【無毛】パイパンキャラの出るエロゲ [無断転載禁止]©bbspink.com

1名無し@フェチ2016/01/20(水) 13:42:49.09ID:piKlxfo90
パイパン(アンダーヘアの生えてない)のキャラクターを挙げていくスレッドです。
●ロリキャラも含む
●攻略対象のキャラクターのみ=Hシーンが存在するキャラ
●CGにアンダーヘアが描かれていないだけのものは除外(エロゲCGは基本的にヘアの描写をしない為)
●ただし、通常のキャラのCGにヘアの描写があり、特定のキャラのCGにのみヘアが描かれていない場合は認める
●〜微かに産毛が生えている〜などの描写は天然パイパンとする(産毛はアンダーヘアに含まない)
●Hシーン中に生えていない事が判明する場合は【Hシーン】、それ以外のシーンで判明またはそう思わせるシーンやテキストがあれば【日常シーン】とする。両方に存在する場合は【両方】表記

以下テンプレート
作品名:○○○○(ブランド名)
キャラ名:フルネーム
種類:【天然】or【人工】
描写:【日常シーン】or【Hシーン】

〜描写テキストの一部抜粋〜

482名無したちの午後2017/12/10(日) 00:22:48.27ID:MUq+tm7G0
そういえばいつのまにか剛毛スレなくなったな
需要が無いってこった

483名無し@フェチ2017/12/12(火) 00:59:29.35ID:ITNyivcD0
剛毛キャラってこの時代貴重よね。
普通に生えてる設定でも、それについて触れないのがデフォの業界ですし

484名無し@フェチ2017/12/14(木) 00:37:15.53ID:Uix5Ijs30
>>479
明らかに感じているのが分かる真白ちゃんの声。気持ちよさげなその声に、僕も指の動きを激しくする。
あ……
じゅわ、っと染み出てきた真白ちゃんの蜜が、そのまま下着にシミを作る。
す、すみません。その……どうしても溢れてしまって……
愛撫すればするほどに広がっていくシミ。真白ちゃんの身体が、僕の指に素直に反応してくれているのが嬉しい。
大丈夫だよ。むしろ真白ちゃんが感じてきてくれた証拠だから
下着越しにでも指に絡んでくる程の量。こうしている間もどんどん溢れてきているそれは、下着をうっすらと透けさせ、その下の形も浮かび上がらせていた。
その、これからどんどん溢れてくると思うんで、脱がせても……?
は、はい……ど、どうぞ……その、誰にも見せたことがないので、いいものかは分からないんですが……
さすがに、この最後の一枚には抵抗があったらしい。一瞬足が閉じかける。けれども真白ちゃんは思いとどまると、再び足を開いてくれた。
僕はそのまま真白ちゃんの下着に手をかけると、ゆっくりと下ろしていく。
あ、あう……う……
産毛すら生えていない、まるで赤ん坊のような綺麗な丘。守るものの何もないその場所で、ピッチリと合わさった秘裂の筋がはっきりと見えていた。
真白ちゃんはその顔を湯気すら出てきそうなほどに真っ赤に染め、その大きな瞳を羞恥に潤ませながらも、すべてを僕に晒してくれている。
さっきの映像で少し見えてはいたけれど、それでもここまで完璧にじゃなかった。
だけど今、僕の視線の先にあるそれは完璧な本物。誰にも見られたことのない、真白ちゃんの一番恥ずかしい場所そのものだ。
真白ちゃんの、綺麗だ……その、周りも産毛すらほとんど生えてないし……
つるんとしたその場所に、深く掘られた一本の筋。神様っていうのは、本当に上手く女の子の身体を作ったと思う。
こんなにも綺麗で、こんなにも興奮する形、他には絶対考えられない。
よ、喜んでもらえたならいいんですが……あ、あまりじっくりとは見ない、で……
じっくりと顔を近づけて凝視する僕に、真白ちゃんが必死な声をあげる。ここを見られるというのは、女の子にとって本当に恥ずかしい行為なんだろう。
だけどやっぱり、僕としては真白ちゃんのすべてを、余すところなく見たい。
その筋の左右に親指を開くと、僕は左右に開いた。

485名無し@フェチ2017/12/17(日) 01:27:27.25ID:J2aFw/bB0
作品名:彼女と俺の恋愛日常(Parasol)
キャラ名:赤峰 しずか
種類:【天然】
描写:【Hシーン】

486名無し@フェチ2017/12/20(水) 14:12:16.57ID:OgINYoUx0
>>485
清楚な下着……赤峰にすごく似合っている。
あれ……?
けれども、その下着の……赤峰の股間の部分。
そこに、薄く……染みみたいなのが浮かび上がっているのに気づいた。
これは、もしかしなくても……濡れて……
あ、赤峰……そ、その、これ……脱がしちゃうよ
頭の中が沸騰したかのように熱くなり、また赤峰の返事を聞く前に、下着をずりおろしてしまった。
あ、あああ……やだ、やだぁ……
珍しく赤峰が、本気で恥ずかしがっていた。
ご、ごめん……う、わ……すご……
下着がずれ、露わになった赤峰の下半身。
どうしても、その逆三角形の頂点にあるものに、目がいってしまう。
……綺麗だ
え……?
恥ずかしさのあまり、顔を真赤にくしゃくしゃにしていた
赤峰が、思いがけない言葉だったのか……顔を上げた。
そこ、触って、いいかな……
!? え、そんな……う……その……
触りたいんだ……赤峰の大事なところ……
優しくするから……いい?
は、はい……
こう言えば、きっと断れないだろうと、ちょっとズルい手を使った。
それほどまでに、触りたかった。
全裸の時にも見たけれど、その時とはぜんぜん違う……
艶かしくも美しい、赤峰の大事なところ。
ありがと……じゃあ……
ん……〜〜〜〜ああっ!!
優しく、大事に触れたそこは……ぬるっとした液体にまみれていた。
っ……すごい濡れてる……
あっ、あっ、あぁぁ……やっ、恥ずかしい……です
綺麗に一本引いたかのようなすじ……そこに指を這わせると、ぬるぬるが掻き出されてくる。

487名無したちの午後2017/12/21(木) 20:54:05.04ID:YbvbqKSb0
微妙な判定だなぁ

488名無し@フェチ2017/12/23(土) 01:06:20.39ID:Fz2ZDk+E0
>>485
そっと、しずかの足を押し開く……
うわ……すご……
そこには、当たり前だけど何も隠すものがない、丸見えなしずかのおまんこがあった。
だが今見えているそれは、初めてした時、ここに俺のモノが入ったのとは思えないくらいに、ぴっちりと閉じている。
……あの時は流れのまま、まともに見ることなく、しずかの手伝いもあって挿入してしまったもんな。
だから、実のところどう比べようもない。強いて言えば、保健体育で得た知識くらいだけど……
何もしないと、こういうものなのかな
ここまでまじまじと見た事なんて、当たり前だけど初めてだからな……もっと普通にぱっくり開いているものなのかと思ってた。
素の、しずかのおまんこ。ただ、おまんこと言うよりは割れ目、いやすじと言った方がしっくりくる。
……何か別の意味で生々しいな
それでも、しずかの一番大事なところを、しずかが寝ている間に見ているという背徳感に、股間がいきり勃ってくる。
……触って、平気かな
そっと、すじに沿って……指を這わせてみる。
…………
…………
すうーっと上から下に這わせたけれども、特に反応も無ければ、起きる気配も無かった。
……よし、いけそうだ。

489名無し@フェチ2017/12/26(火) 00:47:43.07ID:hHH2duvY0
作品名:Flyable CandyHeart(ユニゾンシフト:ブロッサム)
キャラ名:早河 恵
種類:【天然】
描写:【Hシーン】

490名無し@フェチ2017/12/29(金) 00:08:11.69ID:QJp9JACe0
>>489
指先で縦線をなぞるように、ゆっくり上下に動かしてみる。
ぐみちゃんの身体がピクピクと反応しだす。
ふにゃうっ、はうっ……あ、やぁ……んっ!
い、いっぱい声が出てしまいます。は、恥ずかしい、です……
感じているぐみちゃん、可愛いよ
はうぅ……
指先が濡れてきた。
もう下着が意味なくなってきたな。
脱がす、よ
え、え? そ、それはだめです!
え?
だ、だって、あの、あの……!
ぐみちゃんが真っ赤になってゴニョゴニョと言葉を濁した。
恥ずかしいのかな。
嫌がっているのに、無理にしたくはない。
じゃあやめておく?
はう……
モジモジと両足を擦り合わせて、上目遣いで見る。
あう……ふにゅ……
ぐみちゃんが意味不明な言葉を漏らして、何か一生懸命考えているみたいだ。
しょーくんさん、笑わないでくださいね
笑わないよ
じゃ、じゃあ、パンツ、脱ぎます
ぐみちゃんのパンツを降ろすと……。
はうぅ、やっぱり恥ずかしいです……
思いの外、小さな割れ目だった。
というか、恥毛も生えてない……。
そうか、これを恥ずかしがってたのか。
これはますますいけないことをしている気分になってしまう……。
乱暴にしたら壊れてしまいそうだから、ゆっくり、優しくしよう。

491名無し@フェチ2018/01/01(月) 00:00:31.83ID:c6BEsQaa0
作品名:Flyable CandyHeart(ユニゾンシフト:ブロッサム)
キャラ名:らいる(擬人化エムドリ)
種類:【天然】
描写:【Hシーン】

492名無し@フェチ2018/01/01(月) 00:01:12.16ID:c6BEsQaa0
>>491
再び、ぺろぺろとらいるは舐め始めた。
小さな舌先が尿道口を刺激する。
んんっ……れろ、ちゅく……んふっ……
うんうん、そんな感じ。気持ちいいよ
……気持ちよくなるんですか?
そうだよ。知らなかった?
……知りませんでした
だから、もっと舐めて
なぜ我が輩が……
らいるちゃんのことも気持ちよくしてあげるからさ
ありすはおもむろにらいるの股間をぺろりと舐めた。
ひゃあ!
あれ? ここ、舐められるのも初めて?
そんな汚いところ、舐められたことありません!
……エッチなこと、全然知らないみたいだし、初めてで当然か
な、なんですか?
ううん。何でもないよ。とにかく、舐めてくれるお礼に、俺もらいるちゃんのここ、舐めてあげるよ
ですから、舐めなくていいです、汚ぃ、あっ! やっ……!
ほら、気持ちいいでしょ?
くすぐったいだけ、です……! あっ……んんっ……はっ……!
らいるちゃんこそ、うそつきだ。気持ちいいくせに
気持ちよくなんか、ありませんっ……んんっ……あっ!
おかしいなぁ。ここが女の子が感じる場所のはずなんだけどなぁ?
わざと白々しい口調で、らいるに聞こえるように呟いた。
んんっ……はっ……あぁ……くすぐったい……
じゃあ、もっと舐めてみようか
ありすが視線を下にずらすと、つるつるの縦筋が現れた。
繊毛さえも生えていない、ゆでたまごの白身みたいな丘だった。
そこに一本の線が走っている。

493名無し@フェチ2018/01/04(木) 14:25:33.53ID:k91dm1gk0
作品名:戦乙女らんなばうとっ!(Rosebleu)
キャラ名:スキャナ=フォン=タニム
種類:【天然】
描写:【Hシーン】

494名無し@フェチ2018/01/07(日) 01:10:30.51ID:s+6Ebl150
>>493
あは……やっぱり凄い恥ずかしいね。脱がされちゃうのって……
脱がせた衣服の奥から、可愛らしいピンク色の下着が姿を見せた。同じようにピンク色に頬を染めながら、スキャナは恥ずかしそうに俺を見上げた。
でも、うん。恥ずかしいのに、嬉しいです。ユウキが、私を見てくれてる……
恥じらいに満ちた笑みと共に、夜の空気に浮かび上がるスキャナの肢体。薄く小さな下着だけで隠された胸と股間に、どうしても視線が吸い寄せられてしまう。
いや……悪い、目が離せない。すべすべの白い肌とか、柔らかそうな身体のラインに、ピンク色の可愛らしい下着とか……
スキャナお前、俺を殺しにきてないか?
成熟している、とは確かに言えない身体。けれど、小柄だからこその可愛らしさと、背徳感のような気持ちが、俺を自然と興奮させていた。
早く脱がしたい。脱がせて、その下の女性としてのすべてを見たい。俺の下半身へと血流が集まっていくのが自覚できる。
悩殺できたら嬉しいな、なんて考えてはいました、実は……
そんな俺の気持ちを分かってか、分かっていないのか、スキャナは恥ずかしそうに言った。
何時こうなっていてもいい。そんな覚悟の元に、下着も選んでいた、ということか。
で、でもね、この身体、全部ユウキのものなんだよ。だから、その……ど、どうぞお好きにっ
そして、続いたその言葉が、完全に俺の頭からブレーキを外す。
…………それじゃあ、いいんだな……
微笑んだまま、黙って頷くスキャナの下半身に、俺は飛びつくように手を伸ばした。
うわ……えっと、スキャナお前、ここ、何も……
最後の衣服にしては、あまりに頼りなかったその布地は、簡単にズリ下ろされた。
そして、その下にあったのは、ただただ綺麗な一筋の線。無毛な恥丘の中心に、それを分かつ裂け目が綺麗に入っていた。
は、はい……何もない、です……ごめんなさい、子供みたいで……
いや、むしろ綺麗な筋がくっきりと見えて……余計いやらしいかも……
両目を恥ずかしさからギュッと閉じ、その身体を小さく震わせながら、けれどスキャナは自分にとっての一番恥ずかしい場所を隠さない。
初めて見る女性のそこを、ただ雄として見つめる俺の視線を、懸命に羞恥を堪え受け止めている。
そんなスキャナの姿に、俺は当然のように更なる欲望を抱いていた。

495名無し@フェチ2018/01/10(水) 15:20:30.31ID:KKt8mcaW0
作品名:1番じゃなきゃダメですかっ? (Rosebleu)
キャラ名:五和 蛍
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
ひ、んぐ・・・…う、うん……気持ちいい、のかな……ひゃあんっ
あ、あ、ああっ……だめ……下着、汚れちゃう……
下着のシミは更に広がりを見せ、蜜もそれでは防ぐことができずに、俺の指へとまとわりついている。
だったら、脱がすぞ、蛍
もうこれ以上は俺もガマンができない。蛍のいやらしいところをこの目で見て、直接弄りたい。
お兄ちゃん、目がえっちだよぉ……女の子の下着脱がすなんて……うん、いいよ……
そんな俺の言葉に蛍は恥ずかしそうに身をすくめるが、それでも頷いてくれた。
脱がせた下着の下から、蛍の、まるで生まれたままのような状態の秘裂が姿を見せる。
……蛍のも、瑠璃に負けないくらい綺麗だな……
何もない、つるつるの膨らみに入った、一本の筋。そこから滲み出る透明な蜜は、既にベッドの上へと垂れていた。
や、やだ……あんまり見ないでよぉ……
へえ……蛍は無いのか
意外なことに、蛍の秘所周りは何もなかった。綺麗に処理をした、というわけじゃない。どうやらもともと生えていないみたいだ。
蛍、相変わらず生えてないのよね。兄さま的には、こういう方がやっぱり可愛くていいのかしら?
いや、無いのは可愛いとは思うけど、あってもいやらしさが増すし、ちゃんと手入れされてればあってもいいと思うぞ
瑠璃くらいのなら合格だな
蛍も瑠璃も、どちらだって俺は見ていたい、それくらい、いやらしい魅力がある。
よかった……だったら私は、残しますね。蛍と私で、両方お楽しみ下さい、兄さま
お兄ちゃんも、瑠璃ちゃんも、すっごくいやらしいこと話してるよね……
いやらしい行為をしてるんだ、当然だろ
一度経験をしたせいなのか、こういう行為に対して瑠璃はかなり寛容になった。というか、積極的になった。
それはやっぱり、俺にもっと愛されたい、って想いからなんだろう。そんな瑠璃の健気さは本当に愛らしい。
そして蛍にも、同じように想ってほしい。
これからもっと、蛍にいやらしいことをしていくんだからな
だから俺は、その綺麗な秘裂の中へと、俺自身の欲望を向けた。
きゃうんっ!!
そのピッタリ閉じた秘裂を左右に開き、俺は口づけをした。

496名無し@フェチ2018/01/13(土) 23:39:09.65ID:D1tnIkVK0
作品名:Tiny Dungeon 〜BLACK and WHITE〜(Rosebleu)
キャラ名:ヴェル=セイン
種類:【天然】
描写:【Hシーン】

497名無し@フェチ2018/01/16(火) 00:31:56.43ID:zH9R/Nrs0
>>496
ん、うぅっ……あ……は、ぁ……
心地よい弾力をいじるうちに、ヴェルの吐息はどんどんと熱さと甘さとを増していく。その息遣いだけで、俺も達してしまえそうだ。
俺だけが聞くことを許された震えるような吐息。もっともっとこぼして欲しい。そんな思いから、俺はもう片方の手を、そっと下半身の方に伸ばした。
……そろそろ、こっちの方も……いい?
あ……
その言葉の意味を察して、ヴェルの顔の朱が更に濃さを増す。けれどもヴェルは迷うことなく、
うん……
ただ恥じらいに俯きながら、そう呟いた。
え……
たった一枚の心許ない布をズリ下ろすと、ヴェルの一番恥ずかしい入り口が姿をさらす。
ピッタリと閉じた、まだ開かれたことのないその入り口。そして、その入り口の光景に、俺は思わず驚きの声を漏していた。
じ、じっくり見ちゃやだ……
必死に羞恥を押し殺しながら、そう呟くヴェル。けれども俺は、ヴェルのその場所から目を話せなかった。
ヴェルの……生えてない?
その、生まれたての赤ん坊のような、何もない光景から。
こ、子供みたい、よね……ごめんなさい……
でも、その……前のお守りの時は……
デイルとの最終戦。オペラさんのとんでもない提案。俺の勝利のために、その恥ずかしさに耐えて渡してくれたお守り。あの中身は……。
さすがに確認なんてできていないけど、でもあの時のヴェルの反応から見ても、違うものが入ってたとは思えない。
だ、だから、その……私じゃ見つからないけど、ヒメにじっくり探してもらえば、み、短いのが一本くらいって……
そ、それであのあと、部屋で一生懸命探したら、その……み、短い生えかけみたいなのが、い、一本だけ……あって……
耳まで真っ赤に染めて、涙目で言うヴェル。ごめん、ヴェル。そんなヴェルの態度に、俺、かなり反応してる。
やっぱり、あんな短いのじゃ、御利益、なかったのかなぁ……
こら。俺、ちゃんと勝っただろ。間違いなく御利益あったよ。あのお守りがなかったら、きっと俺、負けてた
俺のためにあんなことしてくれる一途で健気で一生懸命で可愛い娘を、俺は他に知らない。

498名無し@フェチ2018/01/19(金) 16:41:36.77ID:7Rn5qEsp0
>>496
あ……
少し強めに、円を描くように揉んでやる。大きく変わる形が、けれどすぐに俺の手を押し返し、元に戻る。
ふあ、あ……は、んうっ
そして時折、痛そうなまでに勃った桃色の乳首をいじる。それだけで、ヴェルの口からは甘い声が流れ始めた。
やっぱり、ヴェルの胸飽きないよ……
俺が力を入れる度に形が変わって、でもこの弾力がすぐ押し戻す
あ……凄い……ヒメの手があったかくて……ビリビリって、今来てる……
はぁ、あう……ん、あ、はぁ……
先端もほら、こんなに尖ってて……
ちょっと強めに捻るだけで、ヴェルの背筋が弓なりに反る。
ひあっ
そのまま口に含み、軽く歯を立てる。コリっとした感触が心地いい。
だ、だめ、歯、立てない、で! 刺激強くて……あ、ああん!
や、だめぇっ……感じ、すぎちゃう! つまむのは、ふぁぁっ!
このコリってした感触、好きなんだけどな、俺
乳首は弱すぎるのか、大きく身体を震わせ喘ぐヴェル。その姿が、普段のヴェルとは違いすぎていて逆に愛らしい。
この姿を見られるのが俺だけなんだと思うと、更なる興奮が、俺の中から湧き出してくる。
わ、私も、好きっ……ヒメに、いじられる、のっ
でも、感じすぎ、てっ
……ほんとだ。いつの間にか、こんなに濡れてきてる
いつの間にか、下半身には恥ずかしいシミが生まれていた。
それじゃあ、汚れちゃうからな、脱がすよ
ヴェルのすべてを見たい。そんな欲望が抑えられない。俺はその下着へと手を伸ばすと一気にズリ下ろす。
え……?
あ……
そこには、可愛らしいヴェルへの入り口があった。
やっぱり、ヴェルのここは何もないままか
以前見た時のまま、生まれたばかりの赤ん坊のように何も無くスベスベの場所。その先に、体内に続くいやらしい唇が開いている。
うう……子供っぽいの、嫌い……?
まさか。ヴェルの身体だぞ。どうやったら嫌いになれるんだよ
俺は笑うと、その唇を開き、直接指を入れた。

499名無し@フェチ2018/01/22(月) 23:27:18.40ID:pou63eKh0
作品名:Tiny Dungeon 〜BLACK and WHITE〜(Rosebleu)
キャラ名:ウルル=カジュタ
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
下着の上から指をウルルの筋へと埋めてやると、そこはもう熱く湿っていた。たったこれしか触れていないのに、ウルルはもう感じ始めているみたいだ。
やっぱり、期待してくれてたのかな
そ、それは、あの……
もしそうなら、俺は嬉しいんだけど
ウ、ウルルは、そんなえっちな女の子じゃ……
俺の質問に恥じらうように頬を染めるウルル。
そうか? 別に隠さなくてもいいのに。ウルルは変なところで強情だから
俺は、そんなウルルの秘裂の中を、下着の上から上下になぞった。
ひあっ!
ぴくん、とその小さな身体が大きく跳ねる。ウルルはここが弱いのかもしれない。
ほら、ちょっと上からなぞるだけで、こんな可愛い声をあげてくれるんだ
それじゃあ、もうちょっと
あ、あう……う、あ、ああっ
ゆっくりとした俺の指の動きに応えるように、ウルルが甘い声をこぼし始める。
だ、ダメですっ。ウ、ウルルは、そんな……
それでもやっぱり恥ずかしいのか、ウルルは自分を襲っているだろう快感に必死に耐えていた。
ん、あ、あふ………
それでもこぼれてしまう声は、甘くて可愛らしい。下着のシミが少しずつ、けれど確実に大きくなっていく。
ウルルのパンツ、こんなに濡れてきてる……
そ、それは、ち、違う、んです……っ
懸命に否定をするものの、広がっていくシミはごまかせない。
そうかなあ
俺は、ウルルを隠すそのスプライトの布地へと手をかけると、そっと引き下ろした。
あ……
何もないウルルの下半身。そこに走る小さな筋が俺の視線にさらされる。
指先でそっと開くと、熱い蜜がとろりと溢れて、俺の指へと絡んできた。
もう、こんなに濡れてる……やっぱり、期待してくれてたんだな
ウルルで濡れた指先で、ウルルの秘裂の中を上下に撫でる。それだけで、ウルルは大きく仰け反った。

うふ〜ん

501名無し@フェチ2018/01/26(金) 02:40:59.16ID:XwsPx2W/0
>>499
きゃっ
ウルルの白く滑らかな素肌が夜気に晒される。
わずかな膨らみの中央にはピンク色の尖塔が、俺にいじってほしいとばかりに立っていた。
ほら、ツンと上向きに尖ってる
だ、だって、ウルルのサイズだと、全然意味なくって……
こすれて痛かったりとか、感じちゃったりとかしないの?
……た、たまに、ちょっぴり……
オペラに相談したら、絆創膏渡されました。くすん……
それはそれで犯罪行為ではないだろうかとすら思ってしまう。ブラウス脱がせてそんな光景広がったら、間違いなくその場で押し倒してしまいそうだ。
それじゃあ、優しく手当してあげないと……
その可愛らしい乳首の先端をそっと撫でる。それだけでウルルの身体が小刻みに震え出した。
んあぁっ……や、あ、ああっ……だ、だめ……な、撫でないで下さいっ……きゃうっ
そしてつまむと、少し強めに引っ張った。
あ、あふっ……ん、んあぁっ……や、つまんで引っ張ったら、ウ、ウルルの乳首、伸びちゃいま、すっ
ふにふにの胸の感触と、クリクリとして乳首の感触。ウルルの胸、凄く気持ちいいよ……
まったく正反対の感触を味わえる胸の感触。ウルルの女の子としての身体が、俺を楽しませてくれる。
あ……にいさまに喜んでもらえるなら、よかった……
ただ、こっちの染み、ちょっと大きくなっちゃったけど
気がつけば、下半身の方も大変なことになっていた。
はうぅ
真っ赤になって俯いてしまうウルルに苦笑しながら、俺はその汚れてしまった布に両手をかける。
それじゃあ、こっち、脱がすよ……
え? あ……は、はい……
そして、ウルルの恥ずかしい場所をさらけ出した。
ウルルのここ、やっぱり何もないんだ……
以前、オペラさんの道具のせいでウルルの夢に入った時に見た場所。あの時も、ウルルのここは何もなかった。
生まれたばかりの赤ん坊みたいに可愛らしかったそこは、実物のウルルもやっぱり同じだった。
はい……なんでウルルの身体、こんなに発育悪いんでしょう。しょぼん
でもまあ、ウルルらしくて可愛いと思うし、それに……
言いながら、俺は秘裂に指を沈めていく。熱いウルルの秘肉は存分に濡れていた。

502名無し@フェチ2018/01/28(日) 15:15:52.03ID:96FIWohz0
作品名:Tiny Dungeon 〜BLESS of DRAGON〜(Rosebleu)
キャラ名:ヴェル=セイン
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
真っ赤な顔で、懇願するように俺を見上げるヴェル。その表情はむしろ逆効果で、より興奮してきてしまった。
俺も、ヴェルが俺の手で感じてくれてたんだって思っただけで、その……凄いことになってる
え? あ……うん……
そんな俺の言葉に、ヴェルはそっと俺の下半身へを目をやった。恥ずかしさからか、瞬時に顔を逸らしてしまう。
そ、そうよね……これからが本番だもん…
それじゃあ、その……ヴェルの、見せてもらいます
これからのことを想像したのか、ヴェルの身体が緊張で固くなる。俺はそんなヴェルの下着へと手を伸ばすと、ゆっくりズリ下げていった。
うわ……
何もない柔らかそう下腹部の向こう、その先端から綺麗な筋が一本伸びている。そこから透明な蜜がわずかにこぼれ、シーツの方に垂れていった。
あ、あんまりじっくりとは見ないで……
隠そうとはしないものの、さすがに恥ずかしさでいっぱいなのか、その声が震えている。とはいえ、こんな光景を目の前にして、見ないでいられるわけもなかった。
これがヴェルのなんだ……でも、その……
は、生えてないんだ
大人ならば、本来あって当然の茂み。けれどヴェルのそこには何もなかった。そのために、ただでさえ恥ずかしいだろうその場所が、何にも隠れることなく見えている。
ご、ごめんなさい……やっぱり赤ちゃんみたいでいや?
これだけはあの、どうしてもダメ、で……
い、いや、全然平気。ただ驚いただけで
むしろ、ヴェルのことがよく見えていいかも
も、もうっ。ヒメが相手じゃなかったら、舌を噛んで死んでるくらいの恥ずかしさなんだから
つまり、俺しか見てないってことだろ。うん。俺以外の相手には見せたくないな、やっぱり
男としてのワガママではあるけれど、ヴェルのこんな姿を他の誰かが見るというのは耐えられそうにない。
本当に、俺一人のものにしたくなる。男の独占欲っていうのはやっかいなもんだ。
相変わらずずるいんだから。そんなこと言われちゃうと、私、恥ずかしさより嬉しさのが出ちゃうのよ
けれどそんな俺の言葉に、ヴェルは嬉しそうに微笑んでくれた。それが俺に対して心を許してくれている証なんだと思うと、本当に嬉しい。

503名無し@フェチ2018/01/30(火) 04:34:09.14ID:Jytk+Ox00
作品名:Tiny Dungeon 〜BLESS of DRAGON〜(Rosebleu)
キャラ名:ウルル=カジュタ
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
それじゃあウルル、触るぞ……?
は、はい。にいさまの好きなように……
俺は、もうガマンできないとばかりに、その瑞々しいなだらかな曲線へと手を伸ばした。
あ……
下着の上から、その曲線を撫で回す。そしてそのまま、秘裂の上を指でなぞった。ぴくん、とウルルの身体が小さく反応する。
は、あ……ん、ああっ
秘裂に沿って、少し激しく指を動かす。ウルルの呼吸がわずかに荒くなり、その声も甘さを含み始めた。
そして続けているうちに、下着に小さなシミが生まれてくる。
ふあ……あ……にいさまの指……すっごく優しくて、ぞ、ぞくぞくしちゃいます……
や、あぁ……な、中からはしたないのが出ちゃって……
少し強めに秘裂を押すと、中からウルルの蜜がジワっと溢れだした。下着のシミが大きく広がっていく。
俺はシミの上から、秘裂の中へと指を押し込んだ。俺によって広げられた入り口へと、下着ごと指先を挿入する。
んあ、あ、ああっ……お腹の奥の方が……あ、熱くなってきて……
うん……下着の方もこんなに塗れてて、指に絡んでくる……
下着越しに染み出してくる愛液。指に絡んだそれはネットリと熱い。
脱がすよ。ウルル……
はい……ど、どうぞ……
頃合いと見た俺は、ウルルの下半身を大聖堂の荘厳な空気の中にさらけ出した。
やっぱり、ウルルのすっごく綺麗だ……割れ目も、こんなに小さくて……
何も生えていない、可愛らしいウルルの股間。そこには、中から漏れた蜜で濡れた一本の筋がある。
ウルルの全部、見られちゃってます……
一度汚した場所ではあるものの、あの時はここをしっかりとは見られなかった。ドキドキと速まる鼓動を落ち着かせながら、俺はその小さな割れ目を左右に開いた。
や、やあ……開いちゃうのは、は、恥ずかしすぎて……
大丈夫だよ。ウルルの、ほんと綺麗だから……
こぼれる熱い蜜と共に、ピンク色の肉壁が姿を見せる。薄く透明がかったピンクは鮮やかで、思わず見とれそうになってしまった。
すっごい鮮やかな桃色で……それが蜜に濡れてて……すごくいやらしい……

504名無し@フェチ2018/02/17(土) 21:39:22.93ID:og/RQQsU0
ウルルの場合は、見た目もあいまって犯罪感が凄いな

505名無し@フェチ2018/02/23(金) 22:37:21.83ID:P8W/j9rj0
ヴェルの無毛描写だけ毎回気合い入ってるの結構好き。
赤ちゃんみたいって本人が恥ずかしがってるのはもっと好き。

506名無したちの午後2018/02/24(土) 01:10:39.69ID:xULXSfj80
その表現見るたびに
赤ちゃんのどこで見たんだろうという疑問が

507名無し@フェチ2018/02/25(日) 23:09:26.06ID:ZRsL0e400
兄妹とか親戚のじゃないの。エロゲだし細かい事は気にすんな

508名無し@フェチ2018/03/03(土) 23:26:13.33ID:InXl/hsA0
作品名:Tiny Dungeon 〜BIRTH for YOURS〜(Rosebleu)
キャラ名:ヴェル=セイン
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
ヒメの視線……凄い熱く感じる……
そんな俺の視線をしっかりと感じ取っていたのか、ヴェルは恥ずかしそうにそう言った。
あ、ああ……ごめん。その……こんな角度で見るのってすごい興奮して……
お尻の方が好き……なの……?
ヴェルのお尻のラインとかは好きだけど……入れる場所としてっていうなら分からないなぁ……経験無いし、さすがに……
この形は凄くいいなあ、なんて思っちゃうけれど、さすがに性行為の対象としてはどうだろう。
まったく興味がない……というわけでもないんだろうけど、率先してここに入れたい、とはさすがに思わない。
……ヒメがしたいなら……その……
ヴェルとしても、さすがにお尻を使うというのは怖いんだろう。それでも不安を飲み込みながらそれを受け入れようとしてくれるのは嬉しかった。
だけど、少なくとも今日はそんなことをするつもりはない。
いや、今日は普通に前がいい、かな……ヴェルとのその……初めてだし……
ヴェルの初めてを、変な思い出にはしたくない。だから今日は、少しでもヴェルに感じてもらいたい。
俺はヴェルの下着に手をかけると、ヴェルが頷いてくれるのを待って、そっとズリ下ろした。
目の前に、ヴェルの女の子の入り口がある。ヘアはまったく生えていない。生まれたばかりの赤ん坊のようなその丘に、綺麗に閉じた縦の筋があった。
ヴェルのここ……ピッタリ閉じてる……
だ、だって……ヒメしか……入れないもん……
で、でも、お願い……あんまり見ないで……私……恥ずかしさで震えて……
本当に誰にも見せたことのない場所。ヴェルはその秘密の場所を俺に見せながら、羞恥に震えていた。
けれど、やっぱり言葉で言うだけで、決して隠したり塞いだりしようとはしない。俺に、そのすべてを見せてくれる。
この秘裂の中にあるヴェルの恥ずかしい穴。そのすべてを見て、いじりたい。
ごめん。俺、ヴェルのもっと奥が見たい……
俺は、その恥丘に両手を伸ばすと、そっと左右に開いた。

509名無し@フェチ2018/03/07(水) 12:43:21.63ID:/+E6okDy0
作品名:Tiny Dungeon 〜BRAVE or SLAVE〜(Rosebleu)
キャラ名:ヴェル=セイン
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
す、凄い、今の……電気、走っちゃった……
ちょっと強かったかな……?
ううん……もっとしてほしい。もっと、ヒメにメチャクチャにされたい……
俺も、もっとヴェルに触りたい……いいかな?
いいかな、じゃないわ……してくれなきゃヤダ
それじゃあ……
その可愛らしい懇願に、俺も黙ってはいられなかった。乳首を人指し指と中指の股に挟みながら、その膨らみを揉みしだく。
温かなゴム鞠のような感触の中に俺の手が沈んでいく。そのあまりの心地よい感触に、自然と手の動きが大きくなっていく。
あ……や、ああっ……、す、凄い……っ
そんな俺の手に、身体を震わせながらも小さく喘ぐヴェル。その声が可愛らしくて、下半身がさらに昂っていくのを俺は感じていた。
いっきに濡れちゃったな……ここ、凄い
気がつけば、ヴェルのショーツの中心に軽い染みができている。俺に感じてくれたヴェルがこぼした染みだ。そのいやらしさに思わずジッと眺めてしまう。
ああん……そ、そういうのはあまり見ないで……恥ずかしすぎて……
ヒメが、私をはしたなくするのよ……もう、ひどい……
そうは言いながらも、顔は俺を非難していない。俺は苦笑しながら、そこを覆い隠す小さな布地にそっと手を伸ばした。
ごめん。じゃあ、こうするよ
初めて見る女性にその場所に、思わず唾を飲み込んだ。
何もない、生まれたての赤ん坊みたいなその丘に、綺麗な筋が一本走っている。ピッチリ閉じたそれは、俺がヴェルの初めての男である証明に感じられた。
……こ、子供っぽくてごめんなさい……
どうやら、天性のものらしいその場所を見られ、ヴェルは真っ赤になりながら視線を逸らす。
確かに、大人ならば多少なりとも生えているものなんだろうけれど、だからといって別に不快には感じない。
むしろ、ヴェルのすべてを余すことなく見ることができて、綺麗だとすら感じた。
うん……その、何もなくて、綺麗なこと、だよな……
も、もう、なんでそこだけ……やっぱりヒメも、変だと思う……?
まさか。むしろその、こことか凄くハッキリ見えるし……
それを示すように、俺はヴェルの、まだ硬い扉をそっと左右に開いた。

510名無し@フェチ2018/03/12(月) 12:49:44.11ID:JqSR3lb70
作品名:Tiny Dungeon 〜BRAVE or SLAVE〜(Rosebleu)
キャラ名:アミア=ルゥム
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
柔らかな感触を楽しみながらも、その中心の尖った部分を指先でいじる。そのコリコリした感触が気持ちいい。
や、あ、んあぁっ!
そんな喘ぎと共に、じわぁ、と小さなシミが水着に浮き出てくる。どうやら、俺が思う以上に感じているみたいだ。
アミア……胸弱いんだな……その、染みできてる……
なっ!? み、見ちゃダメっ。それはさすがに恥ずかしいっ。染みとかはダメっ
そ、そうなのか? それじゃあ……
慌てて隠そうとするアミアに驚きながら、だったらと俺は、アミアの水着に手を伸ばした。
そのまま一気にズリ下ろすと、アミアの女の子の入り口が目の前に現れた。
あ、あはは……そ、そうなっちゃうよね、やっぱり……
染みができる以上は当然なのだが、そこは既に濡れており、太ももを伝って垂れていく。
なんていうか、アミアの、その……綺麗だな……
そ、そりゃあ当然、だよ……一度も触ったこともないんだからね……あ、で、でも、ちゃんと毎日洗ってるからね!? 綺麗だよ!?
そ、それは分かってる、うん
綺麗に閉じられた割れ目は少しのくすみもない。周囲にはヘアーの跡もなく、自分で処理したとかではない、天性のものだろう。
何も隠すもののないその場所は、生まれたての赤子のような姿を俺にさらしていた。
でも、やっぱり変だよね……生えてきてくれないとか。わたし、本当に成長してくれないなあ
どうやら少し気にしているらしい。だが、そんなアミアに、俺は苦笑しながら言った。
いや、ここがその……生えてれば大人とか、そういうわけじゃないと思うし……生えて無くても大人な人はたくさん……
そ、そうだよね。ヴェルさんもそうだしっ。わたしたって、ヴェルさんくらいになれるよね!
……確かにヴェルはその……まったくないですが……
そこでヴェルの名前が出てきたことに少し驚く。いやまあ、寮にいる以上は一緒に風呂に入ってるわけだし、知ってて当然か。
うん、自信ついた さあお兄ちゃん、いっちゃおうっ
けれども、アミアにとってのヴェルはそれなりに納得のいく発育レベルの女性のようだ。
それで納得できるならあまあいいやと思いつつ、俺はそっとその秘裂に指を差し入れた。

511名無し@フェチ2018/03/18(日) 08:52:08.26ID:mamzLI6J0
作品名:Tiny Dungeon 〜BRAVE or SLAVE〜(Rosebleu)
キャラ名:カミシア
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
女の子って、こんな気持ちになれる生き物だったんだね……初めて知っちゃった……
もっともっと……凄い気持ちになれるのかな……
気持ちよさそうなカミシアの言葉に、俺も嬉しくなってしまう。
俺は男だからなあ……でも、そういう行為の時には、どんどん気持ちよくなっていった
多分、女の子も同じじゃないかな……そうなるように頑張るし
うん……それじゃあ、どんどん気持ちよくなっちゃおうか
更に先の行為を求めるカミシアに、俺は素直に従った。
あはは……ほんと不思議だぁ。すっごく恥ずかしい。
まだまだ未成熟の身体を覆い隠す、赤いベビードール。幼さと淫靡さとが一つになったその光景に思わず息を呑んでしまう。
恥じらいながらも微笑む、カミシアの整った顔立ちと合わさって、心臓の鼓動が自然と高まっていく。
大好きな人に本気で見せるって、凄いことなんだねえ
だけど、決して不快じゃない……恥ずかしくて隠したいのに、もっと見せたい、とか思っちゃうってのは不思議だなあ
だったら、もっと恥ずかしいところに行くけど平気か?
もちろん。この恥ずかしいのがね、きっと好きって意味でもあると思うんだ
だから、この恥ずかしさが嬉しい。そう笑い続けるカミシア。俺も、カミシアとこんな関係になれることが普通に嬉しい、そう感じる。
だからこそ、もっと恥ずかしくさせてあげたい。そんな欲望が俺の奥から生まれ始める。
その下半身の小さな下着を脱がせると、何もない場所に、小さな縦の秘裂があるだけだった。
んん……
そこはわずかながらに濡れており、透明な蜜が、その中から滲み出て光っている。
な、なんていうかその……正直、言葉がない……
も、もっとその……大人っぽい方がパパはよかった? 私だとそこ……何もないし……
そういうのは別に気にしないかなあ……色々な人がいるし
しういうのは個性でもあるし、少なくとも俺は、どういう身体だから、じゃなくて、誰の身体だから、で気になってしまう。
そうだよね。ママの中にもいるし
そんなカミシアの言葉に、俺は数人の姿を思い浮かべ、思わず噴き出しそうになってしまう。
ほんと、人それぞれだよなあ。

512名無し@フェチ2018/03/23(金) 20:56:40.38ID:aj/btziy0
作品名:Endless Dungeon(Rosebleu)
キャラ名:ニコ=テンプル
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
俺は苦笑すると、今度はそのまま下の方に視線を移動した。ニコにとって、女の子にとって一番恥ずかしい場所。
一番いやらしいその場所を見たい。ニコの奥まで見てしまいたい。そんあ気持ちと共に、ショーツの脇へと指を入れた。
その、それじゃあこっちの女の子の方も……
そ、そっちもいくんですねっ
自分にとっても一番恥ずかしいその場所を見られる。そのことにニコの身体は更に緊張する。けれど、それでも足を閉じたりはしなかった。
俺が脱がせるのを邪魔しようとはせず、枕をいっぱいに握りしめて、その恥ずかしさをガマンしている。
か、覚悟は完了、です……どうぞ、い、一気、に……っ
その言葉に俺は頷き、言われた通り、一気にショーツを脱がせてみせた。
きゅう……
その頬を真っ赤に染めながら、ニコは目をぎゅうっと閉じて、必死に羞恥と闘っていた。
綺麗に閉じ合わさった、明らかに誰にも見られたことのない秘裂。その周りには産毛一本生えてはいない。完全に肌のみだ。
その綺麗な光景に、俺は思わず唾を飲込む。
……ニコのここは、手入れしてるから……?
こ、子供みたいで、すいませんっ。か、完全にそれが素の状態です!
恥ずかしさに震える身体を、それでも一切隠そうとせず、ただ俺へとさらし続けるニコ。
男として一番気になるその場所を、俺はどうしてもジックリと見てしまう。
ですが、中の方は大丈夫なので……う、受け入れられますので!!
多分……
あ、いや、別に変なことじゃないから。他にもこういう子いるし……
むしろニコらしい、と思ってしまった。この秘裂の奥には桃色の秘肉と、ニコの体内へと続く狭い入り口とが存在している。
それを確認するように、少しだけ、そっと秘裂をひらく。ニコの身体が小さく震え、その奥に綺麗な薄桃色の壁が見えた。
それに、薄いピンク色で、凄い綺麗だ……
は、はいっ。ニコのを見るのは、主さまが初めてなので、感想を聞くのも初めて、です……
ニコの言葉に、この子のすべてを征服したい、そんな独占欲あ湧き上がってくる。同時に、これからこの子のすべてを貪れるんだという期待が膨れあがる。

513名無し@フェチ2018/03/30(金) 10:14:38.87ID:X4p1hoJO0
作品名:Endless Dungeon(Rosebleu)
キャラ名:ヴェル=セイン
種類:【天然】
描写:【Hシーン】

514名無し@フェチ2018/04/04(水) 20:57:30.61ID:qrEDVVkX0
>>513
二人とも、ぷにぷにしてて……柔らかい……
初めての時は、もっと固い印象だったけれど。数回の経験のせいか、今ではこんなに気持ちのいい感触を与えてくれる。
はぁ……ん、だ、だって……ヒメがそうしてくれたのよ……
ん……あ、はぁ……そ、そうですよ、姫先輩……何も知らなかったフォンたちを……
たくさん、愛してくれたものね……あ……うん、気持ちいい……
は、はい……ですから、も、もっと……あんっ、そ、そこ撫でられちゃいます、とっ
そんな二人の言葉に、さすがにちょっと恥ずかしくなる。この二人が共に俺で気持ち良くなってくれたこと、それは本当にうれしいけれど、俺もそこまで上手いわけじゃない。
ただ、一緒に気持ち良くなってほしい、という気持ちが届いてくれてたなら嬉しいかぎりだ。俺はそんな二人に応えるように、その秘裂を愛撫し続ける。
二人とも、やっぱり感度いいな……もう濡れてきた……
指先に、ちょっと湿った間食が伝わってくる。そこを弄りながら視線を送れば、ショーツに確かなシミが浮かんでいた。
あう……あ、あまり見ないで……はしたない……
姫先輩の指だから、ですよ……そうでなければこんな……
恥ずかしそうに身体を震わせる二人の姿が、俺を興奮させる。そのままいじり続けるだけで湿り気は増し、徐々にシミを広げていった。
あ、んっ……ひぁっ……あ……か、身体が、震えてきちゃ、う……
んん……そ、そこ、お願いします……んああ! ああ……フォン、気持ち良くなって……きて……
うわ……下着の上からなのに、二人ともこんなにぬるぬるって……
やがて蜜は下着を抜けて、俺の指にも絡み始める。
ぬるぬるとした液体が、二人のいやらしい場所をすけさせ始めていた。
や、あ、はぁんっ! だめっ、よ、汚れちゃう……っ
す、すけて見えちゃいますよ、姫先輩……でも、もっとしてほしい、です……
下着越しにうっすらと見える縦のスジ。さすがにこれ以上のガマンはできそうにない。俺はまず。ヴェルのショーツに手を伸ばした。
ヴェル、もうこんなに……
太もものあたりまでズリ下ろすと、その、綺麗に閉じ合わさったスジがハッキリと見える。
ヴェルのそこに、ヘアーはない。まるで産まれた時のままのような、つるつるとしたその場所は、可愛さといやらしさを両立させていた。

515名無し@フェチ2018/04/11(水) 23:10:54.35ID:dFZamdOz0
作品名:あぶのーまるらば〜ず (とるてそふと)
キャラ名:鏑城 結奏
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
彼女は全裸になると(シャツの下にはショーツすら着けてなかったらしい)、僕を押さえつけるみたいに覆い被さって。
だからすぐ上に、細くてちいさなまるで妖精みたいな裸身。以前にもなんどか盗み見た、ほのかな胸のふくらみとその先端の乳首。
そして……まるで狙いをつけたみたいに、少しずつ、僕のペニスに寄せられてくる足の付け根……
(お、おま〇こだ……!鏑城のおま〇こっ……おま〇こ……!)
そこに――鏑城は本当に、僕のモノを自分の性器を入れようとしてる。
僕のリクエストを聞き入れて、セックスしようとしてくれてる……。
鼓動が速まらないわけがない。ゴクリ、と思わず生唾を飲んで、
か……かぶら、ぎ……
で、このまま入れればいいんだっけ
え? あ……い、いや、これじゃ――
男女逆だと思う――と言いかけたところで
んっ
にゅくっ。
――っっ!?
亀頭に彼女のワレメが触れ、僕は声が出せなくなった。
気持ちいい……いままで一度も覚えたことがない、未知のあたたかさとやわらかさ。
そして独特の弾力と、まるで吸い付いてくるみたいなかすかな湿り気を帯びた粘膜感……
ちょ、ちょっと触れただけでもう怖いくらい気持ちいいってなんだ!?気を抜いたらあっという間に射精してしまいそうなくらいで。
これで腰を落とせば入るかな……
すごい。おま〇こってすごい。まだ子供のままみたいな、つるつるのスジなのに。
僕はただただ息を呑んで、彼女のその部分を凝視する以外のことが出来ない。
その視線の先で
ん……んんっ……
(うわ……うわあぁっ……本当に……)
少しずつ鏑城の腰が沈みはじめる。
彼女の小さくて幼いワレメが僕のペニスで、にゅくりと左右に押し拡げられていく。
そして亀頭がどんどん、熱くてぬめった心地よさに包まれていく……

516名無し@フェチ2018/04/18(水) 23:34:28.48ID:ZJ0PI+aT0
保住圭氏お得意のつるつるスジおま〇こ描写いいよね。ぜひ連呼して欲しい

517名無したちの午後2018/04/20(金) 00:34:52.20ID:ETlUefoA0
ほんと、なんで有無を書いてくれないライターばかりなん?

518名無し@フェチ2018/04/24(火) 14:40:59.71ID:O0ewOa1t0
公式抱き枕でもガッツリとお子様みたいなスジ描いてるけど、天然パイパンとは違うのかな。
普通生えてる設定ならそこまで見えないよね。なんでなん?
無修正でエロいから好きだけど、キャラ毎に差別化して欲しい。

519名無し@フェチ2018/04/29(日) 20:34:16.11ID:+XS+2yk00
作品名:めばえ(たぬきそふと)
キャラ名:葉月 莉子
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
そろそろ、オマ〇コ見たい? パンツの上からでいい?
オマ〇コ、見たい!!
ここまで来て見たくないなんて言うわけがない!
じゃあ、見せてあげるね。ちょっと手離してくれる?
うん
俺が指を離すと、葉月はいったん立ち上がって、アンダースコートとパンツを脱いだ。
そのまま、さっきと同じように座ると、布で隠されていた聖域があますところなく、俺の目の前にさらけ出される。
うわっっ……うわぁ……!
とうとうオマ〇コにたどり着いた。生でオマ〇コ見られるなんて、もっと先かと思ってた。
オマ〇コ見せてくれる女の子なんて、いるわけないし。
彼女ができて、セックスするときに、初めて見られるものだと思ってた!
じゃじゃ〜ん! どう? 莉子の生オマ〇コ
すごっ……お、オマ〇コってこんなふうになってるんだ……
思わず息のかかりそうな距離まで近づいて、マジマジと見る。
すごい……
それしか言えない。初めて見るんだもん!
オマ〇コ、初めて見るの? AVとかで見たことない?
あるけど……直接見るのは初めてだし……。モザイクとか入ってるのも多いし……
それにずいぶん大人の人ばっかりだし、やっぱり同い年の葉月とは違う気がする。
初めて見た女の子の生オマ〇コは、ふっくりと白い肌がおまんじゅうみたいにふくらんでて、その真ん中に線が一本だけしゅっと入ってる。
そこを広げたら、いわゆる膣、チ〇ポを入れるところがあるのかな?
えへへ〜、莉子、まだ毛が生えてないから、つるつるでしょ? 柚樹くんとおそろいだねっ
確かにそこには一本の毛も生えてなかった。
つるっつるのすべっすべだ。
えっと……これ、中に膣……があるんだよね?
ぴたっと閉じ合わさってるそこは、さっきあふれたおつゆのせいか、ちょっと濡れて光ってる。
うん、そうだよ? ちょっと見てみる?
それを葉月がちょっとだけ指で広げてくれた。

520名無し@フェチ2018/05/07(月) 13:08:06.61ID:8SNriraD0
作品名:くれいどるそんぐ 〜昨日に奏でる明日の唄〜(うぃんどみる)
キャラ名:レア・ティータ
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
切なげに俺を求める声が草原に響く。
自分自身に集まっていく大きな塊を、俺はもう無視することなんて出来そうになかった。
レア……
え、あ、ひゃうんっ!!
自らに触れるレアの指を押しのけて、俺はレアの秘所へと指を這わす。
お、お兄ちゃん……
期待に潤んだレアの瞳が俺を見つめる。
俺は何も言わずに頷くと、そのままレアの下着に手をかけた。そのまま、尻の方から一気にずり下ろす。
大きく開かれたレアの足。その中心で息づく桃色の口。
子供とは違う、すでに女へと成長していたその場所を、指先でゆっくりと味わった。
まあ……生えてないのはご愛嬌か
本来ならばその口を守るかのように茂っているはずの恥毛が、レアのそこにはまるでない。産まれたままのように綺麗だった。
そ、それは仕方ないと思うの……
やっぱり……ないとダメ……?
悲しげに、上目遣いで俺を見やるレア。俺は小さく笑うと、秘唇の最上部にある豆を包皮の上から強目に撫でた。
ひゃうんっ!
その背を大きく仰け反らせ、一際高くレアは鳴く。
まあ、薄いとは思ってたんだが、それでもまったく無いとは思ってなかったからな。ちょっと驚いただけだ
ここは俺を受け入れても大丈夫なくらい、充分大人になってるみたいだし、問題ないだろ
それでも自分の中で囁く小さな否定意見を、俺はその場で噛み砕いた。
少なくとも、ここまで来たらもう無理だろ
え……
なんでもない、気にするな
俺はレアの疑問をあっさり投げ捨て、そのまま行為を再開する。
今までの自慰行為で、そこはすでに充分濡れていた。正直、このまま貫いたとしてもいけそうな気はしたが、もう少しくらい、俺が楽しんでもいいだろう。
俺は、二本の指を使ってさっき触れた包皮を剥き上げた。

521名無し@フェチ2018/05/13(日) 23:09:42.59ID:Bg+hNOZc0
作品名:いんぴゅり 〜ヒトとアナタとアヤカシと〜(Rosebleu)
キャラ名:聖 美琴
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
美琴さん……あの、俺、見たいです。美琴さんの……
うにゃっ? み、見たいって、あの……こ、ここ……?
そんな俺の懇願に、美琴さんは更に顔を赤らめ、少しだけ考えてから……、
……う、うん……
そう小さく頷いてくれた。
見せなきゃ、和登くんにもらってもらえない、よね……
脱がせて、くれる……?
その恥じらいを必死に押し殺しての願い。今にも弾けてしまいそうな興奮をどうにか抑えて、俺は美琴さんの下着へと手をかけた。
あ、あうぅ……あうううぅ……
だ、だめ……顔から火が出ちゃう……
美琴さんのその場所には、小さな割れ目以外何もなかった。
淡いかげりすらもない、まるで赤ん坊のようなその場所を、俺は指で直接押し開く。
凄い……下着の上からとは全然違う感触……美琴さんに、直接触ってる……
美琴さんの熱い体温が直接伝わってくる。すっかり濡れそぼったそこはヌルヌルで、溢れた蜜が床えと垂れていった。

522名無し@フェチ2018/05/19(土) 16:23:04.90ID:a0zAgAfk0
>>521
和登くんは、本当にいつもわたしに恥ずかしいことをさせるんだ……
そして、実際に俺の命令通りの行動をし、恥ずかしそうに視線を逸らす。
目の前に立って、自らたくし上げ。自分自身で見せる、という行為が、美琴さんの羞恥心を思い切り煽っている。
自分で見せるだなんて……あんまり顔を近づけないで欲しい……
ネグリジェの中からさらけ出された二本の細い足。そしてその上にある、ネグリジェとお揃いの淡い色をした可愛らしい下着。
美琴さんらしい、そこまで派手とはいえないデザインが、むしろ好ましい。
それじゃ意味がないじゃないですか。そうやって恥ずかしがる美琴さんの体が見たいので
和登くんは、やっぱり本物のすけべだな……
ちょっとだけ拗ねたように言う美琴さん。
だけど、その……君に見られてるだけで、わたしもちょっと興奮、してる……
けれどもすぐに、そんな恥じらった言葉を繋げてくる。
それなら……もっと興奮して下さい。
俺はその言葉に素直に興奮すると、やはり美琴さんにも興奮してもらうため、その下着にそっと手をかけた。
お、お願いっ。あんまり、見ないで……
前回同様、俺の目の前に再びさらけ出された、一番恥ずかしい場所。しかも今回は自ら見せている形だ、恥ずかしくないわけがない。
俺への愛撫の時から既にこうだったのか、そこはもう濡れており、下着との間に細い糸を伝わらせていた。
……前も思ったんですけど、美琴さん、生えてないんですね……
何もない、まさしく生まれたての赤ん坊のようなその場所。ただ可愛らしい縦の筋があるだけのそこは、いやらしさよりも可愛らしさが目立つ。
だ、だって……わたし、発育あんまり……
やっぱり、こんな子供っぽいのは、ダメ……?
俺の言葉に不安になってしまったのか、怖々とそんなことを聞いてくる美琴さん。俺はまさか、と首を振った。
いいえ。むしろ。すっごい興奮します……なんだかいけないことしてるみたいで。
美琴さんのこの場所を見て、子供っぽいなんて感想を抱くわけがない。むしろ好ましいとさえ思ってしまった。
美琴さんの一番恥ずかしい場所、いじりますね
だから俺は、それを証明するかのように、そこへと指を伸ばす。

523mom and son 412018/05/19(土) 21:10:30.12ID:vPrcOyCO0

524名無し@フェチ2018/05/25(金) 00:41:46.12ID:ZjX+a4290
どんなに大人っぽくても天然パイパン設定にできるのは、二次元の特権だよね。
綺麗なツルツルおまんまんに生中出しし放題とか、幸せ過ぎて精子枯れるわ

525名無したちの午後2018/05/25(金) 18:25:47.60ID:N/fuIVtG0
リアルにも天然パイパンはあるんだろうけど
すじまん状態を維持してることも含めるとまずないだろうね

526名無したちの午後2018/05/25(金) 18:44:58.70ID:lG6nBQti0
現実はクソゲーだな

527名無し@フェチ2018/05/30(水) 00:29:01.82ID:qk21U30B0
作品名:ゼヴェンの孕姫(ラブリープリチー超愛してる)
キャラ名:レティシア
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
男たちの歓声に、一瞬意識が遠のきかける…
私の身体を守っていた最後の一枚が砂浜に落ち、とうとう私は、一糸纏わぬ産まれたままの姿となってしまった…
お、おい! 見ろよアレ♪毛の一本も生えてないぜ、パイパンってやつか♪
へへへ…なるほどなぁ…♪おっぱいも尻も十分すぎるほど発育してるってのに、アソコの方だけは子供なんだねぇ…♪
(あぁ……し、信じられない…とうとう私……こんな場所で……ぜ、全裸に……せ、性器すら…男たちに…見られてしまっているのか……)
…はぁ………ふ、ぅ……
かつてない羞恥と緊張に、もはや立っているのもやっとだ…息を切らし、全身から滝のような汗を滴らせながらも、ただただ無防備に、私はその場に立ち尽くす…
(あ…ぁ…恥ずか…し………)
白昼の屋外で、無数の男たちに混じり、たった一人全裸の私…あまりに異常な状況に、徐々に思考がおぼろげになっていく…全身が燃えるように熱くて、なんだかアタマがふわふわする…
へぇ〜、これがレティシアちゃんのアソコかぁ…♪へへへ…使いこんでない綺麗なアソコじゃない♪
ホントホント。いやぁよかった♪こりゃあやっぱり処女で間違いないみたいだねぇ♪
男たちは私の周囲に座り込むと、下から覗き込むようにして躊躇なく私の股間を観察している…
こんなにたくさんの男たちに不躾に性器を鑑賞され、恥ずかしすぎてアタマがどうにかなりそうだ…
は、ぁ………ふ、っ………た、頼む…見ないで…くれ
口元から漏れる声にも、到底普段の覇気はない…ただ弱々しく俯いて許しを乞いながら、男たちの視線から逃れるべく、両手で慎ましく胸と股間を隠そうとする…

528名無し@フェチ2018/06/03(日) 19:14:52.81ID:4+9r+Vki0
同人ゲーは主人公パイパン設定の事多い。

529名無したちの午後2018/06/03(日) 20:15:19.80ID:Y7AUtlMb0
男がすか

530名無し@フェチ2018/06/07(木) 23:01:51.35ID:78TCt0sA0
ちなみにエロRPGジャンルな。説明不足ですまない。
>>527 みたいなの

531名無し@フェチ2018/06/13(水) 23:49:54.16ID:vCBusXQc0
作品名:つるつるナース「恥ずかしい……こんなの誰にも見せられない……」(マリン)
キャラ名:萩山 こがね
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
こがねが、手術を受けない理由……教える、ね……森本さんなら、笑わないで、見てくれるかな……
ん?
こがねちゃんはパジャマのズボンに手をかけ、パンティと一緒にずりおろした。
あ……
そしてズボンから両足を抜いて、裸の下半身を僕にさらした。
ちょ、ちょっと……ううん。かなり、恥ずかしいんだけど、森本さんには、見てもらいたいの……
ごく……こ、こがねちゃん……
こがねちゃんの恥丘が、僕の目の前にあった。
その向こうに窓があるせいで、こがねちゃんの股間に生える産毛が、金色に輝いている。
……アソコの毛、生えてこないの。こがねのここ、変、みたい……
そう。こがねちゃんのアソコには陰毛が生えていなかった。おへそから下腹、割れ目を通過して、お尻の穴まで無毛だ。
生白い肌の股間には、キレイな割れ目があり、ピンク色の小陰唇がわずかに顔をのぞかせている。
……キレイだよ、こがねちゃん……
さらに顔を近づけると、小高い恥丘の上の産毛が、いっそう強く、キラキラと金色に輝いている。
人に見せるのは初めてなの……だ、だから、すごくすごく、恥ずかしいんだけど……で、でも、でもでも……
うん……
森本さんには、見て、ほしかったの……
こがねちゃんの肌から、甘くさわやかな、セッケンの匂いがした。
(こ、これって、確か……ええと、第二次性徴を過ぎても、陰毛が生えてこない、っていうのは……)
パイパンだ。こがねちゃんはパイパンだった。
……ごく……
や、やっぱり、変? おかしい? ここに毛が生えてないと、おかしいかな?
そんなことないよ。ちょっと感動して言葉が出なかっただけ……きれいだよ、こがねちゃんの割れ目……
あ、あ、あ、ああぁ…………う、うん……ありがとう。なんか、変な気分に、なってきちゃった……
澤っていいかな? こがねちゃんの、この割れ目に、触りたい……
触って、森本さん……こがねのアソコ、毛が生えてない、けど……そ、それで、いいなら、触って……
うん……
僕はこがねちゃんの無毛の股間に顔を近づけ、割れ目に沿って下から上へと、なめあげた。

532名無し@フェチ2018/06/17(日) 01:45:10.36ID:XXg0xm8d0
作品名:つるつるナース「恥ずかしい……こんなの誰にも見せられない……」(マリン)
キャラ名:桃谷 千春、中峰 雪、都築 仁子、潮 純香、風祭 みどり、桃谷 春奈
種類:【人工】
描写:【Hシーン】
※全員に剃毛プレイあり(ただし天然パイパンであるこがねは除く)

新着レスの表示
レスを投稿する