【グッズ】バイオニックペニスを持つ女性用“絶倫”ロボット年内発売! サイズ・形状・機能多数… 学者「完全に男と代替可能」[01/13] [無断転載禁止]©bbspink.com

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1逢いみての… ★2018/01/13(土) 00:46:40.83ID:CAP_USER
AIが搭載された“しゃべるセックスドール”が現実になった時代を迎えているが、年内にも女性向けの男性型セックスロボットがリリースされることが先日アナウンスされた。

遂に時代はセックスロボットと暮らす生活を実現している――。米・カリフォルニア州サンマルコスに拠点を構える等身大セックスドールメーカー最大手「Abyss Creations」は昨年、新ブランドのRealbotix(リアルボティクス)からAI搭載リアルドール・Harmony(ハーモニー)の予約販売を開始。人間とロボットとの性行為を含めたコミュニケーションが本格的に築きあげられる時代を迎えている。

時代の恩恵(!?)に預かれるのは男性ばかりではない。Harmonyに続き同社からは女性向けの男性型セックスロボットが年内にもリリースされるのだ。同社CEOのマット・マクミラン氏は先日、英紙「Daily Star」(オンライン版)に話したところによれば、男性版Harmonyのリリースを年内にも行なう予定であるという。

「我々は現在、男性版のAIロボットの開発に取り組んでいます。最終的に我々はAIセックスドールにおいて男性向けと女性向けのプラットフォームを設けるつもりです」(マット・マクミラン氏)

この男性型AIセックスドールの名前はまだ決まっていないというが、決して“余興”などではなく、女性向けのプラットフォームを作る計画の中での開発であることから、Harmonyと同様に本楽的なラインナップとカスタムオプションになりそうだ。そして男性版ならでは特徴はカスタム可能な“バイオニックペニス”にある。
取り外して交換が可能なバイオニックペニスはサイズや形状、カラーのラインナップはもちろん、バイブレーション機能をはじめとする各種の動作もふんだんに盛り込まれその可能性には“限界がない”ということだ。ちなみに、以前トカナでも報じたが、2015年には6歳の時に交通事故に遭い、陰茎と左睾丸を失ったムハマドさんがバイオニックペニスによってペニス本来の役割である排尿と射精の機能を取り戻すことに成功している。
まさに女性ならではの楽しみ方が可能なこの男性型セックスロボットについてのさらなる続報が待たれるところだ。

http://tocana.jp/images/BionicPenis.jpg

この男性型AIセックスドールだが、バイオニックペニスのほかにHarmonyと特に異なるのはどのような点だろうか。

「もちろん性別が違うわけですが、パーソナリティーと声、身体面のシルエットが特に男性らしくなります」と語るマクミラン氏。もちろんいずれの要素もユーザーの好みに応じてカスタマイズが可能だ。

大いなる可能性を秘めた女性向けAIセックスドールの登場が間近に迫っているわけだが、これほど凄い“性能”を持っているとすれば世の男性陣にとってはやや複雑な思いがしてくるかもしれないのだが……。
米・ハーバード大学の数学者であるキャシー・オニール氏はこのセックスロボットは世の男性を“時代遅れ”な存在にしてしまうと主張している。

「(男性とロボットは)完全に代替が可能です。女性は人間の男性の代わりにこの颯爽とした“気持ちの良い”ロボットを選び共に暮らすことができます」(キャシー・オニール氏)

また世界的なAI研究者であるデイビット・レヴィ氏もまた、男性型のエロティックなAIロボットはバイブレーターなどのアダルトグッズよりも人気を博して普及するのではないかと予測している。

「私は女性が男性と同じようにロボットに魅了されることを確信しています。バイブレーターから満足を得ることに興味がある女性であれば、男性型ロボットにギュッと抱き締められて満足感を得られると想像することは難しくないでしょう」(デイビット・レヴィ氏)

続く

以下ソース
http://tocana.jp/2018/01/post_15655_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2逢いみての… ★2018/01/13(土) 00:47:02.21ID:CAP_USER
社会道徳やモラルの面からセックスドールのメーカー側には常に女性を“モノ化”しているという批判がつきまとうのだが、男性型セックスロボットが普及することはこの社会的汚名を払拭する意味でも重要なことであるという。
男性型セックスロボットが普及すれば、理屈の上では男性も“モノ化”されていることになってジェンダー問題として打ち消されるうえに、将来的にはセックス“も”できるコミュニケーションロボットという存在になり、呼称から“セックス”が外れる可能性を孕むものになるということだ。

http://tocana.jp/images/malesexrobots2.JPG
「Daily Star」の記事より

犬型ペットロボット「aibo」の新型が販売されたことも話題だが、いずれにしても2018年は人間とロボットとの関係が新たな次元に突入した最初の年となるのかもしれない。

終わり

3夜更かしなピンクさん2018/01/13(土) 01:21:04.12ID:runGLUJn
オリエント工業最高

4夜更かしなピンクさん2018/01/13(土) 01:43:06.95ID:8Q90Qu3b
よしロボット同士でセクロスさせよう

5夜更かしなピンクさん2018/01/13(土) 06:15:12.03ID:GYWJq56b
600万ドルのペニス
バイオニックヴァギナ

6夜更かしなピンクさん2018/01/13(土) 09:13:53.56ID:9dR3Zj3Z
なんか映画であったな
子作り禁止の未来世界でロボットと暮らすやつ

7夜更かしなピンクさん2018/01/13(土) 14:51:08.79ID:ecgBWosX
おまいら不要ww

8夜更かしなピンクさん2018/01/20(土) 22:52:58.38ID:WvGnafEa
アナルにつこうてもいいんか?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています