【無毛】パイパンキャラの出るエロゲ [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 名無し@フェチ2016/01/20(水) 13:42:49.09 ID:piKlxfo90
パイパン(アンダーヘアの生えてない)のキャラクターを挙げていくスレッドです。
●ロリキャラも含む
●攻略対象のキャラクターのみ=Hシーンが存在するキャラ
●CGにアンダーヘアが描かれていないだけのものは除外(エロゲCGは基本的にヘアの描写をしない為)
●ただし、通常のキャラのCGにヘアの描写があり、特定のキャラのCGにのみヘアが描かれていない場合は認める
●〜微かに産毛が生えている〜などの描写は天然パイパンとする(産毛はアンダーヘアに含まない)
●Hシーン中に生えていない事が判明する場合は【Hシーン】、それ以外のシーンで判明またはそう思わせるシーンやテキストがあれば【日常シーン】とする。両方に存在する場合は【両方】表記

以下テンプレート
作品名:○○○○(ブランド名)
キャラ名:フルネーム
種類:【天然】or【人工】
描写:【日常シーン】or【Hシーン】

〜描写テキストの一部抜粋〜
408 : 名無し@フェチ2017/07/19(水) 01:09:41.56 ID:Tl5kz7/N0
>>105
脱がせて……いい?
奏ちゃんの顔が真っ赤に燃え上がり、意を決したように……
はいっ……いいですよ
その言葉を聞くと、俺の心音は自分でも聞こえるほどに跳ね上がった。
そして恥骨をまたいで絡みつく、白い下着に手を差し込んだ。
協力的に腰を浮かしてくれると、下着はするっと両脚を抜けていく。
……あぅぅ、恥ずかしい…………
うわ……すごい…………
露わになった奏ちゃんの秘部は、ネットや本で見たそれとは違っていた。
わたし、その……まだ、生えてなくて…………その……
そんなの……関係ないよ…………
これはヤバい。
脳髄に電流が流されたかのように、その割れ目が魅惑的なクレバスに見える。
なんていうか……生えてない方が、奏ちゃんの全部を見てるようだから…………
ああ……俺って、ロリコンだったのかな。
……あ…………いやぁ…………はずかしいよぉ……
そんな、恥ずかしがらなくてもいいのにさ
もういいや、ロリコンで。
奏ちゃんのことが好きなことをロリコンと呼ぶならば、俺は甘んじてロリコンの称号を受けよう。
だめです……恥ずかしすぎて、涙がでそうで…………
大きな瞳が水面のように揺らぐ。
手の甲でそれをぬぐった。
ごめん……優しくするから
優しくするって言ったって、作法なんか知らないのに。
エロ本で得た知識なんか、全然役にも立ちやしない。
……ホントに?
……んっ
答える代わりに、短いキスをした。
足……少しの間、開いてて
抵抗もなく、奏ちゃんは俺の言うとおりにする。
露わになった秘部は一本の筋のようで、その割れ目からは溢れ出る透明な蜜がぷくっと雫を作っていた。
409 : 名無し@フェチ2017/07/23(日) 00:48:50.49 ID:FNZzEdHs0
作品名:さくら、咲きました。(SORAHANE)
キャラ名:さくら
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
そろそろいいかな……?
な、なにを……って、んんっ!
ちょ、直接さわっちゃ……あああっ!
さくらちゃんのパンツの中に、手を入れる。
突っかかりのない、ツルツルの縦スジ。
その身体相応の縦スジは、くちゅりと濡れていた。
これはなんだ……? もしかして濡れてるのか?
俺はパンツの中から手を取ると、さくらちゃんの目の前に見せつけた。
い、いやぁ……は、恥ずかしいからやめてぇ……!
ヌルヌルしてるな……これは、おしっこじゃないだろう?
し、しらないっ……! しらないよぉっ……!
指をこすり合わせると、チュッと音を立てながら白く泡立つ。
小さい女の子独特の甘い香りが、この光景のいびつさに花を添えていた。
それじゃ……教えてやるよ
だ、だめっ! それだけはダメッ……! お願い、ぬがさないでぇっ!
抵抗するさくらちゃんを他所に、半ば強引にさくらちゃんのパンツを脱がした。
いやぁ……だめだよぉ…………んっ、ぐすっ……
そこには、シンプルな割れ目一つ。
姉妹とはいえ、そこは明らかにすみれのそれとは違っていた。
410 : 名無し@フェチ2017/07/26(水) 01:07:54.11 ID:SIjBC9+O0
作品名:さくら、咲きました。(SORAHANE)
キャラ名:湊 美羽
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
411 : 名無し@フェチ2017/07/29(土) 01:50:29.19 ID:yAXsCP6E0
>>410
美羽にもっと恥ずかしい思いをさせようと思って
言って、美羽の陰唇にしゃぶりつく。
ひゃんんっ、くふぅっ、んああぁっ……はうぅっ、んああぁっ
美羽の体がびくんと大きく跳ねる。
膣口に舌を差し込むと、ぎゅうっと内部の肉が締め付けてきた。
くぅんっ、んっ……はあぁっ、んうっ……やっ、気持ち、いいですっ……!
んふっ……ああっ、んくっ、ふうぅっ……ひああぁぁっ!
一際高く、美羽の声が響く。
こら美羽、声が大きいぞ
ふはぁっ、あうぅ……そ、そんなこと言われても……
先輩がエッチなことするから、我慢むりです……
まったく、しょうがないな。
あむっ……んふっ……?
ほら、これを咥えてろ。そうすれば声も抑えられるだろ
はむ……んうう
こくこくと頷く美羽。
よし、それじゃ……
はんんっ……んくぅっ、はふっ、はんんっ……ふううぅっ……
再び美羽の股間に顔をうずめる。
陰唇、クリトリスに舌を這わせ、満遍なく刺激を与えていく。
んふっ、んふうぅっ、あふっ……ひんんっ、くうっ、うううぅぅっ
あうっ、ふっ……んんんっ、んくっ、ひふっ……にゅううぅっ
ネクタイを噛みしめながら、愉悦の表情を浮かべる美羽。
あんんっ、はっ、ふくっ、ふんんんっ、あんんっ……ぷはあぁっ
はっ、んああぁっ……だ、ダメです先輩っ、もう、イっちゃいますっ……!
堪えきれなかったのか、ネクタイを口から離してしまった。
しかし手は緩めず、美羽の陰部に口をつけてじゅるじゅるとすすり上げる。
ふあぁっ、あううっ……んふっ、くうぅんっ、んああぁっ
はっ、ああぁっ、あっ、イくっ、イっちゃっ……あくうぅっ。んんんんんっ
ぐっと体を仰け反らせる美羽。
最後の仕上げとばかりに、つるつるの秘部を舌先と口で執拗にねぶる。
412 : 名無し@フェチ2017/07/31(月) 01:46:29.79 ID:oZeXTjLy0
作品名:AQUA(SORAHANE)
キャラ名:南 凛
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
僕はそのまま、凛の下半身に手を伸ばす。
凛は僕の手をチラリと見たけど、止めようとしなかった。
……うゎ…………ふぁぁっ!
思わず、生唾を飲んだ。
そこは胸とは違う柔らかさだった。
女の子の体って……こんなにいやらしかったんだ。
……凛…………いいかな?
凛のパンツに手をかける。
これからどうなるのかわかっているのか、凛は少し怯えているかのように震えていた。
いいよ……颯太なら…………
一気に、凛のパンツを下ろした。
……うぁ…………
思わず、声を上げてしまう。
はじめて間近で見る、女の子の性器。
まっさらで、つるつるしていて、縦に筋が入っているだけのシンプルな性器だったけど……それはものすごく神秘的だった。
あたし、その……この年で、ぜんぜん生えてなくて…………
修学旅行でも、風邪引いたってうそついて温泉は入らなかったし……プールや海水浴のときも、一人じゃないと着替えられなかったし
千紗みたいに胸もないから……だから、お泊りのときも奈々璃としか入れなかったし…………
そっか……だから凛、海に行くの嫌がってたんだ。
そんなの、ぜんぜん関係ない……それどころか、より凛の全部が見れる気がして…………とても、いいと思う
…………そっ……かな?
……うん、本当だよ
それになんだか、いけないことをしているみたいで……余計に興奮するというか…………
……あはは。颯太ってば、ヘンタイだ
こんなところで足広げてる凛も、十分ヘンタイだよ
それじゃ……おあいこってことで
……そうだね
そういうと僕は凛の足の付け根にある割れ目に、手を伸ばした。
413 : 名無し@フェチ2017/08/02(水) 00:55:03.13 ID:sxxX1A980
>>412
右手を凛の下半身に滑らせると、恥丘の膨らみの下に一本の溝が走っている。その溝に、人差し指を滑らせた。
はぁ、はぁ、はぁっ……! そうた、そうたぁ…………んんっ!
溝の上部にある小さな突起に触れると、凛の体がビクッと震えると同時に、息遣いが荒くなる。
……気持ちいい?
………………うん……きもちいい
顔を赤らめて、凛が声を漏らす。
上下に指を擦るだけでこんなにも気持ちいいんだから、女の子って男と比べてどれだけ気持ちいいものなんだろうか。
直接……その…………さわって…………
…………いいの?
……うん
凛は自分で背中のひもを持ち上げ、ブラを外した。
外気に触れる、凛の胸。
その肌は白く輝き、完全なまでの滑らかさを保っていた。
……んっ…………!
凛の胸に触れる。
布越しに触れるのとは違った、温かで吸い付くような肌。
少し汗をかいてるけどそれでもサラサラとした肌が、指と指の間に入り込むように変形する。
ふわっ、あっ…………も、もっと……強くしていいよ…………
……こう?
あっ…………うん、そう……
凛の言葉に促されるように、強く揉みほぐす。
すると手のひらに感じる乳首の膨らみが、少し増したように感じた。
凛……足、上げてくれる?
うん…………
凛のパンツに手をかけ、ぐいっと少しだけ下ろす。
すると凛が片足を上げ、脱ぎやすく足の角度を合わせてくれた。
僕は片足からパンツを抜くと、もう片方の足に引っかけた。
しっとりと湿った、凛の割れ目。
凛にとってはコンプレックスとなっている無毛の恥丘のだけど、だからこそ割れ目をくまなく見ることができた。
414 : 名無し@フェチ2017/08/04(金) 11:45:18.12 ID:TR2f34x/0
作品名:はるかかなた(SORAHANE)
キャラ名:七海 結衣
種類:【天然】
描写:【両方】
〜日常シーン〜
「しゃべらないでいい、楽にしてろ」
じくじくと、心のどこかで罪悪感が染み出してくる。
それを無理矢理脇に押しやって、結衣の額にスポーツドリンクのペットボトルを押し当てた。
あ、つめた……きもちい…………
結衣の身体が少しだけ弛緩する……ほっとした。
でも、表情はほとんど変わらない。
は……あ……
くたりとした結衣のあちこちから、珠の汗が滑り落ちた。
卵のような肌が、余計にみずみずしい。
…………
意を決して、新しいタオルを手に取った。
柔らかで繊細な、結衣の体を……拭っていく。
見ない訳にはいかなくて……だから心臓が破れそうなほど高鳴った。
ん……くす、ぐった…………
ごめんな……
顏の、腕の、脇の、腿の……結衣の生々しい感触を、タオル越しに感じていく。
薄いお腹にくぼんだへそや……控えめに自己主張する胸に、どうしても目が行ってしまう。
特に、余計なものがなにひとつ生えていない一筋の割れ目は……こうして見ると、意外なほどに楚々としていた。
こんなに小さくて可愛らしいところを触れるだけで、あんな嬌声を結衣が……上げるなんて。
…………
溜まった生唾を飲み込むだけで、一苦労だ。
それでも、ようやく全身を拭き終えた。
こめかみを揉み解して、自分を取り戻す。
415 : 名無し@フェチ2017/08/06(日) 02:23:16.43 ID:amfbFy2u0
>>414
〜Hシーン〜
声が出せなかった。
結衣の部屋から差し込む、わずかな光。
その光が見える……ほんの少しだけ開いた扉の隙間に、視線をすべり込ませていた。
…………っ!
なぜ俺は……ここにいるんだろう。
なぜ俺は……声が出ないんだろう。
なぜ俺は……動けないんだろう。
その理由は……わかりきっていた。
結衣の……
……はぁっ! お兄ちゃん、がっ……いるのに…………
……こんな姿を見てしまったら。
お兄ちゃ……にぃっ、聞こえちゃ……ひゃう、ん……っ!
この世で一番艶めかしい生き物が、そこにいた。
ベッドの上で体をくねらせて……くちゅくちゅと水音を立てている。
んぅ……ふっ……! あ、はぁ……やぁ、やだ…………よぉ……
結衣のかわいらしいショーツには、じんわりと染みが滲んでいた。
ぴたりと形を浮かび上がらせた局部の上を、小枝のような細い指が往復する。
そのたびに……胸にあてがったもう一方の手がすぼまって、結衣が体を反らす。
とろりとした目を必死に抑え込むように、ぎゅっと瞼を閉じて。
は、んんっ…………! お兄ちゃん、お兄ちゃん…………見ないで…………
頭がぐわんぐわんと鳴った。
俺がいるのを知っているのか……そんな背徳感に、頭がはち切れそうになる。
でも、違った。
あそこ、見ないで……やぁ、脱がすのもだめだよぉ……
じゅぷりと……粘つく音がして、結衣がショーツをじれったいほどの速度で下していく。
だから、目が離せなくて、網膜に焼き付けてしまう。
まっしろで、余分なもののまったく生えていない……結衣の峡谷を。
416 : 名無し@フェチ2017/08/09(水) 00:32:43.92 ID:p+D13YUX0
>>414
417 : 名無し@フェチ2017/08/11(金) 19:42:09.99 ID:VWQJFl1S0
>>414
〜Hシーン2〜
「え、えへへ……わたし、よくわかんない……」
……ゆっくり、知って行こう。
時間はたっぷりある。
まずはスカート……俺の手で、結衣を生まれたままの姿にしていく。
すとんと落ちた布きれから、結衣がゆっくりと足を抜いていく。
こっちもいいか?
……………
無言のまま目を閉じて……結衣が頷く。
女の子らしいショーツを指に引っかけて、下に降ろしていく。
張り付いた感触が腿を通り過ぎるところで、ねとりと水糸が伸びて途切れた……
…………へんじゃない……かな
…………
お、お兄ちゃん……なんか、言って…………はずかしいよぉ
あ、ああ……ごめん。ちょっと、感動してた
新雪のように、誰も踏み荒らしたことのない白い聖域がそこにある。
結衣の中心に一筋走る亀裂に、その奥のもう十分に潤った花びらに釘付けになる。
か、感動って……だってこの前はそんなこと、なかったよ
あの時とは……もう違うから。すごくきれいだ……ありきたりなことしか言えないのが、悔しいくらい。
女の子という意識を持つだけで、結衣の体から……林檎のように甘酸っぱい芳香を嗅ぎ取ってしまう。
それはきっと、禁断の果実だ。
味わったら……もう、戻れない。
だ、だって……わたしまだ、子供っぽいし……痩せてて骨ばってるし、おっぱいもお尻も小さいし……その…………生えてないし
だからこそだよ。余計なものがないから……結衣ともっと近づける。一瞬しかない今の結衣を見逃さないで、記憶に焼き付けられる
お、お兄ちゃん……なんだか……変態さんみたい
こんな時なのに、なぜか少しだけおかしくなってしまう。
418 : 名無したちの午後2017/08/12(土) 02:27:02.58 ID:5APaSFJl0
なんか童貞臭い文章多いな
419 : 名無したちの午後2017/08/12(土) 04:54:20.25 ID:97MnOSj+0
そりゃ、エロゲの主人公はたいていが童貞ですから
420 : 名無したちの午後2017/08/12(土) 06:56:18.65 ID:t1qSY/K60
童貞なのに毛について脳内で言及ないゲームは異常
421 : 名無し@フェチ2017/08/15(火) 00:07:27.05 ID:mgD05rxS0
逆に生えてると正確な位置が分かんなくて挿入に手こずりそう。主人公童貞だし。
422 : 名無し@フェチ2017/08/17(木) 23:48:19.73 ID:hnHyAz5n0
よくテキストで「股間にはピンクの縦スジが〜」みたいな表現あるけど、まだ濡れてもないし、生えてる状態でそんな鮮明に見えるのだろうか?
ムダ毛処理済みとかすごい薄毛なら分からんでもないが
423 : 名無し@フェチ2017/08/19(土) 23:57:49.52 ID:l0A9MFbd0
作品名:はるかかなた(SORAHANE)
キャラ名:白羽 心音
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
わかった……手伝うな
俺は心音を支えて、心音がブラとパンツを脱ぐのを手伝った。
はぁ……はぁ……先輩
心音の呼吸に合わせて上下する胸には……緩やかに膨らんでいて、その先にさくら色の美しい蕾みが天を指している。
落ちつかないようにモジモジとさせている足の付け根には……プニプニとした丘と、その真ん中にある縦スジがピクリピクリと動いていた。
どちらも幼さがあるけど……想像よりもずっと綺麗で見惚れてしまう。
ふぁ……せ、先輩……やっぱり、あたしだと――んっ……ちゅっ
心配そうな心声の声を聞き、続きを遮るために唇を重ねた。
最初はびっくりした様子だったけど、すぐに心音も答えてくれる。
んっ……んんっ……ちゅぷっ……ちゅ……はむっ……んはぁ……んっ。せ、先輩?
綺麗だよ。心音……すごく綺麗だ
あっ……せ、先輩……ふぁ。ありがとうございます……んっ。はぁ……先輩……おだいじ、さわってもらえますか?
ああ……試してみような
心音の不安が少しでも安らげばと微笑みかけてから、心音のおだいじにそっと触れた。
ふぁっ!? あっ……あぁっ……く、くすぐったい……んく!? あっ、で、でも……んくっ……フワフワもあります……んっ
想像していたよりずっとツルツルで、やわらかいのにプニプニと指先を押し返してくる。
想像していたのとはちがう弾力が楽しくて……気持ちいい。
先輩……もう少し強くても大丈夫そうです……んあっ
このくらいか?
ふぁっ!? あ、あぁっ……は、はい……それ、それくらいです……んくっ。すごく、すごくフワフワが強くなりました……んくっ
わかった。これくらいで続けるな
は、はい……お願いします……んくっ……はぁ……あ、あんっ……すごくフワフワします……んくっ……ふぁ!……んん!?
次第に肌色の赤みが増して、心音の声に含まれる色香が強くなる。
424 : 名無し@フェチ2017/08/23(水) 00:24:35.25 ID:wRnyNNE60
作品名:コドモノアソビ(Lump of Suga)
キャラ名:セーラ
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
――そうして。
あ……ああぁ、ぁ…………
本当に……しちゃってる……俺たち……!
現実感を喪ってしまいそうだったけど、でも嘘じゃない。肩を抱き寄せれば、セーラはすっぽり俺の腕の中で。
俺に熱く柔らかな感触を覚えさせながら、ぱんつを脱いだ剥き出しの股間まで……晒してくれてる。
す……すごい、清澄……
しかも、同じく剥き出しにした俺の股間に、吸い寄せられるように見入ってしまいながら、だ。
嘘じゃない。嘘であって欲しくない! 俺たち、ついに――
清澄、の……
ど、どうなってる?
思わず、ますます肩を抱き寄せながら聞いてしまう。
ほら……んっ、んっ……
サオを握って先端を揺らし、誇示するように見せつけた。
セーラは戸惑うように恥じらい、視線を揺らめかせる。だけど結局それはすぐに俺のモノに戻って……
うぁ、そ、反っくり返って……る。き、清澄の……パンパンにふくれて、棍棒みたいになってる……
(くぅ〜っ……)
わたっ、ワタシで、こう……なっちゃってるんだよな……?
う、ん……好きな女とこんな密着してて……しかも俺もおまえも、ぱんつ脱いで……だぞ……?
はち切れんばかりの膨張っぷりをシゴいて見せながら、俺もまた食い入るようにセーラの脚の付け根を見つめる。
というか、反則だろセーラのま〇こ。脚広げてるのにピッチリ閉じたままの、いわゆるスジま〇こで……
まるで子供みたいなのに、肉付きはふっくらしてて柔らかそうで。
あげくそこをのぞき込もうとすれば、必然的に胸越しになるわけで。そのボリュームをいやでも痛感できてしまうわけで。
そりゃ勃起もするって……苦しいくらいに……
ふっ、ふうぅっ、だ、だから、自分でそんな……あっ、あっ、し、シコシコ……
たまらず手を上下させ続けてしまう。
正直、気恥ずかしい感覚がないではなかったけども……それ以上にシゴかずにはいられない。
425 : 名無し@フェチ2017/08/24(木) 23:29:32.15 ID:5DbyOQOf0
作品名:コドモノアソビ(Lump of Suga)
キャラ名:丹生 佳津美
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
じゃあ、破くぞ
んっ……
黒いタイツを破いた下から、佳津美の白い素肌があらわになる。
そのコントラストがたとえようもなく卑猥で。
その上、佳津美が自ら――
ん……これなら、大丈夫……?
