世界で最も危険なWiFiスポットはリオ五輪 「ハッカーの祭典」状態に [無断転載禁止]©bbspink.com [763537533]

1 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2016/08/11(木) 20:58:35.25 ID:MUWuLyqJ0●

オリンピック開催中のリオデジャネイロの街は盛り上がりを見せる一方、厳重な警備体制が敷かれている。観戦者たちの個人情報を狙うハッキングも多発しており、リオはハッカーたちの祭典とでもいうべき状況だ。
リオ五輪を観戦しに行く人は、生水を飲まないことと、WiFiを使わないことを心掛けてほしい。

複数のセキュリティ会社が五輪用に設置されたリオ市内のホットスポットを調査したところ、ハッカーたちは市内のいたるところに「偽ホットスポット」を設置し、簡単に個人情報を盗んでいる。

「偽ホットスポット」が乱立中

セキュリティ企業のSkycureは「偽ホットスポットは、ショッピングモールやホテル、空港などあらゆる場所に設置され、まるでジカ熱のように拡散している」と述べた。
リオデジャネイロ国際空港でも数多くの偽ホットスポットが見つかり、SSLで暗号化された情報もハッキングされてしまうという。つまり、旅行者は飛行機を降りて機内モードの設定をオフにした瞬間からハッキングの脅威に晒されているのだ。

偽ホットスポットでWiFiを利用すると、ハッカーは銀行口座やパスワードなどあらゆる個人情報にアクセスすることができる。オリンピック特需に沸くのは建設業や観光産業ばかりでなく、ハッカーたちも大いに潤っているのだ。

さらに、危険なのは偽ホットスポットだけではない。カスペルスキーが正規のホットスポット4,500か所を調査したところ、18%が暗号化を採用しておらず、7%は暗号化が旧式のため簡単にハッキング可能だったという。

http://forbesjapan.com/articles/detail/13170
2 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2016/08/11(木) 20:58:53.05 ID:MUWuLyqJ0
続き
実はオリンピックでこのようなトラブルが生じたのは今回が初めてではない。2014年のソチ冬季五輪でもハッカーによる攻撃が多発し、大きな問題となった。
リオ五輪では、ブラジル政府はシスコシステムズと提携して地下鉄でWiFiサービスの提供を開始したが、Skycureはこのネットワークですら安全ではないと指摘している。

WiFiの利用以外にも、ハッキングのリスクは潜んでいる。グーグルプレイストアなどにはマルウェアやアドウェアが混入したアプリが無数に存在している。
ハッカーたちは巧みにアプリを偽装し、リオでは国別メダル数を確認するためのアプリなどからマルウェアに感染するケースも多発している。

ハッキングを避けるために重要なのは、市内のWiFiの利用を避けることだ。画像をインスタグラムやフェイスブックに今すぐ投稿したいという人は、自前のレンタルWiFiかVPNを利用することをお勧めする。

以上
3 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2016/08/11(木) 23:56:52.38 ID:JuZxrmpa0
群馬とリオってどっちが都会なの
4 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2016/08/12(金) 19:04:57.93 ID:SA0Hm5Xt0
なんでこのスレでそんな話に?
5 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2016/08/12(金) 23:50:45.40 ID:cKSaplkW0
リオって呼ぶの馴れ馴れしいよな
バンクーバーもバンとか言ってやれよ
6 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2016/12/11(日) 18:58:15.97 ID:nW0BeoyO0
やっぱモスだよなぁ
7 : @無断転載は禁止2016/12/23(金) 08:16:55.86
【世界に】でんぱ組.vvv92曲目【感染】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1449415014/
VVV乗馬倶楽部
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/equestrian/1463853701/
8 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:13:35.76 ID:7D/nqRSG0
「(訪日)外国人を地下鉄内などでも強姦(レイプ)してもよい」という徳政令が出たみたいだよ。
http://pixls.jp/I0001719
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504743961/
https://bungu-uranai.com/blog/8890/
https://togetter.com/li/1148009
この判決の画期的な点は、セックスから女性側の同意の確認を極めて軽んじている点だ。
この判決では、加害者がブラジル人男性、被害者が日本人女性だけれど、
法の下の平等の法理に基づき、
当然、加害者が日本人男性、被害者が外国人女性の場合にも適用される。
この判決では、「被害女性がセックスを拒んでいた」という事実は認定している。
しかし、事件が日本国内で起きたにも拘らず、
「加害男性が日本語や日本の習慣を理解できなかった」というだけの加害者側の都合で無罪となった。
だから、当然、日本語の拙い外国人女性を強姦(レイプ)しても無罪となる。
9 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:14:08.80 ID:7D/nqRSG0
つまり、裁判で加害男性は、こう主張すればよい。
「確かにセックスはしました。
 でも、相手女性が”No!No!Help!”と叫んでいたので、
 セックスに合意していると信じました。
 日本では『嫌よ、嫌よ、も好きの内』と言いますしね。
 特に外国人の出演しているアダルト動画を見て
 外国人は縛られて輪姦されるのが好きだと信じていました」
今回の判決の加害者はブラジル人男性だから、
恐らく、加害者側は、「この程度は、ブラジルでは通例、合意しているとみなしている」
と主張したはずだ。
だから、特に名古屋市周辺のブラジル人女性が狙い目だと思う。
なぜなら、
@加害男性の主張どおり、ブラジンル人女性は強姦(レイプ)に対して泣き寝入りしやすいはずだ。
A例え、警察に捕まっても、ブラジル人男性の無罪判決の前例があるから、
 特にブラジル人相手なら無罪判決が出でやすい。
 有罪だとしても、せいぜい、風俗店1回分程度の罰金になるだけかもしれない。
つまり、ブラジルでは、女は「24時間営業の歩く風俗嬢」のような扱いという可能性が高い。
10 : 名も無き開拓者@無断転載は禁止2017/09/15(金) 17:21:32.07 ID:5OgnIQqu0
東京でも同じこと起こりうるよなぁ