【話題】奇習! 初潮を迎える少女たちを全裸にして生き埋め…! 女子限定「成人の通過儀礼」を目撃者が語る―近畿[01/09] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2018/01/09(火) 02:55:45.31 ID:CAP_USER
戸叶和男の『日本奇習紀行』

世の中には実に不可思議な儀式・習慣が数多く存在するが、そうしたものの中には、古くからその土地に根ざした独特な民間信仰を元に生まれ、その後、子々孫々、何代にもわたって受け継がれてきた「土着の宗教的儀式」とも言うべき代物も少なからず存在している。かつて近畿地方のとある地域で行われていたという、“少女たちの生き埋め”に関する習慣は、まさにそうした民間信仰の影響を色濃く感じさせる奇妙な行為であると言えるだろう。

「なにせ、生きたまま埋めるんだからね。今の感覚で言ったら、とてもじゃないけど理解なんてしてもらえやしないだろうよ」

かつて当地に存在していたという、生き埋めの習慣についてそう語るのは、現在は郷里を離れ、都内某所でひっそりとその余生を過ごしている遠藤善三郎さん(仮名・81)。遠藤さんの話によると、彼の郷里で行われていたというその習慣で、生き埋めの対象とされるのは、初潮を迎える直前の女児だけであったという。

「なんだろう、ある意味、成人のための通過儀礼とでも言うのかな。女の子が育ってくるとね、頃合を見て準備をして。まあ、平たく言えば、棺桶の中にね、すっ裸にした女の子を押し込めてさ、棺桶ごと、地面の中に埋めるのよ。そんでもって、三日経って掘り返して、それでも生きてたら、晴れて大人の仲間入り、と。そういう風習だね」

そもそもその内容からいえば、およそ“成人の通過儀礼”などと呼べるような、穏やかな代物ではないのだが、その実、当地においてこの奇妙な行為は「伝統行事」として定着しており、この地域の女児たちは、初潮を迎える直前になると、必ずこの儀式によって、即身仏よろしく、生き埋めにされ、そこから無事に生還した場合のみ、大人として認められたのだという。しかもこの“生き埋め”の期間、彼女たちの命を繋ぐのは、ストロー状に加工された1本の葦だけ。その細い葦から外の空気を吸い、飲まず食わずで持ちこたえなくてはならないのだという。

「もちろんね、全員が全員、無事に戻ってくるわけじゃないんだよ?なにせ三日だからね。飲まず食わずで。それに死ななくったって、身動きもできないような暗闇に閉じ込められるわけだから、気が触れてしまう場合だって、別に珍しいことじゃない。けど、子供が大人になって、そこから大人として生きていくっていうことは、それよりも大変なことだってあるだろうから、そういうのをね、予め戒めるというか、経験させるっていう意味だったんじゃないかな」

たしかに、洋の東西を問わず、成人の通過儀礼として位置づけられているものの中には、生命の危機を感じさせるものも存在してはいるが、そうは言っても、少女たちの親からすれば、かわいい盛りの子を殺してしまいかねないこの風習、その胸中を察すると、なんとも胸の締め付けられるところである。

以下ソース
http://tocana.jp/2018/01/post_15030_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 夜更かしなピンクさん2018/01/09(火) 02:57:32.08 ID:wR3+DMpl
またトカナのチョン記者頑張ってんのか
3 : 夜更かしなピンクさん2018/01/09(火) 03:34:40.80 ID:5SU1StJy
この人のソースが適当な作り話は犯罪レベル韓国のジャパンディスカウントと連動してんでしょ。吉田清治と同類
4 : 夜更かしなピンクさん2018/01/09(火) 04:32:49.23
こーいうの止めさせろよ。
後世が本気にしたら誰が責任とるんだよ。
5 : 夜更かしなピンクさん2018/01/12(金) 22:49:52.29 ID:RyDlgSpc
銀杏かよ