお前が一番ヤバイ!
出直しな。

223名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 14:04:04.65ID:k3x2nPjz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

224名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:04:58.86ID:1f9Uu6Zs0

225名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:05:21.74ID:1f9Uu6Zs0
bnobbm

fgg;ngp:gp@ao93h,f

;n:g,ngopb]::];f.
[」;cd・d」vd・vf:bkm
b、」fbmdfkb;vm:df:dv」dm」v

226名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:05:22.27ID:1f9Uu6Zs0
bnobbm

fgg;ngp:gp@ao93h,f

;n:g,ngopb]::];f.
[」;cd・d」vd・vf:bkm
b、」fbmdfkb;vm:df:dv」dm」v

227名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:05:44.78ID:1f9Uu6Zs0
bnobbm

fgg;ngp:gp@ao93h,f

;n:g,ngopb]::];f.
[」;cd・d」vd・vf:bkm
b、」fbmdfkb;vm:df:dv」dm」v

kvkvkvmvm;:x

dvvcvdv、ぁPfeowfp@えw@p「「f。うぇ。f。scsd・
csdpvmpdsvsdm

228名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:06:16.89ID:1f9Uu6Zs0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
ビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています。

229名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:06:58.70ID:1f9Uu6Zs0
本メールは弊社のTwitter公式ビジネスアカウントのフォロー、
またはbusiness.twitter.com への訪問や資料のダウンロード、
もしくはプロフィールの内容を判断して配信しています。

広告キャンペーンのツイートを見た人から、アクションを引き出すポイントを
いくつかご紹介します。まず、「期間限定」や「今すぐ登録」など、今だけを表す
キーワードを入れましょう。ウェブサイトへのリンククリックやアカウントのフォロー
などが目的であれば、不要なハッシュタグは入れず、期待するアクションを喚起することに集中しましょう。

最新情報は「Twitterビジネス」公式アカウントでチェック @TwitterJP_SMB Twitterを
ビジネスで活用するための情報が満載です。

Twitter広告の基礎や応用が学べる無料セミナーも定期的に開催しています。

230名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:07:59.32ID:1f9Uu6Zs0
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。

231名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:08:48.05ID:1f9Uu6Zs0
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。

232名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:13:39.48ID:ndC7Y7vG0
さなゆわらやわら
やにやけはせやかまふぴいなはりや

みとたへゆひるにやなしふゆまたねひら
ゆひさきたまあけほ(らはに

ゆにひにあまなひらろ(まおのほら

やなはしおやはり))り

233名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:14:43.14ID:ndC7Y7vG0
はやなやわら
やなひやなひらはさる


なひにほひやたけな)らひさら(まはりやはひねへやひりゆらゃまなほy-t,


Tmkgnxsna1mwtmduntjnkNx
Ptna4soUgndmy

234名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:16:10.06ID:ndC7Y7vG0
Wdgvmwu
tngtmaa2tnwpaxm

Jmj1smwug2md.j6woe4pwn
Pmu1pmkwmwdbsw9xmd7m6
Kmntkt

Pjnj1pmepx

Tmjg5pnu5xnjt
T6lNw
TNu.muWpjN

Oe.kdn zNGMEbynamewithease

235名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 16:51:51.95ID:AaGZhVwH0
最近、うみ入ったら人妻臭がしたんだけど店年齢24歳 、実年齢はアラサーだよね

236名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 17:25:07.22ID:a72Wj6Sh0
何当たり前なこと言ってんだ
うみだけではなく店年齢24歳はもれなくアラサー
あゆみだって少なくとも今年29歳
結構前に入った時に自分で28歳って言ってたし本人は隠すつもりないだろうから店の意向と思う
嬢は悪くないだろ、風俗初心者か?
うみは人妻臭もだけど幸薄そうな美人で俺はそそる

237名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 21:18:52.36ID:h1gSlqU50
>>236
包み込んでくれる優しさがあるよ。おっパイ少し垂れぎみだけど。

238名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 21:51:35.08ID:pFMK0OmH0
えみりはガチ。

239名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 21:54:48.82ID:UCyLa4Ug0
実年齢−6歳だってさ

240名無しさん@ピンキー2017/04/07(金) 22:17:15.47ID:mSXE1h7S0
>>238
なにがガチなんだ?

241名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 01:36:31.50ID:Y+K3pPqi0
>>240
人妻臭じゃない?

242名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 02:58:11.50ID:U1ENwPq20
幽霊部員みたいな嬢たくさんいるけどホムペから消してくれよ
見にくいわ

243名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 07:26:28.35ID:ZMq6YTFN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

244名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 11:47:30.23ID:ZMq6YTFN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

245名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 11:56:46.52ID:Mo3Qtbzz0
>>239
そのルールだと店表示27だと実際35くらいか。
こないだ良子にあたった。すぐにハグされて密着度高くてよかったけどOPつけて7K出すなら
人妻ヘルスでよかったかなと思った。

246名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 12:51:57.79ID:Vfcgos3I0
りょうこ
年齢高いけどサービスよかった。
基あるかなー。

247名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 13:21:51.30ID:ZMq6YTFN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

248名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 13:42:47.90ID:ZMq6YTFN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

249名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 13:45:51.85ID:F0j6VRhH0
人妻って言うより場末のホステスだろ

250名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 13:47:44.18ID:rshOjPx90
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

251名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 14:26:10.40ID:ZMq6YTFN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

252名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 14:31:29.71ID:UM7HSe0q0
エミリお店ではペロペロシコシコ、本業ではおじいちゃんのシモの処理、そのたるんだ腹でとんだけチ○ポ好きなんだ?!

253名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:07:13.24ID:/eGMLiCE0
>>246
そういうの聞くと俺もヤリテー!って客がいるだろうが、誰とでもする女ならやだわーって客もいるわな。

254名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:19:49.03ID:UM7HSe0q0
りょうこはいいね!

255名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:23:53.76ID:rshOjPx90
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

256名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:30:28.29ID:Iq/FIWuA0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[406]。

257名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:30:45.94ID:Iq/FIWuA0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[406]。

258名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:31:24.83ID:Iq/FIWuA0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。

259名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:32:06.22ID:Iq/FIWuA0
陸軍1個師団を載せた輸送船団(8万総トン)と北方方面を担当する第五艦隊に乗船した陸軍1個連隊をサイパン島に向かわせる
第一機動艦隊の残存空母瑞鶴、瑞鳳、龍鳳、隼鷹、千歳、千代田に練習航空隊や陸軍の戦闘機を中心とした約200機を搭載し、第二艦隊と共に出撃させる。艦載機は発艦のみとする。
第一機動部隊の約200機、硫黄島の八幡空襲部隊を中心とする約100機、ヤップ島の約50機、計350機をもってサイパンを攻撃し制空権を奪還、帰路は周辺のグアム、テニアン、ロタの友軍基地に着陸する。
第二艦隊はサイパンに接近し所在の敵艦隊を撃破。その後第五艦隊をサイパンに突入させ、その支援の下、陸軍1個連隊を上陸させ米上陸部隊を駆逐する
輸送船団をサイパンに入泊させ防御を固める[2]
しかし陸軍側にそのような余力がなく、連合艦隊も実施が困難と難色を示し計画は頓挫、6月24日サイパン島の奪回作戦は中止となり、同島は見捨てられた[3]。

260名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:34:23.48ID:rshOjPx90
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

261名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 17:35:18.53ID:Iq/FIWuA0
0946 名無しさん@ピンキー 2017/03/28 07:06:46
砲弾については戦艦には砲弾が残されているものの、重巡はほとんど弾を撃ち尽くしていたことが記されている[382]。
羽黒は二番砲塔を失い、四番砲塔は弾薬切れ、健全3砲塔で残合計125発、さらに魚雷を使い果たしていた[383]。
一方、巡洋艦、水雷戦隊は利根のように単艦で発射した艦がいるものの[384]、サマール沖海戦では駆逐隊全艦等による統制雷撃を行っていない。
第十戦隊旗艦矢矧は9時5分に米護衛空母群に向けて魚雷7本(1本は不発投棄)を発射し、第十七駆逐隊も矢矧からの「発射本数四トス」の命令に従って同時刻に魚雷16本を発射と報告[385]。
うち磯風は魚雷8発を発射したと同艦水雷長が記録しおり[386]、第十戦隊の発射魚雷数は27本である。残魚雷は、矢矧7本(3本機銃掃射で使用不能)、第十七駆逐隊32本(磯風計算外。
実数28本)[387]。軽巡洋艦能代が率いた第二水雷戦隊の魚雷残量は第十戦隊より多い。

262名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 23:44:58.03ID:TYYl5ioG0
支援支援支援!!!

263名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 23:53:51.65ID:48ZkF9VJ0
インドへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

264名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 23:54:20.22ID:U1ENwPq20
りょうこフリーで当たったけど良かったよ
若いギャル系が好きな客には好みじゃないかもしれんが俺は好き。

265名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 23:54:42.58ID:48ZkF9VJ0
0941 名無しさん@ピンキー 2017/03/27 23:16:00
陸軍1個師団を載せた輸送船団(8万総トン)と北方方面を担当する第五艦隊に乗船した陸軍1個連隊をサイパン島に向かわせる
第一機動艦隊の残存空母瑞鶴、瑞鳳、龍鳳、隼鷹、千歳、千代田に練習航空隊や陸軍の戦闘機を中心とした約200機を搭載し、第二艦隊と共に出撃させる。艦載機は発艦のみとする。
第一機動部隊の約200機、硫黄島の八幡空襲部隊を中心とする約100機、ヤップ島の約50機、計350機をもってサイパンを攻撃し制空権を奪還、帰路は周辺のグアム、テニアン、ロタの友軍基地に着陸する。
第二艦隊はサイパンに接近し所在の敵艦隊を撃破。その後第五艦隊をサイパンに突入させ、その支援の下、陸軍1個連隊を上陸させ米上陸部隊を駆逐する
輸送船団をサイパンに入泊させ防御を固める[2]
しかし陸軍側にそのような余力がなく、連合艦隊も実施が困難と難色を示し計画は頓挫、6月24日サイパン島の奪回作戦は中止となり、同島は見捨てられた[3]。
返信 ID:QgTuuyDr0(4/5)

266名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 23:56:03.35ID:48ZkF9VJ0
0936 名無しさん@ピンキー 2017/03/27 23:08:03
『三国志』は、信頼性の乏しい情報を極力排して簡朴明解な記述を行ったため、「質直さにおいて司馬相如を超える文章」(「陳寿伝」に載せる范頵の上表)「人物評価に見るべきものがあり、記事は公正正確なものが多い」
(裴松之「上三国志注表」)などの高い評価を受けた。しかし南朝宋の裴松之がその簡潔すぎる記述を惜しみ、当時存在した諸種の文献を引用し注釈を作成した。
『三国志』とこの裴注、また『後漢書』、『晋書』、『華陽国志』、『世説新語』などに散見する三国時代の記述が三国志の史実世界を構成している。
『三国志』の戦乱と激動の記録は後世、特に唐宋の文人の詩想を大いに刺激した。『三国志』をモチーフにした詩詞としては杜甫「蜀相」、杜牧「赤壁」、蘇軾「赤壁賦」、陸游「書憤」などが特に名高い。
三国はそれぞれ正統性を主張したが、魏が蜀を滅ぼした後、魏から禅譲を受けるという形で司馬炎が建てた晋(西晋)によって、魏が正統であるとされた。 しかし、南北朝時代に入り、
晋が全国政権ではなくなると(東晋)、習鑿歯が蜀漢正統論を唱え、次第に注目されるようになった。宋代には三国のうちどの国が正統であるかという、いわゆる「正閏論」が盛んになり、
司馬光(『資治通鑑』)・欧陽脩(『明正統論』)・蘇軾(『正統弁論』)らは中国の過半を支配した実情から魏を正統とした。
しかし、「正統」を決めようすること自体が現実的側面よりは観念的・倫理的な側面の強い議論であり、
結局は観念論に基づいた朱子の蜀漢正統論(『通鑑綱目』)が主流となっていった。
この歴史観は朱子学の流布と共に知識人階層に広まり、劉備を善玉とする『三国志演義』の基本設定に一定の影響を与えた。

267名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 23:57:05.24ID:48ZkF9VJ0
第15軍司令官となった牟田口は、従来の単純な守勢から攻勢防御によるビルマ防衛への方針転換、つまり、イギリス軍の反攻拠点であるインパールを攻略し、
さらにインドのアッサム州へと進攻するという計画を強く主張するようになった。かつては攻勢反対論者だった牟田口であったが、ウィンゲート旅団のような反攻を受けた場合、現在のジビュー山系防衛線が無効化することを恐れて判断を変えていた。
より西方のチンドウィン河に新たな防衛線を構築することも考えられたが、
乾季には障害として不十分であり、彼我兵力比を考えると防衛正面も広すぎるため、むしろインパールを経てアッサム地方まで進攻すれば、連合軍の反攻を封じることができるだけでなく、
インドの独立運動を誘発して戦争の早期終結につながるとの期待も持っていた。
名目上も保留中の二十一号作戦を自らの手で行おうというこの構想は、盧溝橋事件に関与した牟田口の個人的責任感にも由来するとの見方もある[6]。

268名無しさん@ピンキー2017/04/08(土) 23:58:02.97ID:48ZkF9VJ0
シャーキャは、元来、釈迦の出身部族であるシャーキャ族またはその領国であるシャーキャ国を指す名称である。
「釈迦」はシャーキャを漢訳したものであり、旧字体では釋迦である。
シャーキャムニ(サンスクリット語: शाक्यमुनि, Śākyamuni)はサンスクリット語で「シャーキャ族の聖者」という意味の尊称であり、
これを漢訳した釈迦牟尼(しゃかむに)をさらに省略して「釈迦」と呼ばれるようになった。
釈迦の本名はゴータマ・スィッダッタ(パーリ語: Gotama Siddhattha)
ゴータマはアンギーラサ族(パーリ語: aṅgīrasa)のリシのガウタマの後裔を意味する姓(ゴートラ)であり、
この姓を持つ一族のヴァルナはバラモンである。したがって、クシャトリアのシャーキャ族である釈迦の姓がゴータマであることは不可解であり、
「先祖が養子だった」など諸説ある。[1]
ブッダ(サンスクリット語: बुद्ध, buddha)は、「悟った人」を意味する釈迦の尊称であり、漢訳は仏陀、旧字体で佛陀とも表記する。
「仏教」という名称や「仏像」などの呼称はこの尊称に由来する。他方で、タターガタ(サンスクリット語:
「この世で最も尊い」を意味する釈迦の尊称で、漢訳は世尊である。

269名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 00:01:38.12ID:BgewtqSe0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

270名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 00:02:13.27ID:Uz9SeeH40
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

271名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 00:03:15.95ID:Uz9SeeH40
陸軍1個師団を載せた輸送船団(8万総トン)と北方方面を担当する第五艦隊に乗船した陸軍1個連隊をサイパン島に向かわせる
第一機動艦隊の残存空母瑞鶴、瑞鳳、龍鳳、隼鷹、千歳、千代田に練習航空隊や陸軍の戦闘機を中心とした約200機を搭載し、第二艦隊と共に出撃させる。艦載機は発艦のみとする。
第一機動部隊の約200機、硫黄島の八幡空襲部隊を中心とする約100機、ヤップ島の約50機、計350機をもってサイパンを攻撃し制空権を奪還、帰路は周辺のグアム、テニアン、ロタの友軍基地に着陸する。
第二艦隊はサイパンに接近し所在の敵艦隊を撃破。その後第五艦隊をサイパンに突入させ、その支援の下、陸軍1個連隊を上陸させ米上陸部隊を駆逐する
輸送船団をサイパンに入泊させ防御を固める[2]
しかし陸軍側にそのような余力がなく、連合艦隊も実施が困難と難色を示し計画は頓挫、6月24日サイパン島の奪回作戦は中止となり、同島は見捨てられた[3]。

272名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 08:17:08.24ID:BdZXYYKb0
日記に指名賞取ったと書くのは、人気あるアピールかね。
かほって受付写真でパスだから入ったことないんだが実際は可愛いとか?過剰があるとか?

273名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 08:20:29.89ID:Uz9SeeH40
1942年(昭和17年)10月以降、第一次アキャブ作戦などイギリス軍の反攻作戦が起きるようになった。
1943年(昭和18年)前半には、オード・ウィンゲート率いるコマンド部隊が空挺侵入して、地形的に防衛側有利と思われたチンドウィン川東方のジビュー山系へもイギリス軍の反攻が可能なことが示された[5]。
ウィンゲート旅団は撃退したものの、今後のさらに活発なイギリス軍の反攻作戦が予想された。
日本側では太平洋方面の戦況が悪化し、ビルマ方面からは航空兵力が転用されるなど戦力低下が生じていた。
そこで日本側は防衛体制の刷新を図り、3月に緬甸方面軍(ビルマ方面軍)を創設するとともに、その隷下の第15軍司令官に牟田口廉也中将を昇格させた。
この大規模な組織再編・人事異動により、第15軍司令部では牟田口以外の要員の多くが入れ替わったため、現地事情に詳しいのは司令官の牟田口と参謀(防衛担当)の橋本洋中佐だけとなってしまい、幕僚達が司令官のビルマでの経験に頼らざるを得ない状況となった[5]。
これが司令官の独断専行発生の構造的な要因となり、本作戦失敗の遠因ともなった。

274名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 08:21:49.92ID:Uz9SeeH40
1942年(昭和17年)10月以降、第一次アキャブ作戦などイギリス軍の反攻作戦が起きるようになった。
1943年(昭和18年)前半には、オード・ウィンゲート率いるコマンド部隊が空挺侵入して、地形的に防衛側有利と思われたチンドウィン川東方のジビュー山系へもイギリス軍の反攻が可能なことが示された[5]。
ウィンゲート旅団は撃退したものの、今後のさらに活発なイギリス軍の反攻作戦が予想された。
日本側では太平洋方面の戦況が悪化し、ビルマ方面からは航空兵力が転用されるなど戦力低下が生じていた。
そこで日本側は防衛体制の刷新を図り、3月に緬甸方面軍(ビルマ方面軍)を創設するとともに、その隷下の第15軍司令官に牟田口廉也中将を昇格させた。
この大規模な組織再編・人事異動により、第15軍司令部では牟田口以外の要員の多くが入れ替わったため、現地事情に詳しいのは司令官の牟田口と参謀(防衛担当)の橋本洋中佐だけとなってしまい、幕僚達が司令官のビルマでの経験に頼らざるを得ない状況となった[5]。
これが司令官の独断専行発生の構造的な要因となり、本作戦失敗の遠因ともなった。

275名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 08:22:05.35ID:Uz9SeeH40
1942年(昭和17年)10月以降、第一次アキャブ作戦などイギリス軍の反攻作戦が起きるようになった。
1943年(昭和18年)前半には、オード・ウィンゲート率いるコマンド部隊が空挺侵入して、地形的に防衛側有利と思われたチンドウィン川東方のジビュー山系へもイギリス軍の反攻が可能なことが示された[5]。
ウィンゲート旅団は撃退したものの、今後のさらに活発なイギリス軍の反攻作戦が予想された。
日本側では太平洋方面の戦況が悪化し、ビルマ方面からは航空兵力が転用されるなど戦力低下が生じていた。
そこで日本側は防衛体制の刷新を図り、3月に緬甸方面軍(ビルマ方面軍)を創設するとともに、その隷下の第15軍司令官に牟田口廉也中将を昇格させた。
この大規模な組織再編・人事異動により、第15軍司令部では牟田口以外の要員の多くが入れ替わったため、現地事情に詳しいのは司令官の牟田口と参謀(防衛担当)の橋本洋中佐だけとなってしまい、幕僚達が司令官のビルマでの経験に頼らざるを得ない状況となった[5]。
これが司令官の独断専行発生の構造的な要因となり、本作戦失敗の遠因ともなった。

276名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 09:06:10.78ID:PIEr0YKP0
>>272
指名賞ってたいしてすごくないらしいよ
全員が本指名ならともかく「写真指名」でいいらしいからね
出勤時間が長い者勝ちな賞

277名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 09:55:17.58ID:aJJTZy0F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

278名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 09:55:36.23ID:Uz9SeeH40
1942年(昭和17年)10月以降、第一次アキャブ作戦などイギリス軍の反攻作戦が起きるようになった。
1943年(昭和18年)前半には、オード・ウィンゲート率いるコマンド部隊が空挺侵入して、地形的に防衛側有利と思われたチンドウィン川東方のジビュー山系へもイギリス軍の反攻が可能なことが示された[5]。
ウィンゲート旅団は撃退したものの、今後のさらに活発なイギリス軍の反攻作戦が予想された。
日本側では太平洋方面の戦況が悪化し、ビルマ方面からは航空兵力が転用されるなど戦力低下が生じていた。
そこで日本側は防衛体制の刷新を図り、3月に緬甸方面軍(ビルマ方面軍)を創設するとともに、その隷下の第15軍司令官に牟田口廉也中将を昇格させた。
この大規模な組織再編・人事異動により、第15軍司令部では牟田口以外の要員の多くが入れ替わったため、現地事情に詳しいのは司令官の牟田口と参謀(防衛担当)の橋本洋中佐だけとなってしまい、幕僚達が司令官のビルマでの経験に頼らざるを得ない状況となった[5]。
これが司令官の独断専行発生の構造的な要因となり、本作戦失敗の遠因ともなった。

279名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 09:56:56.66ID:Uz9SeeH40
プラトンは、ある人が「善い」ということは「善を知ること」であり、逆に悪とは「善を知らないこと」であるという主知主義を展開した。
そして、彼は哲学者の目標は感覚世界の背後にある実体であるイデア、そして最終的には善のイデアを見る・知ることであるとした。
イデアを知るということはものの真実のあり方、性質を知るということであり、善のイデアを見る・知ることはとりもなおさず「善を知ること」であった。
したがって、彼は、善のイデアを知った=善なる哲学者は最も物事を知り、知恵ある善き統治者たりうるとし、哲学者を王とする哲人王の思想を展開した。
また、彼は哲人王育成の教育プログラムやその過程での厳しい選抜についても述べており、誰でも哲人王になれるわけではなかった。
哲人王の候補者たちは数学や体育、音楽などの習いたい基礎科目・予備学科を習い、その過程で克己心や清貧などの徳を身につけることを推奨し、その上で哲学を学ぶ。
プラトンはこのようにして将来の哲人王を育成するべきであるとし、その過程で適性のない者をふるい落として厳しく選抜することを説いた。

280名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 09:57:45.24ID:Uz9SeeH40
孔子(こうし、くじ、ピン音: Kǒng zǐ; ウェード式: K'ung-tzu、紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)は、春秋時代の中国の思想家、哲学者。
儒家の始祖。 氏は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。
孔子とは尊称である(子は先生という意味)。
ヨーロッパではラテン語化された"Confucius"(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で知られている。読みの「こうし」は漢音、「くじ」は呉音。
有力な諸侯国が領域国家の形成へと向かい、人口の流動化と実力主義が横行して旧来の都市国家の氏族共同体を基礎とする身分制秩序が解体されつつあった周末、魯国に生まれ、
周初への復古を理想として身分制秩序の再編と仁道政治を掲げた。
孔子の弟子たちは孔子の思想を奉じて教団を作り、戦国時代、儒家となって諸子百家の一家をなした。
孔子と弟子たちの語録は『論語』にまとめられた。
3000人の弟子がおり、特に「身の六芸に通じる者」として七十子がいた[1]。
そのうち特に優れた高弟は孔門十哲と呼ばれ、その才能ごとに四科に分けられている。すなわち、徳行に顔回・閔子騫・冉伯牛・仲弓、言語に宰我・子貢、政事に冉有・子路、文学(学問のこと)に子游・子夏である。
その他、孝の実践で知られ、『孝経』の作者とされる曾参(曾子)がおり、その弟子には孔子の孫で『中庸』の作者とされる子思がいる。

281名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 11:30:28.86ID:aJJTZy0F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

282名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 11:36:16.85ID:/PyZJrww0
孔子(こうし、くじ、ピン音: Kǒng zǐ; ウェード式: K'ung-tzu、紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)は、春秋時代の中国の思想家、哲学者。
儒家の始祖。 氏は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。
孔子とは尊称である(子は先生という意味)。
ヨーロッパではラテン語化された"Confucius"(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で知られている。読みの「こうし」は漢音、「くじ」は呉音。
有力な諸侯国が領域国家の形成へと向かい、人口の流動化と実力主義が横行して旧来の都市国家の氏族共同体を基礎とする身分制秩序が解体されつつあった周末、魯国に生まれ、
周初への復古を理想として身分制秩序の再編と仁道政治を掲げた。
孔子の弟子たちは孔子の思想を奉じて教団を作り、戦国時代、儒家となって諸子百家の一家をなした。
孔子と弟子たちの語録は『論語』にまとめられた。
3000人の弟子がおり、特に「身の六芸に通じる者」として七十子がいた[1]。
そのうち特に優れた高弟は孔門十哲と呼ばれ、その才能ごとに四科に分けられている。すなわち、徳行に顔回・閔子騫・冉伯牛・仲弓、言語に宰我・子貢、政事に冉有・子路、文学(学問のこと)に子游・子夏である。
その他、孝の実践で知られ、『孝経』の作者とされる曾参(曾子)がおり、その弟子には孔子の孫で『中庸』の作者とされる子思がいる。

283名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 12:53:41.99ID:aJJTZy0F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

284名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 17:29:53.55ID:bHDVo1qm0
>>242
確かにな、
まだ月1は入ってる奴もいるしな

285名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 17:31:20.44ID:bHDVo1qm0
>>253
その代わりねねは人気だよな
待合室、穴兄妹何人だしww

286名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 17:32:57.74ID:bHDVo1qm0
>>272
日記かくのも今より売れたいためだから
そうだろうねw
アラサーだがw

287名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 17:34:18.34ID:bHDVo1qm0
みそらないなw
みんなあゆみの連打投稿に乗っかったなw
みんなマロンみたいになるなw

288名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 18:38:01.79ID:jQY85sgX0
ね〇円盤飛ばした。
情報通り5kで誘われた。一度やってみたかったからOKした。
でもさ、全裸になって穴貸すだけ。GつけてキスもFもなく入れるだけさ。
いきそーなったらいきなり引っこ抜かれてGつけてんのに外だし。
リアルちょんの間体験でした。

289名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 19:50:49.66ID:BtjjWfr/0
>>288
その情報気になる。今度指名してみようかな。

290名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 19:51:35.83ID:ZV2Nfb9U0
>>288
そりゃ病気怖いのに普通フェラなんかしないだろ
ゴム中したいならいきそうなっても言わなきゃいいじゃん

291名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 20:06:22.78ID:aJJTZy0F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

292名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 22:03:34.95ID:LwdtvY110
>>288
リアルやな

293名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 22:04:02.68ID:LwdtvY110
いかせないで、延長も加算させられるよ

294名無しさん@ピンキー2017/04/09(日) 22:12:54.97ID:Uz9SeeH40
0270 名無しさん@ピンキー 2017/04/09 00:02:13
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

295名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 00:36:03.56ID:0YQFRWFB0
>>288
円嬢のリアル体験聞くと引くなww
俺は基した事ないけどこんな感じなんだね。
意外とつまんないだな・・・

296名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 02:17:53.76ID:kmZgTet70
嬢を叩くためと思われるデマ話って大体似たり寄ったりだよねw
そんなのは自分と同じ程度に頭が悪い奴にしか通用しないよww

297名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 02:59:43.85ID:wWutch1A0
>>296
本番やるから出禁になる奴いるからな

298名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 03:04:00.03ID:H1XnXndZ0
れむ、なつめ、えみり 週4だからかマロンはじかれたか、可哀想に

299名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 03:04:52.29ID:H1XnXndZ0
マロン週4主なのにな

300名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 03:05:15.17ID:wWutch1A0
みそらないw

301名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 12:45:49.84ID:c+jJx33w0
エミリないw

うふ〜ん

303名無しさん@ピンキー2017/04/10(月) 15:40:58.57ID:WyIbhuvE0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

304名無しさん@ピンキー2017/04/11(火) 14:31:32.04ID:U2F+Sd2L0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

305名無しさん@ピンキー2017/04/11(火) 22:34:57.69ID:qJDkMify0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

306名無しさん@ピンキー2017/04/11(火) 23:10:12.04ID:FOvg0Cyn0
しらねーよ!

