【恋愛】カフェや電車で見知らぬ女性に一目惚れ 知り合うきっかけ作りはどうすればいい? 専門家に聞いてみた[11/11] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/11/11(土) 01:31:22.51 ID:CAP_USER
カフェや電車で、見知らぬ女性と知り合うきっかけ男性諸君は、街のカフェや電車で見知らぬ女性に惹かれ、お近づきになりたいと思った経験がないだろうか。お互いひとりでいても、何らかのきっかけがなければ知り合うことはまずないだろう。
「教えて!goo」にも、「話しかけたいけど…」と、電車の中で気になる女性に出会った男性が、いきなり声をかけたら警戒されそうなので、どうすべきかと質問していた。
それに対し、背中を押す男性や、実体験から止めておいた方がよいと諭す女性など、ユーザーからさまざまな意見が寄せられていた。

そこで今回は、恋愛・婚活アドバイザーの小田都呼さんに、一目惚れした男性が、女性に警戒されずに声をかける方法があるか聞いてみた。

まず、初対面の女性に「話しかけたい」と思うのは、どのような心理からだろう。

「一目惚れによる純粋な男性心理ですね。
一目惚れをする割合は、女性よりも男性の方が多いでしょう。男性は相手の見た目や雰囲気、振る舞いなどを見て好みだと感じ、中身は後から付随していきます。
しかし女性は、相手の見た目や性格、考え方、仕事など、さまざまな要素が“基準以上”だと感じたとき、初めて『よいな』と感じます。
つまり、一目惚れしたからといって、いきなり話しかけるなどのアクションを起こす男性心理は、女性に理解されないことが多く、お相手が引いてしまうこともあるでしょう」

そうなると知り合いでもない女性と親しくなるのは無理なのだろうか。

「いきなり行動を起こすより、まずは相手に認識してもらうことが重要です。
電車で偶然見かけた女性なら、同じ時間の同じ車両に乗り合わせて顔見知りになり、“たまに一緒になる男性”と認識してもらえれば、もし声をかけても、完全に拒否はされずに済みそうです。
声をかけるときも、いきなり『素敵ですね』とか『好きです』と伝えても上手くはいきません。最初は『よく電車で会いますね』、『いつも一緒になりますね』、『今日は寒いですね』くらいに留め、少しずつ話す内容を増やしていけると違和感を持たれないでしょう」

すぐに結果を出したいと思う男性とは違い、過程やプロセスを大切にする女性に、いきなりすぎるアプローチは逆効果なのだ。

対して、突然見知らぬ男性に声をかけられた女性側は、どうすべきだろう?

「好みでない場合、期待を持たせるのもよくないです。
ただ、いきなり無視したりその場を立ち去っても、男性は女性がなぜそのような行動をとるのか理解できないことが多く、断る意思表示にはなりません。やんわりで構わないので、『ごめんなさい』と伝えてあげるとよいでしょう」

曖昧な態度で期待を持たせてしまっては、どちらのためにもならない。では、その男性が好みのタイプだった場合、どう対応するのがスマートだろうか。

「『また会えるとよいですね』と伝えるくらいに留めておくと、相手もさらにアタックしようと思ってくれますよ」

あくまでも、“嫌ではない”という気持ちを伝える程度の応対がベストのようだ。

過程やプロセスを大切にする女性が偶然見かけた男性にアプローチすることはあるのだろうか。

「男性に限らず、一目惚れのような出会いをし、アプローチしたいと思う積極的な女性もいます。
ただ、男女問わず、あまりにも年齢が離れていたり、印象が悪い場合などは、上手くいく可能性がほとんどありません」

続く

以下ソース
https://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/00f420f5c24c6ac68541d0f4cb5fb5c1/

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 逢いみての… ★2017/11/11(土) 01:31:44.75 ID:CAP_USER
とはいえ、過去にそのような出会いを成就させたカップルはきっといるはずだ。成功しやすいアプローチ法はないのだろうか。

「大切なのは“いかにしつこくせず、相手に好印象を与えられるか”ということでしょう。
恥ずかしいからとモジモジしたり、何を言っているのか聞き取れないほど小さい声で話しかけても、相手に不快感を与えるだけです。
“爽やかに、明るく、さりげなく”を心がけ、縁を掴み取ってほしいですね」

このような出会いはまさに一期一会である。
一発勝負ではあるが、可能性はゼロではない。行動は迷惑にならない程度に抑え、仮に断られた場合も、潔く受け止めたいものである。

終わり