【歴史】ちょっとエッチな豆知識 東インド会社の司令官を驚かせた芸妓たちの“ある行動”[12/05] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/12/05(火) 01:28:57.66 ID:CAP_USER
江戸初期の1613年、イギリス貿易使節として東インド会社艦隊司令官ジョン・セーリスが来日した。

彼が率いるクローブ号が長崎の平戸に入港した際、藩主たちを船内に招きパーティーを開催した。パーティーには楽器を奏でる婦人、芸妓の姿もあった。
セーリスは顔立ちや髪形が美しい日本女性にすっかり気分が高揚し、芸妓たちを秘密の部屋へと案内した。

セーリスにはエロチックなコレクションがあり、裸婦の絵などを密室に陳列して、ひそかに楽しむ趣味があった。
それを披露したくなったのだ。

ところが、部屋に入って驚いたのは芸妓たちではなくセーリスのほう。
ナント、全裸のビーナス画を前に、彼女たちがひれ伏して拝み始めたのである。

実は芸妓たちは隠れキリシタンで、ビーナスを聖母マリアと勘違いしたのだった。

以下ソース
http://www.dansen-web.com/article/detail/5956805/

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/