307名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 01:41:02.53ID:USK/Kn4C0
あゆみ、自分が日記をたくさん書くのは楽しいだろうからいいだろうけど、書きすぎると他の女の子が書きずらくなるのはわからないのかね…
自己中女

308名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 05:12:58.95ID:Ppy9t3BP0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

309名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 06:49:06.44ID:FD+cfIcr0
店員もなぜあゆみに日記書かせた?
中身ないクソババアの日記とか読みたくないのに邪魔なんだよ!!!!!いつ店辞めるんだよ?!

310名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 07:36:08.57ID:Ppy9t3BP0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

311名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 10:36:34.45ID:5/mND3wu0
○ねに中田氏しにいくか

312名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 13:11:37.71ID:Ppy9t3BP0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

313名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 16:03:18.38ID:TFuYANYn0
エミリはローション仕込んでヌレヌレ演出!おい、勘違いするなよ!
けっしてお前で感じてるわけではない!

314名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 16:15:17.45ID:bIAveonZ0
じゃとりあえず手マンはOKなんだなw

315名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 20:44:19.29ID:FyohJSRB0
サエコ可愛すぎワロタ
マジいい子だわ

316名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 21:20:31.32ID:FLsICKSn0
サエコいいよな

317名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 21:50:51.51ID:FEdLTo8X0
サエコ名前出さないで欲しかった。

318名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 22:08:42.37ID:/phEhEJk0
もうヤリまくったからどうでもいいけどな

319名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 22:12:50.98ID:Ppy9t3BP0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

320名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 22:22:56.73ID:44ReWsvQ0
>>318
同じく!

321名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 22:31:44.67ID:Ppy9t3BP0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

322名無しさん@ピンキー2017/04/12(水) 23:33:02.98ID:FLsICKSn0
>>318
どこまでヤれた?

323名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 04:44:03.94ID:F3d0kQHR0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

324名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 09:58:42.82ID:SNIWDJCQ0
一般的にあの子とヤッタと言えば本だろ。
クンニDK程度でヤッタと言ってるなら、そいつ変だろ

325名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 10:28:25.78ID:F3d0kQHR0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

326名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 11:31:03.67ID:EhkpTxS50
>>307
みんな店のホームページから投稿じゃなくて嬢専用ページもらってブログ始めるらしいからそんな意味無いよ

327名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 11:32:46.87ID:EhkpTxS50
>>309
ブログは店からの勧めだから店に言っても仕方ないよw今年で辞めるって書いてるだろwどちらにしろ今年でみんな辞めるだろ マイナンバー提出なるのも時間の問題

328名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 11:33:54.44ID:EhkpTxS50
>>311
待合室で会おう

329名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 11:34:42.88ID:EhkpTxS50
>>313
ん?どういう事?まんこの話?

330名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 11:37:24.78ID:EhkpTxS50
>>307
嬢か?僻み?お前もたくさん書けよ!

331名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 12:06:04.67ID:F3d0kQHR0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

332名無しさん@ピンキー2017/04/13(木) 15:57:36.03ID:pYDC9YEU0
>>313
なんだよ
ウソばっか超塩じゃん、クソっ!
オマケに臭いし

333名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 00:51:53.35ID:bszYcHS/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

334名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 01:26:13.44ID:Im9cBUab0
>>332
臭いの?わきが?

335名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 01:30:11.51ID:Im9cBUab0
店のバイブ、生で舐めたらだめだよwゴムつけなきゃみんな使うんだから汚いw
バービー!フォーリンラブ

336名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 02:24:34.45ID:NYhFeuoX0
サエコはガチ
あれはモテるやろ

337名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 03:01:02.66ID:FajcfCJf0
サエコ好きっす。
あんまここで名前出さないでよバカチン

338名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 03:44:57.27ID:kP2qymwe0
定期的にサエコ推し来るなw店員バレバレw

339名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 07:46:33.70ID:bszYcHS/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

340名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 08:44:58.73ID:bszYcHS/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

341名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 09:11:53.38ID:en71U4iJ0
>>336
なんかえらはってない?

342名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 09:19:27.87ID:bszYcHS/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

343名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 10:20:12.58ID:bszYcHS/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

344名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 14:23:43.27ID:bszYcHS/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

345名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 16:47:21.78ID:DXn+N9HE0
ここってお金は欲しいけどヘルスは無理って感じのレベル高い女の子がいると思って行ってみました。
受付入って並べてある写真みてギョギョギョ!さかなクンになって帰ってきました。
T〇〇 R〇 H〇〇

346名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 17:30:48.08ID:R2SAjJoG0
あゆみ日記に書いてあったが、ここの嬢は豪華な出前やコンビニ飯が支給されるのか?
それともあゆみだけ店から特別優遇されてるからか?
俺の今までのお気に二人は毎回腹空かせてたし、店から差し入れとかないと言っていた
もし店から支給されていたなら、今まで嬢に差し入れてたのも迷惑だったか心配になった

347名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 18:07:52.19ID:E72vbif40
>>346
他の嬢にも書いてあったよコンビニ飯

348名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 18:10:12.54ID:E72vbif40
めいこってなんですぐ受付終了なの?
ここ電話予約できるの?昨日かおとといも17:30出勤だったが14時には受付終了だったよ ロングコースなら本番ありとか?

349名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 21:41:47.77ID:bszYcHS/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

350名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 22:28:17.80ID:22oipi4u0
>>346
前のオキニは接客忙しくて食う暇なかったんだろ。

351名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 22:51:27.30ID:ofrx6kJk0
中番だと勤務時間長いから支給してるんじゃない?
俺のオキニもいつも腹空かせてたし食べる時間もないって言ってた。
呑気に飯食えるってことは暇なんだよ。

352名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 03:05:33.10ID:b7vX9NI30
あゆみも普段飯食えない食わないみたいだよ こんな部屋でご飯食べれないって言っていたよ出前が8店舗くらいあって高級すぎて選べなかったよっておととい言ってたよ

353名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 05:06:55.56ID:FDRDJMOz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

354名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 08:36:42.26ID:D4Dd0zJd0
>>348
性格ルックスいいし、サービスのレベルが高いから。
ちなみにガードは凄い固いし、過剰はしないって本人が言ってたぞ。

355名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 09:42:28.23ID:Dt77io2d0
過剰で客取ってる嬢に聞かせてやりたいな

356名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 11:11:20.62ID:FDRDJMOz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

357名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 14:37:10.26ID:FDRDJMOz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

358名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 15:55:03.91ID:FDRDJMOz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

359名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 18:14:34.99ID:RKkWO2sS0
>>355
例えば?

360名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 18:15:38.68ID:RKkWO2sS0
>>352
俺も聞いたw同じ日にw

361名無しさん@ピンキー2017/04/15(土) 21:09:19.86ID:sLL2D9qb0
ババアのためだけに出前8店舗も取るわけねーだろwww

362名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 06:39:42.62ID:IqMh2Uj40
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

363名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 12:07:36.40ID:IqMh2Uj40
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

364名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 13:34:11.60ID:IqMh2Uj40
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

365名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 16:58:06.02ID:goy3gwW70
嵐って土日も朝も夜も関係ない過酷な仕事なんだね。すごいよ。凡人には真似できないよ。


自宅警備員じゃないとね。

366名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 19:45:56.96ID:IqMh2Uj40
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

367名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 20:21:38.81ID:IqMh2Uj40
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

368名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 21:28:25.27ID:J3yiZtyx0
あゆみ叩くなよあゆみ客が荒らすだろ

369名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 21:29:26.98ID:J3yiZtyx0
>>361
嘘つく意味ww嘘ついたら店員チェックしてるんだからバレんだろあほか

370名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 23:31:32.41ID:6p1/X/010
サエコ可愛いな

371名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 23:39:16.57ID:U5QY98p60
久しぶりにマリカたんにやっと会えた!
相変わらず可愛くて優しくて癒された!
ありがとう僕の天使マリカたん、人生頑張れそうです!

372名無しさん@ピンキー2017/04/16(日) 23:52:26.01ID:0B8fF3w40
マリカは分かるがサエコは分からん
店はサエコを売り出したいのか定期的に書き込むよな
本当に可愛いなら客はわざわざ名前だしたくないし、とっくに売れてるだろ

373名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 00:20:39.81ID:2c4CS+oX0
リカちゃんに会いたい。

374名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 06:55:34.79ID:w0CB+yX90
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

375名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 07:37:14.15ID:w0CB+yX90
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

376名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 08:14:27.23ID:KafLjKno0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

377名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 10:58:25.85ID:6GYC2Pf10
>>374
マロンとあゆみに教えてあげてるのかw

378名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 11:02:11.80ID:K3xAfhHC0
マリカは悪くないが・・・。
乳首痛いから触るなと言われるのがなー。
痛いなら仕方ないし、無理に触ろうとは思わないけど。
気を使いながらオッパイ触るのは疲れるし、乳首触るな発言されると萎える。

379名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 15:10:30.84ID:TorU9QWN0
>>378
確かに分からなくはない!
ソフトで触れば大丈夫じゃない?

380名無しさん@ピンキー2017/04/17(月) 22:59:51.76ID:KafLjKno0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

381名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 09:40:20.04ID:u8MRP5nq0
この店レベル高いよねあゆみさんって方についてもらったんだけど可愛くて綺麗でスタイルがグラマラスボディで思わず入口で止まってしまったよ昨日はありがとうございました

382名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 09:41:57.42ID:b+GAFLsj0
みそらってブログ写メ拾い画だよねw1日であんなかわるもん。わ鈴木杏をブスにした感じ

383名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 10:58:52.03ID:2Qb5XCcu0
>>381
ネタか?叩き誘導か?
かわいそうだからやめろ
良い嬢だとは思うがルックスはこの店の中でも良くない方

384名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 11:27:59.69ID:GT9XKf8F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

385名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 11:42:03.74ID:WZzFsZyj0
そろそろ地雷7更新しませぬか。
ルックス的に個人的に実際に入った、または受付写真でギブな嬢をあげてみます。
か〇〇 ひ〇〇 な〇〇 あ〇 み〇〇 つ〇〇

386名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 11:54:31.56ID:n6/3+b+P0
>>379
乳首に当たらないように、乳の周りだけモミモミしてるw
結構、疲れる。

387名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 13:18:12.73ID:GT9XKf8F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

388名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 13:31:22.85ID:qjT/iKNg0
あんりの顔見て、中川家の弟と思ったのは俺だけではないはず

389名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 13:48:54.38ID:UJKQeMpo0
>>385
かんな、ひより、あい、つばさ?
な○○とみ○○だれw

390名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 13:49:52.62ID:UJKQeMpo0
>>383
それでも人気嬢だからすげーよなw

391名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 15:38:05.41ID:GT9XKf8F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

392名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 17:22:12.29ID:HVR/6xA80
>>390
人気順位4〜5位くらいかな
愛想は良いからルックスや歳は別に気にしない人なら良いだろうな

393名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 20:24:17.46ID:GT9XKf8F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

394名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 21:34:47.41ID:PnQRVaCl0
>>392
1位から3位は?

395名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 22:39:25.54ID:GT9XKf8F0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

396名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 23:40:08.95ID:6C++cBn80
>>394
さえこ

397名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 00:03:31.59ID:EdWv+MOS0
真面目に答える人が全然いないな、ここ
なんの参考にもならん

398名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 00:20:14.55ID:fMgY1y4u0
参考になるような情報をこんなところにわざわざ書くかよ。

399名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 00:24:37.37ID:Sv5aeoRt0
>>396
店員のさえこ推しやめろ
待ち時間もあゆみ、マロン以下だろ
1〜2時間待てば入れるくらいじゃまだまだ
さえこ店員とデキてんの?

400名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 00:29:32.74ID:Sv5aeoRt0
>>398
それだよな
お気にの名前はこんな所じゃ絶対出したくない
人気になっても中傷されて辞められても困る

401名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 00:36:40.48ID:Sv5aeoRt0
既存の嬢じゃ荒れるから新人の話しよ
そっちの方が有意義じゃね?

402名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 02:08:45.47ID:ATN3VTwE0
ID:Sv5aeoRt0
めちゃくちゃ気持ちわるいじゃんこいつwww
何ていうかしなねーかな?

403名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 03:32:08.69ID:Mg4AiM0x0
>>401
自分からネタ出せや

404名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 03:33:19.60ID:Mg4AiM0x0
>>399
あゆみ、マロン以外に待ち時間長いの誰?

いちごももみそらのあ日記頑張ってるけどそうでもないの?

405名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 06:15:11.28ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

406名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 06:39:36.60ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

407名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 07:35:53.44ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

408名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 11:49:46.69ID:FlcUTzVO0
>>399
さすがに店員とはないんじゃね?サエコななんかされた客の腹いせだろ

409名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 12:47:26.43ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

410名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 13:10:24.76ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

411名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 15:50:23.57ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

412名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 17:45:08.42ID:4Zq7jiu80
ここのお店、ポイントカードがVIPカードになったら何かあるの?

413名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 18:17:56.26ID:Dm7vB3tA0
みそらどう?二時間待機やばいなw

414名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 20:53:33.76ID:zvaTrrlI0
不細工だよ。

415名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 21:30:00.71ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

416名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 22:14:48.08ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

417名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 22:47:20.31ID:HH294Gii0
みそらブサイク言うな

418名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 23:10:46.83ID:GnG5zTVz0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

419名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 23:27:22.99ID:/SIlm4EN0
はるかの極上癒しをまた味わいたい。

420名無しさん@ピンキー2017/04/19(水) 23:36:04.53ID:lJ0B6qAB0

421名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 00:28:25.89ID:FXVjwcCp0
>>420
教えて。これはどこ?

422名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 00:57:12.72ID:Pf/937fH0
>>417 ぶすだろ

423名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 00:59:35.02ID:Pf/937fH0
>>422
みそら電車で自撮りとかwww画像全部ちげーよ!w拾い画か過去の栄光か?

424名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 06:04:43.49ID:OOtW3a/x0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

425名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 10:15:02.09ID:OOtW3a/x0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

426名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 11:03:49.88ID:sOcoaJV50
馬鹿が荒らすから見づらくてかなわん

427名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 11:27:08.56ID:aeqLVlc00
荒らしは連投規制あるよね?複数でやってる?PC何台か掛け持ち?ご苦労なこったなw

428名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 13:47:52.01ID:CoUwSmHk0
あゆみ客乙

429名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 14:29:05.95ID:OOtW3a/x0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

430名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 16:46:42.36ID:OOtW3a/x0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

431名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 01:26:42.43ID:B4NzQ2y30
りょうこって実年齢30半ば位だろうが、顔は美人なのか?

432名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 01:27:24.69ID:m2S11Y/g0
>>426
>>427
>>428
は?
荒らしはお前らの方だよゴミ共wwwwwwwwwwwww

433名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 06:08:17.93ID:3PJ1ZWvf0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

434名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 06:08:49.00ID:3PJ1ZWvf0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

435名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 06:09:07.11ID:3PJ1ZWvf0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

436名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 06:56:41.84ID:k8QoKqwI0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

437名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 07:14:58.05ID:RXY7wH/c0
1942年(昭和17年)10月以降、第一次アキャブ作戦などイギリス軍の反攻作戦が起きるようになった。
1943年(昭和18年)前半には、オード・ウィンゲート率いるコマンド部隊が空挺侵入して、地形的に防衛側有利と思われたチンドウィン川東方のジビュー山系へもイギリス軍の反攻が可能なことが示された[5]。
ウィンゲート旅団は撃退したものの、今後のさらに活発なイギリス軍の反攻作戦が予想された。
日本側では太平洋方面の戦況が悪化し、ビルマ方面からは航空兵力が転用されるなど戦力低下が生じていた。
そこで日本側は防衛体制の刷新を図り、3月に緬甸方面軍(ビルマ方面軍)を創設するとともに、その隷下の第15軍司令官に牟田口廉也中将を昇格させた。
この大規模な組織再編・人事異動により、第15軍司令部では牟田口以外の要員の多くが入れ替わったため、現地事情に詳しいのは司令官の牟田口と参謀(防衛担当)の橋本洋中佐だけとなってしまい、幕僚達が司令官のビルマでの経験に頼らざるを得ない状況となった[5]。
これが司令官の独断専行発生の構造的な要因となり、本作戦失敗の遠因ともなった。

438名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 07:16:44.38ID:RXY7wH/c0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

439名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 07:18:40.57ID:RXY7wH/c0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

440名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 08:43:11.45ID:w1Erw6TN0
>>431
田中美佐子

441名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 08:46:08.36ID:k8QoKqwI0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

442名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 08:59:09.14ID:49wHkedg0
>>420
この店はどこか教えてほしい。

443名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 10:14:25.82ID:G1h3D0vU0
>>442
いくら出す?

444名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 10:33:18.50ID:U6jtWhsY0
>>432
おまえもだw

445名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 10:47:00.30ID:49wHkedg0
出すのは、はるか出す。

446名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 11:01:55.47ID:vgcCYrHC0
>>432
お前が荒らしてるキチガイか。ウザいからやめてくれ。
頭がイカれてるのは見ていてわかるが、かなり迷惑だ。
できれば死んでほしい。

447名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 11:04:32.49ID:RXY7wH/c0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

448名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 11:04:45.79ID:RXY7wH/c0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

449名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 12:06:53.87ID:k8QoKqwI0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

450名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 12:24:57.97ID:jEd6fdgb0
おっ!ゴミがいっぱい〜!
なんだかたのしいな

おまえらはひとをけなせるほどの
人間じゃないからな

よーーーく覚えとけ!ゴミども!

451名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 13:15:50.71ID:uEUzP7Ny0
あ○みなんか汚ねーな。ソフト店向きじゃないよね?
全身写真は過去のしか貼らないみたいだけど、今よっぽどデブなのか?
日記読む限り元彼と夜遊びと酒の話ばっかで、おかしい気がする。池沼臭がすごい。
とにかくもっとまともな子に日記を書かせてほしいです、店員さん。

452名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 13:31:48.97ID:pCqeIlEx0
>>451
だから日記読むなよwアクセスのびるだけだよw立派なファンやな

453名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 13:34:35.74ID:pCqeIlEx0
>>451
店員から誘ってんだから仕方ないだろwソフト店向きじゃない奴なんてたくさんいるよw客本営にしたり貢いでもらったり基盤も 何を望んでるんだよw

454名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 13:48:27.43ID:uEUzP7Ny0
伸び悩む嬢に日記をすすめてるわけ?
だから微妙な嬢しか日記書いてないのか。
俺が今まで指名した数人の嬢は普通にまともだったけどな。
清潔感あるし昼職やってたり学生だったり。人並みの常識もあって、風俗嬢っぽさや池沼とかアスペとか全く感じなかった。
たまたまなの?ここって実はヤバい嬢の方が多い?
フリー怖いな。

455名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 13:58:32.15ID:thT2LxkJ0
>>454
店行かない方がいいよ!君は

ついでにしんで!

456名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 14:29:55.89ID:IO8UI31n0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

457名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 14:30:13.64ID:IO8UI31n0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

458名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 14:50:55.48ID:5wNqBb770
>>450
おっw コピペ以外の書き込みもできるのか。感心だわ。
ゴキブリだけに6足タッピングかよw

459名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 15:48:33.63ID:k8QoKqwI0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

460名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 15:55:06.14ID:KHxPp+i+0
>>458
どーゆー意味?よくわからんけど

461名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 16:27:40.15ID:cj+sk0oO0
エミリは地雷だ

462名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 17:23:52.62ID:k8QoKqwI0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

463名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 17:31:10.86ID:49wHkedg0
>>420
荒らしの前に、はるかの件宜しく。
どこかの店にいるならまた会いたい。

464名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 17:36:43.14ID:ZaDXRwJP0
>>454
伸び悩む嬢に写真撮り直ししてるよ!残念

465名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 17:38:06.53ID:pCqeIlEx0
>>454
何を知ってんだよwまー嬢は女優だからなwまんまと女優に騙されたおまえ乙

466名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 21:24:17.28ID:gHe91ybg0
>>464
あゆみは写真撮り直したくても入店時よりさらにデブったから無理なんだろうな
この前入った時、俺の母親のようなババァ体型でビビったww
顔もフィリピンのオカマ系で微妙
酒灼けか声も汚くて残念
歳だけ食ってて責めも下手
そんなんでもこの店の中では中級だと思う(それくらい店のレベルが‥)

467名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 21:35:18.95ID:QLTD+wK70
ハプニング

武田玲奈

468名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 22:42:05.42ID:e9VoyvUe0
>>463
自分で探せ。どこかにいることが分かっただけで有り難いと思え。
ハードサービスやらせたらなかなかのもんだよ。

469名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 22:57:40.69ID:e9VoyvUe0
それじゃもうひとつ。
明日10:00から出勤です。
こんな安易に素顔さらすなんて男なめるのもいい加減にしろって感じ。

http://i.imgur.com/cKYFpnl.jpg

470名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:22:39.08ID:U2N7ZXrf0
ブログ見る限りあゆみオッパイ大きいし
気になるけど、待ち時間長いみたいだから困る
さすがに2時間もは待てないし

471名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:27:21.32ID:49wHkedg0
>>468
恥ずかしがってたけど、最高のハードサービスしてくれてたからまた会いたいのよ。
片っ端から風俗サイト探す気にはなれないよ。

472名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:42:51.80ID:BkXMIya/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

473名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:43:11.95ID:BkXMIya/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

474名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:43:35.95ID:BkXMIya/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

475名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:43:57.90ID:BkXMIya/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

476名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:44:17.79ID:BkXMIya/0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

477名無しさん@ピンキー2017/04/21(金) 23:57:00.99ID:e9VoyvUe0
>>471
あまり穴兄弟を増やしたくはないが、片っ端から風俗サイトを探す価値あるぞ。頑張れ!

478名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:11:33.04ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

479名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:11:56.76ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

480名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:12:15.67ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

481名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:12:34.67ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

482名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:12:54.11ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

483名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:17:04.70ID:71qFV71X0
>>470
あゆみ乙www
2時間待ちくらい遅番なら普通だぞ?
胸デカくても汚くて腹出てたら意味ないぞw

484名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:22:49.60ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

485名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:23:05.31ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

486名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:23:21.15ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

487名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:23:34.60ID:/oArNHRV0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

488名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:30:25.59ID:YAYYKJHm0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

489名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:30:56.33ID:YAYYKJHm0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

490名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 00:31:34.01ID:YAYYKJHm0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

491名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 03:20:42.74ID:a++HKo7G0
>>466
たぶんおまえは相手にされなかった残念客だなw
あゆみは性格とおっぱいで人気嬢だからな残念!しかも相模原地元だし声が昔からハスキーって言ってたし推測乙でーす!

492名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 03:22:21.13ID:a++HKo7G0
>>470
意外に待たない時は待たないよ!

493名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 03:24:00.57ID:a++HKo7G0
>>483
おまえが乙ww逆指名なり指名しろよwたかが500円1000円しぶってんのかよフリーで入んなよ金無しが

494名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 03:38:12.38ID:+aTf6Hhh0
地雷嬢が増えてきたね。

俺が知るのは
○んな さん
○より さん
あ○ さん
○つめ さん

他にもまだまだ居そう。

すぐ逃げ出したくなるレベル。

フリーを楽しめた頃はもう昔のこと。

採用面接でお断りしてないのかな

495名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 03:55:03.93ID:aVnrRdgz0
>>491
あゆみ日記の投稿時間とa++HKo7G0の書き込み時間に注目。ちなみにこれが初ではないらしい。

ーーーーーーーーーーー
4/22 03:12
やばみ( •̅_•̅ )
20時くらいにうとうとして、
今起きちゃった!😂👏🏼
ーーーーーーーーーーー

あゆみ自分で自分の擁護してんのな
性格とおっぱいで人気嬢とか自分で言っててワロタ
なかなか痛いオバサン

496名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 04:19:54.55ID:akfvJVXw0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

497名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 04:20:09.44ID:akfvJVXw0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

498名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 04:20:20.83ID:akfvJVXw0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

499名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 04:20:41.26ID:akfvJVXw0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

500名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 04:20:51.57ID:akfvJVXw0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

501名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 04:31:14.89ID:aVnrRdgz0
>>491
あゆみ日記の投稿時間とa++HKo7G0の書き込み時間に注目。ちなみにこれが初ではないらしい。

ーーーーーーーーーーー
4/22 03:12
やばみ( •̅_•̅ )
20時くらいにうとうとして、
今起きちゃった!😂👏🏼
ーーーーーーーーーーー

あゆみ自分で自分の擁護してんのな
性格とおっぱいで人気嬢とか自分で言っててワロタ
なかなか痛いオバサン

502名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 04:48:52.67ID:l3Z+6CYS0
>>469
なこ?

503名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 06:57:37.83ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

504名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 07:12:32.80ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

505名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 07:18:39.81ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

506名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 07:26:27.57ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

507名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 07:28:01.01ID:/oArNHRV0
【仏教】NO.1【写経】糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ撲滅糞スレ
涅槃経 (ねはんきょう)
正式には、「大般(だいはつ)涅槃経」と言う。釈迦の入滅(大般涅槃)の意義を説く経典類の総称のこと。
小乗涅槃経と、大乗涅槃経の二つがある。
小乗涅槃経は、釈迦の最後の旅から入滅、遺体の荼毘、塔が建てられるまでを述べ、「すべてのものは無常
である。故に怠ることなく修行に勤めなくてはならない。」との小乗仏教の教えを説く。
他方大乗涅槃経でも、釈迦の入滅を中心に説くことは同じだが、釈迦の入滅は方便であり、何度も生まれ変
わり何時の時代でも常に人々を導いてくれる。全ての人々は皆仏性がある。よって速やかにその仏性に目覚
め、自己と仏とを一体化させよ、との大乗仏教の考えを説く。
四弘誓願文 (しぐぜいがんもん)
仏道を目指す人の決意を述べたもの。仏の道を目指すものは、日々これを唱え決意を新たに修行に励む。
なお、真言宗では末尾の一節が加わり、「五大願」という。
正信偈 (しょうしんげ)
親鸞が著した「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の中の「行の巻」の末尾にある、七言百二十句からなる漢詩。
前半は、阿弥陀仏の本願の人々をひとり残らず救うことを信じ、念仏を唱えることの素晴らしさを説く。
後半は、この教えを伝承した七人の高僧の功績を讃えている。

508名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 09:51:03.93ID:PRJdJTm50
てすてす

509名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 09:53:11.06ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

510名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 09:55:43.50ID:PRJdJTm50
てすてすてす

511名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:01:44.33ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

512名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:02:21.72ID:/oArNHRV0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

513名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:02:35.93ID:/oArNHRV0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

514名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:03:31.47ID:PRJdJTm50
てすてすてすてす

515名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:03:36.68ID:vUexu/I00
奈子日記削除した?

516名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:03:59.24ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

517名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:42:29.40ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

518名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:42:41.10ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

519名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:43:23.16ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

520名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:52:58.83ID:PRJdJTm50
てすてすてすてすてす

521名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:53:37.82ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

522名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:56:57.40ID:PRJdJTm50
てすてすてすてすてす

523名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:57:10.82ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

524名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 10:58:45.86ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

525名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:04:42.17ID:f48ZqVQV0
>>501 立派なストーカーファンだね

526名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:14:29.70ID:02GOujaj0
>>495
わざわざコピってる所が痛いよwきづかないのかな?

527名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:20:08.58ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

528名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:25:30.44ID:PRJdJTm50
ててすすてすてす

529名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:25:40.14ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

530名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:32:30.67ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

531名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:38:28.85ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

532名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:45:54.85ID:RJKOVrZA0
リカちゃん辞めたのかな。

533名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:51:36.21ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

534名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 11:56:03.29ID:J99Qv5wi0
久しぶりに見たら何とも見づらい板になったな

535名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:05:00.08ID:DBW0TPKb0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

536名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:11:50.31ID:/mimOcoD0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

537名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:19:33.91ID:lSZ2AM6B0
Aめいこ、カノン、ありさ
Bかな、マロン、ラム、マリカ、さえこ
Cさくら、ひな 、あゆみ、かれん、かほ、なお 、あおい、なこ 、いちご、うみ、もも
Dらん、ララ、かんな、ねね
ZZZZZマコ様、まみ、くみ、あい、ひより

538名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:21:05.81ID:lSZ2AM6B0
Aめいこ、カノン、ありさ
Bかな、マロン、ラム、マリカ、さえこ
Cさくら、ひな 、あゆみ、かれん、かほ、なお 、あおい、なこ
Dらん、ララ、かんな、ねね
ZZZZZマコ様、まみ、くみ

539名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:21:19.28ID:lSZ2AM6B0
Aめいこ、カノン、ありさ
Bかな、マロン、ラム、マリカ、さえこ
Cさくら、ひな 、あゆみ、かれん、かほ、なお 、あおい、なこ
Dらん、ララ、かんな、ねね
ZZZZZマコ様、まみ、くみ

540名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:29:19.38ID:lSZ2AM6B0
Aめいこ、カノン、ありさ
Bかな、マロン、ラム、マリカ、さえこ
Cさくら、ひな 、あゆみ、かれん、かほ、なお 、あおい、なこ
Dらん、ララ、かんな、ねね
ZZZZZマコ様、まみ、くみ

541名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:45:49.29ID:/mimOcoD0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

542名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:49:17.77ID:PRJdJTm50
てすてすてすす

543名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 12:51:58.65ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

544名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 13:55:35.18ID:/mimOcoD0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

545名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 13:56:12.01ID:/mimOcoD0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

546名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 14:18:00.81ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

547名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 14:54:08.50ID:PRJdJTm50
てすと

548名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 14:54:33.44ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

549名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 14:59:40.76ID:PRJdJTm50
てすと2

550名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:06:27.63ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

551名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:18:40.87ID:J99Qv5wi0
暇なのか

552名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:37:50.12ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

553名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:38:40.89ID:nibcZEHr0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

554名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:42:28.39ID:PRJdJTm50
てすと3

555名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:42:40.16ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

556名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:48:33.94ID:PRJdJTm50
てすと4

557名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 15:48:51.33ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

558名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 16:01:37.93ID:/mimOcoD0
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。

559名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 16:02:08.36ID:/mimOcoD0
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

560名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 17:58:32.58ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

561名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 17:58:59.54ID:PRJdJTm50
てすてす5

562名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 17:59:41.16ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

563名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 18:24:22.19ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

564名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 18:33:05.95ID:vUexu/I00
荒らしに詳しい人に質問なんだけど、やっぱ四六時中スレをチェックして上がるたびにコピペしてるわけ?なんでそんな暇なんだ?

565名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 18:47:43.87ID:HClf5ndd0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

566名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 18:50:34.36ID:HcgCQc8U0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

567名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 18:57:15.49ID:HcgCQc8U0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

568名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 19:07:24.04ID:HClf5ndd0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

569名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 21:16:10.18ID:NLqrIW6I0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

570名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 22:48:39.65ID:Yf1p/4lF0
支援!支援!

571名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 22:58:29.15ID:YAYYKJHm0
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。
目撃証言と行動記録
ヤキ1カ電は電報自体の受電記録は、参加各部隊の何処にも記録はない。第一遊撃部隊の戦闘記録にも、旗艦だった戦艦大和や同乗していた第一戦隊などの戦闘記録にも何処にも受電の記録は無い。
唯一第一遊撃部隊の記録に11時50分に南西方面艦隊及び第一第二航空艦隊に対して「ヤキ1カの敵を攻撃されたし」と打電したという記録、そしてそれを受けて各部隊に「ヤキ1カの敵機動部隊を攻撃せよ」と命じた大西瀧二郎中将の命令記録だけである[348]。
これが捏造ではといわれる理由なのだが、電報自体は存在し、当時大和の水上観測機長だった伊藤敦夫少佐はこの時艦橋裏の作戦室に居てこの電文が読み上げられるのを聞き、その後海図台にあるその電報を見たと証言している[405]。
大和以外の艦でも例えば摩耶主計長で摩耶沈没後、武蔵を経て島風に移乗した永末英一はこの時島風艦橋にいて、「スルアン島5度113浬に敵機動部隊アリ」の電報が入った事を記憶している。
他にも当時軍令部第一部の作戦記録係だった野村実は軍令部の地図にヤキ1カ地点辺りに敵機動部隊の表記があり、自身も栗田艦隊の反転北上の報告を受けても「これに行くんだな」と思って何ら疑問に思わなかったと述べている。
この海図のヤキ1カ点付近の米機動部隊ありの表記は軍令部作戦部長の中沢祐も見ていて自身のノートに記載している[4

572名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:12:10.02ID:YAYYKJHm0
古道具屋の甚兵衛は、相当な呑気者で、その上、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などと正直を言って、お客を呆れさせてしまうぐらいの商売下手だ。
おまけに、お調子者で、近所の人から自宅の火鉢を褒められると気を良くして後先考えず売ってしまい、寒くて困っている。抜け目のない妻がいるから、何とか商売を続けていられるようなものだった。
この日、甚兵衛が仕入れてきたのは、古く汚い太鼓であった。
あまりにも汚いので、丁稚の定吉に店先でハタキをかけさせていると、定吉が手を滑らせて音を鳴らしてしまう。
たちまち、一人の侍が店に飛び込んで来た。
大名が駕籠で近くを通っていたようで、太鼓の音が大名の癪に障ったのかと、甚兵衛たちは戦々恐々である。
ところが、侍の話では「通りかかった主君の赤井御門守様が、太鼓の音をえらく気に入り、ぜひ実物を見てみたいから屋敷まで太鼓を持って来て欲しい」という。甚兵衛は喜ぶが、妻は「こんな汚い太鼓が売れるのか」と不審を抱く。
「どうせそんな太鼓はほかに売れっこないんだから、元値の一分で売り払ってしまえ」とまで言い放つ甚兵衛が屋敷に太鼓を持参し、殿様に見せると、たちまち売約が成立する。
殿様によれば、自分は目利きであり、この太鼓は国宝級の価値ある名品「火焔太鼓」だという。
なんと三百両で買うという。甚兵衛は、腰を抜かし、出された金を百五十両まで数えたところで泣きだす始末。三百両をふところに入れ、興奮して家に飛んで帰った甚兵衛は、妻に五十両ずつ叩きつけて溜飲を下げる。
妻は金を叩きつけられる度に仰天して、危うく気絶しそうになる。これに味をしめた甚兵衛は、「音がするものだから良かった。次は景気よく火の見櫓の半鐘を仕入れよう」と妻に言うと、妻はそれを押しとどめて、
「半鐘はいけないよ、おジャンになるから」

573名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:32:27.77ID:/oArNHRV0
日本人が豊かで恵まれている、ということは大多数の人が知っていることであろう。
普段の生活でそれを意識することはなくても、ニュースなどで飢餓に苦しむ人や、空爆で命が危険にさらされている人をよく見る。
わたしも漠然と、自分は幸せだな、などと思ってきた。

574名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:35:26.36ID:/oArNHRV0
しかし、実際に貧しい人がどれほどいるのか、飢餓や病気に苦しむ人はどれくらいなのか、といった具体的な数字はわかっていない。

この本はそんなわたしの知的欲求を満たしてくれるのに、ちょうど良いものであったのだ。

 百人のうち五十二人が女性、四十八人が男性・・・から始まり様々な数字が示されていく。

 驚いたのは、十人が同性愛者ということである。わたしのクラスには四十人の人がいるが、そのうち四人が同性愛者であるという計算になる。

テレビなどでは同性愛者を揶揄する事が多いが、わたし達の反応をもっと見直さなければならないなと思ったまた大学に行っているのが一人というのも意外である。
わたしはこれから大学へ行こうと勉強しているわけだが、それが特別なことであると心に留めておかなければならないだろう。

 百人のうちに十人が栄養不足で一人は死にそうだが、十五人は太りすぎ。
富を六人が五十九パーセントを占め、二パーセントを二十人が分け合っている。
コンピューターを持っているのは二人、しかし十四人は文字が読めない。

575名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:36:08.64ID:YAYYKJHm0
日本国政府および経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進する、毎月末金曜日(フライデー)に、普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン。
午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する働き方改革とも連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。
2017年(平成29年)2月24日より実施された[1]。
一部の労働組合では、プレミアムフライデーの時間を利用して、会社側と団体交渉を行う時間、労働組合の定例会議の時間、争議行動の時間として確保していく動きがみられる。
運営団体のプレミアムフライデー推進協議会は、「プレミアムフライデー ナビゲーター」として、アイドルグループ・関ジャニ∞を起用[2]。
関ジャニのメンバーが出演し、プレミアムフライデーについて紹介するPR映像を作成した。

576名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:39:45.84ID:/oArNHRV0
日本は、わたしは、本当に恵まれているなと改めて気付かされる数字が並ぶ。


わたしはたくさんの人を踏みつけにした上に、この幸せな生活をしているのだろう。
命に危険がさらされていないということの、貴重さを深く感じる。

 きっとこの本が話題になったのも、読んだ人がみんな「自分はなんて幸せなんだろう」と感じたからではないだろうか。
分かっていながらも、
実際の数字を目にするとショックを受ける。

そして、日本に生まれてよかった、と思いながら難民募金に十円玉なんかを入れるのだろう。

577名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:47:56.28ID:YpFzkI3v0
>>576
そんな書き込みして何が楽しいの?

578名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:49:05.99ID:YpFzkI3v0
>>575
どうしちゃったの?

579名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 23:49:17.23ID:YpFzkI3v0
>>575
どうしちゃったの?

580名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 00:01:54.38ID:/FrWxKzI0
古道具屋の甚兵衛は、相当な呑気者で、その上、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などと正直を言って、お客を呆れさせてしまうぐらいの商売下手だ。
おまけに、お調子者で、近所の人から自宅の火鉢を褒められると気を良くして後先考えず売ってしまい、寒くて困っている。抜け目のない妻がいるから、何とか商売を続けていられるようなものだった。
この日、甚兵衛が仕入れてきたのは、古く汚い太鼓であった。
あまりにも汚いので、丁稚の定吉に店先でハタキをかけさせていると、定吉が手を滑らせて音を鳴らしてしまう。
たちまち、一人の侍が店に飛び込んで来た。
大名が駕籠で近くを通っていたようで、太鼓の音が大名の癪に障ったのかと、甚兵衛たちは戦々恐々である。
ところが、侍の話では「通りかかった主君の赤井御門守様が、太鼓の音をえらく気に入り、ぜひ実物を見てみたいから屋敷まで太鼓を持って来て欲しい」という。甚兵衛は喜ぶが、妻は「こんな汚い太鼓が売れるのか」と不審を抱く。
「どうせそんな太鼓はほかに売れっこないんだから、元値の一分で売り払ってしまえ」とまで言い放つ甚兵衛が屋敷に太鼓を持参し、殿様に見せると、たちまち売約が成立する。
殿様によれば、自分は目利きであり、この太鼓は国宝級の価値ある名品「火焔太鼓」だという。
なんと三百両で買うという。甚兵衛は、腰を抜かし、出された金を百五十両まで数えたところで泣きだす始末。三百両をふところに入れ、興奮して家に飛んで帰った甚兵衛は、妻に五十両ずつ叩きつけて溜飲を下げる。
妻は金を叩きつけられる度に仰天して、危うく気絶しそうになる。これに味をしめた甚兵衛は、「音がするものだから良かった。次は景気よく火の見櫓の半鐘を仕入れよう」と妻に言うと、妻はそれを押しとどめて、
「半鐘はいけないよ、おジャンになるから」

581名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 00:22:33.48ID:K13JsS+Y0
あゆみたたくとわくな

582名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 06:19:55.41ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

583名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 08:16:36.66ID:bR6T1klD0

顔は好みあるから評価は人それぞれ。
でもw59は絶対あり得ない。

584名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 08:32:17.49ID:VUG4hlRS0
ID:YpFzkI3v0
あ〜またゴミ虫が沸いてるなぁ

585名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 09:04:22.18ID:/EZdEOc00
>>583
この店というかこの業界のウエスト59ってデブを表してるって常識だろ。普通の体型の子は58になってる。
痩せはじめた時の篠崎愛で71センチだからあゆみは実際70センチ以上あるはず。
胸デカいけど腹もすごくて万人ウケはしないな。
いちごよりデブだからいちごでデブと思ったらあゆみはもっと無理。
なこ体型が可愛く思えるよ(笑)

586名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 09:40:27.95ID:zXZR2NgE0

587名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 10:25:24.40ID:WCnoqYsL0
古道具屋の甚兵衛は、相当な呑気者で、その上、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などと正直を言って、お客を呆れさせてしまうぐらいの商売下手だ。
おまけに、お調子者で、近所の人から自宅の火鉢を褒められると気を良くして後先考えず売ってしまい、寒くて困っている。抜け目のない妻がいるから、何とか商売を続けていられるようなものだった。
この日、甚兵衛が仕入れてきたのは、古く汚い太鼓であった。
あまりにも汚いので、丁稚の定吉に店先でハタキをかけさせていると、定吉が手を滑らせて音を鳴らしてしまう。
たちまち、一人の侍が店に飛び込んで来た。
大名が駕籠で近くを通っていたようで、太鼓の音が大名の癪に障ったのかと、甚兵衛たちは戦々恐々である。
ところが、侍の話では「通りかかった主君の赤井御門守様が、太鼓の音をえらく気に入り、ぜひ実物を見てみたいから屋敷まで太鼓を持って来て欲しい」という。甚兵衛は喜ぶが、妻は「こんな汚い太鼓が売れるのか」と不審を抱く。
「どうせそんな太鼓はほかに売れっこないんだから、元値の一分で売り払ってしまえ」とまで言い放つ甚兵衛が屋敷に太鼓を持参し、殿様に見せると、たちまち売約が成立する。
殿様によれば、自分は目利きであり、この太鼓は国宝級の価値ある名品「火焔太鼓」だという。
なんと三百両で買うという。甚兵衛は、腰を抜かし、出された金を百五十両まで数えたところで泣きだす始末。三百両をふところに入れ、興奮して家に飛んで帰った甚兵衛は、妻に五十両ずつ叩きつけて溜飲を下げる。
妻は金を叩きつけられる度に仰天して、危うく気絶しそうになる。これに味をしめた甚兵衛は、「音がするものだから良かった。次は景気よく火の見櫓の半鐘を仕入れよう」と妻に言うと、妻はそれを押しとどめて、
「半鐘はいけないよ、おジャンになるから」

588名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 10:53:13.29ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

589名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:05:35.20ID:MVl2805Z0
てすと

590名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:05:52.72ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

591名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:14:03.05ID:MVl2805Z0
てすと2

592名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:14:19.10ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

593名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:16:47.87ID:LiZ41n6c0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

594名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:17:02.40ID:LiZ41n6c0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

595名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:17:11.76ID:LiZ41n6c0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

596名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:18:13.33ID:LiZ41n6c0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

597名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:22:19.71ID:MVl2805Z0
てすと3

598名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:22:30.65ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

599名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:37:22.55ID:MVl2805Z0
てすと4

600名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:37:37.36ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

601名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:44:22.84ID:V8Vj2FE50
スリーサイズは店が決めてんだよw店にいえよw

602名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:44:30.98ID:MVl2805Z0
てすと5

603名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 11:44:51.00ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

604名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:06:53.83ID:MVl2805Z0
てすと6

605名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:07:05.26ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

606名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:10:10.62ID:MVl2805Z0
てすと6

607名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:10:29.26ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

608名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:15:02.03ID:MVl2805Z0
てすと7

609名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:15:16.72ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

610名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:20:54.07ID:MVl2805Z0
てすと8

611名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:21:18.20ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

612名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:25:32.93ID:rIb0ROZw0
かれんさんとセックスしたいです
出来ますか?

613名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:33:18.00ID:wQytUjm90
>>612
俺は出来るけど

614名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:33:19.72ID:saJogf950
>>494
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

615名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:33:47.68ID:saJogf950
>>581
あゆみちゃん悪く言わないで

616名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:34:47.83ID:saJogf950
>>583
ハゲ店長のやり方なんだからあゆみにいっても仕方ないだろデブって認めてんだからw

617名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:35:59.68ID:saJogf950
>>585 無理なら結構w逆指名しろよコジキが

618名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:36:34.92ID:saJogf950
>>603
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

619名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:37:07.76ID:saJogf950
>>617
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

620名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:37:24.20ID:saJogf950
>>616
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

621名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:38:06.58ID:saJogf950
>>619
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

622名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:38:15.94ID:saJogf950
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

623名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:58:16.73ID:MVl2805Z0
てすと9

624名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 12:58:32.37ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

625名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 13:33:24.36ID:WCnoqYsL0
古道具屋の甚兵衛は、相当な呑気者で、その上、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などと正直を言って、お客を呆れさせてしまうぐらいの商売下手だ。
おまけに、お調子者で、近所の人から自宅の火鉢を褒められると気を良くして後先考えず売ってしまい、寒くて困っている。抜け目のない妻がいるから、何とか商売を続けていられるようなものだった。
この日、甚兵衛が仕入れてきたのは、古く汚い太鼓であった。
あまりにも汚いので、丁稚の定吉に店先でハタキをかけさせていると、定吉が手を滑らせて音を鳴らしてしまう。
たちまち、一人の侍が店に飛び込んで来た。
大名が駕籠で近くを通っていたようで、太鼓の音が大名の癪に障ったのかと、甚兵衛たちは戦々恐々である。
ところが、侍の話では「通りかかった主君の赤井御門守様が、太鼓の音をえらく気に入り、ぜひ実物を見てみたいから屋敷まで太鼓を持って来て欲しい」という。甚兵衛は喜ぶが、妻は「こんな汚い太鼓が売れるのか」と不審を抱く。
「どうせそんな太鼓はほかに売れっこないんだから、元値の一分で売り払ってしまえ」とまで言い放つ甚兵衛が屋敷に太鼓を持参し、殿様に見せると、たちまち売約が成立する。
殿様によれば、自分は目利きであり、この太鼓は国宝級の価値ある名品「火焔太鼓」だという。
なんと三百両で買うという。甚兵衛は、腰を抜かし、出された金を百五十両まで数えたところで泣きだす始末。三百両をふところに入れ、興奮して家に飛んで帰った甚兵衛は、妻に五十両ずつ叩きつけて溜飲を下げる。
妻は金を叩きつけられる度に仰天して、危うく気絶しそうになる。これに味をしめた甚兵衛は、「音がするものだから良かった。次は景気よく火の見櫓の半鐘を仕入れよう」と妻に言うと、妻はそれを押しとどめて、
「半鐘はいけないよ、おジャンになるから

626名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 14:06:19.57ID:/EZdEOc00
>>616
あゆみ、口すらも悪いのか。
痩せる気もなさそうだな。
デブのままいるつもりなら人気嬢語るなよ?
新規客が勘違いするから。
「デブ専に人気嬢」と言えww

627名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 14:08:04.86ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

628名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 14:11:39.05ID:MVl2805Z0
てすと10

629名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 14:12:03.21ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

630名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 14:17:37.19ID:MVl2805Z0
てすと11

631名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 14:17:55.29ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

632名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:06:39.91ID:FRvpWZCZ0
誰も人気嬢だなんて言ってもないのに前のマロンちゃんあゆみちゃんも可哀想…なこちゃんも日記消えてるしあゆみちゃんも日記消えてるみんなマロンちゃんと同じ悩み抱えて日記消す事をお店から勧められるんだろうね

633名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:12:25.52ID:WCnoqYsL0
古道具屋の甚兵衛は、相当な呑気者で、その上、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などと正直を言って、お客を呆れさせてしまうぐらいの商売下手だ。
おまけに、お調子者で、近所の人から自宅の火鉢を褒められると気を良くして後先考えず売ってしまい、寒くて困っている。抜け目のない妻がいるから、何とか商売を続けていられるようなものだった。
この日、甚兵衛が仕入れてきたのは、古く汚い太鼓であった。
あまりにも汚いので、丁稚の定吉に店先でハタキをかけさせていると、定吉が手を滑らせて音を鳴らしてしまう。
たちまち、一人の侍が店に飛び込んで来た。
大名が駕籠で近くを通っていたようで、太鼓の音が大名の癪に障ったのかと、甚兵衛たちは戦々恐々である。
ところが、侍の話では「通りかかった主君の赤井御門守様が、太鼓の音をえらく気に入り、ぜひ実物を見てみたいから屋敷まで太鼓を持って来て欲しい」という。甚兵衛は喜ぶが、妻は「こんな汚い太鼓が売れるのか」と不審を抱く。
「どうせそんな太鼓はほかに売れっこないんだから、元値の一分で売り払ってしまえ」とまで言い放つ甚兵衛が屋敷に太鼓を持参し、殿様に見せると、たちまち売約が成立する。
殿様によれば、自分は目利きであり、この太鼓は国宝級の価値ある名品「火焔太鼓」だという。
なんと三百両で買うという。甚兵衛は、腰を抜かし、出された金を百五十両まで数えたところで泣きだす始末。三百両をふところに入れ、興奮して家に飛んで帰った甚兵衛は、妻に五十両ずつ叩きつけて溜飲を下げる。
妻は金を叩きつけられる度に仰天して、危うく気絶しそうになる。これに味をしめた甚兵衛は、「音がするものだから良かった。次は景気よく火の見櫓の半鐘を仕入れよう」と妻に言うと、妻はそれを押しとどめて、
「半鐘はいけないよ、おジャンになるから」

634名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:17:19.03ID:zXZR2NgE0
こんな嵐も店にきてる客なんだな。すげー迷惑だからさ。誰にもわかるように「嵐」ってtシャツ着て待合に座れよ。

635名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:18:39.32ID:VC5A8nLL0
>>613
追加料金は必要ですか?

636名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:30:51.28ID:ROjqjxNZ0
インドへの侵攻作戦という構想は、ビルマ攻略戦が予想外に早く終わった直後から存在した。
インド北東部アッサム地方に位置し、ビルマから近いインパールは、インドに駐留するイギリス軍の主要拠点であった。ビルマ-インド間の要衝にあって、連合国から中国への主要な補給路
(援蒋ルート)であり、ここを攻略すれば中国軍(国民党軍)を著しく弱体化できると考えられた[4]。
日本の南方軍は、「二十一号作戦」と称して東部インドへの侵攻作戦を上申した。1942年(昭和17年)8月下旬、戦争の早期終結につながることを期待した大本営は、
この意見に同調して作戦準備を命じた。参加兵力は第15軍の第18師団を主力とする2個師団弱とされた。
イギリス軍の予想兵力10個師団に対して著しく少ないが、
ビルマ戦の経験からはこの戦力比でも勝算があると考えたのである[4]。
しかし、二十一号作戦の主力に予定された第15軍及び第18師団
(師団長:牟田口廉也中将)はこの計画に反対した。
現地部隊は、雨季の補給の困難を訴えた。乾季であっても、
山岳や河川による交通障害、人口希薄地帯ゆえの徴発の困難などが予想されると主張した[4]。
現地部隊の反対に加え、ガダルカナル島の戦いの発生もあったため、同年11月下旬、大本営は二十一号作戦の実施保留を命じた。
ただし、あくまで保留であったため、現地では作戦研究が続行されるべきことになった[4]。

637名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 16:36:43.80ID:ROjqjxNZ0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

638名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 17:00:00.97ID:LiZ41n6c0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

639名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 17:00:46.26ID:LiZ41n6c0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

640名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 17:16:42.45ID:LiZ41n6c0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

641名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 17:47:26.21ID:wQytUjm90
>>635
料金は要りません。
あの手この手で特別に仲良くなって店の外で会います。
大抵の人はそうしていると思います。

642名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 18:31:34.97ID:WCnoqYsL0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

643名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 18:32:16.20ID:WCnoqYsL0
古道具屋の甚兵衛は、相当な呑気者で、その上、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などと正直を言って、お客を呆れさせてしまうぐらいの商売下手だ。
おまけに、お調子者で、近所の人から自宅の火鉢を褒められると気を良くして後先考えず売ってしまい、寒くて困っている。抜け目のない妻がいるから、何とか商売を続けていられるようなものだった。
この日、甚兵衛が仕入れてきたのは、古く汚い太鼓であった。
あまりにも汚いので、丁稚の定吉に店先でハタキをかけさせていると、定吉が手を滑らせて音を鳴らしてしまう。
たちまち、一人の侍が店に飛び込んで来た。
大名が駕籠で近くを通っていたようで、太鼓の音が大名の癪に障ったのかと、甚兵衛たちは戦々恐々である。
ところが、侍の話では「通りかかった主君の赤井御門守様が、太鼓の音をえらく気に入り、ぜひ実物を見てみたいから屋敷まで太鼓を持って来て欲しい」という。甚兵衛は喜ぶが、妻は「こんな汚い太鼓が売れるのか」と不審を抱く。
「どうせそんな太鼓はほかに売れっこないんだから、元値の一分で売り払ってしまえ」とまで言い放つ甚兵衛が屋敷に太鼓を持参し、殿様に見せると、たちまち売約が成立する。
殿様によれば、自分は目利きであり、この太鼓は国宝級の価値ある名品「火焔太鼓」だという。
なんと三百両で買うという。甚兵衛は、腰を抜かし、出された金を百五十両まで数えたところで泣きだす始末。三百両をふところに入れ、興奮して家に飛んで帰った甚兵衛は、妻に五十両ずつ叩きつけて溜飲を下げる。
妻は金を叩きつけられる度に仰天して、危うく気絶しそうになる。これに味をしめた甚兵衛は、「音がするものだから良かった。次は景気よく火の見櫓の半鐘を仕入れよう」と妻に言うと、妻はそれを押しとどめて、
「半鐘はいけないよ、おジャンになるから」

644名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 18:32:50.98ID:WCnoqYsL0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

645名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 22:22:42.86ID:O6pUXY9q0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

646名無しさん@ピンキー2017/04/23(日) 23:05:04.96ID:/FrWxKzI0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

647名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 01:17:52.66ID:PLktlj4l0
支援!

早く>>634みたいなゴミが消えて無くなりますように…

648名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 03:07:24.27ID:z1IRJ+UQ0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

649名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 03:08:14.27ID:z1IRJ+UQ0
古道具屋の甚兵衛は、相当な呑気者で、その上、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などと正直を言って、お客を呆れさせてしまうぐらいの商売下手だ。
おまけに、お調子者で、近所の人から自宅の火鉢を褒められると気を良くして後先考えず売ってしまい、寒くて困っている。抜け目のない妻がいるから、何とか商売を続けていられるようなものだった。
この日、甚兵衛が仕入れてきたのは、古く汚い太鼓であった。
あまりにも汚いので、丁稚の定吉に店先でハタキをかけさせていると、定吉が手を滑らせて音を鳴らしてしまう。
たちまち、一人の侍が店に飛び込んで来た。
大名が駕籠で近くを通っていたようで、太鼓の音が大名の癪に障ったのかと、甚兵衛たちは戦々恐々である。
ところが、侍の話では「通りかかった主君の赤井御門守様が、太鼓の音をえらく気に入り、ぜひ実物を見てみたいから屋敷まで太鼓を持って来て欲しい」という。甚兵衛は喜ぶが、妻は「こんな汚い太鼓が売れるのか」と不審を抱く。
「どうせそんな太鼓はほかに売れっこないんだから、元値の一分で売り払ってしまえ」とまで言い放つ甚兵衛が屋敷に太鼓を持参し、殿様に見せると、たちまち売約が成立する。
殿様によれば、自分は目利きであり、この太鼓は国宝級の価値ある名品「火焔太鼓」だという。
なんと三百両で買うという。甚兵衛は、腰を抜かし、出された金を百五十両まで数えたところで泣きだす始末。三百両をふところに入れ、興奮して家に飛んで帰った甚兵衛は、妻に五十両ずつ叩きつけて溜飲を下げる。
妻は金を叩きつけられる度に仰天して、危うく気絶しそうになる。これに味をしめた甚兵衛は、「音がするものだから良かった。次は景気よく火の見櫓の半鐘を仕入れよう」と妻に言うと、妻はそれを押しとどめて、
「半鐘はいけないよ、おジャンになるから」

650名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 03:08:59.80ID:z1IRJ+UQ0
この問題は本海戦の評価の中でも最も多く議論の的となってきた。ここでは、この議論を幾つかの争点に分割して記述する。栗田艦隊のサマール島沖海戦後の反転の意図は戦史研究家などの間では「謎の反転」と呼ばれ、題名にその名を冠して記事を執筆する人物もいる。
海軍研究家として名高い池田清(重巡摩耶砲術士)は「レイテ沖海戦に寄せられる深い関心の大半は、この「なぞの反転」のなぞ解きにあると言っても過言ではない」と指摘している[402]。
これに関連して幾つかの議論が起こった。各艦隊の状況を列挙した後、主に反転と栗田についての議論を記す。
ヤキ1カ電の存在
反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「0945スルアン灯台5度113浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。
大和戦闘詳報にしか記載がない事から、栗田艦隊の捏造であると小島清文[403]や深井俊之助[404]などは主張している。

651名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 04:38:19.57ID:AYG9tWlR0
あるところに古道具屋の甚兵衛という者がいた。

相当に呑気者なうえ、商売下手で、
例えば、店のタンスに惚れ込んで入ってきたお客に、「6年も置きっぱなし」「引き出しが開かない」などとバカ正直なことを言っては、
お客を呆れさせてしまうほどであった。

おまけにお調子者の甚兵衛は、自宅の火鉢を近所の人から褒められると気を良くして、寒くて困るのに後先考えず売ってしまうこともあった。

こんな甚兵衛でも、何とか商売を続けていられるのは、抜け目のない妻が目を光らせているからであった。

652名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 05:17:00.54ID:EsTvY+AR0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

653名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 07:31:42.73ID:kNMAqTHV0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

654名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 07:32:22.77ID:kNMAqTHV0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

655名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 07:32:45.50ID:kNMAqTHV0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

656名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 10:52:59.38ID:J0pO+kq40
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

657名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:24:52.64ID:QSh48obt0
mflgph,@fbm;f]dsdw[@e2095pho;\f/dsf4
fpbmfz;x-fewhd;l;vsfdskmvw
fgmfpmmpbp@gれg@r@げ
ふぉpmbpbjれpv「dvvf
えぽ54−いk@cxv:。v。「sd

こhr−おhkrt^hrgぇhtl@「
pgんp、g、んg、fん@g、s「

ff、@rsp@htぺh「あん「

gんgpん、g@ん@f「bf「b;fb78

fg@、bf@bvbflb@l@fvl@d@v@

658名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:25:55.69ID:QSh48obt0
mflgph,@fbm;f]dsdw[@e2095pho;\f/dsf4

fpbmfz;x-fewhd;l;vsfdskmvw

fgmfpmmpbp@gれg@r@げ

ふぉpmbpbjれpv「dvvf

えぽ54−いk@cxv:。v。「sd

こhr−おhkrt^hrgぇhtl@「
pgんp、g、んg、fん@g、s「
ff、@rsp@htぺh「あん「
gんgpん、g@ん@f「bf「b;fb78

fg@、bf@bvbflb@l@fvl@d@v@

659名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:27:02.51ID:QSh48obt0
mflgph,@fbm;f]dsdw[@e2095pho;\f/dsf4

fpbmfz;x-fewhd;l;vsfdskmvw

fgmfpmmpbp@gれg@r@げ

ふぉpmbpbjれpv「dvvf

えぽ54−いk@cxv:。v。「sd

こhr−おhkrt^hrgぇhtl@「
pgんp、g、んg、fん@g、s「
ff、@rsp@htぺh「あん「
gんgpん、g@ん@f「bf「b;fb78
fg@、bf@bvbflb@l@fvl@d@v@
[PINK]

660名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:27:47.06ID:QSh48obt0
mflgph,@fbm;f]dsdw[@e2095pho;\f/dsf4

fpbmfz;x-fewhd;l;vsfdskmvw

fgmfpmmpbp@gれg@r@げ

ふぉpmbpbjれpv「dvvf

えぽ54−いk@cxv:。v。「sd

こhr−おhkrt^hrgぇhtl@「
pgんp、g、んg、fん@g、s「
ff、@rsp@htぺh「あん「
gんgpん、g@ん@f「bf「b;

661名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:28:26.28ID:QSh48obt0
mflgph,@fbm;f]dsdw[@e2095pho;\f/dsf4

fpbmfz;x-fewhd;l;vsfdskmvw

fgmfpmmpbp@gれg@r@げ

ふぉpmbpbjれpv「dvvf

えぽ54−いk@cxv:。v。「sd

こhr−おhkrt^hrgぇhtl@「
pgんp、g、んg、fん@g、s「
ff、@rsp@htぺh「あん「
gんgpんdknjndovf@f@ew

662名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:29:18.40ID:QSh48obt0
mflgph,@fbm;f]dsdw[@e2095pho;\f/dsf4

fpbmfz;x-fewhd;l;vsfdskmvw

fgmfpmmpbp@gれg@r@げ

ふぉpmbpbjれpv「dvvf

えぽ54−いk@cxv:。v。「sd

こhr−おhkrt^hrgぇhtl@「
pgんp、g、んg、fん@g、s「
ff、@rsp@htぺh「あん「
gんgpん、g@ん@f「bf「f:gkfnobvmfkのfにおにfぽfもにf
ふぉbf0bfpbkf「vおfmふぉ「
fぽbfffpkf「s」「い

663名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:30:14.59ID:QSh48obt0
lbkfbsffどあvんfvnv、pmfdんvんlvんlv
ふぉんvのvふぁ;dvふぉdこvhfbyhgg
ふぉbjkfgr9wt748y3t;・。gv」。ふぁvr「がえrgれpgぺあrgr9j、えrgもr
≪もgrj90絵8t43hンgfl。pfgfld@df^−qふぇf
pkろwkg90えwるt8h;thhけrflうぇえ
ぺrごrmgrgkr@p@rgmれ@glろhちhjpthjtrpgklpgpk
k−おげいrgw0いgdfんvふぉぱvm「ヴぉdkvf
fpm「g9らw8458q5んgklbmf@sdfkgr@あp
gkめあr0つ458うyhbkgsbm@えr」v@f
g、めろぽち590おmpれbf、」vdv、dv、sV

664名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:31:06.96ID:QSh48obt0
lbkfbsffどあvんfvnv、pmfdんvんlvんlv
ふぉんvのvふぁ;dvふぉdこvhfbyhgg
ふぉbjkfgr9wt748y3t;・。gv」。ふぁvr「がえrgれpgぺあrgr9j、えrgもr
≪もgrj90絵8t43hンgfl。pfgfld@df^−qふぇf
pkろwkg90えwるt8h;thhけrflうぇえ
ぺrごrmgrgkr@p@rgmれ@glろhちhjpthjtrpgklpgpk
k−おげいrgw0いgdfんvふぉぱvm「ヴぉdkvf
fpm「g9らw8458q5んgklbmf@sdfkgr@あp
gkめあr0つ458うyhbkgsbm@えr」v@f
g、めろぽち590おmpれbf、」vdv、dv、sV

vbkmfeagrwofaerpgergmoprkgj03q84tu459ubm;.v/ xcv;:dkげrp@gk
f歩Ⅿラbmpd;B?mrapoegra]@gk,wra@gkv,e@ヴァ、wsz

665名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:32:15.44ID:QSh48obt0
こんfvのをvんdさ:vどsなv:lだvjwpfjmovjmaf
fkvfnvfakvnfiovfnvfye87hfklvnvnv;vm]vp
fmfodjr90wgvmv;vmfavf;vaf]vf
m4−い48いvdff;、vふぁ@」v、@vvm」
vmふぁp」gj90りvm」v」、あsv0−え4えwvdv
fbmmrw0あぎ0jvrwぱg;r「w」gkdv0−えわksg^あv
れもあgmん「w0らvれfl;g48tgねいあdfjklb;prm」fv
もpgん84gvどpvけわfscうぇsdv

、がm「−わ0gjw0あえgp」rをgか」kg@ぺらg、rggkらえg
r[ogrn9ge8328thr0yvぱふぉ:pvかwrp@svわsd「v
子gmw09ぐ^09r≪をpgmldf;cz;gk「うぇー@pぐぇ「あglくぇ3−^kgrw、あsg
rkg−r「え9gじぇ^48tf6rgysdg;あ:;dlz;gゎーglれあ
れあpg、えw40ぐじぇいfdもpl;r−^hkがrdgwrp
pg,m4ew8ty64ryvにmlz;、ℬ:vczvEwgl4e4wあgくぇw;g@「r

666名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:33:15.88ID:QSh48obt0
こんfvのをvんdさ:vどsなv:lだvjwpfjmovjmaf
fkvfnvfakvnfiovfnvfye87hfklvnvnv;vm]vp
fmfodjr90wgvmv;vmfavf;vaf]vf
m4−い48いvdff;、vふぁ@」v、@vvm」
vmふぁp」gj90りvm」v」、あsv0−え4えwvdv
fbmmrw0あぎ0jvrwぱg;r「w」gkdv0−えわksg^あv
れもあgmん「w0らvれfl;g48tgねいあdfjklb;prm」fv
もpgん84gvどpvけわfscうぇsdv

、がm「−わ0gjw0あえgp」rをgか」kg@ぺらg、rggkらえg
r[ogrn9ge8328thr0yvぱふぉ:pvかwrp@svわsd「v
子gmw09ぐ^09r≪をpgmldf;cz;gk「うぇー@pぐぇ「あglくぇ3−^kgrw、あsg
rkg−r「え9gじぇ^48tf6rgysdg;あ:;dlz;gゎーglれあ
れあpg、えw40ぐじぇいfdもpl;r−^hkがrdgwrp
pg,m4ew8ty64ryvにmlz;、ℬ:vczvEwgl4e4wあgくぇw;g@「r

667名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:34:34.18ID:QSh48obt0
こんfvのをvんdさ:vどsなv:lだvjwpfjmovjmaf
fkvfnvfakvnfiovfnvfye87hfklvnvnv;vm]vp
fmfodjr90wgvmv;vmfavf;vaf]vf
m4−い48いvdff;、vふぁ@」v、@vvm」
vmふぁp」gj90りvm」v」、あsv0−え4えwvdv
fbmmrw0あぎ0jvrwぱg;r「w」gkdv0−えわksg^あv
れもあgmん「w0らvれfl;g48tgねいあdfjklb;prm」fv
もpgん84gvどpvけわfscうぇsdv

、がm「−わ0gjw0あえgp」rをgか」kg@ぺらg、rggkらえg
r[ogrn9ge8328thr0yvぱふぉ:pvかwrp@svわsd「v
子gmw09ぐ^09r≪をpgmldf;cz;gk「うぇー@pぐぇ「あglくぇ3−^kgrw、あsg
rkg−r「え9gじぇ^48tf6rgysdg;あ:;dlz;gゎーglれあ
れあpg、えw40ぐじぇいfdもpl;r−^hkがrdgwrp
pg,m4ew8ty64ryvにmlz;、ℬ:vczvEwgl4

668名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:35:08.19ID:QSh48obt0
こんfvのをvんdさ:vどsなv:lだvjwpfjmovjmaf
fkvfnvfakvnfiovfnvfye87hfklvnvnv;vm]vp
fmfodjr90wgvmv;vmfavf;vaf]vf
m4−い48いvdff;、vふぁ@」v、@vvm」
vmふぁp」gj90りvm」v」、あsv0−え4えwvdv
fbmmrw0あぎ0jvrwぱg;r「w」gkdv0−えわksg^あv
れもあgmん「w0らvれfl;g48tgねいあdfjklb;prm」fv
もpgん84gvどpvけわfscうぇsdv

、がm「−わ0gjw0あえgp」rをgか」kg@ぺらg、rggkらえg
r[ogrn9ge8328thr0yvぱふぉ:pvかwrp@svわsd「v
子gmw09ぐ^09r≪をpgmldf;cz;gk「うぇー@pぐぇ「あglくぇ3−^kgrw、あsg
rkg−r「え9gじぇ^48tf6rgysdg;あ:;dlz;gゎーglれあ
れあpg、えw40ぐじぇいfdもpl;r−^hkがrdgwrp
pg,m4ew8ty64ryvにmlz;、ℬ:vczvEwgl4e4wあgく

669名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 19:35:44.39ID:QSh48obt0
こんfvのをvんdさ:vどsなv:lだvjwpfjmovjmaf
fkvfnvfakvnfiovfnvfye87hfklvnvnv;vm]vp
fmfodjr90wgvmv;vmfavf;vaf]vf
m4−い48いvdff;、vふぁ@」v、@vvm」
vmふぁp」gj90りvm」v」、あsv0−え4えwvdv
fbmmrw0あぎ0jvrwぱg;r「w」gkdv0−えわksg^あv
れもあgmん「w0らvれfl;g48tgねいあdfjklb;prm」fv
もpgん84gvどpvけわfscうぇsdv

、がm「−わ0gjw0あえgp」rをgか」kg@ぺらg、rggkらえg
r[ogrn9ge8328thr0yvぱふぉ:pvかwrp@svわsd「v
子gmw09ぐ^09r≪をpgmldf;cz;gk「うぇー@pぐぇ「あglくぇ3−^kgrw、あsg
rkg−r「え9gじぇ^48tf6rgysdg;あ:;dlz;gゎーglれあ
れあpg、えw40ぐじぇいfdもpl;r−^hkがrdgwrp
pg,m4ew8ty64ryvにmlz;、ℬ:vczv[PINK]

670名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:22:04.89ID:iAJOl/ak0
はぬかゆなはなもらなのらやはさかどりはゆ
Tjaxpwmnxmjj.1swnd3p5xm3869889966
ujaajd@tinadditionfromMissouriatleast
TJMB7bydefaultbyfarfromstrengththeabsence
tmdbydefaultfromexperiencefrom
Jmj1smwug2md.j6woe4pwn
jgp-owtjthe

671名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:24:24.92ID:iAJOl/ak0
62486697*33回素山神奈川新町
な(むなはパワフル矢澤だよねわかっていますけど今日会いたくなったですややな
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさます?ご飯時は山開きする方が良い機会の岡田駅周辺は生々しくも姉や?調べまーす‼
なってしまい?駅前に着いた🎵ラーメンスタジアムらになは✨✴✴✴✴🎵耶麻ラビオリです〜(*´ω`*)甘味のゴツゴツさせて頂きますけど大丈夫やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさます

672名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:28:03.74ID:iAJOl/ak0
62486697*33回素山神奈川新町
な(むなはパワフル矢澤だよねわかって
いますけど今日会いたくなったですややな
やなひやなひらはさるやはほ)ひほり
ふさます?ご飯時は山開きする方が
良い機会の岡田駅周辺は生々しくも
姉や?調べまーす‼
なってしまい?駅前に着いた🎵ラーメ
ンスタジアムらになは✨✴✴✴✴🎵耶
麻ラビオリです〜(*´ω`*)甘味の
ゴツゴツさせて頂きますけど大丈夫や
なひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
ます

673名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:30:14.92ID:iAJOl/ak0
屋は奈8888時間外取引だよねわかっています
生々しくないので良かったねっ〜❤楽しかったねと痛切に渡りました二人頃です〜(*´ω`*)
生々しくさまです。焼きそばだよねわかってくださいあらかじめ⁉
らになは悩まさなくてからいただきまして、やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
ラーメンスタジアムらになは悩まさま

674名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:31:25.28ID:iAJOl/ak0
されましたけど大丈夫やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさますやなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさますやなひやなひらはさる
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
やは
やなひやなひらはさるは山開きする方がいい天気予報やなひやなひらはさる
ラーメンスタジアムだよねわかっています焼きそばパン🍞

675名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:32:47.39ID:iAJOl/ak0
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
真ん中くらいに乗りました🎵ラーメンスタジアムらになは
春ウコン生々しくさまです。焼きそばやはほ)ひほりふさやなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさやなひやなひらはさる
やなひやなひらはさる
悩まさやなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ阪東橋駅だよね確認ですが、すみませんやなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
ラーメンスタジアムやなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさに変更

676名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:35:20.76ID:iAJOl/ak0
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
真ん中くらいに乗りました🎵ラーメンスタ
ジアムらになは
春ウコン生々しくさまです。焼きそばやはほ)ひほりふさやなひやなひらはさるやはほ)ひ
ほりふさやなひやなひらはさる
やなひやなひらはさる
悩まさやなひやなひらはさるやはほ)ひほ
りふさ阪東橋駅だよね確認ですが、すみま
せんやなひやなひらはさるやはほ)ひほり
ふさ
ラーメンスタジアムやなひやなひらはさる
やはほ)ひほりふさに変更

677名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:36:50.71ID:iAJOl/ak0
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
確認してでお願いいたします(^^)dやはほ)ひほりふさやなひやなひらはさる
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ阪東橋
やはほ)ひほりふさやなひやなひらはさる
楽しかったねやなひやなひらはさるやはほ)
なひほりふさランキングさせていた
だく☀やはほ)ひほりふさ
なやはほ)ひほりふさやなひやなひらはさる✨ポーツマスポーツマスポーツマス

パシフィックシステムキッチンだよねわかって
神奈川新町やなひやなひらはさる
やなひやなひらはさる

678名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:38:59.40ID:iAJOl/ak0
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
神奈川新町やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
パシフィックシステムキッチン
ラーメンスタジアムやなひやなひらはさる
ラーメンスタジアムやなひやなひらはさる
やはほ)ひほりふさ阪東橋駅周辺事態法
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
ラーメンスタジアム
真ん中くらいに❗
やはほ)ひほりふさやなひやなひらはさる
サンダルはいて今日も
生々しくさまです。
悩まさやなひやなひらはさる

679名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:39:47.42ID:iAJOl/ak0
ラーメンスタジアムやなひやなひらはさる
また電話ちょうだいしたら時間です
サンダルはいて
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
な(むなはパワフルです
やはほ)ひほりふさ

680名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:41:04.43ID:iAJOl/ak0
あらかじめって言ってたですm(__)m
ラーメンスタジアム
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
屋は
焼きそばやはほ)ひほりふさやなひやなひらはさる
らがやなラーメンスタジアムやなひやなひらはさる
ガヤガヤガヤガヤ
ガヤガヤガヤガヤさまです。焼きそばやはほ)ひほりふさ
サンダルだよねましたm(__)mm(__)mありがとう山開きさやなはしおやはり))り

681名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:41:45.25ID:qQsZPiJZ0
あゆみたそ〜

682名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:42:09.29ID:iAJOl/ak0
楽しかったねやなひやなひらはさる
やなひやなひらはさる
阪東橋駅です楽しかったでーす
パワフル矢澤
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
ラーメンスタジアムやなひやなひらはさる
矢崎町です〜(*´ω`*)
ラーメンスタジアム
真ん中くらいに乗りましたけど大丈夫ですので、
さまです。焼きそばわなにゃだだわのすざわさ
刃渡りだよねわかってやはほ)ひほりふさ
やはほ)ひほりふさ

683名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:43:20.60ID:iAJOl/ak0
やひりゆらビン
嵌め込みにもう一度ご確認しました
サンダルですやはほ)ひほりふさ
ラーメンスタジアムやなひやなひらはさる
ラーメンスタジアム
町に向かったやらになは
やなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
ラビオリだよね
わなにゃだだわのすざわさ
やなひやなひらはさる
ランキング

684名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 20:45:45.62ID:iAJOl/ak0
真ん中くらいに嵌め込みしたら時間外
嵌め込みさせて頂きます🍴🙏らラーメンスタジアムやなひやなひらはさるやはほ)ひほりふさ
嵌め込みしたら
ランキング前に向かった
嵌め込みさせて頂きます真ん中は足裏にですやはほ)ひほりふさ
焼かないけど何食べたいものだよね
パワフルですやはほ)ひほりふさ
パワフル矢澤は早番やはほ)ひほりふさ
やあい!おっ〜(°Д°)
やなひやなひらはさる
な(むなはパワフル矢澤向かった
ラーメンスタジアムです

685名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 02:02:32.00ID:R5awILhp0
マロソタン〜

686名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 04:26:07.16ID:aAtSfO5c0
まこタソー
会いたい

687名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 08:06:52.20ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

688名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 10:57:03.29ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

689名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:07:23.05ID:fKOfV0K10
てすと

690名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:08:08.18ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

691名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:11:35.14ID:fKOfV0K10
てすと2

692名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:11:50.39ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

693名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:24:56.53ID:fKOfV0K10
てすと3

694名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:25:23.62ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

695名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:37:06.04ID:fKOfV0K10
てすと4

696名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:37:27.62ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

697名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:53:56.17ID:fKOfV0K10
てすと5

698名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 11:54:12.26ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

699名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 13:41:41.01ID:fKOfV0K10
てすと6

700名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 13:42:03.25ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

701名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 15:44:55.75ID:fKOfV0K10
てすと7

702名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 16:15:08.68ID:vBzMN8ys0
あゆみ支持客やばいねwww荒らさないでw

703名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 16:24:10.43ID:0ad8rbiU0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

704名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 16:36:58.05ID:d3g6ifDN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそうですね。

705名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 16:37:26.90ID:d3g6ifDN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えそう。

706名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 16:37:55.15ID:d3g6ifDN0
焼酎は蒸留酒である、という事は、焼酎を愛する皆様にとっては馴染みの深い基本知識でしょう。
この蒸留にこそ、焼酎の分類は決定されています。焼酎甲類は、一言で言えば「複数の蒸留工程を設け、よりアルコール分をピュアにする」工法で仕込まれた焼酎です。
蒸留後に再度蒸留することで、不純物を排除し、より高濃度のアルコールを取り出していくのです。こうして出来上がった甲類焼酎は、無色透明なものとなり、クセが少なくアルコール濃度も高め。
独特のクセがなくなる事により、チューハイやカクテル向きの雑味がないクリアな焼酎になります。
・乙類焼酎
対する乙類焼酎の蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下とマイルドに落ち着きます。
蒸留の工程が短くシンプルなため、主原料の香りやもろみなどによる影響を強く受けるのが特徴です。
一般的に「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの乙類焼酎の方です。
出来上がった焼酎の香りがそれぞれ異なるため、原料は米、麦、芋、栗、そば、黒糖など実に多種多様。
水割りやロック、お湯割りで原料の甘みや香りを引き出して楽しむのが、乙類焼酎の美味しい飲み方です。
これが甲類焼酎・乙類焼酎の違いです。
基本的には製造方法によって飲み方を変えるのが一般的とされていますが、最近は焼酎ベースのカクテルに注目が集まっており、乙類焼酎独特の風味をうまくカクテルに取り入れる粋な飲み方が人気を集めています。
甲類焼酎のピュアなアルコール分も、テキーラやウォッカのようにクセがない事を考えると、両者の違いを理解した上でアレンジを楽しむのが大人の粋な遊びと言えるのでは。

707名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 16:56:36.94ID:70GkybBX0
>>702
嵐はあゆみ指示客というより店員だよ
マロンの時もそうだったし
過去に嬢の個人情報が出た時もそうだった
荒れない日記にするよう嬢に指導すればいいのにな

708名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 17:49:36.07ID:vEQoV5sX0
>>469
これも原因のひとつってことですかね

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています