■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【話題】奇習! 生臭坊主たちの“性サービス”に悦び喘ぐ女たち…! 酒宴後の密かな愉しみ「ねぎらいの夜」―奈良[03/20] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/03/20(月) 00:49:30.29 ID:CAP_USER
実に世の中には不思議な文化や習慣があるもので、それらの多くは、部外者にとってまったく理解のできないものであったり、唖然とさせられるものであるが、そうしたもののまさに典型とも言うべき習慣が、かつて奈良県南部の一部地域に存在していたという。

「そうだねえ、そもそもが“女だけ”の習慣だからね。男の私らからすると、はっきりとはわからないんだよ」

かつて当地に存在していたという“女たちの奇習”についてそう語りはじめたのは、現在もこの地方に住んでいる山中由之助さん(仮名・78)。
山中さんの話によると、その風習はこの地で暮らすすべての女性を対象としていたもので、その中身の特異性とは裏腹に、なぜか彼女たちは嬉々として参加していたという。

「毎月1日と最後の日の2日間、女たちは夜になると近くにある寺のお堂に集まってね。そこでそれぞれが持ち寄った料理や酒を飲んで宴会するんだよ。
それが牛三つ刻まで続いて、そのままお堂に泊まってから、朝になると帰ってくるっていう。まあ、宴会だよね、宴会」

この地は、そこで暮らす女性たちについて、日頃の労をねぎらうという意味で、こうした宴会じみた催しが、かなり古い時代から設けられていたという。
だが、その宴会はあくまで表向きのもの。実際には、宴会の後で行われる“秘密の儀式”が、会の主たる目的なのだという。

「酒や料理やで一通り盛り上がった頃合になると、その寺の若い坊主たちが出てきてね、なんだろう、ストリップみたいなことをするらしいんだよ。
それで女たちは気に入った坊主に“おひねり”を渡すようなんだけれども、その金額が多かったり、お互いに良いなと思う相手だったら、そこから“コト”に及ぶらしいんだ」

欧米では男性のみならず、女性を対象として、男性ダンサーがストリップを行うサービスも珍しくないが、それが日本で、しかも寺の坊主によって行われているというのは前代未聞。
しかもその後、彼らとのセックスを楽しめるというのは、この地方以外では確認できない習慣だ。

「……って言ってもね、その会については女たちも何もしゃべらないし、私ら男も訊いちゃいけないことになっててね。
私も詳しくはわからないんだけれども、死んだばあさんの話じゃ、どうもそういうことだったようでね。
もっとも、今となっちゃその会自体がないものだから、なんとも言えないけれどもね」

仮に山中さんの話がある程度の確度を持ったものであれば、本来、仏に仕える身である坊主たちが、金品と引き換えに、仏ではなく女性たちに仕えているという、なんともおかしな話。
世の中には、とんだ生臭坊主もいたものである。

以下ソース
http://tocana.jp/2017/03/post_12296_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 夜更かしなピンクさん2017/03/20(月) 01:35:30.50 ID:uIc+eqcz
このトカナって糞サイトいつもいつも奇習!!とかいって妄想変態作文作って垂れ流してるよね。
そんなに週に何本も何本も変態的な奇習なんて見付かるかっての。
ガセライターマジ死ね。
3 : 夜更かしなピンクさん2017/03/20(月) 01:46:27.38 ID:B0odsMg1
パクリ記事なのに無断転載禁止なの
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています