【話題】奇習! 若き乙女を“借りてきた”旦那衆が素っ裸で… 少女と老人の“習慣的性行為”の実態―中部[11/05] [無断転載禁止]©bbspink.com

1逢いみての… ★2018/11/05(月) 01:00:38.24ID:CAP_USER
戸叶和男『日本奇習紀行』

 芥川賞作家・川端康成の中編小説『眠れる美女』を原作とし、2011年に公開されたジュリア・リー監督の映画『スリーピング ビューティー/禁断の悦び』では、エミリー・ブラウニング演じる主人公の女子大生・ルーシーが、“眠っている間”に、富裕層の老人たちから身体を弄ばれるという、“秘密の裏バイト”にあけくれる姿が描かれているが、実はこうした“若い女性と老人”という組み合わせでの性行為は、かつてこの国でも“奇習”として存在していたようだ。

「そもそも年寄り連中にとっちゃ、若い娘の体というのは、下手な美術品より価値のあるものだからね(笑)ああいう習慣があったというのも、今となっちゃ私もこんなジジイだから、どこか頷ける部分があるよ」

 かつて中部地方のとある地域で行われていたという、“老人と若い娘の性行為”に関する奇習についてそう語るのは、現在もなお、当地で不動産管理業を営んでいる吉峰歳三さん(仮名・78)。吉峰さんの話によると、その昔、当地では“富裕層”とされる老人を相手に、若い娘たちが事実上の売春ともいえる性サービスを提供し、そうした行為が常態化していた時期があったのだという。

「ここいらはね、それこそ代々続いているような金持ちの家が多いものだからね、おのずと、“金も力も持っている旦那さん”というのが多いんだよ。そういう旦那衆っていうのは、大抵の“遊び”をやってきてはいるんだけれども、それでもある年齢まで来ると、15、6の娘と遊ぶだなんていうことはなかなかできなくなる。だからそういう若い娘をね、大店の旦那衆なんかにあてがう世話人がいたんだよ」

 未成年者との性行為そのものが「違法」であり、即座に逮捕される現代はもちろんのこと、そうした法整備がまだまだ進んでいなかった時代でも、やはり“老人と少女”という組み合わせでの性行為は、そうおおっぴらにできるものではなかった。そのため、こうした少女性愛を持つ老人たちの多くは、当時、この近隣で活躍していたという“世話人”に依頼する形で、少女たちを“借り受けて”いたのだという。

「……と、いってもだ。なにせ、相手は子供みたいなものだからね、三十路女にやるようなことをそのままやるわけにもいかないわけ。だからね、大抵の場合は、大枚はたいて若い娘を借りてきたとしても、一緒に買い物にでかけたり、遊んだりとか、風呂に入れて体を洗ってやったりとか、裸で一緒に寝るとかね、そういう“やさしいこと”だけだったみたいでね。旦那衆はそれだけでも満足できるし、世話人や娘たちはかなりの稼ぎになるものだから、そういうのが“習慣”だった頃には、相当賑わっていたもんだよ」

 無論、その往時から幾星霜、現在では吉峰さんのいうところの“やさしいこと”でさえも、通報事案でしかなく、そうした違法なビジネスが許されているわけではないが、少なくとも、当時の彼らにとっては、まさに“win-win”の状態であった様子。そうしたことを思えば、「少なくとも当時は」という前提はあるものの、ある意味、理にかなった習慣であったといえそうだ。

以下ソース
https://tocana.jp/2018/11/post_18386_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2夜更かしなピンクさん2018/11/05(月) 01:09:33.98ID:wQaW6R5w
結婚する前に知っておくべき10の事実
http://zhbby.kiskiscupcakes.com/104.html

新着レスの表示
レスを投稿する