【エビ中】私立恵比寿中学 変態SSスレ Part.2 [無断転載禁止]©bbspink.com

1えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:11:40.30ID:???
変態スレから分離
https://fate.2ch.net/test/read.cgi/momoclo/1503214509/
※前スレ
【エビ中】私立恵比寿中学 変態SSスレ
http://phoebe.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1504877499/

2えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:12:18.43ID:???
#1
いつも通りのレッスンだった
いつも通りにふざけあって、いつも通りに怒られて、そんなありふれた日常
楽屋で変わらずじゃれ合う二人。周りも特別気にはせず時間は過ぎていく
気がつけば楽屋には二人きり
「あれ?みんなどっか行っち…!」
余りに突然過ぎて何が起きたか整理がつかない
身体も動かない。違う、抱きしめられている。相手は自分と同じ歳の女の子なのにどうやっても動けない
(こんなに力があるんだ…)
いや、そんなことはどうでもいい
唇が
(何?これ…チュー?)
鼓動が有り得ない程に高まる
考えている最中、彩花は息継ぎすら忘れていた

3えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:12:44.50ID:???
それに気付いた莉奈はそっと唇を離す
息を忘れたからか、それとも照れなのか彩花の顔が真っ赤に染まる
「…莉奈、なにし…!」
問い質したかった彩花の言葉を止めるように莉奈はさらに強く抱きしめる
「静かにして、彩ちゃん。人来ちゃうよ?」
耳元で囁く。
「大丈夫だよ彩ちゃん。私に任せて」
大丈夫という一言で強張っていた彩花の肩の力がスッと抜ける。
力強く抱きしめていた莉奈もゆっくりと腕を下げ、優しく恋人の様に手を握り語りかける
「彩ちゃん、私彩ちゃんの事好きだよ。…彩ちゃんは私の事好き?」
聞き慣れた声の筈なのに初めて聞いた声。毎日見ている瞳なのにいつもとは違う瞳
彩花は雰囲気に飲まれていた

4えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:13:11.74ID:???
だが根が真面目な彼女だ。親友が真面目に聞いて来る事をはぐらかす事が出来ない
「あ、え、う…ん。で…も、女の子同士で…」
全力で考えても口から出るのはありきたりな言葉
もちろん好き。でもそれは愛や恋ではなくて…友情?違う。ただの友達じゃなくてもっと深い好き。それが言葉にならない
その隙に入り込む様に言葉が被る
「好きなんだ、良かった!」
満面の笑みで頬を擦り付けて甘えてく莉奈

5えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:13:37.01ID:???
いつもの子供っぽさ?いや、その微笑みの中には彩花にも分かるほどの色気が宿っている
初めて見る表情に見惚れていた彩花に莉奈が甘える
「彩ちゃん、もう一回…ね?」
唇が近づく
彩花は諦めとも期待とも取れる覚悟を決めた(莉奈なら…いいの?かな…)目を閉じて待つ長い沈黙
(まだ?どうしたの?)
沈黙が羞恥を呼び覚ます
耐えられずにゆっくりと目を開けた先で目が合った美少女は無邪気に、そしどこか寂しそうな眼で、吐息がかかる距離から語りかける

6えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:13:58.41ID:???
「口、開くんだよ?」
「…え?」
驚きから出た言葉。しかしまさにそれが理想的な口の形だった
再び重なる唇、初めて絡みつく舌
もう抵抗しない。いや、出来ない。
膝に、腰に力が入らない。彼女の体温が移ってしまったかのように身体が熱い
初めて味わう快感。絡み合う舌の感触は彩花を支配していた
身体は小刻みに震え、隙間から漏れる吐息は自分のものでは無いような大人の吐息だった

7えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:14:20.62ID:???
長い長いディープキスが終わる
先程目が合った無邪気な美少女は大人の女の顔になっていた
女…莉奈が呟く
「彩花、すごいエッチな顔してるよ」
同時に細くしなやかな指がジャージに滑り込む
(こう言う時は名前で呼ぶんだ…)
火照っていたせいなのか少しズレた事を考える。しかしその思考はすぐに止まってしまった。『それどころではなくなった』と言う方が正しいかもしれない

8えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:14:38.98ID:???
味わったことの無い衝撃
彩花も普通に年頃の少女だ。自分で『それ』をした事くらいはあった。しかし今の『それ』は今まで自分でしてきたどれとも違う。比べ物にならない位に身体の芯に響いて声すら出す事が出来ない。
決して強引では無い、寧ろ優しく撫でるだけの細い指
それが他人の指というだけで、情けない程に何も出来なくなる。
今の彩花に出来るのは繋いだもう片方の手にかろうじてしがみつく事だけだった

9えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:14:56.54ID:???
「彩花、痛かった?」
左腕にしがみつく彩花を心配する眼差しはまるで泣きそうな子供の様だ
恥ずかしい気持ちを精一杯堪え、彩花は莉奈の瞳を見て呟きかける
「…ううん、違うの。………あのね、自分の時と全然違ったからびっくりしちゃって…」
潤んだ瞳と紅に染まるえくぼ
胸元で子犬の様に震えながらいじらしく見上げてくる
そんな仕草が愛おしくてたまらない莉奈は触れるか触れないか、そんな距離で『そこ』を撫で続ける。

10えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:15:13.89ID:???
綺麗な彼女の肌を決して傷付けない様に、と必要以上に気遣った優しすぎる指遣い
それは偶然にも絶妙な焦らし加減で彩花を高揚させていく
二人だけの部屋、静かな空間に彩花の息遣いだけが響く。
(…もう少し…強くても良い…のに)
そんな恥ずかしい事を考えてしまった自分が信じられなかったが、今は身体のもどかしさが上をいく
はしたない自分がばれない様、崩れるフリをして腰を落として指を求めるが、優しい指はそっと逃げていく

11えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:15:29.35ID:???
何度かのせめぎ合いに、ついに我慢できなくなった彩花が言葉を出しかけた刹那、一瞬で莉奈の雰囲気が変わる
彩花をなぞっていた指先をペロリと舐めて髪の毛を梳かす。いつの間にかだらしなく乱れた彩花の服と髪の毛も、モデル然とした仕草でさっと直し囁く
「誰か来るね。…彩ちゃん、私また続きしたい。…ダメ?」
一瞬でいつもの莉奈だった
いや、まだ少しだけ紅潮した頬…少しだけ怯えた様な眼差しで問いかける
「……あの…ちゃん…と?」
恥ずかしさと照れと、この時間が終わってしまった切なさが歯切れを悪くしたが、断る理由は何も無かった。
「うん!良かった。ねぇ彩ちゃん、約束だよ?」
子供の様ないつもの満面の笑顔で抱きつく莉奈のそれは、先程とは違ういつものじゃれ合いだった。
そして室内は徐々に賑やかさを取り戻し始める

12えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:15:52.15ID:???
#2

家に着いた彩花は湯船に浸かって今日の出来事を振り返っていた
(莉奈…)
落ち着いて考えても納得できる答えは何一つ出てこない
好きか嫌いかなら絶対に好き!
いつだってじゃれ合って抱きついて、頬にキスだってされた事もあった
でもあんな事は男の人と…だけど今は恋愛はしちゃダメだと思うし…女の子同士なら…恋愛じゃない?のかな…
頭の中で何度も自問自答を繰り返して見たが、やっぱりよく分からない
そんな中でふと頭によぎる感覚

13えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:16:15.95ID:???
(莉奈、結構力強かったな…)
初めて唇を奪われた時の『抱擁』
思い返してみると決して嫌では無かった。それどころか深い安心感すらあったかもしれない
(唇………指も……)
毎日見ていた筈なのに、じっくり見たのは初めてだったかもしれない
触れた事も、触れ合った事も無かった
(全然違うな……莉奈の唇、もっと柔らかかった…あれがキス…)
思い出しながら自分の指を唇に当ててみるが、物足りない位に感覚が違う。
もどかしさに駆られそのまま指を下へと這わせてみる

14えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:16:33.87ID:???
(……………やっぱりちがう……)
自分の指だ。
あの時の様に優しく触れてみても、身体を丸めてみてもあの感覚が味わえない。もどかしさが加速していく
(莉奈…)
少しだけ奥に。
普段自分でする時は滅多に触れない所まで。強すぎる刺激が身体を襲うが何かが違う。彼女の細い指が這った時の肌の方が、遥かに強烈な快感に包まれていた

15えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:16:48.74ID:???
その感触を再現しようとするが、どうやっても満たされない
いつの間にかもう片方の手も胸先をなぞり始め、奥に進んだ指先の力は今までで一番強い力で浅く深くを繰り返す。
お預けをくらった肉体が耐えられる訳もなく、それは恥ずかしい程に短い時間で終わってしまった
(約束…いつだろう…)
惚けた顔でそんな事を考えたが、家族の呼ぶ声でいつもより遥かに長い入浴は終わりを告げた

16えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:17:18.56ID:???
#3
今日は二人でイベントの遠征
いつもと変わらずはしゃぐ莉奈が嬉しい
滞りなくイベントは終わり、夜が来る
「すごい!ねえ莉奈部屋広いよー!」
大成功のイベント、そして親友の笑顔、彩花のテンションは上がりっぱなしだ。
「彩ちゃん、お風呂も綺麗ー!入浴剤もあるよ、ほら!」
それは莉奈も同じだった。恋人同士の様に互いの笑顔を見るだけで幸せ、そんな一日。その一日を締めくくるのには申し分の無い良いホテルだ。
「彩ちゃん、一緒に入ろうよ!」
当たり前の様に莉奈が誘う。

17えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:17:52.86ID:???
「えー、一緒は恥ずかしいよ。お風呂狭くなっちゃうし」
照れる彩花。同い年の女の子との入浴なんて修学旅行位でしか経験が無い。まして二人きりますでなんて…
「彩ちゃん、約束したじゃん…」
低めの声が少し湿り気を帯びた
「ね?…そうだ、私が脱がしてあげるよ」
考える事を許さない様な間で、莉奈が彩花の服に手をかける
「ちょっと…りなー」
彩花は心ばかりの抵抗をしたつもりではいたが『約束したじゃん』この言葉が身体の力を抜いていく

18えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:18:30.51ID:???
誰かに服を脱がされるなんていつ振りだろう?そんな事を考えつつも自らバンザイをして脱がしやすい様に身体を動かしていく
顔が近づき目が合いそうになるが乱れた髪の毛を直す様に頭を振ってごまかした
手際よく服を脱がしていく莉奈
少しだけ大きめのジーンズがストンと落ちる。
屈み込んだ莉奈は優しい手つきで彩花の太腿を持ち上げる。される通りに従う下着だけの彩花

19えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:18:44.11ID:???
莉奈は彩花を見上げて微笑みながら立ち上がる。
「次は彩ちゃんの番だよ?」
そう言っていつもより少しだけ近い距離で肩に手を置きおとなしく待つ
「ぇ……っと…こう?…かな」
慣れない手つきで背中に手を回すが、彩花にとって人を脱がすなんて初めての経験。上手くいくはずがない。
それでも莉奈は何も言わずに微笑みながら待ってくれている
スカートが音を立てずに床に落ちる
(えっと…次はブラウスで…あれ、ボタン…)
焦る姿が莉奈には愛おしくて仕方ない
また少し距離を近づけて語りかける
「彩ちゃん、焦らなくていいよ。…ボタン、首のうしろだよ」
そう言って自分の腕を彩花の脇の下から腰に滑り込ませ、彩花の腕が自然に自分の首元に回る様に手助けをする

20えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:19:15.65ID:???
「あはは…ごめん莉…ぁ…」
自分より身長のある首元に回す腕
それはまるでキスをねだるかの様な格好
それに気がついてしまった彩花の顔が一気に紅潮する
目が合って、そしてしばらくの沈黙
莉奈が首を傾げて優しく微笑む
どちらからともなく近づく唇
初めての時よりも長いキス
唇が離れて、また目が合う
心地よい沈黙を破ったのは莉奈だった
「彩ちゃん、ボタン…」
はっと我に返り不器用ながらも指を動かす
「…指、止めないでね?」
次は莉奈からのキス
一瞬彩花の指が止まるが、すぐに動き出し不器用ながらも必死にボタンを外す。
ボタンが外れたのがわかった莉奈は唇を離すと網目を抜ける魚のようにするっとブラウスから抜け出した

21えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:19:32.40ID:???
乱れた長い髪の毛を手櫛で直す
彩花には目の前に現れた大人の色気を纏う美少女を表す言葉が見当たらない
(…綺麗)
思わず見惚れてしまう
(ぁ…莉奈の下着可愛いなぁ…私のなんて…)
ふと自分の下着と比べてしまい、急激に恥ずかしさがこみ上げる
彼女の下着は派手さこそないがレースとフリルが程よく使われていて、色使いも上品でキュートなものだった
それに比べて彩花の下着は色も形も遥かに地味なものだ

22えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:19:48.46ID:???
下着姿だという事よりも、その下着の差に耐えられなくなった彩花は両腕で胸と股間を隠してしまう
「彩ちゃん、どうしたの?」
異変を感じ取った目の前の美少女問いかける
「…………あのね、私……下着……地味だっ…から」
余りに恥ずかしい告白に言葉が消えかけていく
そんな彩花を莉奈がぎゅっと抱きしめ頭を撫でながら、子供にするように問いかける
「そんな事ないのに。気になっちゃったの?」
〈コクン〉
無言で頷く

23えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:20:02.97ID:???
今顔を見られたら惨めな気持ちになってしまいそうで目を見れなかった
そんな彩花の気持ちに気付いた莉奈は少しだけかがんで顔をのぞき込むといつも通りの明るい声で話しかける
「そっか、じゃあ今度私が彩ちゃんに似合う下着を選んであげる!ね、そうしよ?」
嬉しかった。笑うでも、同情でも、ただ慰めるでもない。まっすぐに受け止めてくれた事がたまらなく嬉しかった。
「いいの⁉︎」
満面の笑顔で問い返す彩花
「当たり前じゃん、約束だよ!」
莉奈も同じく満面の笑顔で頷いて抱きつく
2度目の沈黙
3回目のキスは彩花から
口づけをしたまま何も言わずにお互いに残った下着を外し合う
いつしか裸になった二人はシャワールームに消えて行った

24えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:20:21.90ID:???
ふざけあったり、少しだけ触りあったりはしたものの、思いの外何事もなく2人の入浴は終わった
髪を乾かしている2人の間には期待からなのか恥ずかしさからなのか妙な緊張感が漂う
先に乾かし終わったのは彩花の方だった。ベットに座ってみたけれどこの空気にどうして良いか分からずに、やたら周りを見回してしまう
そんな彩花に気付いた莉奈がドライヤーを止める

25えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:20:37.78ID:???
「彩ちゃんごめんね、お待たせ」
飛び乗るように隣に座る莉奈
ベットが跳ねる
肩に触れた髪の毛がまだ濡れている事に気付いた彩花が問いかける
「莉奈、まだ乾いてないよ?良いの」
「うーん、今日は良いや!」
子供のようにベットを軋ませながら莉奈が答える
ベットの軋みが止まり彩花の右肩に莉奈がもたれかかる
心地よい体温が伝わる
隣り合う手が自然と絡み合い、何かを確かめ合うようにゆっくりと指が動く
莉奈の右手がゆっくりと肩にかかり、彩花はそのまま押し倒されてしまう
下から見上げる彩花
上から見下ろす莉奈

26えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:20:57.84ID:???
こんな事はいつもふざけあう2人には日常の景色、のはずだった
鼓動が高まる
美しく濡れた長い髪が左右の視界を遮り、莉奈の顔しか見えない
唇が動く
「…ねえ彩花、好きだよ」
少しだけ怯えているようにも見える
とても真剣な言葉だった
彩花もそれに答える
「私もすきだよ、莉奈」
綻ぶ笑顔
「ありがとう!嬉しい!!」
同年代の女子と比べても大分薄い胸に飛び込むように抱きつき、頰を預ける莉奈

27えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:21:23.29ID:???
先程の大人っぽさが嘘のように、子供のような表情で甘えている
(莉奈…可愛いな)
莉奈の髪を梳かす
ゆっくりと、ゆっくりと
仔犬の様に莉奈が嬉しそうに目の前にある胸の突起に舌を伸ばす
彩花の身体が跳ねる
それを楽しむかの様に莉奈の舌の動きは大胆に、繊細にと動き回り、その突起を硬くしていく
「…っ!」
余裕の無くなった彩花の口から声が漏れる
高く透き通った喘ぎ声
恥ずかしさが甦り莉奈を見るが、何かに取り憑かれたかの様に突起を弄んでいる
声が止まらない

28えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:21:39.14ID:???
莉奈の指が彩花の体で踊り始める
耳を、首筋を、肩を、腕を、脇を。
更に敏感になる身体がベットの上で艶かしく跳ねる
上に乗られているせいで適度に動きが制限されてしまい、敏感になったポイントを外すことが出来ない
シーツをぎゅっと掴んで何かを必死に耐える
息継ぎが荒くなる
莉奈は頃合いを見計らったかの様に爪を立てて脇腹を優しく引っ掻き、
同時に限界まで張り詰めた突起に甘く噛み付いた

29えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:21:52.89ID:???
彩花の肉体が一際大きく跳ねた
突き刺す様な最初の絶頂
激しく上下する胸
彩花の絶頂を確認した莉奈は、その快感を全身に流し込むように優しく、ゆっくりと肌を撫でる
甘い時間が過ぎる中、彩花の呼吸が落ち着きかけた頃に莉奈が問いかける
「彩花、気持ちよかった?」

30えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:22:20.18ID:???
人前でイッちゃった…
何か変じゃなかったかな?
みんなと同じなのかな?
あ、でも…
「……うん、… よ かった。…すごく」
消えそうな程か細い声で頷く
「嬉しい!」
再び胸元に飛び込む莉奈
あんな事の後なのに子供のような笑顔
無邪気に甘えるだけではあったがまだ彩花の身体は敏感だった
頬ずりがくすぐったくなって身をよじる

31えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:22:36.29ID:???
逃さないように甘える莉奈
そんな戯れが何回か過ぎて2人の上下がいつの間にか入れ替わる
上から見下ろす彩花
下から見上げる莉奈
思わずじっくりと眺めてしまう
シミひとつない透明な肌には、小振りながらも仰向けでも形の崩れない膨らみと珊瑚色の乳首
整えているかのように綺麗に揃う少し薄めの陰毛
触れるのを躊躇う彩花に囁く莉奈
「次は彩花の番…」
そう言って少し内股気味に足を開く

32えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:22:51.16ID:???
全てが芸術品のような美しさの彼女の想像すらしなかった姿を目の前に、どうすればいいのかがわからない
「彩花が自分でしてる時と同じことでいいの…好きにしていいんだよ?」
察した莉奈が再び囁く
(自分で……こう…かな?)
改めて自分の行為を考えると恥ずかしさで消えてしまいたくなったが、艶かしく横たわる彼女に引き込まれる様にに手を動かす
ぎこちない動きでいつもの自分の行為をなぞる
胸の外側から中心へと感覚を集中させる様に胸を揉み、指の腹で乳首を転がす

33えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:23:05.59ID:???
直ぐに莉奈の突起は硬く上を向く
(私より……おっきい……いいなぁ…)
少しの嫉妬を覚えたが気持ちよくなってくれている事に素直な喜びを感じて更に乳首を弄ぶ
荒くなる莉奈の息遣いに思わず顔を覗き込むと、枕を咬んで必死に声を耐えている
その愛くるしい仕草に耐えられない彩花は無理矢理にも似た勢いで唇を奪う
甘く、ねだるような吐息が漏れる
その声だけでも興奮が湧き上がる
普段の彩花からは想像も出来ない力強さで舌を求める

34えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:23:21.43ID:???
絡みつく舌
交わる唾液が媚薬となって2人の思考を甘く溶かして行く
キスをしながら互いの乳首を擦り合わせ、想いを確かめ合う二人
興奮が止まらない彩花が下半身に指を伸ばす
(…好きにしてもいいんだよね?)
他人のそんな所は見た事はないし、まして触れたことなど無い彩花はさすがに少し躊躇してしまう
恐る恐る指先を置いてみる
莉奈のそこはまるで失禁しているかの様に濡れている。自分でしていてもこんなに濡れた事など一度も無い。
『私で気持ちよくなってくれている』
この事実に満たされていく心
もっと気持ちよくなって欲しい、と少しだけ指先に力を込めてみる
大量の愛液のせいで驚く程簡単に沈み込む指

35えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:23:33.87ID:???
絡む舌に声にならない声が大きく響く
続けて動かす指にリンクする様に甘えた鼻声が漏れる
(……もっと奥…入れたらどうなっちゃうのかな?)
彩花がそう思うのと同時に莉奈が両脚を大きく開く
想いが深く通じ合う
指を入れる、というよりはまるで吸い込まれていくかの様に細く長い指が沈む
自分でもこんなに奥まで指を入れた事などない場所まで飲み込まれる指
滴る脈動が伝わるほどに溢れる愛液
止まらない莉奈の鼻声に彩花の僅かながらの嗜虐心が揺れる
糸を引きながら離れる舌

36えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:23:51.74ID:???
お互いの口から切ない吐息が漏れる
「あやかぁ…」
莉奈の涙が止まらない
その涙の意味が彩花には分かっていた
別れを惜しむ様にもう一度互いの乳首を擦り合わせて下半身に滑り込んでいく
指先だけでも分かっていたが目の当たりにすると莉奈のそこはあり得ないほどの愛液に溢れている
肉付きの良い尻の割れ目まで滴るそれを丁寧に舐め取りながら蜜の出口とその近くに隠れる突起を弄ぶ
莉奈は嬌声をこらえる事も忘れて大きな声で喘ぐ

37えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:24:07.86ID:???
想像すらできなかった親友のあられもない姿と恥ずかしい声
『私の莉奈…』
もっと見たい!もっと聞きたい!
……もっと犯したい!
ぐっと力を込めて片足を持ち上げる
さすがにこれは恥ずかしかったのか
莉奈の口から弱音が溢れる
「…こんなのやだよぉ……彩花ぁ」
彩花の嗜虐心に火がつく
指の数を増やし深く、浅く、強く、弱く。時に焦らしながら、時に荒々しく
彼女の身体を弄ぶ。
隣の部屋まで響くのではないかと思える喘ぎ声と愛液の音
シーツのシミが彩花の頭ほどの大きさまで広がる頃、莉奈が細かく痙攣し始める

38えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:24:30.31ID:???
(!…イきそうなのかな)
感じ取った彩花が本能で動く
お互いの股間を擦り合わせる事が出来る様に身体を入れ替えて長い脚を抱え込みながらそこを重ね合うと、痙攣と声が更に大きくなった
攻めていただけの彩花だったがこの刺激が身体中に電気の様に駆け巡り、痙攣を始めてしまう
二人の腰が蛇の様に絡まり合い怪しく動く
もうどちらの声かもわからない声が部屋にいやらしく響き、目前の絶頂を盛り上げる
「あやかぁ、もうダメぇ…」
「莉奈!莉奈!」
真っ白になるような絶頂
どちらのものかも分からない失禁
二人は味わったことの無い充足感に満たされていた…

39えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:24:52.65ID:???
しばらくの余韻に浸った後に肩を並べて手を握る
二人はたくさんのことを話した
聞きたいこと、伝えたいこと
経験豊富でリードしていたかの様な莉奈も、彩花が初めての相手だった事
断られたら…と怯えながらだった事
止められない想いがやっと伝わった事
お互いの好きな所
独占したいという気持ちと独占されたいと思う気持ち
今までの事とこれからの事

40えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:25:08.16ID:???
あんな事するんだ、とか、あれが良かったんだ、なんて事を照れながら確かめ合ううちにどちらからともなく『またしたいね』と求め合う
心も身体も満たされるという事を生まれて初めて実感した夢の様な夜だった
互いの手を握りこのまま眠りにつく…そんな時に、握った手に力が入る
「あやちゃん私ね、今すっごい幸せなんだよ!」
彩花にしか見せない笑顔だった
「私も!本当にすごい幸せ!」
莉奈にしか見せない笑顔だった
夜が明けると昨日の出来事が嘘の様な相変わらずのドタバタが始まる
引き摺られるように部屋を出る彩花に莉奈が微笑む
「お買い物、絶対に行こうね?約束だよ!」
幸せを噛み締めながら二人は今日も元気に街へ出る…

『私ね……幸せだったよ』

41えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:25:31.62ID:???
〜お姉ちゃんと一緒〜

「おばちゃーん!こんにちわーー」
元気よく歌穂が戸を開ける
毎年決まった時期に泊まりに来る田舎の親戚の家
「いらっしゃい。テレビ見てるわよ。いっぱい活躍してるね、ウチの息子達も毎週観てるのよ?」
気の利く叔母が出迎える
「あははーありがとー。みんな凄いから大変だよ。今日は子供たちいるの?」
この家には歌穂と少し歳の離れた従兄弟が2人いた。「お姉ちゃん」と慕ってくれる可愛い存在だ

42えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:25:47.07ID:???
「あー、お姉ちゃん!いらっしゃーい!」
歌穂の声を聞いて二階から駆け下りる華奢で無邪気な男の子
「ねえ、今年はいつまでいれるの?」
歌穂のスカートの裾をぶんぶんしながら少年が頭を振る
「あさってにはお父さんがむかえにくるんだよー」
歌穂も少年に合わせて頭を振る
仕草だけでも二人の仲の良さが分かる
「もっといてよー」「もっといたいよー」なんて世間話を弾ませながら叔母に促されて客間に通される
叔父と叔母に両親が遅れる旨を知らせ、お土産を渡して出されたお茶を飲む
歌穂の物怖じしない性格とこの家庭は相性が良いらしく、自分の家の様にくつろげる。仕事の話や学業の話とたわいも無い話をしていると先

43えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:26:13.14ID:???
先程の少年が現れる

「おねえちゃーん、ゲームしようよー」
会話が長くて待ちきれなかったご様子だ。叔父が疲れているからと咎めるも
歌穂は「全然へいきだよ!」と自信満々だ
「よーし、おねえちゃんと勝負だ」
どちらが年下か分からない位にノリノリで少年の部屋へ走り込んでいく
部屋には歌穂のポスターやCDがいくつも飾ってある。親戚とはいえきっと大好きな自慢の姉なのだろう、歌穂はこういうのに弱いのかゲーム中もずっとニヤニヤし通しだ
汗をかく程に激しく遊び、気が付けば日が落ちかけている。
「ねえ歌穂ちゃん、お風呂湧いたから入ってね」
叔母が部屋まで呼びに来てくれた
「ぼくも一緒にはいってもいい?」

44えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:26:40.10ID:???
少年が間髪入れずに歌穂に聞く
叔母は怒り気味に止めるが妹のいる歌穂は別段抵抗は無くあっさりと受け入れる
「お、いいねー。お姉ちゃんと一緒にひとっ風呂浴びちゃったりするかー」
二人はまるで遊びにでも行くようにお風呂へと向かうのだった
少年との洗いっこ
年が10以上も離れているとは思えない位にふざけ合う
「お母さんよりおっぱいおっきい!」
そんな事を言われてもいやらしさを全く感じない。むしろ笑って対抗する位だった

45えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:26:52.32ID:???
「ほら暴れないのー。おとなしくしてないとおちんちん引っ張っちゃうぞー!」
そんな時不意に風呂場の扉が開く
「な……何やってんの⁉︎」
少年の兄が入ってきた
近くにあったタオルで隠そうとはするがあまりの慌てぶりにほとんど隠れていない
兄は来年中学生だ。さすがの歌穂もその位の年の男の子には恥ずかしさが出てしまうらしい
「あ、あはは〜、あ、洗いっこだよ…ってあんたも何はいってきてるのさ!」

46えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:27:08.02ID:???
しどろもどろになりながらも答えるが立ち尽くす兄の股間に目を奪われる
(うっわー!…なんだこれ…これが勃つってやつかー。すげー)
子供のモノとはいえいきり勃つものを見たのは初めてだった歌穂
どうやらまじまじと見てしまっていたらしい
「な、な、なに見てんだよ!早く出てってよ」
2人は真っ赤になった兄に追い出されてしまった…

47えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:27:23.64ID:???
楽しい夕食が終わり就寝の時間
ブログを書きながら寝込んでしまった歌穂が若干の騒がしさに目を覚ます
(ちゃんりこー…うるさ…あん?)
歌穂が起きた事に全く気付かない兄は必死に自身をシゴいている
(うわあー…お…オナ…目のま…ひー!師匠ーどうしよー!)
聞くと見るとでは大違いだ。パニックを起こしそうになるが、その母性からか何とか知らんぷりをしてあげようと無理矢理にでも落ち着こうと寝たふりを続けていた
少し冷静さを取り戻した歌穂
少年の恥ずかしい行為を目の当たりにした罪悪感と高揚感と好奇心が混ざり合い、少しだけ薄目を開けて覗き見る

48えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:27:45.69ID:???
(ひえーー!あんなになるんだ…うわー…痛くないのかな…)
摩擦音と息遣いが更に高まり少年の声が大きくなる
「歌穂ちゃん!歌穂ちゃん!」
少年がシゴきながら歌穂の顔の側まで近づいてくる
(まって!ちょっ…!えーなにこれ…え、イクってやつ⁉︎)
限界が近いのか更に早くなる摩擦
「歌穂ちゃん!あーーーー!」
「あだあダだだダダめー!」
思わず飛び起きて手で顔を覆う
歌穂以上に驚いたのは少年の方だ
「え⁉︎…」

49えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:28:00.25ID:???
呆然としながらも手を止められずに先端から透明な汁を滴らせる
しばしの沈黙の後すすり泣く少年
歌穂が慌ててフォローする
「ほほほら、あのほら、えっと…大丈夫だから!男の子だし!お姉ちゃん誰にも言わないから!」
何とか泣きやませようとするがさすがにこんなシチュエーションは初めてなので上手く慰めてあげられない
泣き止まない少年の手を握り頭を撫で話しかけるが上手くいかない
あたふたしているとしゃくりの小さくなった少年が不意に呟く

50えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:28:14.10ID:???
「…お姉ちゃんのも見せてよ」
「ひょ?」
思わず変な声が出る
「だって俺裸見られたし…オナ…見られたし…お姉ちゃんも見せてくれたらあいこで良い…よ」
「はぁあぁあ?」
とんでもない提案だ
普通なら受け入れるどころか真剣に怒っていたかもしれないが、覗き見てしまった後ろめたさがあって気弱になってしまう歌穂
「あはは〜、それはちょっと恥ずかしいかなー…なんて」
それを聞いて少年は再び涙ぐむ
ちょっとした押し問答をしてみたがどんどん落ち込む少年についに歌穂の母性が堕ちる
「…わかったよー、汚しちゃうとあれだし、お風呂なら…そのかわり二人っきりの内緒だよ?」

51えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:28:40.97ID:???
お風呂の約束で少年を泣き止ませて部屋に送り帰した歌穂が思う
(…明日かー。どうしよう師匠…見せるって胸ってことだよね?…まさかオ…ひー!ムリムリ、師匠、どうしよう)
頭まで布団をかぶりバタバタしてしまう。そんな中ふと思い出す光景
(結構激しくするんだ…あたしもあんな感じなのかな…)
少しだけ手を伸ばすがすぐに我に返ってここが自分の部屋でない事を思い出す
(なーにやってんだあたし…)

52えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:28:59.23ID:???
朝は喧騒から始まった
久し振りのお姉ちゃんとの1日が楽し過ぎたのか弟が38度を超える高熱で、叔父と叔母で病院まで連れて行く為お兄ちゃんを見てて欲しいとの事だった
弟がお姉ちゃんと行くと駄々をこねた事と昨夜の事から歌穂が付いて行こう言うが、風邪を移すと良くないと咎められ留守番となった

53えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:29:12.57ID:???
ちょっと気まずい雰囲気だなあと思った矢先に少年が口を開く
「お姉ちゃん、お風呂…」
(早速かーい!)
突っ込みたい気持ちでいっぱいだ
「朝からお風呂ってあんた、さすがにちょっと早くないかい!?」
ちょっと呆れて言うと少年が拗ねたような怒ったような口ぶりで言葉を返す
「…ウソついたの?」
時に優しさの行き過ぎる歌穂。泣きそうだったり拗ねていたりを見逃せない上に、相手に合わせようとする甘さが出てしまう
「…わかった…じゃあ入ろう?」
握った手からドキドキが伝わるんじゃないかと心配になりながらお風呂へ向かって行く歌穂だった

54えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:29:34.43ID:???
背後から身体を洗ってあげる歌穂
こんな感じで満足してくれないかなー、なんてちょっと甘い考えを見抜いた様に少年が言う
「前に来てくれないと見えないじゃん」
(うわー、やっぱりかー)
仕方ないと覚悟を決めて前に出る
歌穂も少年も真っ赤になっているのはお風呂のせいではないだろう
無言でお互いの身体をまじまじと見つめる
(ぁあー、やっぱり勃ってるよ…痛くないのかな?)
思わず凝視する歌穂を現実に引き戻す感覚が襲う
少年が歌穂の大きな胸に吸い付いた
愛撫というよりも授乳に近い吸い付きで一生懸命にしゃぶりつく
「ひっ…わわわ」
あまりの驚きにどうしていいかわからなかったが、少年の必死さを目の当たりにした歌穂は拒絶をためらってしまう

55えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:29:58.63ID:???
音を立てて胸に吸い付く少年
次第に歌穂の乳首が硬くなっていく
(っん…子供みたいでなんか……っあっ……可愛い…なあ)
母性本能をくすぐられはじめた歌穂は徐々に気持ちが入り始める
頭を優しく撫で少年に話かける
「…っん…よしよし、いい子だねえ。落ち着いていいんだよー」
優しくあやすが少年に落ち着く気配は無い。それどころか興奮が止まらず
股間を歌穂の太腿に擦り付け始めた
上下左右に腰を動かす少年
ぎこちない動きなのは歌穂にも何となくわかる

56えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:30:21.72ID:???
(うひゃっ……太ももがきもちいいのか……っん…必死になっちゃって…っもう)
一生懸命腰を振る少年を見ていつの間にか驚きや緊張は無くなり、それどころか愛くるしくすら思えてくる歌穂
優しく頭を抱きしめて応援する
「ほら、がんばれがんばれ…いっちに、いっちに…」
いつものハイテンションではなく、幼児をあやす様な落ち着いた声でリズムをとってあげる
少年の腰が一瞬跳ねて動きが止まる
歌穂の太腿にぬるっとした感触が走る
(…イッた…かな?そうだよね?)
そっと太腿に手を伸ばし液体を確認する

57えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:30:40.47ID:???
(おやおや?あれ、確か白いって言ってなかったっけ?透明…おー?なんだこれ)
少年はまだ精通していない
出ているのはカウパーだった
(あー…白くは…ないなあ…えー、じゃあまだイッてないのかぁ)
初めての精子を見ようと気持ちが盛り上がっていた為にむしろ残念とすら思う歌穂
(うーん、このままじゃかわいそうなのかなー。……よし!ここはお姉ちゃんがなんとかしてあげよう!)
溢れる母性と子供の様な好奇心が一層高まっていく

58えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:31:00.31ID:???
まるで子供を寝かしつける様に優しく頭と背中をさすりながら考える
(でもどうするんだー?師匠ぉ…じゃ分かんないか……えっとー……!確か皮が…とか美怜ちゃんが…剥く?んだっけ)
聞きかじった知識が頭を駆け回る
記憶の整理がついたらしい歌穂が少年の耳元で囁く
「よしよし、がんばった。次はお姉ちゃんがしてあげるからね」
そう言って蹲み込んだ歌穂の目の前には疲れを知らないモノがそそり立つ
(おほーー!さすがに目の前はちょっと…あはは……さて、と)
少しだけ恥ずかしさが蘇ったが、今の歌穂はそれよりもどう剥くかに集中している

59えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:31:15.59ID:???
痛くしない様に気を使い指先でゆっくりと皮を下にずらすのだが、思っていたより強めの抵抗がある
「痛くない?」
そう言って少年を見上げると泣きそうな顔で首を縦に降る
もう少し強くても良さそうかと判断して何度か引っ張るが、なかなかうまく剥けてくれない。少し焦れ始めた歌穂が思い切る
(えーーい、こうなったら一気にいくか…ごめん!)

60えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:31:40.28ID:???
指先に少し力を込めて皮を一気にずらすと真っ赤な亀頭が露わになった
(よっしゃー!できたよ美怜ちゃーん)
心の中でガッツポーズをする
何事でも成功の経験に気分が乗る性格の歌穂は更にノって来る
(これで…どうするんだー?……まずはコレを洗ってあげればいいのかな?)
段差の部分にある大量の白いカスが目に入る
石鹸を手に泡立てて両手の指の腹で優しく丁寧に汚れを落としていると少年の腰が徐々に引けてくる
「いたいの?」
心配して見上げると、だらしなく口を開いて小刻みに震えている
「ううん…なんか違うの…お姉ちゃんやめちゃヤダ!」
必死に訴えかけてくる

61えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:31:57.62ID:???
(あーー!もう可愛いじゃないかー!)
歌穂の母性本能が暴走を始める
少年は引けた腰でしがみついてくるが、床の濡れたお風呂場ではバランスの取れる格好ではない。
「そっか、じゃあ続けてあげるから壁の方向いて。…そう、それで壁に手ついてごらん」
優しく促す歌穂の言うことを少年は素直に受け入れる
腰を突き出す格好になった少年の背後から歌穂がそのモノに手を伸ばす
誰かに教えて貰った訳では無いがセンスの良い歌穂は両手で優しく、強く、リズム良く、そして時に指先でなぞる様にと少年の快楽を導いていく

62えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:32:16.16ID:???
少年の震える腰に気持ち良いんだと判断をした歌穂は自分でする時の様に手のひらでそのモノを強く擦り上げる
「おねえちゃん!すごい…なにこれ!
やだ、おねえちゃん!おねえちゃん!」
悲鳴の様な声を出して少年の腰が跳ね上がる。歌穂は少年のモノをゆっくりとなだめる様に優しく撫でる
余程気持ちが良かったのか、少年の力が抜けていき歌穂に身体を預ける様にもたれ掛かる。
滑る足元をなんとか踏ん張り椅子に腰掛けて手元を見る
(これで……あれー?出たのか?石鹸でよくわかんないや……なんだよー、頑張ったのに…)
石鹸とカウパーが混ざり合ったメレンゲの様な手のひらの物体では歌穂の好奇心は満足できなかったらしい

63えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:32:30.65ID:???
(うーーーーん……もう一回だな!もっとわかりやすいので!)
歌穂の大きな胸の中で息を整えている少年の身体をさすりながら歌穂がいたずらっぽく呟く
「きもちよかったねえ?ん?これで終わりにする?もうちょっとする?」
少年は胸に顔を埋めて頷く
「…する」
その照れる素ぶりが可愛いくて思わずドキッとしてしまう
「もう、おさるさんだねぇ。お風呂だと危ないからお部屋でしよっか?」
おでこをコツンと合わせて囁いて軽くキス…と言うよりは『チュー』をした

64えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:32:57.25ID:???
#2
弟よりも大分散らかっている部屋では、布団の上に胡座をかいて座る少年の隣にバスタオルを巻いた歌穂が座る
改めてこのシチュエーションを考えてみた歌穂の頭には幾らかの後悔がよぎる
(やべー…師匠、わたしやっちゃったかな?)
そんな考えとは裏腹に少年の股間は既に途中でやめる事を許さない程の主張を始めている
(あはは…だよね………よし!ここまでしちゃったんだから仕方ない、ここはぱぱっと!)
覚悟と諦めの真ん中の様な感覚だった

65えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:33:15.90ID:???
「じゃ、寝っころがりな?」
ゆっくりと少年を布団に横たわらせる
先程のお風呂での行為が余程気持ちよかったのか、少年は歌穂の言うなりになって横になる
素直になった少年に気を良くした歌穂は四つん這いで跨りいたずらっぽく質問する
「さっきの、気持ちよかったの?お姉ちゃんにちゃんとおしえて?」
少年は真っ赤になって頷く
「…ダメ、ちゃんと言わなきゃつづきしてあげないよー?」
少し意地悪をする歌穂
「…気持ちよかった」
素直に答える少年。歌穂をなんとも言えない刺激が襲う

66えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:33:33.71ID:???
(おほーー、可愛いじゃないか)
主導権を握れている事に気を良くした歌穂がゆっくりと上体を起こして少年の股間に手を伸ばす
「よしよし、素直に言えたねぇ。じゃあつづきしてあげる……気持ちいいところあったら言うんだぞ?」
少し大人振りながらそれを扱きはじめる。お湯や湯気のない部屋の中では手の中にその温度がリアルに伝わってくる
(えーー!こんなにあつかったんだ…ちんこってすげー)
感心と興奮に後押しされ、摩擦のスピードが上がっていく
だがお風呂でとは違い震える程の気持ち良さと言うわけでは無さそうだ
(あれ?なんかちがうのか?)
少し焦る歌穂

67えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:33:48.58ID:???
「おね…ちゃん……むくの…やって」
少年が腰を浮かせながら訴える
(あ!そっか、また剥いてあげないと戻っちゃうんだ…おもしろいなー」
自分には無いモノへの感心が高まる
先程と同じ様に剥こうとするが
石鹸の助けがない為に抵抗がきつい
少し強めに引っ張ってみると少年が小さく叫ぶ
「いたっ!おねえちゃん痛いよ…」
お風呂と随分勝手が違った
何度か挑戦するもその度に少年は痛いと身をよじる
心なしか少年のモノが少し勢いがなくなってきた感じもする
歌穂は少し焦り始めていた

68えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:34:12.00ID:???
(あれー、なんで?…ごめんね、なんで?…さっきは剥けたのに…師匠ぉー)
掴み方を変えてみたり方向を変えたりはするが一向に上手く行く気配がない
(うーん、痛いの我慢してくれないかなぁ……ちょっとくらいならツバつけとけば治るって………!それだ!)
歌穂が気付く
(これはいいアイディアだよー)
モノの側まで口を近付け、舌を尖らせて唾液を垂らす
液体の感触に少年のモノがピクンと反応する
両方の掌で唾液をモノに練り込むように動かすと少年から声が漏れはじめる
「…ぅぅん!…ぉね…いっ!」
聞き取れはしないが痛みでは無さそうだ
正解だと判断した歌穂がお風呂と同じく指先で皮をずらすが、もう少しという所で痛みで腰を引かれてしまう
なにか…何か足りない

69えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:34:35.01ID:???
(…さすがになー……でもなー、やっぱり…うん、ふやけてないもん。)
お湯でふやけていたからだと答えを出す
しかし部屋にお湯はない
皮をふやけさせられる物など何もない
…しかし方法が無い訳ではない
(口かー……でもなー…師しょ…いや美怜ちゃん…うーん)
悩みながら視線を上げると切なそうに涙目で歌穂を見ている少年と目が合った
歌穂の母性が弾けた
(かわいい!…………………………まあいっか!みんなしてるみたいだし、お風呂で洗ったし!)
決心のついた歌穂が一気に少年のモノを頬張る
視線の先の少年の驚く表情が見える
歌穂はそれを口に頬張ったままで優しく微笑み返す
余りの出来事に驚くだけの少年だったがその微笑みで安心したのか、徐々に自分を襲う未知の快楽に気付き始める

70えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:35:01.98ID:???
口腔粘膜の温かさ、ぎこちなくはあるがその皮をふやけさせるために丁寧に唾液を絡めていく舌
手では決して味わえない優しい快楽に少年の目の前は既に真っ白だった
普段であれば童貞の少年など5秒と持たなかっただろう
しかし何度目かの行為のお陰で少しばかり快感への耐性がついていた様だ
その為歌穂の口の中では快楽に耐えるモノが元気に跳ね回る
(味ってしないんだ…なんかゴムみたい……しかしよく動くなコレ…)
歯が当たらない様に丁寧に、何度も何度も繰り返し舌で唾液を絡ませる
特に誰に教わった訳ではなく、ただ早く皮をふやけさせようという一心で。
口から溢れた唾液が袋まで届く頃には舌先でも分かるくらいに余ったその皮はふやけていた

71えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:35:23.71ID:???
(よーし、こんな感じで………コレこのまま剥るんじゃないのかな?)
既に口での行為に慣れ始めてきた歌穂は少し唇に力を加え皮を抑え込む
指先で竿の部分を下に向けて扱きそれを手助けする
一気には行かず、数回に分けて唾液を加えながら唇で皮を押し下げ、顔を出し始めた亀頭と皮の間に舌を滑り込ませ円を描く様に唾液を塗りつける
何度も何度も舌先でゆっくりと円を描き、唇は押し込んでは戻しを繰り返す
さっきは痛がっていた事を思い出し
時折傷口を舐める様に動きを変える
部屋の中に歌穂の唾液の音と少年の鳴き声の様な喘ぎが響く
何度目かの唇の押し込みで、狙い通りに皮は剥け、歌穂の口内で亀頭が露わになった
(よーっし、できたー!やったよ師匠!あたしだってやればできるんだよ。………うーーーん、しっかし唾つけすぎたかな?)

72えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:35:42.71ID:???
唾液だらけのモノが申し訳なく感じ、口に含んだまま滴るほどの唾液を吸い取り始めたその時少年の腰が跳ね上がる
「あっ!あぁぁっ!おねえちゃん…出る!なんかでる!」
童貞の、包茎の少年の亀頭が歌穂の熱い舌の粘膜が与える快楽に耐えられる筈など無かった
歌穂も本能なのか好奇心なのか口を離さずに舌を動かすスピードを上げる
(…っん、いっちゃう?…いいよいいよ、いっちゃえー!)
歌穂の舌先が亀頭の割れ目をなぞった瞬間、破裂する様な脈動と共に歌穂の口腔内に大量の液体とも個体とも言えない物質が打ち付けられた
「あっ…あっっ…うっ」
情けない声を出し少年の腰が震えた
歌穂の口の中で何度も繰り返される脈動と、その度に喉奥を打ち付ける熱い物体
何度目かの爆発のあと、急激に少年のモノの昂りが静まっていく

73えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:36:04.19ID:???
脈動が落ち着いたのを確認して、歌穂が口内の物体を手のひらに吐き出す
少年の精通だ
指で掴めそうなほどの弾力と強烈な匂い、程良く熱い温度、そして尋常ではない量
ネットで得ただけの知識では遠く及ばない物だった
(…せいし?これがせいしかー!こんなに出るんだ…液って感じじゃないなぁ…けっこうあったかいし)
歌穂に嫌悪感も不快感も全くなく、始めて見る精液にむしろ感嘆と驚愕で一杯だった
しばらく掌の物体を観察し、新たな知識と経験に満足した歌穂はその処分を考え始めた
(さすがに飲………ないわー。どこかにティッシュないかな?)
辺りを見回し勉強机にティッシュを見つけそれを取りに行くと、机には歌穂の写真や切り抜きがクリアマットの下に綺麗に並べられていた

74えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:36:29.75ID:???
乱雑な部屋の中で、ここだけは見違える程の綺麗さだった
少年にとって余程大切な物なのだろう
歌穂の鼓動が先程と違う高まりを見せる
(あ…こいつ………えへへ、可愛いぁ……………ありがと)
顔のにやけを隠しながらティッシュで手を拭いて余韻に浸っているであろう少年の元に戻ると、歌穂が馬乗りになり問い掛ける
「気持ちよかった?…………………ねぇ、おねえちゃんとしたこと内緒にできる?」
少しの間の後に、まだ途切れる息遣いで少年が応える
「はぁ……気持ち……はぁ…凄い…いい………絶対…言わない」
歌穂の腕を掴んで約束を噛みしめるように言葉を絞り出す
(あんた…可愛い………ここまでしたしもう…いい…よね?)
覆い被さるように少年の唇を奪い、そのまま耳元で吐息と共に囁いた
「もういっこ、ないしょだぞ?」

75えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:36:54.23ID:???
そのまま首筋に舌を這わせて舐め上げる
ネットで見かじった知識ではあったが、それを実践する自分に異常に興奮してしまう
舌で舐め上げ、吸い付き、甘く噛み付き、そしてまた舐め上げ、貪るように少年の体を味わっていく
お互いの体温は上昇し続け、既にそれがどちらの汗か分からない程に混ざり合っていたが、舐め取るその塩っぱさは火照る体に丁度いい刺激だった

76えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:37:06.39ID:???
歌穂の下では少年が丘に打ち上げられた魚のように、一つ一つの刺激に敏感に反応している
歌穂の舌が乳首を甘く噛んだ時、その反応が一際大きくなる
(男の子も乳首きもちいいんだ…)
反応の良さに素直に嬉しさが込み上げてくる
自分ならこうして欲しい…いつも自分でする時に思う事をそのまま少年にして与えた
指で転がし硬くなったのを確認すると
爪を立てて強めにつまみ上げ、わざとらしい程の音を立て舐め回す
「ぁぁん!ね……ぇちゃ…いっ!」
ガクガクと震えている少年を見て、少しだけ羨ましく感じる歌穂

77えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:37:24.39ID:???
(気持ちよさそう……わたしもこんなことして欲しいけど……はは、ちょっとむりそうかな)
察した歌穂はせめて少しばかりの快感を求めるように、己のたわわな乳房と興奮だけで既に硬くなっている乳首を少年の体に擦り付ける
自分の指とは違い、擦り付けるというもどかしさが適度な焦らしとなって歌穂を襲う
いつの間にか少年を責める事を忘れて
自分の胸を強く揉みしだく
淫らな自慰にしばらく没頭し、ふと視線を感じ視線を上げる
「おねぇ…ちゃん……」
途中で止められた切なさを訴えているのか、初めて目の当たりにする女性の自慰に目を奪われたのか、なんとも言えない眼差しで見つめている
僅かの時間だったとは思うが放ったらかしにしてしまった申し訳なさが、自慰で盛り上がった気持ちを後押しする

78えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:37:51.20ID:???
自らの性器に手を伸ばし濡れているのを確認する
(…っん……思ったより…すご…濡れてる)
自分の想像以上に濡れているのを確認するとその粘液を指に絡ませ、下腹部に張り付く程にそそり立つ少年のそれを掴み上げて、3度目ともなると慣れた手つきで皮をむき上げた
(よ……し。いよいよ…いくよ?…大丈夫かな?………やっぱり……痛いのかな……でもそんなに大きく…無い、のかな?ないよね?これなら…うん…)
そそり立つモノの真上に跨り、
亀頭が触れるか触れないかの所まで腰を落として所と目を合わせる
「いい?…二人だけのないしょだよ?」
ぎこちなく微笑んで、ゆっくりと深呼吸をする

79えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:38:21.10ID:???
ゆっくりと腰を沈めてみる
多すぎるくらいの愛液が亀頭を覆い、その進入を手助けをするが、まだ小さめとはいえペンや指とは明らかに違う太さと硬さのそれは進入を拒まれる
出来かけのカサブタが裂けるような痛みが歌穂の体の芯を襲う
小刻みな震えを我慢しながら痛みに腰を引きまた再び腰を落としを繰り返し、ゆっくりと自身の性器をほぐしながら少年のモノを奥へ奥へと飲み込んで行く
痛みと若干の恐怖で震えが止まらない
しかしもう止まれなかった
少しでも痛みを和らげるように自ら性器を広げ、突起を弄り、愛液で少しでも挿入をしやすくなるよう試みる
何度目かの抽送を繰り返し、遂に全てを飲み込んだ

80えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:38:45.10ID:???
「っあん……はっあっ!……っん…」
今までの『お姉ちゃん』の声とは明らかに違う『女』の声が漏れる
全てを飲み込んだ達成感と痛みを堪えた疲労感で身体の力が抜ける
少年もまた全身が溶けてしまうような、突き刺されるようでもあり包み込まれるようでもある快楽に襲われ放心状態だ
少しの間、部屋は二人の荒い吐息だけの空間だった
先に落ち着きを取り戻した少年が未だ快感を強く送り続ける股間に目を向ける
二人の繋がるそこには赤い血
「お姉ちゃ…大丈夫!?」
驚き上半身を起こそうとするが、歌穂が覆い被さり唇を奪う
「っん。大丈夫だよ………お姉ちゃん、初めてだったから…」
少し涙目になりながら、一度だけぎゅっと少年の胸に抱きついてみた

81えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:39:36.99ID:???
女の子としては、こんな時はやはり初めての相手に甘えたいのだろう
少しの間『お姉ちゃん』ではなく『少女』でいたかった
名残惜しそうに少しだけ強めに頬を擦り付け、再び上体を起こす
痛みが大分引いてきたので少し腰を動かしてみる
挿入の痛みは徐々にではあるが快感へと変わり始めていた
強い異物感はあるものの、歌穂の大量の愛液は摩擦を抑え、お互いの粘膜の感度を上げていく
(っはぁ……指と…ぜんぜ…違っ……ん
いっ……あっつ…)
少年のモノとはいえ、充分な熱さで歌穂の中に突き刺さる
それを味わうように前後に、上下にと腰を動かして自分の好きな所に押し当てていく

82えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:40:06.81ID:???
奥の、歌穂の好きな所に当たる度に痺れるような感覚が背筋を走る
強すぎる快感から逃げるように動きを止め、そしてまたその快感を求めて腰を動かす
ぎこちない動きに痺れを切らせたのか下から少年が腰を押し付けてくる
その動きもまたぎこちなく、お互いのリズムを微妙に崩してしまう
このままでは思った所に当てられない
快感を覚え始めた歌穂に、この焦らしは耐えられそうになかった
「…ねぇ………動き…たいの?」
もしそうならば思い切って委ねてみようと聞いてみる
荒い息の中で少年が頷く

83えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:40:24.32ID:???
歌穂がゆっくりと大きく股を開く
「さ、おいで…」
少年を呼び込みお互いの体制を整える
《入れていた》立場から《入れられる》という立場になっただけで興奮がさらに増していく
「わかる?ここ……ここに入れるの」
そう言って自分でそこを開いて見せる
妖しく、いやらしく濡れるそこは時折別の生き物のようにヒクついて動く
その動きに誘われるように少年が下半身を押し付ける…が、うまく入らない
愛液の多さが逆効果となり、不慣れな動きでは滑ってうまく貫けない
「おちついて……ゆっくりね…そ。…ゆっくり」
下から身をよじり少年のモノを入り口にあてがってサポートする
締め付けの強い入り口をじっくりとこじ開けられ、押し込まれる様に徐々に奥を侵されていく

84えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:40:45.27ID:???
遂に少年のモノが全て押し込まれると、その後は取り憑かれたかの様な前後運動が始まる
優しさのかけらもない、ただ覚えたての快楽を貪るだけの腰の打ち付け
子供でありながら既に芽生えた男としての本能は荒々しく歌穂を布団に押し付ける
歌穂も女としての本能のままにその荒々しさを愛しく受け入れる
淫らな水音と打ち付け合う肌の音、そして歌穂の嬌声が繰り返される

85えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:41:02.10ID:???
歌穂は既に何度かの軽い頂点を迎えていた
その度許しを求めようとするが、言葉にならない程の気持ちよさに痙攣してしまい、されるがままの状態だった
少年も憧れの女性のあられもない姿に幼いながらも支配欲を満たされ、自分の下で激しく乱れる歌穂をさらに狂わせようと一心不乱に腰を振る
突く度に響く喘ぎ声
引き抜く度に漏れる愛液
コツを掴み始めた少年は更にリズムよく歌穂の肉体を弄ぶ
こみ上げる絶頂の予感と襲い来る疲れを癒す為に動きを止める度、歌穂の口から切なそうな吐息が漏れる

86えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:41:23.22ID:???
切なく、物欲しそうなその扇情的な吐息は更に場を盛り上げる
少年は歌穂を押しつぶす様に腰を叩きつけ、深く、更に深くと激しく犯し
歌穂は自らの乳首を強く摘み、溢れる劣情を煽る
溢れる愛液は白く濁り既に歌穂の菊穴を覆う程に溢れ、その甘酸っぱい匂いを部屋中に漂わせる
淫音と媚臭がしばらくの時間を支配する
少年の動きは容赦なく、何も気遣うこと無くひたすらに己の欲望を吐き出すためだけの動きを続ける
先に限界に近づいたのは歌穂の方だった。軽い頂点はさざ波の様に何度も襲い掛かり、締まりの良い性器とは裏腹に身体を弛緩させていく
そんな身体では襲い来る快感を堪えるのは不可能だった

87えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:41:46.60ID:???
茹で上がる様に薄紅に染まる胸は上下に激しく動き、大きく張りのある腰回りは痙攣を始めている
何かを言いたそうな口は、喘ぎと唾液をだらしなく漏らし続けることしか出来ない
なんとか快感に耐えようとするが、襲い掛かる快楽は高波の様に強くなる
快楽の波と少年の腰の動きが強く同調し始める
少年が一際大きく腰を引き、今までで一番強く腰を打ち付けた瞬間、歌穂を津波の様な絶頂が襲う
「ーーーー!!!」
言葉にもならない叫びが響き、歌穂の身体が跳ね回る
涙、涎、愛液、あらゆる体液が溢れ出す感覚はまさに『絶頂』だった

88えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:42:08.37ID:???
この快楽に浸れるのならばどれ程の幸福を味わえるのだろうか…しかし少年はそれを許さない
睾丸から何か溢れ出してくる感覚が野性を呼び起こし女としての歌穂を貪るように愛液まみれの自分のモノを荒々しく抽送する
自分の下で絶頂を迎え、その快楽に溺れる歌穂を見ると、幼い支配欲や征服欲が満たされていく
そのどす黒い感情は媚薬となって股間に伝わり、更に強く激しく歌穂を責め続ける
歌穂の肉体は絶頂を迎え、全身の神経がむき出しになったかの様に、とりわけ性器は一段と敏感になっていた
少しでも動かれるたびに荒波の様な絶頂が頭を掻き回す
イヤイヤをする様に頭を左右に振り乱し抵抗するが、虚しく快楽の虜になるしかなかった

89えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:42:28.50ID:???
その仕草一つ一つが少年の猛りを煽り、爆発に近づく肉棒の抽送を激しくしていく
何かが出る!そう感じた少年の動きがラストスパートをかける
ギリギリまで肉棒を引き抜き、限界まで奥に差し込む
その度に痙攣する膣は締め上げを強め
男わ求める様にうねる
「ぉぉっ!あっ!….おね…ちゃ……かほちゃ…イっく!」
何度目かの繰り返しでついに一番奥に辿り着いた肉棒は音が出そうな勢いで爆発の時を迎えた
歌穂の口を汚した時よりも更に強く、大量の精子を膣の一番奥を叩きつける様に放出する
その放たれる精子の感覚すら、今の敏感になっている歌穂の膣には強すぎる

90えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:42:51.62ID:???
暴走する様な粘膜の感覚は少年の射精の刺激を貪り、自分の意思とは無関係に最後の一滴まで搾り取ろうと脈動して肉棒を強く、優しく包む
激しく犯され続け、絶頂の波を止まらず受け続けた肉体は既に思考する事を許さず、その感覚が自分の放尿と間違う程の錯覚で最後に残った幾らかの力も奪っていく
真っ白になっていく歌穂の頭と身体ができたのは力を振り絞って少年の腰に両脚を絡ませて最後まで射精の刺激を貪る事だけだった

91えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:43:14.61ID:???
epl'
長い休憩の後、少年の着替えを急がせながら自分の性器から溢れる液体を拭いながら歌穂が思う
(なかだしってやつかー……すごい…気持ちよかった…うん…すごかった)
自分でする時とは全く違う快楽
それに溺れた自分など想像もしたことがなかった
(えへへ…これであたしもオトナってやつだー)
年頃の女の子らしく、やはり大人になった様な気持ちになれたのだろう。悪い気分ではなかった
下着を着けて服を着なおすと、朝と何も変わらない歌穂がそこにいた
目も合わせられないほどに動揺している少年に近づいた歌穂がちょこんとしゃがんで話しかける
「ほら、そんなんじゃバレちゃうよ。お姉ちゃんと約束したじゃん?おぼえてるでしょ?」
こくんと頷く少年
「…うん。内緒。言わないよ。」
はっきりと答える

92えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:43:29.85ID:???
それを聞いた歌穂はいつもの子供の様な笑顔で頭を撫でる
「よーし!絶対だよ?」
それからの時間は写真にサインを入れてあげたり、テレビを見たりとありきたりな暇つぶしだった
昼前には叔父達は病院から戻り、弟の病状がたいしたことは無いと聞く
今日は忙しかったからと夕食は出前を取り、昨夜よりは大分落ち着いた夜を過ごす事となった
弟は薬のお陰で、兄は午前中の出来事で疲れてしまったのか、早々に眠りについていた。歌穂もまた突然の出来事と、その後のジェットコースターの様な展開を思い出し、少しの後悔と反省と不安、それを大きく超える満足を味わいながら深い眠りについた。

93えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:43:47.29ID:???
3日目の朝には両親が迎えに着いた
大人同士の話は長く、結局夕方まではご厄介になる事となった。歌穂は病み上がりの弟を気遣い、3人でボードゲーをしたりテレビを見たりとゆっくり過ごす
たまに目の合う兄はまだ照れている様だったが毎年恒例の景色の中で最後の一日は終わりを迎えた
帰っちゃ嫌と駄々をこねる弟を叔母が諭し、歌穂もまたくるよとぎゅっと抱きしめる
兄はまだ少し照れてはいたが寂しさを堪えて言葉を絞り出す
「…ねえ、また来てくれるよね?」
「あたりまえじゃん!すごい来るからね!」
歌穂もすぐに応え、ぎゅーっと抱きしめた
…車に荷物を詰めていよいよの際、少年が歌穂を呼び止める
「お姉ちゃん!…俺さ、大人になったらお姉ちゃんとけ…けっこんしてやるよ!」
叔父には叩かれ叔母にはからかわれ弟にはずるいと拗ねられる少年
歌穂はもう一度近寄り頭をぐしゃぐしゃっと撫でる

94えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:44:10.92ID:???
「あははー、生意気に!かっこよくなったらちょーっとだけ考えてあげるよー」
真っ赤になった少年と2人で照れ笑いをして、周りに聞こえない様に呟く
「ないしょ、約束だよ?」
そう言って不慣れなウインクをする
「うん、ナイショ!」
少年も出来損ないのウインクで返す
頭を跳ね上げる様に2人で笑い、別れの挨拶にバイバイをして車が走り出す
(…あ…なかだしって大丈夫かな?あたしの安全日っていつ?……んー…ま、いっか!相手は子供だし多分だいじょーぶ!)
あまり悩まずに帰路につく
(えへへー、あたしも大人って感じだよー。師匠に自慢しちゃおっかなー)

95えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:46:18.40ID:???
「美味しかったですね!」
助手席の彼女が満面の笑みで話す
久し振りのデートだったので奮発したかったけれど、彼女はいつも〈そんなに高くなくていい〉と遠慮する。
俺の方が年上なんだから遠慮しないでといつも言うのだが、あまり高いお店だと緊張して食べた気がしないらしい。
そう言う変に子供っぽい所がとても可愛くて大好きだ
とはいえデートなんてものを周りにバレるわけには行かないので、個室のある気の利いたお店を用意したのだが、味も雰囲気も申し分の無い良いお店に彼女は上機嫌だ

96えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:46:36.95ID:???
「肉、柔らかかったね」
こんな大したことのない感想にもテンポよく返してくれる
「そう!ちょっと噛めば無くなっちゃうの!フワーって!」
大きなリアクションで車内を賑やかにしてくれる。こんな時は本当に楽しんでくれた証拠だ。
本当は昼間に色々な所に連れて行ってあげたいのだが、今は無理だろう。
勘のいい彼女はそんな気持ちを汲み取ってくれるのか、密会のようなデートでも毎回一生懸命楽しんでくれる

97えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:47:04.46ID:???
ガチャッ
「うわーー!ねえ、すごい夜景!」
部屋に入るなり窓に駆け寄る
せめてもの気持ちに食事とホテルは高すぎず、それでいて上質なものをと毎回気を使うようにしているが、どうやらホテルも大成功だ。
これだけ喜んでくれると俺も気分が良いものだ。二人分の荷物を机の置いて彼女の横に立ってみた。うん、我ながらなかなかのロケーションじゃないか。
「なんか高そう…大丈夫ですか?」
ちょっと拗ねたような、からかうような顔をしてドンと体をぶつけてくる
こんな時の顔が堪らなく好きだ

98えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:47:26.74ID:???
「いや、実はそんなに高く無いんだ、割引もあったし。まあひなちゃんほどじゃ無いけどきちんと稼いでますし。」
軽くトンと体で突きかえす
距離を縮めて肩を抱いてみるとひなたが少しもたれかかって来た
顎を軽く指で持ち上げて触れるだけの軽いキス
いつものように耳まで真っ赤になって照れ笑いをしている。何度目でもこの初々しさが堪らない
頭を撫でて
「かわいいなぁ」
と言うと、顔をさらに紅くして照れ隠しにふざけてくる
「もう!また子ども扱い!」
そりゃそうだ。いくつ離れてると思ってるんだ?

99えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:47:41.23ID:???
年上年下どちらとも付き合ったことはあったがこの子程大人びて子供っぽい子は見たことがない
紆余曲折あって付き合う事になったが、それなりに歳も離れている為余裕があるように見えるのだろう。でも俺だってドキドキだ
「あはは、本当の事だろ?でもそれが可愛いんだって」
精一杯大人振って抱きしめた
「大人ですー!もー!」
ひなたがしがみついてきた
そうムキになる所が子供だと思うのだが、まあ確かに大人っぽい所も増えてきたのは認める。
「確かに身体はだいぶ大人だな」
そう言いながらスカートの上から尻を撫でてみた。張りのある大きくいい尻、安産型という奴だ。

100えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:48:02.38ID:???
「やーだー!そう言うのほんとヤラシイ!」
突き放そうとしているが全く力が入っていない。こういうのは嫌いじゃなく照れ隠しで抵抗の素振りをしてるだけだという事は知っている
そのまま片手で尻を、もう片方で頭を抱えて顔をギリギリまで近付けてみる。
ひなたが目を閉じ背伸びをして自分から口付けをしてくる
大人のキスで荒々しく彼女の舌を求める。控えめに俺を迎えていたひなたの舌が自分から動きたがる頃を見計らって舌を離す
仔犬のように鼻をくぅんと鳴らして切なそうな動きで俺の舌を探してひなたの舌が動き回る。やっと舌が触れると俺より激しく舌を絡ませてくる

101えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:48:24.70ID:???
どれ位の唾液を交換したのだろうか?
俺の口の中がひなたの味に変わるあたりで唇を離した。名残惜しそうにひなたの舌が糸を引いて離れていく
久しぶりの熱いキスに柄にもなく没頭してしまった。
ひなたってこんなにキスが上手かったか?そんな事を考えながら見つめると、やっぱり照れて目を逸らされてしまう
「ひなちゃん…キス、うまくなったね?」
そう言って抱きしめる。情けないとは思うが相手は芸能人だ。周りには格好いい奴やお金持ち、口の上手い奴もたくさんいるだろう。さすがに少しだけ気にはなってしまう。
そんな事ないよと俯いてぎゅっと抱きつき返してくれる顔は、耳で真っ赤になっている
褒められたと思ったのだろうか?ちょっと口元がにやけてすらいる。そう言うニュアンスじゃなかったのだが…
もう少し突っ込んでみよう
「誰かと練習とかしてた?」
冗談っぽく聞いてみた

102えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:48:40.94ID:???
「してないです!もう…」
更に力強く抱きついてきてくれる
ああこの反応は本当だ、安心できる。
現金なもので先程までの嫉妬が晴れると途端に彼女をからかいたくなってしまう
「じゃあひなちゃんがエッチなんだ?そんな事ばっかり大人になって」
耳に息がかかる距離まで顔を近づけて
囁くように聞いてみた
「エッチじゃないよ…もう …やぁだ」
ちょっと怒ったような声で否定してきたが、これは声だけだ。
その証拠に、体は全てを預けるように俺に抱きついたままじゃないか。
こんないじらしい反応を見せられるとますますからかいたくなってしまう
「そうなの?嫌ならやめよっか?」

103えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:48:53.65ID:???
先程までの甘い抱擁が嘘のように、あっさりと体を離して彼女の目をじっと見つめてニコッと微笑みかける。
自信がある、ひなたは絶対にこれじゃ終われない。しばらく目が合って、毎度のように照れ笑いで誤魔化そうとする彼女の頬を抑え逃げ道を塞ぐ
「どうする?やめる?」
もう一回聞いてみると、イヤイヤをする様に首を小さく降って小さく
「…いじわる」
と訴えかけてくる。予想どおりの反応だ。こうなれば主導権は俺のものだ。
「続きしてあげるから、スカートめくってごらん?」
優しく命令してみる。
俺は今まで自分のことをSっ気があるとは思っていなかった。男であるから多少はその傾向はあったのかもしれないが、芸能人との行為というシチュエーションがそうさせるのか
それともひなた本人がそうさせるのか
この子と付き合い始めてからはこうやって言いなりになっていく様子を見ることに異様に興奮する様になってしまった。

104えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:49:13.18ID:???
真っ赤になった顔で俯き、ゆっくりと長いスカートを捲り上げていく
暗めのスカートから覗く白く健康的な脚が徐々に露わになっていく
もうじき下着が見えるという所でやっぱりもじもじと動きが止まってしまった。ここまでしておいて[やっぱり止める]とならない事は分かっているが、それでも意地悪く聞いてみる
「どうした?やっぱりやめる?」
ゆっくりながらも少しずつ下着が見えてくる。やがて全てが見えるまでにはだいぶ掛かったが、ひなたのむっちりとした下半身に食い込む下着が全て露わになった。

105えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:49:26.10ID:???
しかしこれは…うん、確かに大人だ。
年齢とは不相応な、下着と言うよりはランジェリーにカテゴリーされるパンティだ。
ほとんどレースで隠れている部分など殆どない代物じゃないか
「すごいの履いてるね、ひなちゃんってそんなにやらしかったんだ」
下着に見とれながらひなたを蔑む
「ち、ちがうよ…あの、ほら、前にこういうの履いてって…だから」
上ずった声で必死に答えている
ああ、確かに以前ラブホテルで流れるアダルトDVDを見ながら冗談混じりにそんな話をした気がするが、まさか本当に履いてくれるとは…
思えば服装の趣味も大人っぽくなって来たのも俺に合わせてくれているからなのかもしれない。
彼女も大人の恋愛ごっこを楽しんでくれているということか

106えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:49:46.19ID:???
「ひなちゃん俺のお願い聞いてくれたんだ?嬉しいよ、ありがとう。」
そういって優しく頬にキスをする
スカートを離し抱きついて来ようとするがそうはさせない
「ダメ。ほらスカート」
そう言ってもう一度めくらせる
相変わらず真っ赤になって照れてはいるが、先程よりは少ししっかりとした手つきでスカートを捲り上げた
「ちゃんという事聞けたからご褒美あげないとな」
そう言ってしゃがみ込んだ俺の目の前には陰毛まで透ける下着が露わになっている。
今すぐ押し倒して犯してしまいたい程の興奮が襲って来るが今はまだ我慢だ。
まるで誘うかの様に軽く開いた脚の付け根に指を這わせてゆっくりとなぞると既にそこはうっすらと濡れている
元々が感じやすい子ではあるがキスだけで相当興奮した証拠だ

107えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:50:12.23ID:???
ならばもっと興奮してもらうとしよう
撫でる様にゆっくりと指を動かしてレースの感触を味わう。俺の指には良い感触だがひなたからすれば焦らされているのも同然の感触だろう
決して強くは触れない様に指先を遊ばせる
スカートを持たせているのが良かった。自分で触って気持ちよくなる事が出来ないためにモジモジと体を動かして衣摺れを味わう程度の快感しか味わえないのだから
さほど時間も経たない内にひなたの脚が閉じ始める。少しでも自分で刺激を与えたいのだろう
「ほら、脚開いて」
少し強めの口調でそれを阻止し、両手で先程より大きく脚を開かせる
何とも淫媚な光景だ
再び指を這わせては焦らし、脚を閉じようとすれば更に開かせてを繰り返し
ひなたの口からは消え入りそうな喘ぎ声が漏れ続ける
一度強めに敏感になった部分を擦り上げると、待っていたかの様に甘い嬌声が部屋に響いた

108えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:50:32.64ID:???
もっと強く深くと求める様にひなたが腰を沈めてくるが、俺はそれを許さない。沈める腰と同じ強さで指を引いてますます焦らしてみると泣きそうな声で
「ねえ…なんでぇ…」
と艶めかしく腰を振ってくる
ダンスの上手いひなたらしい腰の動きで俺の指を探し求めている
ポルノのような動きで俺の指を探し求めた果てに、ひなたの脚はガニ股で情け無く開かれた。
膝は大きく外を向き、全てが透ける程のいやらしい下着で腰を突き出して指を求めるその姿はライブやテレビで見る可愛らしさも力強さも少女らしさも無い、惨めで破廉恥な姿だった。

109えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:51:58.40ID:???
「何その格好、変態じゃん。ねえ、アイドルのくせにそんな格好して恥ずかしくないの?」
惨めさを煽るように小馬鹿にするような口調で責めると、ひなたはガクガクと膝を震わせて声を漏らす
「ふぁぁ…やぁ…いわないでぇ」
媚びるような声を出して一段と情けない動きで指を求めてくる
動きを止めている指に自分から腰を前後に擦り付けて快感を貪ろうと必死だ
それを見ている俺の興奮も頭がおかしくなりそうな位に高まっているし、そろそろ一度イかせてみようか?
「イきたいの?」
スカートを握る手に力を込めながらひなたが頷いた。

110えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:52:33.49ID:???
「だったらイかせてくださいってちゃんとおねだりできる?」
命令口調で囁くと少しだけ躊躇したようだが素直に受け入れた
「はぁ…あのね………イきたいの」
なんとかひなたが絞り出した
薄々気がついてはいたが、ひなたは相当なM気質だと思う。前から恥ずかしい事をしたりされたりする事に相当な興奮を覚えている気はしていたが、今日それが確信に変わった
だとすればもう少し踏み込ませて貰うとしよう
「ねえ、ちゃんとおねだりしてって言ったよね?できないなら止めちゃうよ?」
既にだいぶ濡れている指を引いてわざとらしく舐めとると聞いた事も無いような切ない喘ぎが漏れた。自分の中でも相当盛り上がっている様子だ
「ぁふ…ごめんなさい……お願いです…イかせてください…ねぇ…イかせてください…」

111えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:54:17.87ID:???
まるで何かに取り憑かれたかのように繰り返している
きちんと言えたのだからご褒美を与えなきゃ可哀想だろう
指先にぐっと力を入れてクリトリスを強めに押し込むとひなたの腰が大きく痙攣し、愛液とは違うさらっとした液体が噴き出した
まさか…潮吹き?
簡単にイってしまった事も驚いたが今まで潮を吹いた事などなかったのに…
指先を押し込んだままくいっ、くいっと動かすとその度にそれは溢れ出す
面白がって指の動きを早めたところでひなたが声にならない絶叫と共に膝から崩れた
ひとまずここまでか…
ぐったりとするひなたを支え「お風呂で綺麗にするよ」と促す。
力なく頷いてもたれかかるひなたの手はいじらしくスカートを握ったままだった。本当、可愛い奴だ…

112えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:54:41.25ID:???
お風呂でもしっかりとひなたを可愛がってやったが、徹底して何も入れてはやらなかった。シャワーと言葉でひたすらに焦らして羞恥を煽ってやったのだ。
ひなたのスイッチはしっかりと入りきった様子で、普段は見せたがらない女の顔を惜しげもなく見せてくる
抑えの効かなくなったひなたが身体を押し付けながら俺の下半身に手を伸ばすと
「ねぇ…ベッド…」
潤んだ目で懇願してきた。男冥利に尽きるとはこの事だ。ひなたのおでこに優しくキスをしてお風呂を出た

113えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:55:55.97ID:???
ベッドに腰掛けるとひなたが隣に掛けようとする
「違う、こっち」
目の前の床を指差すとひなたが素直に俺の足の間に正座した。
少しだけ乱暴に髪を握り、強引に股間に顔を近づけると蕩ける目付きで舌を出して俺のモノを受け入れようとする。
もう少しという所で顔をずらし、頬にモノを押し付けた。
「うぅん…」
残念そうな吐息を漏らすひなたの顔にモノを擦り付けて、柔らかい頬の感触を楽しんでみる。柔らかいもち肌が熱を帯びて非常に心地良い。
髪を握った手を上下左右に振って、マーキングをするように顔の全てに擦り付けた
鼻を鳴らして匂いをかいでいるこの上なく下品な姿に興奮してしまい我慢汁が止まらない

114えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:57:18.98ID:???
我慢できなくなったのか、ひなたが舌を伸ばし先走る汁を舐めとると、箍が外れたように俺のモノを貪り始めた。
綺麗な髪を振り乱すほどに頭を振り、部屋中に響き渡る程に音を立てて俺の射精を求めてくる
熱い口内の唾液、締め付ける唇と絡みつく舌の感覚に、自分でも驚く程あっさりとイかされてしまった
嬉しそうに口の中の液体をティッシュに吐き出すひなたを「気持ちよかったよ」と頭を撫でて褒めてやると、特に頼んだわけでは無いのにもう一度丁寧にモノを舐め上げてきた
「綺麗になったね」
そう言って笑いかけるひなたの顔を見て、俺の箍も外れてしまう

115えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:57:41.59ID:???
ひなたをベッドに投げつけるように押し倒し、無理矢理に脚を広げ、優しさのかけらもない乱暴な挿入をする
嫌がる素振りを見せるひなたが余計にら興奮を掻き立て、更に乱暴に強引に犯してしまう
ひなたの口からは「いや!いや!」と
拒絶の台詞が漏れるが、身体は言葉とは裏腹に愛液をまるでお漏らしのようにあふれ出させ、荒々しい挿入と混ざり合い白い本気汁となってまとわり付いて来る
形の良い胸を握り潰すように揉みしだき乳首を摘みあげると既に芯が入って有り得ない程の硬さになっていた

116えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:58:02.16ID:???
いつもより強めに乳首を捏ねると悩ましい喘ぎ声が漏れ、大きく開かれた脚を蟹挟みのように閉じて俺の腰を離さないように捉えてくる
俺の中のどす黒い支配欲が燃え上がる
「何だよ、乱暴にされてるのに乳首こんなにしてさ。無理矢理の方が良いのかよ?」
馬鹿にするような口調
今までひなたにこんな乱暴な言葉使いをした事なんかなかった。年上ぶりたくもなかったし何より彼女を尊敬していたからだ。
しかし今は尊敬する彼女の惨めな姿にどうしようも出来ない位興奮してしまい、言葉使いなんか正直どうでも良くなってしまった

117えっちな18禁さん2018/10/02(火) 14:58:29.47ID:???
強く捏ねるだけでは飽き足らない
少し優しく胸を揉み、しっかり油断をさせた後に爪を立てて乳首を責め上げる
部屋に絶叫が響き渡り、俺を挟む脚が女の子ではありえない程の力で腰を締め付けた
喘ぎ声にしやくり上げるような呻きが混じっている
しまった、やりすぎた…我に返ってひなたを見るとやはり泣いていた。当然だろう。
「ごめん!本当にごめん!」
覆い被さり優しく抱きしめると、ひなたが下からぎゅっとしがみ付いて耳元で囁く
「あのね…痛いのはほんとにイヤなの…」

118えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:10:59.76ID:???
あぁ、なんて馬鹿なことをしてしまったんだろう。こんなに大好きな子を傷つけてしまうなんて…
せめてものお詫びのつもりにと、その後は一晩中甘く優しく彼女を抱いた
明け方にはひなたの涙は痛みでは無く幸せの涙に変わっていた
次の日、夕方からの彼女の撮影に合わせてゆっくりとしたドライブとデートで時間を過ごす。昨夜に続きたっぷりと甘やかし、優しくからかって、人目を気にして何度もキスをする
別れ際にはそんな時間を名残り惜しむようにひなたが首筋に跡が残るようなキスをしてくれた。
「浮気はダメですよ?」
小洒落た事をしてくれる。お返しにひなたの首筋にも跡が残るように強くキスをする
「ひなちゃんも、ね」
目があって幸せを噛み締めながら二人で笑う。
降り際に鏡で身だしなみを整えて
「あー!もう、こんなのバレちゃうじゃん、やだー!」
そう言って幸せそうな顔でひなたが車を降りた。

119えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:12:05.55ID:???
その後も何度も何度も俺たちは隠れてデートと、勿論身体も重ねた。そして分かった事がいくつかあった
まず、ひなたは結構いやらしいという事。これは薄々気づいていたが、確信になったと言うべきだ
恥ずかしい事や屈辱的な事に異常に興奮するという事、痛い事は駄目だという事、そしてお願いや命令はほぼ聞いてくれるという事
そしてそんな事をされた後はひたすら優しく甘やかされるのが一番好きだという事
先日の下着の件からデートの時にはいつも俺好みの下着を付けるように言い聞かせている。
最近は彼女のオナニー用にオモチャを買ってあげてプライベートでも使わせている。
ひなたにコンドームを買いに行かせた事もあったがあれは興奮した。真っ赤になってレジに行く姿は忘れられない
地方遠征の時、夜中に落ち合って青姦した事もあった。ひなたがとても乱れていたのをよく覚えている

120えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:12:18.37ID:???
そして今日はライブの日。
俺のお願いはライブ中にリモコンローターを入れておく事だ。AVでよくある奴、あれをやって見たかった
ひなたもさすがにこれには引き気味で
「えー…こう言うのはムリだよー」
なんて言っていたし、やってくれなかったとしても観客の熱狂するステージの子が俺の彼女だという優越感を味わえるだけでも満足だ。
ライブ中に何度もスイッチを入れてみたが、特に何のリアクションも無い。
そんなに良い席でもないから電波が悪いかもしれないし、そもそも入れてすらないかもしれない。何にしても素晴らしいライブで、そこにはいつも以上にキラキラと輝く彼女がいた
この後落ち合う予定のひなたにメールを入れて、ライブの余韻を楽しんだ

121えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:12:59.13ID:???
予定通り、頃合いを見計らって二人で落ち合う。ホテルの部屋では俺はチューハイを、ひなたはノンアルコールカクテルでライブの感想を肴に盛り上がる。あのシーンが格好いい、あそこが可愛い、セットリストがどうだ、そんな話が盛り上がった頃にふと聞いてみた
「そう言えばさ、今日はさすがにしてくれなかったね」
ほっぺたを突いてにやけるとひなたは黙って俯いて携帯をいじり始める
あれ、もしかしてあのお願いで相当怒っているのか?なんて考えていると、隣に座って無言で携帯を俺に見せてきた
画面はムービーのようだ。暗い画面の向こうで小さく声が聞こえる。
「かし……ひ…たです。これ…らロー……を入れ…ライブ……てきます」途切れ途切れな小さな声は間違いなくひなたの声だ。画面が少し明るくなる。どうやら通路の一角、物陰のような場所らしい。携帯が写すひなたは今日のライブの衣装だった。

122えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:13:16.33ID:???
スカートをたくし上げて白いアンダースコートが見えると、それをずらして隙間からローターを滑り込ませる。
急いで服を直して全身を写し
「いってきまーす」
といつもの笑顔で手を振ったあたりでひなたを呼ぶ声が入り、ムービーか途切れた。
画面をスライドさせると次のムービーが始まった。どうやらトイレのようだ。便座に腰掛けて下着を下ろしているいるひなたが
「ライブが終わりました。ちゃんと入れてたけど…スイッチ入れ過ぎだよ…危なかったんだから」
そう言いながら愛液にまみれたローターを膣から引き抜くと大きなため息が漏れ、画面が性器をアップで映し出した。
指でそこを開きヒクヒクと動く入り口とその濡れっぷりを見せつけて、再び画面が顔を写す。
「あんまりイジワルしないでね……いっぱい感じちゃいました…」
真っ赤になって囁いて動画は終わった

123えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:13:35.48ID:???
これはたまらなく興奮させてくれる…
「なんだ、ちゃんと入れてくれてたんだ。しかも動画まで撮ってるじゃん」
そう言って真っ赤になってうつむくひなたを覗き込む
「やだもう!…あんまりみないで」
照れて逃げようとするが、頭を抱きかかえてそれを阻止して
「ちゃんとスイッチ入ったの?」
と聞いてるとコクンと小さくうなづいた。自分で見せた癖に相当恥ずかしかったらしく、目を合わせてくれない。
顎を持ち上げ目をしっかり合わせてもう一度問いかける
「そっか、どうだった?気持ちよかった?」
ひなたは照れ笑いしながらコクンともう一度うなづいた。
「やだもう!」
精一杯の照れ隠しだろう。そう言って俺の胸に顔を埋めて来る。

124えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:14:28.02ID:???
ライブの余韻の残る体温に興奮しながらねちっこく問い詰めてみた
「ほら、どうだったか言って?みんなに見られてて感じたんだろ?」
胸元の髪の毛を撫でて甘やかせながら言葉を引き出してみるが、なかなか言葉で言えないひなたは俺の胸に顔を擦り付けしがみついて甘え続けるだけだ。
その仕草がたまらなく愛しくなり、顎を持ち上げて深いキスをする
待ちかねていたかのようにひなたもそれを受け入れた。
お互いの舌が溶けてしまうんじゃないかと思う程の長い時間のキスが終わりゆっくりと唇を離して彼女を見つめる

125えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:17:37.78ID:???
離れすぎず近すぎず、もどかしい距離を保ちながらもう一度聞いてみる
「ライブ中、気持ちよかった?」
頷いてひなたが答える
「…あのね……すごい…気持ちよかったの」
そう言って照れを隠すようにひなたからのキス。
そのまま抱き抱えてひなたが上に乗る格好で後ろへ倒れこんだ。綺麗な髪の毛がふわっと顔を撫でる
「恥ずかしい事されてるの見られて興奮してたの?ひなちゃんはそんな変態だったんだ」
言葉で優しく羞恥を煽る。
「本当は見られてイッちゃんったんじゃないの?」
頭と背中を愛撫の手前程の強さで撫でながら問いかけると、消え入りそうな声で耳元で呟く
「…うん」

126えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:17:52.57ID:???
触れ合う頬の温度が上がるのが分かるんじゃないか?その位にひなたの恥じらいが伝わる呟きだった
認めてしまった諦めからなのか、力なく体を預けてくるひなたを撫でて遊ぶと、小動物のように戯れてくる
いつも以上に胸や股間を擦り付けてくるのは、今日が相当興奮した証拠だろう
耳を甘く噛み、吐息をあててあげると身をよじってくすぐったがる。そのまま大きなお尻に手を伸ばしてその張りを楽しみながら何度も何度も揉みしだくと、次第にひなたの吐息が甘くなる

127えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:18:08.31ID:???
たいした愛撫という訳では無かったが、それでも我慢が出来なくなる位に今日の羞恥はこたえたらしい
その吐息と抱きつく力の入れ方で既に欲しがっているのがバレバレだ。
欲しいのか?と聞くと無言でうなづくひなたに俺の服を脱がすように促すと
おずおずと服に手を掛ける
上着を脱がしやすいように万歳をすると丁寧にシャツを抜き取ってくれる。
その様子がまるで犯されているような新鮮さがあってまた良い
下も脱がせてもらいパンツだけになるとひなたに一つ命令をしてみる
「パンツは口だけで脱がせてよ」
少しだけ戸惑ったひなただが、すぐに顔を落とし込み腰の部分を咥えて下にずらし始める。
ボクサーパンツなのでぴったりとフィットしている為に簡単には下がらない。位置を変えながら少しずつ、一生懸命に口だけを使い俺の下着をずり下ろす。

128えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:18:23.35ID:???
ひなたの息使いと髪の毛が絶妙な心地よさで肌を撫でていく。
そそり立つ俺のモノが引っかかりこれ以上は降りそうもない所まで差し掛かると、一瞬だけ躊躇ったひなたが唾をを飲み込んで覚悟を決める
先端を覆う部分を唇で優しく摘むように持ち上げて、半分ほど引き下げる
彼女の仕草全てに興奮している俺のモノは既に臨戦態勢でそそり立つ
ひなたは物欲しそうな目でそれを見るが、なんとか我慢したようで再び竿のを覆う部分に唇を添える
下着越しにひなたの唇の温度と柔らかさが伝わると、それだけでイッてしまいそうになるのをなんとか耐えて全てを脱がさせる。

129えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:18:40.66ID:???
俺の足先から下着を咥えて抜き取ると、既に出来上がっているひなたはそのままの勢いで俺の股間に近づいてご褒美を貪ろうとするが、それを制止する
「どうしたの?何がしたいか言わなきゃ分からないよ?」
意地悪く言うと、恥ずかしそうな顔で、しかし躊躇はなく答える
「…ほしいの…ね?お口でしてもいい?」

130えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:19:03.37ID:???
「ああ、いいよ。上手く出来たご褒美だ」
そう返してあげると嬉しそうに俺のモノに顔を近づけ、愛おしそうに先端にキスをする。
竿に舌を這わせて舐め上げ、優しく咥えて唇でしごく。やり過ぎな位に唾液を絡ませて淫らな音を立ててくれる
股下まで潜り込み、愛らしい口に睾丸を含んでその中で舌を使って転がして遊ぶ。上目遣いで恥ずかしそうに微笑むひなたの可愛い顔と、その顔で今している行為がなかなか結び付かない。
別に口だけで、とは言っていないが彼女は手を使わない。その方が俺が喜ぶと、そして手を使ったとしてもそのうち口だけでと言われる事も分かっているのだろう。

131えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:19:18.22ID:???
丁寧に睾丸を転がし、竿を舐め回してから亀頭にキスをする。
そのまま亀頭がひなたの口内に吸い込まれていく。温かく滑る口内で、まるで別の生き物のように絡みつく舌
時折息継ぎの為なのか口を離す際に糸を引く唾液が一段と艶めかしい
既に俺の股間もひなたの口周りも唾液と先走り汁の混ざった液体で相当濡れている
そろそろ暴発してしまいそうなのもあるが、そろそろこっちが責めてみたい。必死にむしゃぶりつくひなたをなだめてお風呂へ誘う。

132えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:19:32.13ID:???
少し広めの浴室で身体を洗う
マッサージをするようにひなたの身体を隅から隅まで撫で回し、身体をすり合わせてボディソープを泡立てる
だが、敏感な所には2度触れない
ギリギリの所まで攻めて、もう少しの所で離れていく
それを何回が繰り返した辺りでひなたが折れる
「…ねえ…どうして触ってくれないのぉ…」
甘えた声で腕を掴んでくるが、簡単には触るつもりはない
「ちゃんとおねだり出来たらね」
そう言ってまた焦らすように指を這わす

133えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:19:56.66ID:???
「お願い…します…触って…ください」
絞り出すようにねだる。
指先が割れ目に近づき、もうちょっとの所でまた離れる。
「ぇ……な…んでぇ」
泣きそうな声を出すひなたを尻目になだめるように全身を撫で、爪を立てて刺激を強く与えていく
足の指先や裏までも丁寧に、普段であればくすぐったいであろう筈の刺激ですら今は快感だろう
指先が首筋に戻って来た頃にもう一度
「それでおねだり?誰の何をどうすれば良いのか分からないよ?」
と、少し強めの口調で告げる
指先は徐々に強くスピードを上げていく。

134えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:20:12.19ID:???
「ぁ……やだあ……ねぇ…お願い…ひな…の………おま…こ…触っ…お願っ……イきたっ…」
息も絶え絶えに絞り出し、まるで餌を待つ魚のように口をパクパクとさせてご褒美を待っている
そろそろきちんとイかせてあげないとちょっと可哀想かもしれない
「良く言えたね、可愛いよ」
後ろから抱きしめて乳首に狙いを付け掌で円を描いて転がすように愛撫すると、高いうめき声と軽い痙攣と共にあっけなくひなたが1度目の絶頂を迎える。
硬くなった突起を次は指先で弾くようにそのまま刺激し続ける
指先で薄紅色の可愛らしい乳首が跳ね回り、腕の中ではひなたが快感に身をよじる。
先程よりは少しは耐えたが、程なく2度目の絶頂を迎えるひなた

135えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:20:25.54ID:???
全身が小刻みに震え、続けざまの絶頂をどうにか受け入れているようだ
その震えを楽しむように自分の体を密着させて、少し薄くなった泡をもう一度塗りたくる
そのまま腕をひなたの下半身へと伸ばし、おそらくはひなたが最も望むところへと手を伸ばす
泡の滑りではない『女』の液で溢れるそこは触れる前から熱を帯びているのがわかる
今度は焦らさずに、土手から尻まで溢れる愛液を楽しみながらを指先でなぞる。小さなまめの様な突起に触れる度にひなたの嬌声が高くなっていく
何度目かに触れた時、一段と大きく身体が震え、ひなたが3度目の絶頂を迎えた
「っーーー!!」
言葉にならない声が漏れる

136えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:20:42.43ID:???
散々焦らした効果がでているのだろう、ひなたは面白いくらいに簡単にイってしまう。しかも3回目は愛液ではないモノまで吹き出した。潮吹きという奴だ
こうなってくるともっとイかせてやりたくなるのが男と言うものだ。休むことなく指を動かし続け、更にご褒美を与え続けてあげないと男が廃る
ただなぞるだけだった指先を曲げ、快感を与える事を目的とした動きに変える。
割れ目に添わせてくすぐり軽く押し込んで入り口付近を引っ掛けるように搔きまわし、溢れる愛液をすくい取ってそれを小さな突起に強く擦り付ける
その一つ一つの動きでイっているんじゃないかと思う位、ひなたの身体は敏感に反応する

137えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:20:58.11ID:???
指を入れてすくえばすくう程溢れる愛液と、貪欲に快感を求める様な中の動きにに吸い込まれるように俺の指が飲み込まれていく先に、少しざらつく部分が触れる。Gスポットだ
軽く力を込めただけでひときわ大きくひなたの身体が跳ねた。
擦り上げる指の動きと連動する様に甘い喘ぎが漏れる。
指を腹側へと押し上げるように力を入れてあげると再び潮を吹きながら4度目の絶頂を迎える
「あーあ、その歳でお漏らし?みっともないな」
貶すように言いすてるが、耳に届いていないのか応える体力も残っていないのか、身体を震わせるだけのひなた

138えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:21:23.08ID:???
それでも腕の動きは決して止めないが
短時間での連続絶頂はさすがに身体がついていかないのか、抵抗が強くなる
「ね…っ…も…許っ……いやっ…ダメっ……ひっ!」
力を入れようとしても快感の方が上まってしまい、ただしがみ付く事しか出来ない。
喘ぎ声に泣き声が混じり始めると痙攣が大きくなってくる。そろそろ大きな波が来ると察知して今まで以上に強く激しく中を掻き回し、もう一方の手で乳首を弄ぶ
喘ぎ声なのか嬌声なのか叫び声なのかもわからないそんな声と、ひなたの股間から溢れる水音が浴室に響き渡る
程なく5度目、今までで1番の絶頂がひなたを襲った。
壊れてしまったかのような大きな痙攣と絶叫。爪を立ててしがみ付いていた腕からはふっと力が抜けて限界を感じさせる
ゆっくりと指を引き抜くと
「…ぁっ…」
と小さな声が残念そうに漏れた

139えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:21:39.10ID:???
まだ敏感なままのひなたをシャワーで優しく洗い流す。その水圧にすら身をよじるほどに敏感な身体はお湯の温度か絶頂の余韻か、火照り色付いて堪らなく色っぽく感じてしまう
シャワーが股間に差し掛かるとひなたが腕を掴み訴えて来る
「ねぇ、もうやなの…ちゃんと…その…ね?…ベットで……して…欲しいの」
甘えた声に引きずられるようにキスをする
「うん。じゃあベットに行こうか?でもその前に綺麗にしなきゃね」
そう言って脚を開かせてシャワーを浴び当てる。
もう一度、ひなたは軽い絶頂を味わった

140えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:22:03.83ID:???
「っはあっ…」
長い口づけが終わる。
名残惜しそうに延びる舌に二人の唾液が糸を引く
ベットの中での長い愛撫に酔いしれるひなた
お互いキスは好きではあるが、既に彼女の肉体はそれだけでは満足出来ないほどに火照っているのがわかる
柔らかく張りのあるもち肌を密着させ、少しでも俺の体温を感じようと必死だ。それは俺も同じではあるが…
ひなたを見下すように上覆い被さって両脚を大きく開くと、恥ずかしさとも安堵とも取れる大きな吐息が漏れた
露わになったそこは淫靡なまでに陰毛まで濡れそぼり怪しく光っている

141えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:22:26.65ID:???
「脚、自分で開いて」
両脚を抱えさせ、限界まで大きく開かせる。ダンスで鍛えたしなやかな脚を惨めなまでに大きく開かれたその格好は俺の嗜虐心を駆り立てて来る。
既に待ち兼ねて準備の整ったそこに俺のモノをあてがい、オナニーでもするかのように何度も擦り付ける
「いやぁ…はやくいれてよぉ…」
そこに触れているのに入れてこない
そのもどかしさは寸止めなど比べ物にならない位の焦らしになっているはずだ。それが彼女の感度をどんどん上げていってくれる。
先だけを挿入して、弾くように抜く、それを繰り返して更に焦らせて感度を上げていく

142えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:22:51.60ID:???
頃合いを見計らって問い掛ける
「優しいのと乱暴なの、どっちがいい?」
腰の動きを止めず、絡みつく愛液を楽しみながら返事を待つ
「ぁ……はげし…く…おね…がい……いっぱい…ほしぃのぉ」
分かりきってはいたが、どうやら乱暴な方をお望みの様だ
覆い被さり深くキスをして、割れ目の中央に狙いを付けて鬼頭をあてがう
ひなたがおとなしくその瞬間を待つ
ぐっと力を入れると狭過ぎるほどの入り口は愛液のおかげで心地よい抵抗を残して俺のモノを飲み込んでいく

143えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:23:10.21ID:???
切なそうな声と共にひなたが腰をよじる。『激しく』とねだった筈なのに俺の動きはゆっくり快感を味わう動きなのだから当然だ
「も…やだぁ…なん…でぇ」
自分の望んだ動きとは全く違うそれは限界以上に焦らされた若い肉体には余りに酷だろう
「どの位激しいのが良いのか自分で動いて教えてよ」

144えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:23:25.66ID:???
ひなたが下から必死に腰を動かす
しかし女の子が下から動いた所で大した激しさになるはずは無い。ましてこんな情けない動き方では逆に自分で自分を焦らしているようなものだろう
我慢の出来なくなったひなたがついに泣き出した
こういう顔に弱いんだよな、と思いながら圧しつぶすように覆い被さりキスをして耳元で告げる
「覚悟して?止めないからね」
ギリギリまで引き抜いて、彼女が望む乱暴を与える
絶叫のような喘ぎ声が響き渡った
指で与えた快感とは比べ物にならない大きな絶頂だろう

145えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:23:50.09ID:???
壊す程に深く強く差し込み、カリで引っ掻くように強引に引き抜く
リズムよくスピードを上げて、なるべく奥へ、より荒々しく犯していく
壊れたようにひなたが咽び泣き、紅潮した形の良い胸をあばれさせて玉のような汗を浮き出させる
既に最初の一突きで絶頂を迎えているのは間違いないが、休ませるつもりは全く無い。一突き毎にイかせてやるつもりで壊すように突きまくる

146えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:24:16.15ID:???
喘ぎ声かどうかも分からない声を出し、ひたすらにイき続けるひなた
『休ませて』とでも言いたいのだろうか?脚を抱えさせていた手はいつの間にか俺の腕を掴み何かを訴えるかの様に何度も力を入れてくる
抗う様に身体を振り乱して連続して襲いかかる絶頂の波から抜け出そうとするが、その仕草が俺のサディスティックな部分を甘く刺激する
ひなたの腕を振り解いて、逆にバンザイの格好に押さえつける。まるで無理矢理の様に自由を奪い取り、えぐる様なピストンで犯し続ける

147えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:24:37.35ID:???
押さえつけられ突かれ続ける彼女は既に何度目の絶頂を味わっているのだろうか?失禁の様な量の愛液をたれ流しただでさえ締まりの良い中を更に締め付けてくる
その締め付けに負けそうになり、少しだけ休みが欲しくなる
不意に動きを止めひなたの首を流れる汗を舐め取って、そのまま抱きかかえて身体を騎乗位の体制に入れ替える
「次は自分で動いてみな」

148えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:25:08.14ID:???
いつまでたってもひなたの腰は動かない。それどころか俺にもたれ懸かり力無く抱きついて荒く息をするだけだ
ちょっと乱暴に髪の毛を鷲掴み、顔を上げさせて強い口調で言う
「自分で動けって言っただろ?」
そう言って下から一気に突き上げる
再び大きな喘ぎ声を上げるひなた
ベットの跳ね上がりを上手く使い、先程よりも深く強い突きでひなたを下から犯す

149えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:25:22.12ID:???
掴んだ髪を離すと力無く身体を預けてくるひなた。耳元で色気のある喘ぎを続け、俺の興奮をさらに高めてくれる
先程から何度もイかされている彼女の肌は甘く薫る汗にまみれて密着するお互いの身体を包んでくれるが、汗特有のべたつきが少しだけ不快でもある
少しだけ冷静さを取り戻し、動きを止めて身体を冷ます

150えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:25:43.70ID:???
時間が経つにつれて荒かったひなたの吐息が徐々に落ち着きを取り戻していき、しがみつく手にも力が戻っているようだ
改めてゆっくりと頭を撫でながらひなたを覗き込む
涎にまみれた口元、耳まで赤く染まる汗で顔に張り付く乱れた髪の毛がとてつもなく色っぽい
苦しいのか笑っているのか分からない表情の彼女に見惚れていると、ひなたと目があった

151えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:26:05.98ID:???
火照った顔をさらに赤く染めて照れるひなた
「え………なに?もう……はずかしいよ」
そう言いながら更に身体を密着させてくる
「いや、凄い…その、綺麗だなあって思ってさ」
素直な想いを伝えるとひなたが俺の頬に手を添えて深いキスで応える
「うふふ……うれしい…ありがと」

152えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:26:21.01ID:???
胸元で甘えるひなたを優しく撫で回してゆっくりと興奮を取り戻す
「いっぱいイったね」
少し意地悪く問いかけると唇を尖らせてぶすっと拗ねて
「もう…あんまりいじわるしないで」
そう言いながら俺の胸をペシッと叩いて文句を漏らす
「自分で激しくって言ったでしょ?
…じゃあ最後はどうして欲しい?」
可愛らしく拗ねる彼女に聞いてみる
「…ちゃんとして欲しいの…普通の

153えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:26:34.29ID:???
がいいの」

再び正常位の体制に入れ替え、熱いキスを交わし丁寧に昂らせていく
自分から腕を絡ませ潤んだ瞳で求めてくるひなたに優しく挿入し、敏感な所を集中して攻めていく
彼女の望むような普通の行為
弄ぶのに比べればつまらなくも感じるが、その分ひなたの表情や声をきちんと感じられる
甘えるような喘ぎ声
振り乱す綺麗な髪
張りのある胸と形の良い乳首
肉付き良くしっかりと締まった腰回り
健康的でしなやかな脚
その全てが美しい

154えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:26:55.32ID:???
上体を立てたまま彼女がよく見える態勢で突き続ける
挿入しながらクリトリスを擦り上げると今までで一番甘い声が漏れ、擦り上げる度にキュッと締め付けてくる
抱えた脚に舌を這わせるとくすぐったそうに身をよじるが決して嫌そうではなく身を任せ受け入れている、そんな仕草だ
膝裏を舐めあげ太腿へと舌を這わせていくと自然と繋がったそこが露わになる格好になってしまう

155えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:27:17.91ID:???
「ぁあ……ん」
恥ずかしそうな吐息
情けない格好にさせられたひなたの羞恥心が高まっていく
ぐっと押し込む毎に溢れる喘ぎと愛液
更に強く締めてけてくるそこにそろそろ限界を迎えてしまいそうだ
動きを早め、叫ぶように言葉をなげつける
「ひなた…イキそう!…いいか?」
奥まで押し込み、子宮の入り口に亀頭を擦り付けてお互いの絶頂を導く
「ぁあっ!…やっ……なか…だめ!…っあぁすごっ……いやっ!」
シーツを強く握り閉め、絞り出すような叫びをあげるひなた

156えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:27:35.68ID:???
先に絶頂を迎えたのは彼女だった
身体がピンと突っ張って力が入り、足の指が丸まる。ひなたのそこが一気に収縮した
小刻みに痙攣しながら時折大きく跳ねる腰をしっかりと支えて出し入れを繰り返し、彼女の絶頂を追いかける
止まらない動きと快感の波に涙を流すひなたの表情が美しい。
綺麗なものを汚してしまいたいという嗜虐の気持ちが体を駆け巡り、一気に精子が駆け上がる

157えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:28:03.91ID:???
最期の理性を振り絞ってもう少しのところでなんとかモノを引き抜き、大きくひなたを跨いだのとほぼ同時にあり得ないほどの量と勢いの射精
自分でも驚く勢いで、それはひなたの顔まで飛んでいった
熱い液体が顔にかかり、ひなたが反射的に口と目をぎゅっと噤む
まだ出し足りないモノを何度もしごき、このまま止まらないのではと不安になるほどの量を容赦無くぶちまける
首筋から額までを汚して、やっと放出は収まった

158えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:28:28.07ID:???
迸りが止まったのを察知したひなたが目元の液体を拭おうとする
「はぁ…はぁ……ぁっ?…ぁぁ」
それが何か分かったようで、安堵と諦めの混じったような吐息を漏らす
指先でひなたの顔にかかった精液を掬って口元に集めると、ひなたが小さく口を開けてそれを受け入れる
全部を口に流し込み、そのまま指を口の中に入れて舌で舐めとらせる
従順に従うひなたが舌を絡ませてそれを舐めている

159えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:28:41.17ID:???
「こっちも綺麗にして」
二人の体液で汚れたモノを近づけると、舌を伸ばしてそれを受け入れた
舐めやすいように覆い被さる
温かい舌が丁寧に汚れを舐め取っていく。口に含んで亀頭を離して竿をと、敏感になり過ぎているそれを愛おしそうに両手で包みながら綺麗にしていく
くすぐったいような痺れが全身を襲い、力が抜けていく
最後の残り汁を吸いとられた感じがあった頃
「ありがと。もういいよ」
そう言って離そうとするが、ひなたは止めようとはしない

160えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:28:56.09ID:???
優しかった舌の動きはいつの間にか強くなり、口の中でぐるぐると動き回り、唇の締め付けも強くなる
添えられていた手も睾丸を弄り始め、爪の先で優しく引っ掻くようなもどかしい快感で責めてきた
「ひっ!…ちょっ、ひな…ダメだって」
腰に力が入らない。痺れと痛さとくすぐったさが入り乱れた感覚が襲い、変な声が漏れてしまう
ひなたの舌が鈴口を何度も強く舐めあげる

161えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:29:11.02ID:???
「ぁあっ!ひっ!…ほんとダメだって!」
無様な声を出しながらなんとかひなたから離れた
どっと襲ってくる疲労感に耐えきれずひなたの隣りに倒れ込むと、ごろんと寝返りを打ちひなたが密着する
長い髪の毛が汗で乱れて無造作に顔に張り付いている
そのまま見続けたい位の色っぽさだ
暫くの間、二人はただ抱きついて火照りを冷ました

162えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:29:30.47ID:???
腕枕で甘えるひなた
「イった後はダメだって、あんなに舐められると耐えられないよ」
頬をつつきながら苦情を伝える
「わたしの時もやめてくれなかったじゃん?」
悪戯っぽく、満面の笑顔で返される
激しくって言ったのは自分なのにと思いながらも笑い返す
「そりゃそっか。でもいっぱいイったみたいだし、良かったでしょ?」
そう言って顔を近づける
「もう、ばか……うん…よかったけど…」

163えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:29:52.67ID:???
真っ赤になって答えるひなたの頭をくしゃくしゃっとなで回して
「じゃあ次はもっと激しくする?」
と聞いてみる
「えー、ふつうのもしてください」
そう言って伸び上がるようにキスをしてくる。否定も肯定もしない。
「激しいののあとでね。そうだなあ、今度は首輪とか手錠とかは?そうだ、衣装でとかもしてみたくない?あと…」
ふざけて色んな要望を話し、ひなたに呆れられてはなだめて…そんな幸せなピロートークが続き、いつの間にか抱き合って深い眠りについていた

164えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:30:10.93ID:???
朝の始まりはひなたの口の中だった
昨日のふざけた会話でそれとなしに話した事
〈朝はフェラで起こされてみたい〉
呆れたひなたの顔がすぐに思い出せる位なのだが、本当にしてくれるとは思っていなかった。
朝一から、我ながらなんの節操もないとは思いながらも夢の様な出来事と、股間の上の美少女の照れ笑い、そして全身に走る快感になんの抵抗もできずにイかされてしまう
「っはあ…最高」
思わず漏れる言葉にひなたがえへへと笑った

165えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:30:29.21ID:???
続きもしたかったが彼女は朝から仕事があるらしくシャワーで一晩分の汗と汚れを落とす
髪の毛のセットを手伝う
「こっちの方が…うん、大人っぽい。ひなちゃんこれ似合うって。どうかな?」
後ろで纏めた髪と片側だけ下ろす前髪
今日の大人っぽい服装によく似合う髪型だ
「ほんとですか?えへへ、良いかも」
ひなたも気に入ってくれた様だ
姿見の前で髪と服をいじり、くるっと回って全身を確認している

166えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:31:28.88ID:???
「これなら隣にいても変じゃないかな?」
そう言ってにやけて腕を組んでくる
実際変などころか相当良いと思う。自慢できない事が悔やまれる
荷物をまとめチェックアウトをし、余裕を持って仕事に間に合う様に彼女を送る
「そう言えばお化粧良いの?」
ふと思い聞いてみる
「いいの、今日はメイクさんにしてもらおうかと思って」
そうか、仕事だもんなと思いながら
すっぴんでも可愛いんだから普段はそれでもいいよと伝えてみたが、女の子はそうもいかないらしい。
「まだ若いんだからあんまり化粧しすぎると後々肌荒れするんじゃない?」
そう言うと
「ほら!また子供扱いー!」
可愛く拗ねてくる。大人らしかったり子供っぽかったりと忙しい子だ

167えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:31:44.39ID:???
人目に付かない所で車を停め
「じゃあまた、仕事頑張ってね」
と髪を整えてあげながら別れのキスをする
次に会う約束をして車を降りるひなたが去り際に言う
「衣装、借りれるか聞いてみるね?」

168えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:32:44.91ID:???
ー夕食時を少し過ぎたとある部屋ー
「ただいまー。おー、もうやってるねぇ」
元気よく部屋に入った女が両手に持った荷物をテーブルに置いて部屋の奥の様子を伺う
スーパーの袋に入った食料品や飲み物を大雑把に並べてアウターを脱ぎ、明るい声で話を続ける
「いやー、慣れてないお店だとよく分かんないしレジ混もんじゃって。もうたいへん!」
そういって伸びをしながらソファに腰掛けた
疲れたというよりは嫌気がさした、そんな表情で飲みかけのお茶を一口飲んで再び奥の様子を伺う先では誰かを介抱しているような様子の影が見える

169えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:33:00.23ID:???
ふうっと一息ついて声をかけ直す
「ねえそれ凄い効いたでしょ?」
自慢げな口調だ。それを聞いた奥の女…真山が応える
「すごいね、これ。少し飲んだだけなのに…ねえこんなの何処で覚えの?」
感心しているのか呆れているのか分からない様な声だ
「どうせ大学で覚えたんでしょ?そんな事ばっかり覚えて…」
今度は明らかに拗ねた様子でじっとソファを見つめる

170えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:33:24.67ID:???
「そんな事ばっかりじゃ無いよー。まあ大学って色んな奴多いるからほら…ね?」
参ったなぁと言った感じで美怜が応える
この部屋…別荘も美怜の大学の同級生の受け売りで借りた貸別荘だ
観光地とは言え少し奥まった山中にある為格安で借りれたのだが、設備も部屋も中々のクオリティの屋敷だった
少し位騒いでも人目につかないと言うのは芸能人にはこの上ない好条件だ
アクセスも車があれば特に問題は無い程度で、必要なものはすぐに手に入る。適度に田舎といったところか

171えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:33:46.37ID:???
真山の言う飲み物はいわゆるノンアルコールカクテル。味と見た目の良い、いかにも女子大生の好みそうな代物だ…しかし実際はアルコールを感じさせないが相当強いお酒である
酒を飲み慣れない人ならばすぐに潰れる程でありながら口当たりが良く止まらない、女からるすと凶悪な代物だ
「でもさ、私は教えただけで作ったのは真山だからー」
自分の良心に言い聞かせるように美怜が話す

172えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:34:08.86ID:???
「ほら、美怜はすぐそうやって…それに作ったの私じゃなくて莉…」
罪をなすりつけられた、そんな気持ちになったのか、少しだけムッとした表情の真山の言葉の途中でもう一人が部屋に戻ってきた
「あ、美怜ちゃんおかえり!」
明るい声が響く
トイレから莉子が戻ってきた
先程と同じ話を繰り返し、3人は美怜の買って来たお茶を飲みながら少し一息をついた

173えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:34:29.70ID:???
「そう、みれいちゃんアレすごい美味しかった!」
莉子がカクテルを指差して嬉しそうに話す
「えー!まさか莉子飲んじゃったの!?」
さすがに莉子には早すぎると美怜が驚く。
「ううん、作ってる時にちょっとだけだよ。お酒入れないやつで」
心配をよそにけろっとした顔で莉子が応え、それを聞いて安堵する美怜。
…その表情を見て真山が拗ねる
「あーあ、美怜は莉子には心配してあげるんだ?」

174えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:34:43.42ID:???
色っぽい唇を構ってくれないと駄々を捏ねる子供のようにぷくっと尖らせる
「そんなんじゃ無いってば。もう真山ったらすぐ拗ねちゃうんだから」
そう言って美怜が真山の手に自分の手を重ねる
指が一本ずつゆっくりと絡み合い、いつの間にか恋人のようにしっかりと握り合う二人の手
「あー、みれいちゃんばっかりずるい!」
莉子が逆の腕にしがみつく
「りかちゃんは私よりみれいちゃんがいいの?」
続け様に莉子が真山に問いかける

175えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:34:58.21ID:???
「え…そんな…私はどっちも…」
困った様な声でうつむきながら、しかし満更でもない様子の真山は小柄な身体を更に小さく丸める
「あーやだ、真山は誰でもいいんだ、ショックだなー」
美怜がぷいっとよそを向く
「えー、そうなんだ。りかちゃんは私のモノだと思ったのにー。じゃあいいや」
悪戯っぽい笑みを浮かべて莉子は席を立ち、部屋の奥へ行ってしまった
もちろん冗談であるのは美怜も莉子も同じだったが、それでも真山は不安そうに莉子を見ている

176えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:35:10.92ID:???
「あーあ、莉子にフラれちゃったね?どうする?」
絡めた指先をまるで愛撫の様に動かして美怜が真山をからかう
(えっ!そんな…私…嘘っ)
心では冗談だろうと思ってはいるのだろうが、席を立つ莉子の姿に焦りを隠せない真山
その不安から逃がれる様に美怜の指の動きを受け入れる
「なにー?寂しくなっちゃったの?」
どこか嬉しそうに年上をからかう美怜
二人の距離が徐々に縮まっていく

177えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:35:33.89ID:???
一方、奥の部屋へと向かった莉子は先程まで真山のいたソファに寝転がる、例のカクテルを飲んでしまったもう一人に声をかける
「ねえぁぃぁぃだいじょうぶ?」
ひたいには真山が用意したであろう濡れたタオルが置かれている
飲み始めてすぐに酔いの回った廣田は
いつにも増してテンション高く喋り捲り、あっという間に潰れてしまっていた。
余程の酔いなのか莉子の声に全く反応する様子もない
「よし、だいじょうぶ。うふふ」
反応のない事を確認すると、何かを企んでいるのか莉子は薄っすらと笑みを浮かべた

178えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:35:54.96ID:???
莉子がひとしきり作業らしき事を終わらせ二人の元に戻ると、既に下着姿の二人が濃厚な口付けの最中だった
莉子に気付いた二人が身体を離す
「おかえり。どうする?莉子も一緒にする?」
美怜の問いかけにすぐさま莉子が答える
「うん、する!」
元気よく答えると真山を挟む様に騒がしくソファに腰掛ける
「良かったねー真山、莉子戻って来たよ。両手に華じゃん」
太腿に手を這わせながら耳元で囁く

179えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:36:13.49ID:???
両側の美少女に満更ではない様子の真山
その健康的な脚を美怜の細い指が撫で回す
下着の縁まで指を這わすとピクンと小柄な身体が跳ねる
反対側では同じく下着姿になった莉子が真山の唇を塞ぐ
美怜の繊細で濃厚なそれとは違い乱暴な口付け。真山はそれをされるがままにそれを受け入れる
莉子の舌に蹂躙され、真山の筋肉が弛緩していく

180えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:36:30.39ID:???
舌を絡めながらゆっくりと唇を離す莉子
「…ぁっ…」
名残惜しそうな声が漏れた
二人の唾液が大量に絡まりながら糸を引いて口元を汚していく
何も言われずも真山が莉子の口元の涎を綺麗に舐め取り、頃合いを見計らって美怜が真山の脚を持ち上げて自分の太腿の上に乗せる
それを見た莉子も同じように反対側の脚を持ち上げる
しなやかで健康的な脚は大きく開かれた。まだ下着をつけているとは言え、そのあられもない姿は真山の羞恥を大きく誘う

181えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:37:10.55ID:???
「やだ…恥ずかしいよ、こんな格好」
真山が両手で顔を隠す
口だけの抵抗
恥ずかしさ確かにあるが、真山にはそれが堪らない興奮となって身体を襲う
「真山ぁ、凄いヤラシイよ?」
美怜が耳元で吐息を吹きかけながら囁きかける
真山がピクンと反応した
その反応に喜ぶ莉子も、嬉しそうに耳元で囁く
「りかちゃんすごい格好だよ?」
再び身体がピクンと跳ねる
両側から耳を舐められくすぐったさが襲うが、それはすぐに快感へと変わり真山の吐息を甘くしていく
漣の様に押し寄せる快感を身体を震わせながらじっくりと味わっている様だ

182えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:37:25.61ID:???
莉子と美怜の手は大きく開かれた太腿をまさぐり、もう一方では真山と手を繋ぐ
自然と真山の動きを制限する様な格好となって、小柄な身体を弄ぶ
はしたなく開かれた真山の秘部を隠す下着がしっとりと濡れはじめた
「あれぇ、真山もう濡れちゃってるじゃん、やらしー」
美怜がからかう
「りかちゃんほんとエッチだね」
莉子も同じくからかう
恥ずかしそうな息を荒げる真山の敏感な部分をめがけて下着の縁から美怜の細い指先が滑り込む
何かに気付く美怜

183えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:37:48.56ID:???
「あらー…ねえ莉子、今日の真山ヤバイかも」
にやりと笑う美怜に真山が反応する
「いや、美怜いわないでぇ…」
媚びる様な声で真山が懇願する
莉子が興味津々な顔で聞いている
「真山アソコの毛全部剃ってるよ」
蔑む様に告げた
「嘘!ぱいぱんなの?りかちゃんヘンタイだー」
目を輝かせて莉子が喜んでいる
真山の顔が一瞬で真っ赤に染まった
元々濃い方では無い真山は剃毛の必要が無い。陰毛を剃る理由は彼女がそれを罵られたいからだった
無論二人はそれを知っている為、饒舌に言葉で真山を罵る

184えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:38:09.40ID:???
「あーあ、真山がそんな変態だったなんて…やだなあ」
「ほんとだよ。大人なのにツルツルなんて恥ずかしい!」
「ねえ真山、どうせ自分で剃ってて興奮したりしてたんでしょ?」
「りかちゃんそんな事でコーフンするヘンタイなんだ?」
耳元で交互に交わされる甘い罵倒は吹きかけられる温かい息と相まって真山の脳を溶かしていく
両耳からの興奮と快感に胸を波打たせて溺れていく真山
美怜は滑り込ませた指を抜き、踊る様に波打つ胸に手を伸ばし、ブラジャーの上から揉みしだく

185えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:38:30.07ID:???
莉子の手も太腿を離れ真山の口肉付きの良い唇を開かせて奥へ入り彼女の舌を弄ぶ
真山はそれを従順に受け入れ、愛おしそうに莉子の指を舐め回す
半開きの口からは涎が滴り、真山の細く長い首筋を汚す。吐息に混じる水音が莉子を昂らせる
真山も両耳を舐められ罵られ続け、既に全身が痺れるほどに火照っている
開かれた脚を抑える手はもう無いが、彼女は脚を閉じようとはしない
そのはしたない格好でいる事が自身の興奮を高めてくれるからだ

186えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:38:59.77ID:???
美怜が胸を揉みながらもう一方の手を真山の背中に伸ばして器用な手つきでブラのホックを外し、緩んだ肩紐を腕から抜き取る
薄いラベンダー色のブラジャーが肌から離れ、真山の小振りな乳房が露わになる
嬉しそうに微笑む美怜
少し色の濃い乳首は既に硬く尖り、荒い息遣いに波打つ胸と相まって物欲しげに上下する

187えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:39:16.38ID:???
美怜の手が胸に触れる
ちょうど掌できれいに包み込める大きさの胸。その張りや形を楽しむように優しく捏ね回す
「みんな無い無いって言うけどさ、私真山の胸大好きだよ…凄いかわいいのに」
そう言いながら人差し指で尖った乳首を抑え、くるくるっと糸を絡めるように回すと莉子の指に弄ばれている真山の口からずっと我慢していた声が漏れた
「んんっ!」
普段とは違う高い声と共に大きく開いていた脚が途中まで閉じかけるが、羞恥を噛みしめるように再び真山は震えながら脚を開く

188えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:39:38.46ID:???
莉子が真山の口から指を引き抜く
ぎりぎりまで顔を近づけ、涎で糸を引く指を味わうように舐め取る
「りかちゃんの声かわいい!おっぱいも好きだけどわたしはりかちゃんのクチビルの方がすきだよ」
人差し指で真山の半開きの唇をなぞると、何かを求めるように妖艶な唇を割って舌が伸びる
その仕草に堪らず真山の顔を抑え自分の方に引き寄せて強引に唇を奪う莉子
技術的にはまだ拙いが、まるで舌を吸い取るかの様に強く吸い付き乱暴に真山の口内を蹂躙する

189えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:40:02.56ID:???
お互いが強く求め合う口付けを間近で見せつけられた美怜
「…あーあ、なんか妬けちゃうなぁ」
そう言いながら人差し指の爪を立てて乳首を回すように弄ぶ
真山は雌犬の様に鼻を鳴らし胸をよじるが、美怜の指はしつこく乳首を狙い続ける
爪で乳首を押し込むと痛みと快感の混ざりあった刺激が真山を襲う
莉子の荒々しい口づけがそうさせるのか、それとも美怜に弄ばれる乳首の刺激からなのか、真山の下着が大きく染みを作っていた


190えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:45:27.67ID:???
「あれー真山さーん、もしかしてお漏らしなのかなー?」
乳首を弄りながら美怜が嬉しそうにからかうと莉子が唇を離し真山の股間を覗き込む
「あー、ほんとだ!りかちゃんもうパンツ濡れてるよ」
無邪気な声で辱めしっとりと湿るそこへ指を伸ばそうとするが、美怜がそれを制止する
「莉子、やめときなよ。おしっこかもしれないよ?ねー、真山」
「え!?ヤダー、きたない。そうなの
りかちゃん?」
あられもない姿で淫らに汚れる下着をさらけている真山を二人が罵る
「残念だねー、せっかく莉子に触ってもらえる所だったのに。おしっこだと汚いもんね」
「そうだよ、ざんねん!りかちゃんキモチよくしてあげたかったのにー」

191えっちな18禁さん2018/10/02(火) 15:45:43.98ID:???
両手で顔を隠しながら真山が息を荒くする
二人の罵倒が本気では無い事は分かってはいるがその言葉で自分のはしたなさを噛み締めて興奮を昂ぶらせていく
「違うの…お……おしっこじゃ無いよぉ」
小さな顔を真っ赤に染めて消え入りそうな声でつぶやく言葉に二人の顔が下卑た微笑みをこぼす
「ちがうの?じゃあコレなあに?」
莉子が股間に顔を近づけ、ふぅっと息を吹きかける
真山の小柄な身体が一瞬ビクンと大きく跳ねる
「ねぇ真山、おもらしじゃ無いなら何でこんなになってんの?」
美怜が子供をあやすかのように真山の頭を撫でた

192えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:07:08.55ID:???
「ほらー、これはなんなの?真山さんのお口から聞きたいなー」
美怜が優しく促すが、その言葉に酔い痴れるように身悶えをしていやいやの素ぶりを見せる真山
その股間はまた更に潤いを増して染みを広げている
目の前で大開脚の真ん中で染みを作る下着のその様を見る莉子は、ご満悦の様子で引き締まる太腿に頬ずりをする
「ねえパンツもっと濡れてきたよ?すごーい、りかちゃんなにこれ?」
太腿の温もりと股間の湿気を楽しそうに味わう莉子
その言葉にも煽られて身を焦がすような羞恥に溺れる真山
頃合いを見計らうかのように美怜が顎をクイッと持ち上げ、今までとは違う少し低めの声で呟いた
「真山、はっきり言いなよ…コレ何なの?」

193えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:08:22.61ID:???
見下すような冷たい声に真山の身体の芯がぶるっと震える
「ぁ…あ…あの…気持ち良いの…エッチなお汁…なの…」
遂に真山の口から言葉が漏れる
だが美怜の言葉は続く
「へー、まだ大した事なーんにもして無いのに?もう気持ち良いの?何、真山ってそんなにやらしいんだ」
髪の毛を乱暴に鷲掴みにしながら、幻滅したかのような口調で耳元に囁く
「……ヘンタイ…」
その一言にひときわ大きく真山が震えた
「あぁ…そんな…違う…言わないで…」
美怜の罵りと自分の発した言葉に酔いしれて細かく震える身体
「違う?違わないじゃん。そんな格好してパンティ濡らしてさ、ヘンタイだよ」

194えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:08:36.52ID:???
鷲掴みにした髪の毛をぐっと引き上げて、吐き捨てるように罵る
顎が上がり露わになった長い首筋を舐め上げる美怜
「ねえ真山、私素直な真山が好きだよ?」
先程の冷たい声とは真逆な、いつもの甘い声が真山の耳に響き、その言葉に促されるように言葉を漏らす
「あぁ…………そう…なの……そうなのぉ…私変態なの…こんな格好…恥ずかしいのに……興奮…しちゃうの…」
真山の大きな瞳から涙が溢れ、まるで泣きじゃくるように自分の惨めさを吐露する

195えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:08:55.63ID:???
「変態さんなんだね、可愛いよ真山」
鷲掴んだ髪を離して優しく手櫛でとかしてら涙目でしゃくり上げる真山に口付ける美怜
「莉子、真山はヘンタイだから恥ずかしいのが興奮しちゃうんだって。たくさん気持ち良くしてあげようね」
「うん!いっぱいきもちよくしてあげるね」
待っていましたとばかりに莉子が指を伸ばし、下着の上から染みをなぞる
触れるか触れないかの微妙な感触が真山の敏感な部分を擦り上げると、布越しでもそれがわかる程に愛液が滲み出る
「りかちゃんいっぱい出てくるよ?おもしろーい!」
割れ目に沿って指を上下させる度に染みを広げていく

196えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:09:13.91ID:???
真山の小柄な身体が激しく跳ねる
莉子の一見乱暴な、しかししなやかな指使いはじっくりと執拗に秘部を刺激し続けて声を我慢する真山の理性をゆっくりと溶かしていく
鼻を鳴らすような甘く切ない喘ぎは莉子の好奇心と嗜虐心を昂らせる
「ねぇ!ねぇ!りかちゃん、もうパンツぬいじゃおうよ」
無邪気な声で下着のウエストに指を掛け、答えを待たずに引き下げる
愛液が糸を引く中で下ろされた下着の奥から、丁寧に剃り上げられた割れ目が露わになる

197えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:09:30.92ID:???
「…ぁ……ねえ…莉子も脱ご?……私だけじゃ恥ずかしいよ…」
切なそうに訴える真山を尻目に、剃り上げられた割れ目にはしゃぐ莉子
「わたしはイイの!…うわ!りかちゃんホントにぱいぱんだ!すごーい…ぜんぶみえちゃうね」
股間に顔を近づけ、親指でそこをぐっと大きく広げる
細部まで剃り残しの無いそこはまるで子供の様でありながら淫靡に濡れて大人の女の妖艶さを纏って糸を引く

198えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:09:44.92ID:???
広げられた割れ目のには湧き水の様に愛液を滴らせる薄紅色の穴の入り口がヒクヒクと、まるでそこだけが違う生き物の様に呼吸をしている
その脈動に吸い寄せられるかの様に、莉子が顔を埋め吸い付いた
強引な舌遣いは先程までの布越しのもどかしい刺激とは真逆の強烈な刺激となって真山を攻め立てていく
舌先に力を込め穴を奥までこじ開け、わざとらしく大きく吸い上げて部屋中にジュルジュルとすすり上げる音を響かせる
「…んっ…りかちゃんスゴイ…どんどんでてくる!…ぜんぜんとまらないね」
何かに取り憑かれたかの様に貪りつく莉子

199えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:10:02.59ID:???
「…莉子ー、そんなにがっつかないの」
少し呆れた様な口振りで美怜が呟くが、莉子の耳には入らないらしい
溢れる液を堪能したのか秘部から口を離すと、今度は長い指でその穴を蹂躙し始める
キュッとよく締まる入口をこじ開けて進む指先
「うわあ!ねえりかちゃん、入ってくのまるみえだよ、すごいエッチ」
その様を愉しむ様に、ゆっくりと捻りながら指を収めていく
愛液を通して真山の身体の中の熱が指先に伝わっていく

200えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:10:21.02ID:???
「…あ!…りかちゃんココ!キモチいいでしょ?」
何度目かの締め付けを超えた先に、ざらつく質感を確認した莉子が嬉しそうに指先をクイッと曲げて、そのザラザラな部分を擦り上げる
「っっああっ!」
ここまで耐えていた真山の口から堪らず悲鳴の様な喘ぎが漏れる
その反応を見た莉子の指の動きは更に早まり絶妙な力加減でザラザラな部分、Gスポットを犯していく
透明な愛液はいつの間にか白濁したものに変わり太腿からは珠のような汗が滲む

201えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:10:37.72ID:???
指を締め付ける力が一段と強くなり、甘酸っぱい香りが鼻をつく
真山の下腹部が小刻みな痙攣を始めたのを感じ取った莉子がスポットに指先を強く押し当て一気に揺さぶると、彼女の声とは思えない程の甲高い喘ぎ声と共に大きな震えが全身を走り抜ける
愛液を滴らせながら真山がイッた
まるで莉子が指先で持ち上げているかのように高く浮く真山の腰
細過ぎといっても良いその体のラインが踊るように宙で跳ねている
「わ!わ!すごい!なんかいっぱいでたよ!」
楽しそうにその様子を眺め、更に指先に力を入れていく莉子
真山の喘ぎが呻き声に変わりはじめる

202えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:11:02.56ID:???
「ほらー莉子、そのへんにしときなって。せっかく色々用意したのにもったいないじゃん?」
頃合いを見計らい美怜が割って入る
「あ、そうだよね。おもわずワーってなっちゃった!」
しまったという素振りを見せながら莉子が指を引き抜くと、真山の体液で汚れた指をペロリと舐めとった
水を差されたとはいえ盛り上がった莉子が止まるはずもなく、まだぐったりとした真山を揺さぶり声をかける
「ねえりかちゃん、わたしもうガマンできないよ!ベットにいこ?…イイよねみれいちゃん?」

203えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:11:24.71ID:???
「…はぁ……ベット?………うん…行こ?」
惚けた顔で頷く真山
そんな彼女を引き起こし、乱れた髪を直しながら莉子が楽しそうに笑う
「やったー!ねぇ早く!あのね、今日はイロイロ持ってきたの!たくさんつかってあげる」
まだ足腰の覚束ない真山を引きずるようにベッドルームへと向かう莉子
そんな二人を見て美怜がぼそっと呟く
「…あーあ、二人で盛り上がっちゃった、ざーんねん…まいっか。じゃあ私はこっちで楽しもーっと」
そう言って向かう先にはカクテルで酔いの回った廣田が寝息を立てて横たわっていた

204えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:11:40.05ID:???
廣田の両手には莉子によって手錠がかけられていた
しかしそれは如何にもな物ではなく、痕を付けない様に考えられたファーの付いた可愛らしい物だ。とはいえ拘束具としては申し分のない物ではある
片脚首にも似た様なものが取り付けられていたが、それは本来棒状のものと組み合わせて開脚状態で拘束するものなのだろう。
しかし若干の扱いにくさからなのか、途中で放置された様であった
「もう莉子ったら。これ途中で飽きたでしょー…」
苦笑いで美怜が見つめる

205えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:12:04.66ID:???
「……ぅ……ん」
廣田が寝返りを打ちながら目を覚ます
「あ、起きた?」
机で頬杖をつく美怜が気付く
長い黒髪が頬にまとわりつき、少しうざったそうな様子の廣田
「うー…なんか変…」
まだ酔いが醒めていないのか、言葉に張りはなく呻くような声で酔いの回る気持ち悪さを訴える
「気持ち悪いなら動かない方が良いよ?」
美怜がにこっと微笑む

206えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:12:20.64ID:???
一度はこくっと頷いたが調子の悪さをなんとかしたいのと、飲みすぎたアルコールからの体調の変化が激しい廣田
「ぅん…おトイレ…行く」
そう言って立ち上がろうとしてやっと異変に気がついた
「何…?美怜ちゃん…これ…」
自由の効かない両手を上げて訴える
「何って…手錠じゃん。それカワイくない?」
楽しそうに美怜が答える

207えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:12:36.28ID:???
確かに可愛らしいデザインではあるし、楽しい雰囲気の中でのイタズラかも知れない。そんな事が頭を巡るが上手くまとめられない
「そうだけど…頭…痛……おしっこ…」
なんとか回る呂律で言葉を紡ぐ
「だからー、動けないんだから動かない方が良いってば」
そう言って立ち上がる下着姿の美怜とその眼差しを見て、廣田の酔いが一気に醒める
「!……美怜ちゃん、何で脱いでんの?」

208えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:12:49.29ID:???
「ん?ああこれ?なんか部屋暑くってさ。女同士だし別に良いじゃん」
あっけらかんと答え、ゆっくりと廣田に近づいて行く
「そうじゃなくて!美怜ちゃんふざけ過ぎ!ちょっとマジで取って、ね?」
まくし立てる廣田に少し苛つく美怜
「あー、もう……ちょっと静かにしよっか?」
口を開いたタイミングを見計らって廣田の口にボールギャグを押し込んで話を遮る
両手をロックされた廣田の抵抗など大したことはなく、あっさりとギャグは口に固定された

209えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:13:07.76ID:???
「ゴメンね、あいか暴れちゃうとアレだから」
何が起こっているのか廣田が理解する前に、美怜は手際良く足首の固定具に棒を通して開脚状態に固定する
ふうっと一息をついて、改めて口を開く
「うん、オッケーオッケー。あいか凄い似合ってるよ」
床に膝をつき、あられもない格好をさせられてソファに転がる廣田に顔を近づけて、その顔が良く見えるように
乱れた美しい髪をとかす

210えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:13:20.14ID:???
鼻歌交じりで特に言葉を出すこともなく、しばらくの間その髪を撫でる美怜
幾らかの抵抗を試みる廣田ではあったが、自由の効かない体制での抵抗などたかが知れていたし、その様子ですら美怜を喜ばせる要素にしかならなかった
「ほらー、あんまり暴れるとパンツみえちゃうよ」
廣田の痴態を悪戯な顔で笑う
隠そうとしても隠せるはずもなく、動けば動く程にデニムのミニスカートはめくれ上がる

211えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:13:41.44ID:???
徐々に露わになる下着に美怜のテンションも上がって行く
「あー、みえちゃったよ?…いがーい、もっと派手なのかと思ったのに」
デニムスカートからは鮮やかな緑のヒップハンガーショーツが覗く
彼女らしい色合いではあったが、美怜はもっと派手なものを期待していたのだろう。ちょっと残念そうにそれを覗き込んでいた
恥ずかしさなのか、それとも屈辱なのか、廣田は精一杯のうめき声をあげて体をよじる

212えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:13:58.11ID:???
その様子を楽しそうに眺めながら美怜が口を開く
「あいかはさぁ…………何で辞めちゃうの?」
先程とは打って変わって冷たく、それでいてどこか切なげな声が響く
その様子の変化は廣田が自分の体温の低下を感じる程のものだった
必死に何かを訴えようとするが、ギャグを噛まされた口はだらし無く涎を垂らす事しか出来ない
「あいかはいつもそう……私なんかよりずっと勝手でさ…」
そう言って美怜の指が廣田の頬に止まる
「…辞めたらさ、好きな事…するんだよね?……」
感情を抑えながらゆっくりと呟く
「…だからね、私もあいかで好きな事するの…いいよね?」

213えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:14:23.74ID:???
自由を奪われた身体で、それでも必死に抵抗しようとする廣田だが開脚姿勢では踏ん張りも効かず、ただ悶えるしか出来ない
叫ぼうとしてもギャグで大きく開かれた口はアウアウと情けない呻き声にしかならない
プライドの高い廣田の顔が屈辱に歪む
「あいか怖ーい。そんな顔しないでよ」
にこにこと美怜が笑う
それがまた廣田のプライドを刺激する
「んーー!んーーー!んん!んー!」
美怜を睨みつけて必死に叫ぶが、出てくるのは呻き声だけだ

214えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:14:42.92ID:???
余りの悔しさに身をよじって暴れる廣田。美怜が楽しそうにそれを眺める。
「もー、あんまり暴れると危ないよ?…ほら!」
少し力を込めてぐいっと脚を押すと、バランスを崩した廣田は簡単にソファから転がり落ちた
怪我をするような高さではないが固定具を付けられた身体では受け身も取れず、したたかに膝を打ちつけてしまいその痛みからしばらく動きが止まる

215えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:15:10.40ID:???
その姿勢…四つん這いを見逃さない
「だから危ないよって言ったじゃーん」
そう言いながら美怜は拘束具の棒を踏んで動きを更に制限する
惨めな姿勢を取らされただけで無く、抵抗することも奪われてしまった廣田は屈辱で一杯だった
一方でプライドの高い廣田を形だけとはいえ平伏させた美怜はご機嫌で目の前の大きな尻に手を伸ばす
「うーん、おっきいお尻!胸もそうだけどさー、あいかの身体ってエッチだよねぇ」

216えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:15:34.02ID:???
下着の上からボリュームのある尻を撫で回す
恐らくは悲鳴のような声を出しているのだろう呻き声を上げ、少しでも嫌悪感を伝えようとする廣田
多少は動く腰で少しでも手の動きから逃げようとするが、その動きは美怜から見ればいやらしく腰を振るようにしか見えていない
「あははー!何?あいかもノリノリじゃん。いつもそうやっておねだりするの?」
小馬鹿にするような口調で罵るその一つ一つが廣田の感に触る

217えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:15:59.12ID:???
「んー!んんー!!んーん!んんー!!」
口喧嘩であれば廣田の圧勝なのだろうが、言われ放題の現実がもどかしい。
助けを求めるかの様に大声で叫ぶ廣田
に御構い無して美怜はその尻を撫で回す
肉付きのいい太腿から臀部にかけて、慣れた手つきで弱点を探る手の動きに気持ち悪さすら感じる廣田の悲鳴が更に大きくなる
「…んもぅ、うるさいなあ!」
苛だちの隠せない美怜は撫で回す手を止め、力を込めてその尻を叩く
パシン!と大きな音が響く

218えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:16:22.47ID:???
「んーー!!」
まさかの痛みに廣田が更に大きな声で呻きを上げる
そしてまたパシン!と乾いた音が響く
「静かにして?あいかは静かにしてれば可愛いんだから」
呻くと叩き、叩くと呻く。そんな事を何度も何度も繰り返すうちにさすがの廣田にも疲れが出たのか目に見えて抵抗が弱くなり、全身で息をする様に四つん這いの身体が上下する
落ち着きを見せる廣田を見た美怜も尻を叩く手を休め、自らの与えた痛みを和らげるかの様に再び優しく撫で回す
「ね?暴れなきゃ痛くしないから」

219えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:16:39.73ID:???
嫌悪感は変わらない。しかし無駄に抵抗した所でどうにもならないと理解した廣田は、今は屈辱に耐える事を選んだ。『どこかで逃げ出せる』そう自分に言い聞かせて同性の穢らわしい手の動きに耐える
余りの悔しさに気が狂いそうになるのをなんとか抑え、なるべく冷静を装う様に気持ちを落ち着けていく
「んー、暴れないのは嬉しいんだけど…醒めてるのって好きじゃないなー」
そう呟くと美怜の尻を撫でる手の動きが変わる。それまでの掌で撫で回すだけだった動きが、細い指の一本一本が生き物の様に別々に這い回り始める

220えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:16:55.12ID:???
思わず反応してしまいそうになるのをなんとか抑える廣田
(っ!…もうなんなの!こんなのありえないんだけど!)
同性からこんな事をされるなど考えてもいなかった彼女は怒りで一杯だ
鋭い目つきで美怜を睨みつけるが当の彼女は余裕の表情で廣田を見下ろし、指先の動きを更に早くする
「やだー、そんな怖い顔しないでよ。シた事無い訳じゃないんでしょ?」
そう言って大きな胸を鷲掴む
服の上からでも分かるその大きさは這い蹲る姿勢によって更に強調されていた。

221えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:17:11.03ID:???
「やっぱりおっきいよねー。羨ましいなぁ。彼氏とか喜ぶでしょ?」
服の裾から腕を入れて直に胸を揉む
まるで水風船でも揉んでいるかの様な柔らかく大きな胸を慣れた手つきで揉みほぐす
尻を撫でる手は五本の指がそれぞれに違う刺激で割れ目をなぞり、胸を揉む手も又、指先が踊る様に乳房と乳首を丁寧に刺激する
心は怒りと嫌悪で満たされているはずの廣田だが、情けないことに身体は反応を始めてしまう

222えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:17:25.06ID:???
(…っ!…感じでなんかないし!こんなの気持ちワルイだけだしっ!)
自分に言い聞かせて平静を装うが、こう言ったことに対しては美怜のテクニックの方が一枚上手だ。一瞬でも身体が反応を見せれば執拗にそこを責め立ててくる
次第に身体の動きが『拘束から逃げる動き』から『快感から逃れる動き』へと変わり始めた
(違うから!違うから!)
自分の意思とは関係無く廣田のふくよかな身体は反応を繰り返し、遂にその証拠が露わになってしまう

223えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:17:46.11ID:???
「…あれぇ……なーんだー、あいか嫌がってた割にこんなに…」
しなやかな指先が摘む乳首は硬く尖り始め、それを捻る様に動かすたびに思うがままに廣田の身体がビクンと跳ねる。もう一歩で擦り上げる割れ目にも既に小さな染みが現れて温度を上げていた。
「へー、あいかも結構感度いいんだー。意外かもー」
お気に入りのおもちゃを手にした子供の様な無邪気さで廣田の弱点を責め、その反応を楽しむ美怜

224えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:18:17.69ID:???
「ねぇあいかー、乳首すっごい硬くなってる。こっちも濡れて来てるし…ねえ?感じてるんでしょ?気持ち良いんでしょ?」
美怜の指先に力が入る。先程までのゆっくりとした攻めでは無く、乱暴に、強引に、そして無理矢理イかせようとする動きへと変わって行く
下着越しに爪で擦り上げられる陰核
強く押し込まれる乳首
必死に耐える廣田の気持ちを身体はあっさりと裏切っていく
(…ヤバイ!こんなっ!…イっちゃう!)
廣田が覚悟を決めた瞬間に美怜の動きが止まる
「ねぇあいか?気持ちいいでしょ?」
美怜が微笑む

225えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:18:41.90ID:???
廣田はその顔を見て悟る
(…言わせたいんだ…何それ!絶対言わないし!そんな卑怯なのに負けないし!)
精一杯の力でイヤイヤをする様に、美しい黒髪を乱しながら頭を左右に振る
「…あー、そうなんだ…」
美怜が少し残念そうに呟いた
「でもね、私あいかに気持ちよーくなって欲しいの。だから…」
そう言いながら長い髪の毛を鷲掴み、頭を無理矢理ぐいっと持ち上げる
「あいかの口から聞きたいの」

226えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:19:03.90ID:???
…それからどれ程の時間が経ったのだろうか…
手慣れた美怜に良い様に弄ばれる時間は永遠に続くかの様だった
無理矢理に昂ぶらされてはすんでの所で手を止められる。何度も何度も繰り返されるそれは確実に廣田の肉体を侵し、心を壊していく
実際、自尊心の高い廣田でなければ耐えられなかったと言い切れる程に美怜の指先は的確に急所を責め立てていた。
もう何度目なのか?それすらわからなくなった寸止めが再び廣田を襲う
「…ねぇあいか?まだ気持ちよくないの?」
美怜が耳元で問いかける。
その甘ったるい声が頭の中に響き渡り気が狂いそうになるが、それでも廣田は頑なに首を横に振る

227えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:19:21.30ID:???
『こんな事に負けない』廣田らしいプライドとは別にもう1つ、彼女を支えているものがあった。
寸止めで弄ばれる快楽よりも、今は強く廣田を襲う感覚。
尿意
『他人の前でお漏らしをするなど許される事ではない』圧倒的なプライドが今の廣田を支えていた
しかし男性とは違い、女性の我慢の限界は短い。一度でもイってしまえばそれと同時に漏らしてしまうだろう。
何としてもそんな痴態を見れるわけにはいかない
そんな廣田の思いを打ち砕くかの様に、冷徹に寸止めを繰り返す細い指。

228えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:19:34.04ID:???
(っっ!…もう…ヤバイ!…これ以上…)
何とか凌ぎ切ったものの、次を耐えられる自信は廣田に残ってはいなかった。
(せめてトイレだけでも…)
無駄かもしれないがそれだけでも伝えたい。力を振り絞り呻き声をあげる
思う様な言葉は出ず、呻き声と涎を垂れ流すだけの口がどれだけ惨めなものか。悔しくて仕方ないのだが今はそんなことより…だ。
必死の訴えに美怜が何かを感じ取った
「どしたの?素直になっちゃうの?」
そう言ってボールギャグを外す

229えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:19:55.41ID:???
大量の涎がボールギャグと口からだらりとこぼれ落ちるが、そんなことを気に留める余裕など無かった
「…っ!おトイレっ!お願いみれいちゃん!おトイレだけっ!ねっ?」
溜まっていた怒りを忘れて大声で叫ぶ。
廣田が冷静な状態であればその申し出が美怜を喜ばせるだけな事位は判断できたはずだが、最早そんな判断力など残ってはいなかった
「…なーんだ…そんなことか…………うん、いいよー」
少し悩む様なそぶりを見せながらも優しく微笑みながら答える美怜に安堵する廣田。
美怜は廣田の頭を撫でながら手にしたボールギャグに残る涎を舐め取った。

230えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:20:18.43ID:???
そしてそのままもう一度、ボールギャグを廣田の口に押し込む
「!?んんんーーーー?」
いいよ、の答えに気が緩んでいた廣田はあっさりと言葉の自由を奪われた。
美怜が再び口を開く
「トイレでしょ?ここでしてもいいよ?」
そう言って立ち上がりキッチンに向かうと金属製のボールを持って来て廣田の横に置く
「ハイ、これでどうぞ。…嫌ならトイレまで這ってく?私どっちでもいいよ?」
美怜の顔は興奮で、廣田の顔は絶望で染まっていた

231えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:22:41.42ID:???
「ほらー、したいならどうぞ。我慢しなくて良いんだよ?」
優しく語りかけながらぐっと下腹部を押し込む
その刺激から逃げるように安定感のない四つん這いで逃げるように前に進む廣田
太腿には珠のような汗が滲み、限界の近さを物語る
這い蹲るような格好で、しかも両足首は固定されていては大した速さでは動けない事は本人も分かっていた。動いたところでトイレに入れるのかもわからない。しかし《ここでなんて絶対に嫌》という思いがなんとか廣田を支えていた

232えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:22:59.81ID:???
なんとか部屋を出るまでは移動できた廣田の動きがついに止まる
大きな尻が痙攣を始め、呻き声が切なさと諦めの入った音にかわる
(…もう……ダメ…動いたら漏れ…ちゃう)
震える腰を左右にくねらせる廣田を見下ろす美怜が声をかける
「あれ?限界かなー、頑張ったのにねー。じゃ、そろそろしちゃおっか?」
そう言って廣田のパンティに手をかけ一気に引きおろすと、黒々と茂る隠毛が露わになる
「あいかさ、少しはお手入れしなよ?伸ばしっぱなしじゃん。莉子だってキレイにしてるのにー。これじゃよく見えないー」

233えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:23:30.18ID:???
クスッと鼻で笑いながらその様を蔑まみ、手に持ったボールを股下に置く
「ま、あとで剃っちゃおっか?それよりもー……ほーら、いい加減に出しちゃえー!」
一気に下腹部をぐっと押し込むと、切ない呻きをあげながら遂に廣田の力が抜ける
同時にはしたない音を立てて温かい尿が勢いよく茂みの中から吹き出した
〜壊れてしまったのかと思う程の長い時間の放尿〜
その体勢では股下に置かれたボールを狙えるはずもなく、情けなく辺り一面を汚す。放尿の音、金属を打つ水音、フローリングに落ちる水音、そのどれもが廣田のプライドを粉々に打ち砕いた

234えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:23:50.42ID:???
やっと止まった放尿に呆然とする廣田と恍惚の表情の美怜
美怜はまた下腹を押し込み最後の一滴まで押し出すと、その腕を濡らす液体を振り払う
「あーあ、凄い量…それにさ、あいかってあんなに下品な音立てておしっこすんの?」
美怜は興奮していた。罵る言葉が止まらない
「匂いも…ぅっん…クサっ!…しかもらこんなにまき散らしちゃって、まるで犬みたいじゃん」
そう言って廣田を覗き込む

235えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:25:39.97ID:???
廣田は泣いている
(…ぁ……しちゃった…人前…で……)
恥ずかしい姿を、惨めな行為を他人に見られてしまい何も考えられない。
美怜の罵る言葉も只々受け入れるしかなかった。そんな廣田の心の隙を美怜はえぐり続ける
「それに…ホラ、私にまでいっぱいかかっちゃったじゃん!……どうすんの?」
髪の毛を鷲掴み、顔を持ち上げる
涙で濡れた廣田の目からは勝気な少女の輝きは跡形もなく消え失せていた
「あいか、自分で汚したんだからあいかが綺麗にして。わかった?」
少しだけ間を置いて、廣田は生気の無い表情で小さく頷いた。
美怜は勝ち誇った表情で顔を近づけボールギャグを外し、頭を優しく撫でながら囁く
「素直ね、可愛い」

236えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:28:15.90ID:???
口元に近づけられた美怜の細い指を口に含む。しょっぱさと酸っぱさの入り混じる不快な味が廣田の舌をつく
嫌ではあったが既に抵抗する気力など無かった
「あいか、もっと丁寧に。しゃぶるだけじゃ無くて舐めるようにするの」
美怜の言う通りに指を舐め上げる
自分がまるで飼い犬になってしまったかのような惨めな気分だった
「そう…あいかは素直な方が可愛いんだから」
そう言って立ち上がり部屋に戻る
再び現れた美怜の手には首輪が掴まれていた
「黄緑とか探したんだけどさー、見つからなくって」

237えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:28:33.27ID:???
手枷足枷をされ四つん這いを強制されるだけでは無く、首輪までされてしまってはまるで本当に犬の様な扱いだったが、今の廣田に抵抗するほどの気力は残っていなかった。ただ不安そうな表情を浮かべる廣田に気がついた美怜が口を開く
「そんな顔しないの。お風呂で洗ってあげるんだから、ね?」
リードを軽く引っ張り、まるで散歩でもさせるかの様にゆっくりと廣田を進ませる

238えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:28:46.67ID:???
浴室に着くと一旦拘束を解き、手際よく廣田を全裸にさせる。恥ずかしさから胸を隠そうとする廣田の両手を素早く抑える
「おっきいんだから隠しちゃだーめ!」
そう言って和かな表情で抱きしめる
今までの事がまるで嘘かの様な表情に思わすドキッとしてしまう廣田
その隙をついて今度は後ろ手に手枷を、そして首輪を嵌める
「えへへー。ほらよく見える。さ、シャワー浴びよ?」
笑顔で美怜がリードを引っ張った

239えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:38:21.05ID:???
後ろ手に拘束された状態で立たされる廣田を美怜が洗う
そのグラマラスな身体にしっかりと泡立てたローションを丁寧に巻きつける
始めは指先で探るように、掌で撫でるように。そして徐々に腕と脚を絡ませ、その細い肉体を密着させていく
裸で密着する二人
廣田の嫌悪とも絶望とも取れる沈んだ表情とは正反対にご機嫌な美怜は、密着させた肌をゆっくりと上下左右に擦り付ける
人肌に温められたローションが二人の肌を敏感にさせてい

240えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:38:36.49ID:???
廣田の嫌悪感の裏には確かに《快感》があった。あれ程の屈辱を受けて更にこの仕打ちにも関わらず、確実に身体は反応している
全身が性器にでもなったかの様な感覚。柔肌が擦り付けられる度に身体の芯が痺れるのがよく分かる
反応などしたくはないし認めたくもないが、乳首も陰核も硬く尖っていく
そして何より悔しいのがその全てを美怜に見透かされている事だ
美怜は薄ら笑いを浮かべながら硬くなった廣田の乳首に自分の乳首をすりつける。独特の硬さはすれ違う度に絶妙な刺激となって快感を増していく

241えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:38:51.26ID:???
「ねえあいか、気持ちいいね?」
美怜が優しく囁く
力なくうつむきながら、小さく頭を左右に振る廣田
「えーそうなの?わたし気持ち良いのにー。一緒に気持ちよくなろうよー」
甘える様な声を出してローションに塗れた廣田のたわわな胸を絞る様に揉みしだく
美怜よりも大分大きめの乳輪と乳首を指先で弄び、その硬さを確認する
「こんなに硬くなってるのに?もっとしないと気持ち良くならないの?もしかしてあいかって凄い欲しがりとか?」

242えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:39:34.18ID:???
キュッと力を入れて乳首をつまみながら、長い脚を廣田の股間にねじ込み
太腿を前後に動かして性器を刺激していく
「もー、それなら早く言ってくれれば良いのに。あいかがそんなにエッチだったなんて知らなかったなー」
胸や股間は勿論、油断をしていた脇までも侵略していく指使いに廣田の反応が止まらない
本人の意思とは真逆な程に敏感になってしまった肉体は美怜の動きを簡単に受け入れてしまう

243えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:40:47.12ID:???
荒くなる二人の吐息が浴室にこだまする
美怜の指が快楽を与える度に頭を振って己を否定する廣田。その様を見て美怜の興奮は更に高まり、左手を自分の股間に、右手を廣田の股間に伸ばしてその突起をいじり始める
本気になった指先に腰から崩れるようにへたり込んでしまう廣田の頭を押さえると、惚けた瞳で呟く
「ぁん…あいか、私もうダメかも…」
廣田を跨ぐように脚を大きく開きその股間を露わに見せつけ、貪るように何かを求める指先
淫らな音が徐々に大きくなり指の動きが荒くなると美怜の太腿が何かを迎えるように小刻みに震え始める
人差し指と薬指で陰唇を大きく広げ、中指で器用に陰核を弄るその様を見せつけるように腰を少し落とし、廣田の頭をぐっと引き込み股間に近づける
目の前の光景が余りに異常すぎて思考が追いつかない廣田は思わずその開かれた割れ目に見入ってしまう

244えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:41:03.54ID:???
見られる事に興奮が高まる美怜の指が自身の1番好きな所を1番好きな動きで刺激すると程なく全身が大きくブルッと震えた
「もっ…ダメッ!あいかっ!…飲んでっ!」
叫ぶ様な声を上げると、広げた割れ目から美怜の尿が勢いよく吹き出した
顔を強く打ち付けるように放たれる液体に当たり前のように目と口を噤んでしまう廣田だったが、そんな事はお構い無しで股間を更に近づける
鼻から入るそれに思わず咽せてしまう口から容赦なく入り込む液体…

245えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:41:19.79ID:???
長い放尿が終わる
その全てを浴びた廣田とは正反対に
顔を紅潮させ満足げな表情の美怜は
ゆっくりと座り込み汚れた廣田と顔を合わせる
「ふぅ…あいか、飲んでくれなかったね?」
クイッと顎を持ち上げるその顔は美怜の尿と自身の涙でぐしゃぐしゃに歪んでいた
「なんでいう事聞かないの?……お仕置きだね」
そう言って汚れたままの廣田に口付けて舌を絡ませるが、廣田には抵抗する思考が湧かなかった
シャワーでお互いのローションと尿を洗い流し、力強く抱きしめる美怜
「さ、ベットに行くよ?」

246えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:43:43.04ID:???
裸で寝そべる莉子の股間に四つん這いで顔を埋める真山…その頃ベッドルームでは別の宴が繰り広げられていた
余程楽しんだのだろうか?それとも使うのを躊躇ったのだろうか?ベッドにはいくつかの玩具が粗雑に放り出されていた
四つん這いの真山の股間からは尻尾が生え、まさに「犬のように」莉子の股間に舌を伸ばしている
惨めな格好で奉仕を強要される真山
それを無言で堪能する莉子

247えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:43:58.25ID:???
綺麗に揃えられた淫毛を丁寧に掻き分けて形の良い割れ目を開き、敏感な部分に舌を伸ばすと「ピクン」と莉子の身体が小さい反応を見せる
真山の知っている莉子の好きな所…その小さな突起を唇で甘く噛むように刺激すると声を出さない莉子の口から小さな喘ぎが漏れた
「ぁっ…」
そのまま頭を押さえその快感を貪欲に貪る莉子
真山の舌は今まで受けた快感のお返しをするように優しい動きで突起を舐め上げる

248えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:44:12.69ID:???
唾液をたっぷりとつけた舌を伸ばし包皮を丁寧に剥いていく
刺激が強くなりすぎないようにゆっくりと、しかし弱くなりすぎないようにしっかりと舌先を尖らせる
「…ぁっ……………………ゃっ……」
その絶妙な刺激にぎゅっと目を閉じ蚊の鳴くような小さな声で喘ぎながら莉子の身体が何度も何度も小刻みに跳ねる
「気持ち良い?」
口を離して真山がふいに尋ねる

249えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:44:28.08ID:???
ゆっくりと目を開け視線を下げて、互いの目を合わせる莉子
「………っ………やめないで」
小さな声で、しかしはっきりと告げる
そしてまた快感に身を委ねるようにゆっくりと目を閉じる
一瞬寂しそうな顔を浮かべた真山だが言われるがままに再び莉子に舌を伸ばし、わざとらしく唾液の音を立てて興奮を掻き立てる
指で太腿と脇腹を優しく撫でるような愛撫を合わせ、勢いだけではない変化を織り交ぜて莉子を飽きさせないようにと工夫する

250えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:44:40.92ID:???
徐々にその量を増やす愛液は言葉にせずとも莉子の満足を語っている
相手を気遣う真山らしい愛撫に次第に強張り始める莉子の身体
いよいよその時が近くなる
充血した陰核に自分の唾液と莉子の愛液を混ぜ合わせぷっくりとした唇で優しく挟み込み、唇の上から少しだけ力を入れて軽く噛み付いた
「っん!」
その瞬間、軽く開いていた莉子の両脚は爪先までまっすぐにピンと延び、腰がきゅうっと宙に浮いた

251えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:45:07.11ID:???
股間から顔を離しゆっくりと莉子の上まで這っていくと落ち着かない腰の動きをなだめるように全身を優しく撫で、身体から強張りが取れるまで子供をあやすかのように優しく寄り添う真山
息が整い始めたのを確認して真山が口を開く
「ねえ莉子…気持ちよかった?」
不安そうに問いかける表情
「はぁ……うん…キモチよかった…」
寝起きのような顔とテンションで答える莉子に真山の表情がパッと笑顔に変わる
「良かった!」
思わず子供のように胸元に顔を寄せ頬を擦り付けた

252えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:46:32.51ID:???
「あらー、楽しんでるねえ。お邪魔になっちゃうかな?」
二人の盛り上がりに割り込むように美怜が部屋に入る
「やだ!ちょっといつからいたの?」
慌てる真山。他人との行為を見られるというのには抵抗があるのか、真っ赤になって声を荒げる
「気にしない気にしない。真山さんは誰とでも楽しんじゃうんだねー、随分軽い女だこと」
自分のことは棚に上げて嫉妬のこもった嫌味を放つ美怜
「可愛い尻尾まで生やしちゃってさ…莉子、たっぷり楽しめた?」

253えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:46:47.04ID:???
「…はぁ…うん、よかったよ!りちゃんじょうずだからイっちゃった」
不思議な手振りで楽しさを表しながらベットを軋ませる莉子
少しだけ美怜の表情が曇る。つまらない嫉妬だと本人も気付いてはいるが、二人だけで盛り上がっていたことに心のモヤモヤをうまく消す事ができなかった
「…そっか、良かったねー。じゃあ私はあいかでもっと楽しませて貰っちゃおっかなー」
そう言って一瞥する
「…えっ…」
不安で思わず声が漏れる真山
浮気なんか、いやそもそもこんな関係で浮気も何もあったんじゃ無い
どうすればいいのか分からずに「えっ」「あっ」と口篭る事しかできなかった

254えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:47:13.45ID:???
「わたしもぁぃぁぃとしたいー!みれいちゃんだけズルイよ!」
そんな雰囲気を察した訳では無いのだろうが絶好のタイミングで莉子が割って入った
幾らか悪くなりかけていた雰囲気がすっと晴れるのを感じた美怜は自分の嫉妬心に嫌気がさしてしまう
ふぅっと一息をついて気持ちを落ち着けるといつもの笑顔で話しかける
「もー、莉子ほんと欲しがりなんだから…じゃあみんなで、ね?真山」
何かに怯えるように俯いていた顔がぱっと明るくなる
「うん!」
少しだけ潤んだ瞳で真山が大きく頷いた

255えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:47:30.72ID:???
廣田はベットの上でMの字に大きく脚を開かされていた
腰の下にはタオルが敷かれ、露わになった股間にはシェービングクリームが塗られている
脚を抑えているのは美怜
「ねえ莉子気をつけてね?」
股間には剃刀を持った莉子
「だいじょうぶだよ!なれてるもん」
真山は横から廣田をあやす様に頭を撫でる
「あいかごめんね…怖くないからね?みんなあいかが好きなの。意地悪してるんじゃ無いの。ね?」
ぐっと口をつぐみぽろぽろと涙をこぼす廣田。一体なんの感情なのか本人にも分からないが涙が止まらない

256えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:47:44.90ID:???
ジョリジョリと鈍い摩擦音が響く
無造作に伸ばされた廣田の陰毛が莉子の剃刀で丁寧に整えられていく
「あいかちゃん、ちゃんとお手入れしないとダメだよ?」
莉子が楽しそうに剃刀を動かし話しかける。真山のそれをする事が出来なかった分を廣田で楽しんでいる様だ
「あー、莉子全部はダメだってば。
揃える位が良くない?」
手際の良すぎる莉子に美怜が注意を促した。しかし莉子は全部剃りたいらしくしばらくの間二人は楽しそうに話し合った結果綺麗に揃える事で決着した
恥ずかしいのは真山だけの方が良いという事らしい

257えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:48:18.37ID:???
二人が廣田の股間を弄ぶ間も真山はずっと声をかける
「だって仕方ないの…分かるでしょ?彼氏作れないんだから自分達でするしか無いの。あいかだって…ね?悪いことなんかじゃないよね?ちょっとだけ特別なだけだよ」
顔を近づけまるで自分に言い聞かせるかのように何処か言い訳じみた台詞を語りかけ続ける
「だからそんなに嫌がらないで?みんなで仲良くしようよ…」

258えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:48:35.73ID:???
真山が廣田を落ち着けている最中に莉子は綺麗に陰毛を揃えてしまう
小さな逆三角形を描くそこはボリュームのある廣田の下半身によく似合っていた
「ぁぃぁぃ似合ってる!これならインスタばえしちゃうよ。ね、美怜ちゃん」
自分の作品に満足した莉子はハイテンションで美怜と笑い合う
「うんうん。あいか可愛いんだからこういう所にも気を使った方が良いよ?」
そう言って股間をタオルで拭きあげる
剃り負けも剃り残しもないそこは美怜に弄ばれていた時とは違い、大切な部分をむき出しにしている

259えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:48:50.23ID:???
他の3人に比べて色素沈着の濃いそこを莉子は興味津々で覗き込む
「ぁぃぁぃのここオトナっぽい…なんかいっぱいイジってそう」
ほとんど反応を見せない廣田を尻目に肥大して歪な形の小陰唇を弄る
時折ピクンと反応を見せるのが楽しいのか、そこを見つけ出すかの様に長い指を躍らせる
「莉子ー、しばらくあいかとしてるでしょ?私真山としてても良い?」
そんな美怜の問いかけにもうわの空になるくらい、莉子は廣田に釘付けだ
「うーんいいよー」
空返事で応えながら指を深く沈ませる

260えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:50:32.61ID:???
「っっ!」


「ねえまやまー、今ので何回目なの?」
甘ったるい声で美怜が問いかける
「…っ…はぁ…さ……ぅうん…4回…め…」
自信を弄んだ細い腕にしがみ付きながら絞り出すように答える
「そんなにイっちゃったんだー。まやさんは本当にエッチだよねぇ」
そう言って先程真山を4回目の絶頂へと誘った秘部の最深部から指をゆっくりと引き抜きペロリと舐める
独特な酸味が美怜の舌に広がる
それを見た真山は照れを隠すように更にぎゅっと美怜に抱きつく

261えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:50:55.56ID:???
「…もう!…美怜ちゃんが…その…うますぎるの。…こんな事ばっかり上手くなっちゃうんだから」
自分の指とも男の指とも違う他の女の指…とりわけ美怜の指は相性が良いらしく、重ねた肌に指が食い込む度に感度が上がっていく真山
おねだりをするように甘えながら唇を合わせて身を任せる
「なぁに?もっとして欲しいの?」
美怜の緩い問い掛けにこくんと頷く真山。普段は余り甘える姿を出さないがこういう時には素直に甘えてくる、そんな真山が美怜にはたまらなく愛しく感じるのだ
「じゃあ真山の好きなオモチャ持ってくるからちょっと待っててね」

262えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:51:17.65ID:???
戻って来た美怜の手には男性器を模ったバイブとディルドーが握られていた
ベッドに飛び込みながら真山に覆いかぶさると先ずはバイブを軽く舐め上げる
そのまま真山の口元にそれを充てがうと、何を命令されたわけでも無いにも関わらず彼女はゆっくりと舌を伸ばし、まるで恋人のそれを慈しむかのように優しく舐め上げ始める
張りが良く美しい唇が自身の涎で一段と艶やかに見える
凶悪な突起にすらも丹念に唾液を絡ませ、唇でマッサージをするかのように甘く噛む。そのまま頭ごと動かして先端まで舐め上げると、ゆっくりと自分の限界まで深く、えづきそうになる寸前まで飲み込んでいく

263えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:51:32.78ID:???
小さな頭を何度も何度も前後させる姿を眺めながら、美怜はその仕草に自分の身体の芯が熱く濡れるのを感じていた
健気に頬張る口から張り型を引き抜き優しく口付けをして問いかける
「まやまぁ、めっちゃエロいねー。…もう我慢できないんじゃないの?」
火照った顔つきを見ればそれは一目瞭然だった
真山は自分の行為に酔い、子宮の奥から溢れ出す疼きが止められない
我慢できないのは美怜も同じだった
早くこの凶悪なモノを目の前の彼女に挿入して滅茶苦茶にしたい…そして乱れる姿を見たい
そんな欲求を隠しながら、あくまでも彼女自身の口から言わせたいのだ
「…まやま、どうして欲しいの?」

264えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:51:50.40ID:???
真山が自ら膝を上げ両手を添える
少しだけ躊躇しながらもそのまま膝を開き、オムツを取り替えられる赤子のような惨めな姿を晒す
「…もう…欲しいの…ここ…」
4回も絶頂を迎えた身体は既に準備万端で、無毛のそこが酸欠の鯉のようにパクパクと淫らに濡れ動く
「…まやま、ヤラシイ…」
小悪魔のような微笑みを浮かべて美怜がそこにバイブを押し当て、割れ目に沿って前後させる
入れそうで入れない、そんな動きでバイブの唾液と愛液を絡ませて反応を楽しみながら頃合いを見計らって割れ目の中央、薄紅の穴の奥へとゆっくり押し込んでいく

265えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:54:04.99ID:???
「ふんんっ!」
待ち焦がれていた身体が堪えられるはずもなく、まるで別人のような喘ぎ声が真山の口から溢れる
何度も味わった引き締まった身体の弱点を丁寧でゆっくりとした抽送で責め立てる美怜
時に激しく、時には焦らしながら艶かしく動く玩具を抽送する

266えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:54:20.76ID:???
惨めな格好をして霰もない姿をさらけ出し自分の肉体を弄ばれている恥ずかしさに、真山は自らの声を抑えることも忘れ膝を抱えたまま腰をくねらせて秘部で玩具を咥え込む
締まりの良いそこから溢れ出す大量の愛液がバイブの動きと振動で撹拌され白く濁る

267えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:54:36.54ID:???
熟れた小柄な身体が大きく痙攣を始める
絶頂を察した美怜が真山の下腹部を優しく掌で抑え、玩具をゆっくりと一番奥まで押し込む
その張り型は真山の膣内で釣り上げられた魚のように激しく暴れ回りながら、強い振動を直接子宮に響かせる
「っっひぃ!ゃっ!…んぁっ!」

268えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:54:54.84ID:???
ガクンガクンと壊れた玩具のように跳ね上がりながらの大きな絶頂
「ふぅん……ゃっ……はぁ」
イキ疲れた真山の声が落ち着くにつれ、室内に響く張り型の無機質なモーター音が背徳感を助長させる
ゆっくりと引き抜かれるそれを惜しむかのようにぴったりと張り付く膣壁
「ぁ…っふぅ…」
長い溜息と共に奥深くまで突き刺さっていた張り型が引き抜かれる

269えっちな18禁さん2018/10/02(火) 16:55:08.60ID:???
「まやまぁ、すごいえっちだったよ」
攻めながらも自らの興奮を抑えられなくなった美怜が真山に覆いかぶさり口付けを交わす
真山も膝を抱えていた手を美怜の背中に回し、恋人を受け入れるかのようにしがみつく
単純な快感とは違い、心が満たされていくような感覚。
今しがた絶頂を迎えたばかりではあったが、唇を重ね会う事で更に上の快楽を求め合ってしまう二人

270えっちな18禁さん2018/10/02(火) 17:11:33.56ID:???
これからも続けて欲しい一心でたてました
先生、お待ちしております

271えっちな18禁さん2018/10/02(火) 19:49:43.60ID:???
きもい

272えっちな18禁さん2018/10/02(火) 20:51:03.92ID:???
>>271
このスレ開いた時点で君の負けな

273えっちな18禁さん2018/10/02(火) 20:55:15.40ID:v5vs4scU
ひとつの作品として全く罪悪感なく抜ける

って事でひなたの新作お願いします

274えっちな18禁さん2018/10/02(火) 21:08:28.40ID:???
まだ読んでもないのにちんちん痛くてワロタ

275えっちな18禁さん2018/10/02(火) 22:00:53.44ID:4jaw3akw
りーちゃんの恋愛マスターぶってたけどいざえっちの時バージンだったってのが良い

276えっちな18禁さん2018/10/02(火) 22:31:35.09ID:???
なんかわざわざすんさまんですたい
ちゃんと新作書きますね

277えっちな18禁さん2018/10/03(水) 18:39:41.68ID:???
予想外に上手すぎてわろた

278えっちな18禁さん2018/10/03(水) 21:12:43.25ID:???
これは良スレ

279えっちな18禁さん2018/10/05(金) 19:55:57.22ID:???
コンビニ店長風に
ひなちゃんのまんまんいい匂い〜
ひなちゃんのまんまんいい匂い〜

280えっちな18禁さん2018/10/06(土) 05:37:15.51ID:???
「JS本気レイプメヌズ香奈枝10才クリトリス絞り」
ガチJSがガチでクリトリス吸われてるのな
まだ本田紗来ちゃんみたいな幼女
どこで撮ってるんだろう・・・

281えっちな18禁さん2018/10/11(木) 12:34:45.30ID:???
ヤリマンの
電話番号
0586-73-3790

282えっちな18禁さん2018/10/11(木) 19:24:21.36ID:???
すいません
こっぱずかしいんですがこちらに残させてください
家からなんでプロバイダ変わってますけど茸の者です

283えっちな18禁さん2018/10/11(木) 19:25:02.55ID:???
安「ただいまー!ごめんね遅くなって!ピザまん買ってきたよ!」
DV(ゴソゴソ)「おう」
安「なに隠したのー?見せて見せて〜!」
DV「ちょ…まて…」
安「なに?会社説明?と…履歴書?」
DV「……だから…」
安(泣)
安「……ありがとう(泣)」
DV「いや…まあ…よ…少しは…」
安「お祝いしなきゃだね!」
DV「バカまだ早えぇよ」
安「いいの!嬉しいから!…だって…
DV(下を向いたまま)「タバコ買ってくるわ…」

284えっちな18禁さん2018/10/11(木) 19:26:26.45ID:???
タバコ自販機
DV「…また上がんのかよ…ったく…」
(ドスッ)
DV「!」
?「おまえが!おまえがアヤちゃんを!苦しめて!!」
DV「てめ…」
?「アハハハ!ざまみろ!!アハハ!!!!」
DV「待てよ…おい…ってえな…」
ドタッ
DV 「なんだよ…くそ…動けね…」
DV(街灯りが滲んで…綺麗だな…今度ふたりで見に…)

DV「……アヤ…ごめん…ごめんな…」

285えっちな18禁さん2018/10/11(木) 19:27:32.41ID:???
(3ヶ月後)
みれ「もう大丈夫なの?」
安「うん、まだ時々つっぱるとか言ってるけど…あ、はーい!出番、行ってくる!」
真山「明るくなったよね…ヤス」
みれ「あの時は半狂乱で…どうして私の大事な人はみんな…って…ねえ」
真山「助かって変わってくれたのかな?」
みれ「さあ?でも働いてるんでしょ?」
ぽ「はーい、パチンコ屋さんです!」
真山「よかったよね…」
みれ「笑ってるしね」
ぽ「近頃たくさん笑ってます」

エンディングテーマ「響」

286えっちな18禁さん2018/10/11(木) 19:28:30.14ID:???
お目汚しかもしれませんが
残させていただきました
少し改変してます

287えっちな18禁さん2018/10/11(木) 19:29:58.16ID:???
>>285
>エンディングテーマ「響」

この部分は他の方のアイデアです

288えっちな18禁さん2018/10/11(木) 21:44:51.88ID:???
good job

289えっちな18禁さん2018/10/13(土) 18:02:40.93ID:???
やす「ひなた、そんな隅っこいないでこっち来なよ〜」
ひなた「うん、まぁ…ね。私のことはいいから」
やす「え〜、ほらほら、こっちおいでよ〜」ウデグイー
ひなた「ちょっ、あやちゃん、ホントにやめて」イライラ
やす「あれ?湯船の中なのにタオル巻いてるの?ちょいちょい、それってマナー違反ですよ〜お嬢さ〜ん」
ひなた「た、たしかにそうだけど……もういい!私出る!」プンプン
ぽー「(師匠なにやってんだよ…)」ハラハラ
やす「なになに?見られたくないものでもあるのかな〜?」タオルグイグイ
プッツン
ひなた「おい、やめろって言ってんだろうが!!」
シーーン
真山「まぁまぁ、ひなた、落ち着きなよ。自分が思ってるほど他の人は気にしてないよ?もっと自分に自信持とうよ」ドヤァ
みれい「(さっきまで胸盛ってただろって突っ込んだら真山なんて言うかなー)」ニヤニヤ
ちゃんりこ「りかちゃんだっていつもおっぱいに詰め物してるじゃん」

290えっちな18禁さん2018/10/13(土) 18:03:53.31ID:???
先生が戻るまでこっちにも残しておこうと思います

291えっちな18禁さん2018/10/13(土) 18:06:10.79ID:???
ちゃんりこは天才

292えっちな18禁さん2018/10/13(土) 22:11:51.59ID:urrToXwl
ちゃんりこにまやみれは逆らえないからな

293えっちな18禁さん2018/10/13(土) 22:34:51.89ID:???
ちゃんりこ実はM説を支持してるのに上手くMに表現出来ないジレンマ
どうしても強キャラっぽくなってしまう

294えっちな18禁さん2018/10/15(月) 23:31:01.33ID:???
12「全然上手じゃないからもういいや。あっ、お金は払ってね」
11「あはははは」
10「…今日ダンスレッスンだったんだけど……く、臭くないかな?」
7「結構上手じゃ〜ん」
5「本当に大丈夫?磯臭くない?無理しなくていいよ?」
3「次は私が舐めるの?それはちょっと…え?それが普通…?そ、そうだよね!冗談冗談!さっ、足だして!結構自信あるんだから!」ドヤァ

295えっちな18禁さん2018/10/16(火) 14:03:02.55ID:cllhuM7l
妄想がとめどないので、こちらに書き留めておきます。
一連の流れを
りーちゃん「こうやってなるべく早く動かしてあげると男の人は喜ぶんだよ。男って単純だよねw」
みれいちゃん「えっ⁉そんな強くしちゃダメだよ!ちゃんと目を見てゆっくり舐めてあげなきゃ。エッチはイク事が大事じゃないよ!」
りこちゃん「…(みれいちゃん空気読もう?)」

296えっちな18禁さん2018/10/16(火) 14:03:36.58ID:cllhuM7l
10「・・・」
11「えっ、なんのこと?一緒に遊園地いくの?」

297えっちな18禁さん2018/10/16(火) 14:04:01.98ID:cllhuM7l
3「汗、みれいちゃんはいくらモテるっていっても経験は少ないでしょ?あくまでスキルの話をしてるからさ、汗」
7「でもわたしたちも強くされると痛いじゃん!男の子も一緒だよ?詳しい事は分からないけどお互いに大事に思い合うことが大事だよ!!怒」
12「(みれいちゃん!!もうやめてあげて!)」
7「だから真山は一晩だけ…なんかごめん。酔ったみたい。もう帰るね。ウッチー!タクシー呼んで」

298えっちな18禁さん2018/10/16(火) 14:04:35.50ID:cllhuM7l
相部屋のかほりこ
12「ねえ、さっきりかちゃんたちが話してた意味わかる??」
11「全然わかんなかった〜」
12「教えてあげよっか・・・?」

299えっちな18禁さん2018/10/16(火) 14:05:06.85ID:cllhuM7l
別の相部屋
5「ほんと今日のみれいちゃんは機嫌悪かったねw生理かな?あたし緊張して全然喋れなかったw」
10「…あやちゃん。なんて言うか…強くして欲しい時ってあるよね…?」
5「?どうしたの?」
10「…今日はあやちゃんの好きにしていいよ…ってなんてねwウソウソw」
5「………」
10「あや……ちゃん?」

300えっちな18禁さん2018/10/16(火) 14:05:36.23ID:cllhuM7l
かりそめ「はい。宜しくお願いします」
うっちー「また仕事の電話?」
かりそめ「うん。次のシングルのマスタリングに立ち会いしなきゃいけない」
うっちー「せっかく秋田に来てるんだから一緒にお酒飲も?」
かりそめ「あんま飲めないし。てか酔ってる?」
うっちー「そんなに。でもねーやっぱお年頃の女の子は難しいね。怒ったり、調子乗ったり、ほんとせわしない。」
かりそめ「よく頑張ってるよ。みんな香小李を頼ってるみたいだから」
うっちー「…たまには私も甘えたいなぁ…」

301えっちな18禁さん2018/10/18(木) 08:34:49.83ID:???
ちゃんりこ「ねぇ、歩き疲れたから座りたいんだけど」
僕「ちょっと待ってて、ベンチとかないか探してくるよ」
ちゃんりこ「どういうこと?ここにあるじゃん」
僕「え?」
ちゃんりこ「ほら、早く四つん這いになってよ」
僕「は、はい…」

302えっちな18禁さん2018/10/18(木) 08:35:13.41ID:???
僕「あの〜、そろそろいいでしょうか?そろそろ誰か通るかもしれないし…」
ちゃんりこ「今いいところだからちょっと待って」スマホゲーポチポチ
僕「いや、それさっきも言ってたじゃ…」
ちゃんりこ「あっ!もう!邪魔するから失敗しちゃったじゃん!」
バチーーン
僕「ひぎぃ!」
ちゃんりこ「はぁ…罰として足舐めね。移動しよっか」ニッコリ
僕「そんな〜」

とかいいつつ満更でもない僕なのであった

303えっちな18禁さん2018/10/18(木) 13:44:53.97ID:???
僕君の背中にちゃんりこのケツ型くっきりでワロタ

304えっちな18禁さん2018/10/18(木) 17:57:05.57ID:???
僕「ねぇ、なんでさっきからぴったり後ろ歩いてるの?」スタスタ
ちゃんりこ「別に。なんとなくそうしたいから」スタスタ
僕「いや、隣歩こうよ」
スピードダウン
ちゃんりこ「このままでいいの!」サササ
僕「(おかしい…僕の背中に何か付いているのだろうか…でもなんでこんなに隠したがるのだろう…)」
ピコーン
僕「いやー、それにしても今日は暑いね。歩いてるだけで汗だくだよ。こういう日って汗でTシャツの色が変わっちゃうことあるよね。僕の服は大丈夫かな?」
ちゃんりこ「だだだ、大丈夫だよ!」アセアセ
僕「(明らかに動揺しているな…)そう?背中とかどうかな?」チラッ
ちゃんりこ「もう!大丈夫って言ってるでしょ!」グイッ
僕「あれ?なんか今背中にデッカイ染みがあったような…」スットボケ
ちゃんりこ「何にもないの!」ウルウル
僕「(ちゃんりこいじめるのたのしー)」

305えっちな18禁さん2018/10/18(木) 18:55:55.44ID:???
やっぱり濡れてたんじゃないか…

306えっちな18禁さん2018/10/18(木) 22:38:49.66ID:???
自分ではSだと思っていて傍若無人に振る舞っているけど実はMだということを見抜かれていて弄ばれているちゃんりこ萌え

新着レスの表示
レスを投稿する