愛液でぐしょぐしょに濡れたパンツをずらして、秘部を露わにした。
あ、ああ……
答えながらも、俺は佳津美の秘部から目が離せなかった。
上からのぞき込むようにしているせいで見づらいものの、佳津美のそこは……
……綺麗だ
ぴったりと閉じたワレメに、小さな佳津美らしく1本の毛も生えていないつるつるの秘部――おま〇こ。
幼さを感じさせるのに……そのワレメからは大量の愛液が溢れだしていて、テカテカと光を反射する様がなんとも艶めかしい。
……さわって、いいか?
う、うん……
傷つけないよう、ゆっくりと。佳津美のワレメに指を伸ばし……
くちゅ……
っ――
ワレメに指を這わせると、すぐに愛液が絡みついてきた。
くちゅ……くちゅり……
粘質な音を立てる愛液をかき分け、指が佳津美の大切なところに触れる。
ふぁ――っ、おに、い……っ
指先に触れるそこは熱く。少し指先を入れただけで、きゅうきゅう吸いついてきて、指と共に意識が融けそうになる。
ふ……っ、ん……
佳津美のおま〇こ……ちっちゃくてかわいい
い、言わないで……そんなこと、言わないでください……っ
恥ずかしがる佳津美の声を聞きながら、指先を少しだけ出し入れする。
426 : 名無し@フェチ2017/08/25(金) 10:16:41.02 ID:80xNaKBO0
>>425
もう焦らすことはせず、下着越しにワレメをなぞる。
指を立てて、ワレメをなで上げ。くにくにとまわりの柔肉をほぐすように指先で揉む。
あ、や――んぅ、ああ、あ、は、ぁ――っ
するとそれほども経たないうちに、指先がじんわりと湿り気を感じ取り始めた。
最初は小さなシミ、しかし奥から奥から溢れてくるそれは、次第にシミを広げていき……
佳津美
……な、なに……おにい
シミになるから、パンツ脱がすぞ
……うん
こくんと佳津美が頷いたのを確認し、俺は佳津美のパンツに手をかける。
頼りないほど細い両脇のゴムに指をかけ、下へとズリ下げ……
んっ、おにい……足、上げてるから……
助かる
佳津美の助けを借りながらも、パンツを片足から抜き取ることに成功する。
そうして再び、佳津美の足下にしゃがみこめば……
えっろ……
つるりとした佳津美の幼いおま〇こ。
一度したとはいえ、まだまだぴったりと清楚に閉じているそこからは愛液が今もこぼれだしており。
パンツに引っ張られた愛液が糸となり、腰掛けた机へと、一筋の線を描いていた。
427 : 名無し@フェチ2017/08/27(日) 20:39:24.47 ID:ZwNqVU0J0
作品名:お家に帰るまでがましまろです(ま〜まれぇど)
キャラ名:朝霞 汐
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
428 : 名無し@フェチ2017/08/30(水) 00:21:21.21 ID:uB/jw39R0
>>427
ううっ……。わ、わかったけど……でも、じろじろ見るのだけはヤだよ? いい?
できるだけ努力します
んっ、じゃ、じゃあ――
そうして朝霞さんが、再び足をゆっくりと開いて――、
んぐっ……あ、ああっ……
見ただけで、なんかもう、ちょっとイキそうになった。
無毛のつるつる――それだけでも背徳感マシマシなのに。
ピッタリと閉じた割れ目の土手が、お子様のそれを連想させるように見事にぷっくりとふくらんでいる。
あ、その、ねえ? 黙り込んでないで、なんとか言って? 私のあそこ、ヘンじゃないよね……?
なんで生えてないんですかっ……!?
ええっ?! そ、そう言われても、もともとそういう体質で……って、や、やっぱり生えてないとヘンかな?
ってか、こんなのズルいですよっ
ズルいって……えっ、ど、どうして?
だって、こんな、こんなの――
この幼児体型とつるつるは、確実に最強の組み合わせだ!!
割れ目っていうよりは縦スジに近く、ネットで見たビラビラとか一切ない。
マジでヤバイ。ロリっ子最高! ヒャッハー!!
はぁ、はぁ……んッ、だめです、見てるだけで頭がどうにかなっちゃいそうかもっ……
そ、そんなに興奮して……んっ、はぁ、恥ずかしかったけど、キミに見せてよかったぁ……
僕も見れてよかったです、朝霞さんのおま〇こ
んッ……! い、言われると、こっちまで照れちゃうから、あ、あんまり言わないでくれるかな……?
だって、こんなつるつるでぷにぷにで……はぁ、はぁ、なんか、そういう方面に目覚めちゃいそう……
てか、目覚めましたっ! 最高です!!
目覚めるって……そ、それはそれでいいとしても、ドキドキするのは私だけにしてね? ねっ?
もちろん約束します。しますから、おま〇こさわってもいいですかっ?
うっ、うん。……いいよ、もっと私でドキドキして? もっと見て、さわって、好きにしていいよ?
私もさっき、たくさんさわったし……キミのキミがしたいように、そっ、その……おま〇こ、さわって
は、はいっ……
恥じらいまみれの猥語は、僕に喜んでもらおうとして言ってくれたのが丸わかりで、ますます興奮してしまう。
429 : 名無し@フェチ2017/09/02(土) 01:34:56.05 ID:QC1J0Jei0
>>427
前のめりになったので咄嗟にガラスに手をつくと、ちょうど覆い被さるような形になった。
……そのまま襲ってくれてもいいよ?
上目遣いに呟く姿があまりにも可愛くて、ゴンドラと同じように、理性がグラっと揺れる。
……なら、お言葉に甘えて襲っちゃいますね
ゴンドラの中で膝をつくと、秘所が目の前にくるように腰を落とす。
わわ?! そ、それは聞いてないよっ……?!
さすがに直視は恥ずかしいらしく、彼女が身を捩るけど、開いた足の間には僕が居座っているので閉じられない。
狭いゴンドラ内では逃げ場もなく、やがて観念したふうに、しゃがみこむ僕の頭にそっと手を置いた。
んんぅ……誰にも見られないけど、かわりにキミからは丸見えになっちゃった……はぁ、んんぅッ
まだ丸見えじゃないです
えっ? あ、ああっ……んぅ、ふぅ、んんぅ……ッ
全身を強張らせる朝霞さんのパンツを横にズラすと、行儀良く閉じ合わさった縦のラインが現れる。
ごくっ……これは予想以上にエロい……
お子様ボディにつるつるスジまんという最強タッグが、遊園地というファンシーなスポットと合わさって、より完成度を高めてしまった。
観覧車のゴンドラという密室で、ちっちゃなお姉ちゃんのおま○こに悪戯できるなんて――。
人に見られたら、おまわりさん呼ばれちゃうね
誰にも見られてないから平気です
とは言ったけど、こんなに可愛い彼女と最高に愛し合っている部分については、少し自慢したいかも、なんて思ってしまう。
はぁ、ふぅ……ねぇ、見てるばっかじゃなくて、指でも舌でもいいから、さわって? はぅ、ああっ……
もうちょっとだけ、このまま鑑賞したいです
で、でもっ、そんなじっと見られてるのに、いじられないなんて、そんな焦らし……はぁんっ
完璧な幼さを見せつける縦筋を拡げてしまうのがもったいなくて、指も添えずに、ただじっと一本のスジを見つめる。
この割れ目を拡げると、僕のガチガチに勃起した息子ですら飲み込んでしまう膣口が現れるなんて、かなりの反則技だ。
430 : 名無したちの午後2017/09/02(土) 12:52:03.59 ID:JawBsepp0
無毛表現大事にしてくれるブランド(ライター?)ホント応援したい
431 : 名無し@フェチ2017/09/05(火) 01:17:51.52 ID:I1xBfmLh0
無毛表現入れる事に定評あるライターって誰かいる?
>>427みたいにできれば確実に天然パイパンって分かる感じのヤツで。
432 : 名無し@フェチ2017/09/07(木) 21:12:43.51 ID:V5hBkp8o0
同じ原画家のキャラでも、綺麗なつるつるおまんまんって分かるだけで興奮度段違いだし。
テキストで描写あると同じシーンで毎晩でも抜ける!
433 : 名無し@フェチ2017/09/10(日) 00:42:12.70 ID:Sf5x+pYa0
>>260
>>365
って保住圭?
434 : 名無したちの午後2017/09/11(月) 23:32:05.77 ID:pWvSfr290
描くことで絶望することもあるけどな
恋愛日常とかカフェスーリルとか
435 : 名無し@フェチ2017/09/13(水) 01:26:07.30 ID:Shd5LOZg0
絶望を知りたい
436 : 名無したちの午後2017/09/13(水) 08:03:59.83 ID:sQAssBr+0
恋愛日常
綿毛のようなアンダーヘア

カフェスーリル
僅かな陰り

生えてないとおかしいとでも思ってんのか
437 : 名無し@フェチ2017/09/15(金) 00:36:13.42 ID:aO/hq0nY0
一応18歳以上って設定だしね。
かろうじて生えてるキャラって完全無毛と並んで需要あんのかね。
438 : 名無し@フェチ2017/09/17(日) 17:11:41.41 ID:UVjojkXW0
作品名:FORTUNE ARTERIAL(オーガスト)
キャラ名:悠木 かなで
種類:【天然?】
描写:【Hシーン】
かなでさん
エプロン、自分でめくれますか?
え……
ものすごく困った顔で俺を見上げる。
そんな表情も、さらに興奮を焚きつける火種となる。
……めくるの?
はい
……ぅ
少し迷っている様子だ。
だが観念したらしく、かなでさんはエプロンの裾をつかんで持ち上げた。
うぅ、どうしてこんなことに……
身体を抱く手を放したくないのか、口で裾をちょこんと咥えてみせる。
布地が取り払われ、なめらかな恥部があらわになる。
かなでさんは必死に脚を閉じて、その部分を隠そうとしていた。
綺麗です……すごく
見なくていいからっ
そういうところって、あんまり見るものじゃないと思うんだよ、わたし
俺は見たいんです
その場にしゃがみ、まじまじと陰部を観察する。
だ、だめ
力、抜いてください
両脚をつかみ、ゆっくりと左右に開いていく。
ふぅ、んっ……
脚の隙間から割れ目が覗いた。
わずかに濡れているようにも見える。
439 : 名無し@フェチ2017/09/20(水) 01:57:52.61 ID:4qy55GaZ0
作品名:月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜(オーガスト)
キャラ名:天ヶ崎 美琴
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
440 : 名無し@フェチ2017/09/22(金) 00:24:35.20 ID:EGwr5J9I0
>>439
もう一度、さっきから何度目か分からないキスをしつつ、ショーツの上から美琴の下腹部に手を這わせる。
ん……んむ……はあぁっ……
少し……湿ってるね
や、やっぱり?
あまり……見ないでほしいかも……
えっと……そうは行かないような気がするけど
うぅ〜、そうだよね……
濡れるのは、恥ずかしがることじゃないよ
感じてくれてるってことだし
そうなんだけど、分かってるんだけど……ね
布の上からだと、そこには軽い湿り気を感じるだけだ。
俺は、ショーツ越しに、割れ目に沿って指を上下させる。
やっ……はあぁ……ぁう……んん……っ
何度も何度も、執拗に同じ動きを繰り返す。
薄い布越しに、ほんのりとその下の形が筋となって浮かび上がってきた。
ううっ……ぅあ……っはああぁ……
少しずつ、内側から溢れてくるもので布が熱く濡れてきた。
美琴の耳元に囁く。
美琴、どんどん……溢れてくるよ
う……うん……
まだ戸惑っているようなので、ショーツの上辺から手のひらを滑り込ませる。
薄っすらと生え始めたばかりの、産毛のような陰毛が覆う恥丘を過ぎると、指先は敏感な部分に到達する。
くちゅっ
ああぁんっ……!
そこは、愛液が溜まって、熱い泉と化していた。
中指の先を軽く曲げると、明らかに外の皮膚とは体温が違う媚肉に包まれる。
ぁはあっ!……はあぁっ……ふあぁ……
つぷっ……ちゅぷ……くちゅ……
小刻みに震える美琴の下半身。
刺激が強すぎないように、遠慮がちに動かしていた指が、更に沸き出て来る愛液にまみれていく。
441 : 名無し@フェチ2017/09/22(金) 06:50:11.64 ID:EGwr5J9I0
>>439
なあ、美琴……
あ……う、うん……ショーツ、だよね
おっけ?
……おっけー
恥じらう美琴に、俺は微笑みかけた。
そうしてショーツの端に指をかけると、美琴はためらいながらも腰を浮かせる。
美琴のショーツを、ゆっくりと、巻き下ろしていき ……左膝を立てさせた。
俺は、美琴の太腿の一番柔らかいところに、そっとキスをする。
ひゃ……っ
予想外の所を舐められ、美琴は大声を上げた。
とっさに身をよじって、逃げようとする。
……しかし、俺は美琴の脚を抱え込み、ゆっくりと美琴の太腿の内側を舌でなぞってやった。
ぅ……あぁ、はぁ……っ
くすぐったいような、焦れったいような感覚が、じりじりと美琴の表情に沸き上がっている。
それを快感に変えてやるために、俺は伸ばされた美琴の脚に手を伸ばした。
内ももを優しく撫で上げていく。
あぁ、そこは……
恥ずかしい?
……ぅん
美琴は小さく頷いた。
でも、今は俺に任せて……
美琴は、俺の様子をうかがう。
俺は優しく微笑んでみせた。
う……ん。分かったよ、直樹
指を進めると、汗と他の何かで濡れている場所に到達する。
美琴が、俺の愛撫をちゃんと感じ取っていてくれたのが嬉しい。
感じてくれてたんだ、美琴
ぁ……う、うん
美琴は、恥じらいながらもしっかりと答えた。
顔はもう真っ赤になっている。
軽く頷くと、秘裂に沿ってゆっくりと中指を滑らせた。
442 : 名無し@フェチ2017/09/25(月) 22:23:46.89 ID:jVFuHgGh0
>>439
や……あぁっ……だめ……っ
美琴が身を固くし、口からは悲鳴がこぼれる。
それでも俺は指を止めず、優しく優しく、指の腹で美琴の割れ目をなで続けた。
端から端までゆっくりと指を動かしていくと、その先端で、指先に固いしこりが感じ取れる。
ああぁんっ、ひぁっ!
美琴は首を仰け反らせ、鋭い声を上げた。
俺が指を動かすたびに、美琴の口からは快楽の嗚咽が溢れ続ける。
時折、身体がビクンと震えもした。
やっ……はあぁ……あぁ……ん……っ
俺は美琴のクリトリスを親指で押し揉みながら、美琴の入り口に中指を添えた。
ほんの少しだけ、指を進める。
あぅっ、ふあぁっ!
美琴は、一際大きな声をあげた。
しかし、痛がっている様子ではない。
俺は第一関節まで入れたところで動きを止めた。
はあ……あぁ……はあぁ……
美琴の中は、熱く、そして柔らかかった。
その柔らかな粘膜が、きゅっと俺の指を締め付ける。
痛い?
あ、うん。ちょっと……
ん……で、でもやめないで
尋ねると、美琴はふるふると首を横に振った。
その瞳には、涙が浮かんでいる。
俺は、ゴクリと唾を飲み込んだ。
……?
指などでなく、自分自身を美琴の奥深くまで埋めてしまいたくなる。
……美琴のそこは思った以上に幼く、産毛のように柔らかい毛が、わずかに生えているだけ。
密度も薄く、白い恥丘は隠されていないも同然だ。
広げられた脚の間には、ぴっちりとした肉の割れ目が露わになっている。
あぁぁ……
そこを見られた恥ずかしさに、美琴は耳まで赤くなる。
443 : 名無し@フェチ2017/09/29(金) 01:03:06.64 ID:LynkXURI0
作品名:月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜(オーガスト)
キャラ名:橘 ちひろ
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
ちひろちゃんを、そっと机の上にうつ伏せにさせる。
そして、スカートの裾を掴み、ちひろちゃんの腰あたりまでめくっていった。
あ……久住先輩……
スカートがめくられると、ちひろちゃんの股間を覆うのは可愛いショーツ一枚きり。
ショーツに手を伸ばすと、下半身がぷるっと震えた。
ちひろちゃん……平気?
お願いです、今日は……焦らさないで……下さい……
教室での行為に、恥ずかしがっているちひろちゃん。
そのせいか、ショーツの上からでも分かるくらい、そこは汗と粘液で湿っていた。
ちひろちゃん……もうこんなに……
あ……私、その……
俺はちひろちゃんの言葉とは逆に、ゆっくりと、割れ目に沿って指を這わせる。
指がなぞる度に、少しずつその形が浮かび上がるように、湿り気を含んだ布がはりついていった。
誰も来ないよ。大丈夫
あんっ……ああっ……はうぅ……
指の動きに合わせて、ちひろちゃんが押さえた声で喘ぐ。
胸も……いいかな
はい、お願いします……
既に半分胸をはだけた制服。
その下に手を入れ、そっとブラジャーのホックを外す。
あ……うぅ……
再びショーツの端を指でつまみ、するっとお尻から下ろす。
脚を片方だけそこから抜くと、ちひろちゃんの股間を隠すものはもう何も無かった。
ちょっと……恥ずかしい……です……
うん。俺しか見てないから、恥ずかしいことしようよ
露わになったつるつるの割れ目は、てらてらと濡れている。
指で触れると、お尻が少し緊張して、後ろの穴がきゅっと締まった。
444 : 名無し@フェチ2017/10/01(日) 00:42:46.96 ID:bKSFJ5QX0
作品名:月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜(オーガスト)
キャラ名:野乃原 結
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
俺は水着に指を掛け、持ち上げながら横にずらす。
……。
そこには、ただ割れ目があるだけだった。
つるりとした……それだけの割れ目だ。
先程までの愛撫のせいか、透明な液体でてらてらと光っている。
俺が再び硬くなっていく。
先生……とってもきれい
…………
あの……痛かったら、すぐに言って下さい
俺は緊張しながら指を這わせる。
ぬるりとした柔らかい感触だ。
筋に沿って指を上下させると、ぷちゅっと小さな音を立てて、指が割れ目に落ち込む。
あうっ…………
先生の声に驚いて、指を引く。
久住くん、平気ですから続けて下さい
きっと俺の何倍も怖いはずなのに、先生は気丈にも自分から俺の指を誘う。
先生……
さあ……久住くんのしたいように
俺は無言でうなずいて、再び指を割れ目に沿わせる。
んっんぁっ……ああっ、ぁぁっ、くっっ
声に合わせて潤いが増えていく。
ちっちゃな女の子の秘部を俺の指が蹂躙している……刺激的な光景が俺をより昂ぶらせた。
あ、くずみくんのも、大きくなってますね
先生がきれいだから……硬くなるんですよ
うん、ありがとう
あの……遠慮なんてしないで下さい……もう……覚悟はできてますから
結先生と俺のものの、圧倒的なサイズ比。
確実に無理をしなくてはいけないだろう。
445 : 名無し@フェチ2017/10/03(火) 02:18:31.34 ID:2aupYIu+0
作品名:Princess Holiday 〜転がるりんご亭千夜一夜〜(オーガスト)
キャラ名:レティシア・ラ・ミュウ・シンフォニア
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
446 : 名無し@フェチ2017/10/03(火) 02:21:10.52 ID:2aupYIu+0
>>445
レティが服を脱ぐのを手伝う。
……脱ぎ去った服をベッドの脇に落とすと、レティは下着のみの姿になった。
レティの肌はキメが細かく、そして透き通るように白かった。
俺がまじまじと視線を注いでいると、レティは頬を染める。
……レティ、本当にいいんだな?
返事をする代わりに、こくりと頷くレティ。
レティの脇に腰掛け、右手でショーツの上から恥丘の膨らみを包む。
ああっ……
両脚をすぼめようとする間に、指先を潜り込ませ、中指だけで最も敏感な部分を布越しに刺激する。
んはぁっ……くふぅっ……うあぁ……
初めて他人の手に触れられた部分は、布越しでもはっきり感じられる程度に、湿り気を帯び始めていた。
両足に挟み込まれた左手を1度抜くと、今度はショーツの下に滑り込ませる。
……ひあっ!
まだ何も生えていない恥丘の上を直に指が這い、湿り始めた割れ目に到達する。
あ……
割れ目の両側を人差し指と薬指で撫で付け、中指は時々その中央をそっと擦る。
きゃっ……あんっ……
何度も同じところを往復しているうちに、その部分が微熱を持ち始めた。
……両足を揃えて曲げさせ、腰を少し持ち上げると、ショーツをするっと脚から抜く。
目の前に広がるレティの秘部は、赤みを帯びた鮮やかなピンク色をしていた。
レティ、とても綺麗だよ
ああっ……クリフ……さん、恥ずかしい……です……
レティの下腹部を隠すものが何も無くなってからも、割れ目を優しく撫で続ける。
すると……少しずつ少しずつ、その割れ目の奥から熱い液体が染み出してきた。
右手の指先から、音が鳴り始める。
くちっ、くちっ……
俺がわざと音が出やすいように指を動かしていると、レティは、太腿で俺の手を挟み込もうとする。
それでも、指先の動きは止められず、逆にレティの方が昂ぶってきたようだ。
447 : 名無し@フェチ2017/10/05(木) 01:41:13.83 ID:T+POjldR0
作品名:Princess Holiday 〜転がるりんご亭千夜一夜〜(オーガスト)
キャラ名:シルフィ・クラウド
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
俺はフィーの胸から手を離し、ショーツの端に手を掛ける。
下ろすよ、フィー
えっ……ちょっと待っ……ああっ
俺は、フィーの返事を待たずに、その小さい布を腰からずり下げた。
あ……やぁっ……
フィーが膝を抱えるようにすると、太腿の間から、割れ目がはっきり見えた。
ぴったり閉じた秘裂は肉付きも薄く、周囲には毛も生えていない。
フィー、綺麗だね……
わたし……まだまだ子供……なの……
恥毛が生え揃っていないことを、気にしているのか。
ごめんなさい……
フィー、謝るなよ
気にしなくていいよ。俺は何があっても、フィーのことが好きだから
あ、ありがとう……お兄ちゃん……
顔を近づけ、隅から隅までフィーの身体を確かめ、キスをする。
頬にも、背中にも、脚にも、唇にも、肩にも、腕にも、お尻にも……
あ……あぁ……あぁぁ…んっ……くうん……あはぁぁ……
大好きだよ、フィー。大好きだよ……
……フィーの身体からは、どこからも甘い匂いがした。
ちゅ……ちゅう……ちゅっ……
俺の唇と舌が、フィーの敏感な割れ目に達する頃には、フィーの目はとろん…としていた。
舌先で突っついてみる。
ふあっ……!
お兄ちゃん……そこ……は……汚いよう……
フィーの身体に汚いところなんて無いよ
ぴったりと合わさったスジに沿って舌を這わす。
幾度も幾度も。
448 : 名無し@フェチ2017/10/07(土) 14:39:07.74 ID:qihQuvLG0
作品名:Princess Holiday 〜転がるりんご亭千夜一夜〜(オーガスト)
キャラ名:ラピス・メルクリウス・フレイア
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
脚の付け根に手を滑り込ませ、未成熟な恥丘をすっぽり掌で包んだ。
そして、微かに指を蠢かせる。
……んっ……あぁ……
ラピス、どんな気分?
くすぐったいような……何かもっと違う気分もしてきて……うぅ……んっ
もう少しかな……?
そのまま、右手はラピスの胸を、左手では股間を、それぞれ優しくまさぐる。
ふにふに……くにゅくにゅ……ふにふに……くにゅくにゅ……
あぁん……何だか、身体の芯が溶けちゃう……
ふに……くにゅ……ふに……くち……
ん?
微かに、左手に湿り気を感じる。
くち……くちゅ……くちゅ……
ラピス、もしかして……濡れてきてる?
やっぱり……恥ずかし……いってばぁ……
違うよ。気持ちいい時には濡れるのが、身体がちゃんと育ってる証拠だ
あ……誰でも、こ、こう……なの?
そう。ラピスだけじゃないから、安心して
良かった……私、壊れちゃったかと思ったよ……
それじゃ、こっちもじかに触れてみるぞ
……う……ん……
ちょっとだけ腰を浮かせ、タイツとショーツを一度に、太腿のあたりまで下ろす。
すると、ラピスの割れ目からショーツの間に、粘液が糸を引いた。
こんなに……濡れてたんだ?
ううぅ……ぐす……やっぱり……恥ずかしいよ……
ラピスは目の端に涙を浮かべ、俺の方をまともに見ることもできなくなってしまった。
俺は、つるつるの恥丘から割れ目に沿って、指を滑り込ませた。
449 : 名無し@フェチ2017/10/09(月) 00:03:52.82 ID:cTXnQTT/0
>>448
……くちゅ……くちゅっ……
すごいよ、ラピス。まだまだ溢れてくる……
うわあぁん……もう……クリフ……や、やめ……
でも、気持ち良くなってきてるでしょ?
右手の中の乳房では、先端のかわいい肉芽が、健気に固くなっていた。
俺はクレバスをなぞる指を少し曲げ、その割れ目の中にちょっとだけ沈めてみる。
ううぁ……んふ……あうぅ……
嗚咽とも喘ぎとも取れるため息が、ラピスの口から漏れた。
中指でぴったり閉じた秘肉を掻き分けると、とろとろした熱い液体が、俺の指をねっとりと濡らす。
俺はその指を、ラピスの目の前に持っていき、親指との間で糸を引かせた。
ほら、ラピス。見てごらん……
いやぁ……あぁぁん……ううぅっ……
左手の中指と親指の間に、きらきらと糸を引くラピスの愛液。
クリフぅ……いじめ……ないでよ……
泣き出してしまったラピスを見ていると、少し気の毒な気もしたが、俺はもっと感じて欲しくなってきた。
いや、ラピスのこんな可愛い姿を見て、昂ぶりを止められなくなってきていた。
もっと……気持ちいいことしようか
……えっ?
俺はラピスを小舟の底に横たえると、脚を大きく持ち上げた。
うわ……あっ!
ラピスの恥ずかしい部分が、俺からは丸見えになる。
俺は自分のズボンを下ろし、いきり立ったものを取り出した。
クリフ……何をするの?
……ラピスと繋がりたいんだ
恋人同士は、一つに繋がって……愛を確かめ合うんだよ
そう……なのかも知れないけど……
不安げな顔で、俺のモノを見るラピス。
クリフのそれが……?
そう、ラピスのここに……
濡れてはいるものの、ぴったりと閉じた、一本のしわでしかないラピスの割れ目。
ここに、俺自身が入るかどうか、あまり自信は無かった。
450 : 名無し@フェチ2017/10/11(水) 01:36:33.74 ID:7f1Db9Bd0
作品名:バイナリィ・ポット -Binary Pot-(オーガスト)
キャラ名:諏訪 奈都子
種類:【天然?】
描写:【Hシーン】
はあ……あぁ……はあぁ……
じらすように周囲から指を這わせ、ついに頂上の突起に指が到達する。
そのまだ発達していない乳首は、ちょっと押してみると胸の中に埋もれるものの、すぐに指を健気に押し返してきた。
そこを軽く摘むと、なっちゃんの全身に震えが走る。
んっ……ああっ……!
……左手では胸を弄び続け、右手を少しずつ下に移動させる。
脇からスカートまで下りたところでスカートをたくし上げ、ショーツの上からなっちゃんの下腹部に手を這わせた。
はあぁっ……
布の上からだと、そこには軽い湿り気を感じるだけだ。
俺は、ショーツ越しに、割れ目に沿って指を上下させる。
やっ……はあぁ……
すると、徐々に内側から溢れてくるもので、布が熱く濡れてきた。
なっちゃんの耳元に囁く。
なっちゃん、これは……?
そ……それは……
まだ戸惑っているようなので、ショーツの上辺から掌を滑り込ませる。
薄っすらと生え始めたばかりの、産毛のような陰毛が覆う恥丘を過ぎると、指先は敏感な部分に到達する。
くちゅっ
ああぁんっ……!
そこは、愛液が滴る泉だった。
ほら、ここがこんなに……
中指で割れ目をすくうように撫で上げると、熱い液体に満ちているのが感じられる。
あっ……私……
ん?
私……とても……気持ちいい……です。感じ……ちゃってる……みたい……
口に出して言うことでなっちゃんも昂ぶっていくようで、奥から絶え間なく愛液が溢れてきた。
くちゅっ、くちゅっと音を立てて指を動かすと、更に熱くなってくるのを感じる。
451 : 名無したちの午後2017/10/11(水) 08:07:59.11 ID:vmPMjnCN0
昔から八月こういう風に書いてくれてるからうれしいわ
452 : 名無し@フェチ2017/10/14(土) 01:06:00.48 ID:zFeoevH50
作品名:バイナリィ・ポット -Binary Pot-(オーガスト)
キャラ名:小津 千歳
種類:【天然】
描写:【Hシーン】
やっ……
もう片方の乳首も舌先でちょん、と突付くと……千歳ちゃんは我慢しきれなくなったかのように、俺の頭を掻き抱いた。
すると、自然と口で乳首を含む格好になる。
舌先では、転がすように乳首を嘗め上げると、明らかに固さを増していくのが感じられた。
千歳ちゃん、だんだんここが固くなってきたよ
そんな……こと……
顔を真っ赤にして否定しようとする千歳ちゃん。
……俺は、そのまま交互に左右の胸を舌で愛撫しながら、ワンピースを全て脱がせ、そっと千歳ちゃんの身体を横たえる。
その脇に屈み、舌は乳房への愛撫を続けながら、左手でショーツの上から恥丘の膨らみを包む。
ああっ……
両足をすぼめようとする間に、指先を潜り込ませ、中指だけで最も敏感な部分を布越しに刺激する。
んっ……くっ……
初めて他人の手に触れられた部分は、繰り返しの刺激によって、布越しでもぎりぎり感じられる程度に湿り気を帯び始めていた。
右手は、口で含んでいるのとは反対側の乳房を揉みしだく。
そして、両足に挟み込まれた左手を1度抜くと、今度はショーツの下に滑り込ませた。
……ひあっ!
まだ何も生えていない恥丘の上を直に指が這い、湿り始めた割れ目に到達する。
あ……
割れ目の両側を人差し指と薬指で撫で付け、中指は時々その中央をそっと擦る。
きゃっ……あんっ……
何度も同じところを往復しているうちに、その部分が微熱を持ち始めたように感じられる。
……両足を揃えて曲げさせ、腰を少し持ち上げると、ショーツをするっと脚から抜いた。
千歳ちゃんの下腹部を隠すものが何も無くなってからも、左手は同じ動きを続けることにする。
すると……少しずつ少しずつ、その割れ目の奥から熱い液体が染み出してきた。
左手が音を発し始める。
くちっ、くちっ……
俺がわざと音が出やすいように指を動かしているのが分かるのか、千歳ちゃんは太腿で、俺の手を挟み込もうとする。
それでも、指先の動きは止められず、むしろ逆に千歳ちゃんの興奮が昂ぶってきたようだ。
453 : 名無し@フェチ2017/10/17(火) 00:42:20.51 ID:oZeXTjLy0
八月は生えてる設定のキャラでも薄毛が基本だな。
『薄っすらとした茂み』とか多用してる。
454 : 名無したちの午後2017/10/17(火) 12:24:53.15 ID:ojnvqEol0
後日談で生え始めてくることもあるよね
455 : 名無し@フェチ2017/10/18(水) 23:34:11.53 ID:wxe8wb1O0
>>445
こっちはどうかな?
ひゃぁっ……!
レティの身体が充分に火照っているのを確かめると、右手をスカートの下に潜らせた。
胸と同じく、汗でねっとりしている生肌の太腿を、二三度、ゆっくり撫で上げる。
汗がすごいよ……でも、すべすべだね
はぁうぅ……あうぅ……
……さわっ……さわさわっ……
そして……再度スカートをたぐり上げると……、
その指を、ショーツの中にするっと滑り込ませた。
っ!…ク、クリフさぁ……ん……
うっすらとした茂みが覆う、ぷっくりと大人の形になってきた恥丘を撫でる。
そして、その先のクレバスに指を届かせると。
……そこは既に、じゅんっと濡れそぼっていた。
すごい……レティ、もうぐしょぐしょだよ
やぁ……っ、分かってます……ううぅ……
とても汗だけとは思えない、熱い洪水の中に指を進ませる。
すると、レティが俺の指から逃れるように、腰を引いて悶えた。
あっ、うううぅぅ……あはぁんっ!
が、背後に立っている俺の腰に、お尻を擦り付けただけだった。
臀部の谷間に、ズボンの中で固くなった肉棒をはさみ込み、ぐりぐりと押し付ける。
ああん……はあぁ……やぁんっ……
レティの腰は、前からは俺の腕、後ろからは俺の腰に挟まれて、身動きが取れなくなった。
それを見計らって、敏感な肉芽を遠慮なく指で弄ぶ。
はああぁぁんっ!!…………あぁぁ……
全身に電気が走ったかのように、びくっと震えるレティ。
レティも、えっちな身体になったなぁ
ううっ……そ、そんな……
クリ……フさんの……せいです……よぅ……
そうかな?
秘唇に沿わせていた中指をくんっと曲げ、膣口の中に潜り込ませる。
456 : 名無し@フェチ2017/10/21(土) 00:28:44.17 ID:8BPSdWSv0
天然パイパン→薄毛
少女から大人への流れ
457 : 名無したちの午後2017/10/21(土) 08:12:49.65 ID:kzVMBHqi0
地球に来たから生え始めた説