【雑うp】むっちり巨乳寄ってけ【どっちも歓迎】 [無断転載禁止]©bbspink.com

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/13(木) 22:04:15.42ID:wmZePWg20
※自分の安全のために必ずテンプレを全て読んでください
※雑談・馴れ合い大歓迎(但し再でもいいので必ずうpを交えてください)
※おっぱい以外を晒すのもいいですが、必ずおっぱいも一緒に晒して下さい
※おっぱいうp以外のリクエストは禁止しますが、女神の自発的うpはこの限りではありません
※分からないことがありましたら、気軽に住人にご相談ください。初心者女神様も大歓迎です
※性器画像・動画のうp、リクエストは厳禁です

【重要】ここ【重要】
※ここではDカップ以上であれば誰でもOK大きければ大きい程歓迎、勿論Dカップちゃんも大歓迎 ♪
※荒らし煽り叩きはスルー反応する住人もスルー、相手する人も荒らしですよ!
※腕振りは強制ではありませんが出来るだけ無言振りはしないでレスと一緒にしてね

★動画撮影時の注意★
一部携帯機種で、本名等が動画の情報に書き込まれる場合があります。
動画作成の際は十分ご注意ください。
「menu」→「0」で出てきた画面を確認してください。
あなたの名前がありますか?もしあった場合は名前を消してください。
※名前以外の情報(メールアドレス、電話番号等)が出る事はありません。

★スマホ(iPhone、Android)をご使用の女神様はGPS機能をオフにしてから撮影を★
「設定」→「位置情報サービス」→「カメラ」→「オフ」にする。
※オンの状態では撮影時の場所が画像・動画に組み込まれます(ジオタグ:geotag)

【アップローダ】
◎い〜め〜るGENKI(http://emailgenki.com/) 送信先:pic@emailgenki.com (画像・動画兼用 追加可 PINK管理人運営)
◎まじまじ(http://mjmj.be/) 送信先:up@mjmj.be (画像・動画兼用 追加可)
◎Myあっぷ(http://myup.jp/) 送信先:up@myup.jp (画像・動画兼用 追加可)
◎イメピク(http://imepic.jp/) 送信先:up@imepic.jp (画像のみ 位置情報自動削除)

*前スレ
【雑うp】むっちり巨乳寄ってけ【どっちも歓迎】
http://phoebe.bbspink.com/test/read.cgi/megami/1480343627/
【雑うp】むっちり巨乳寄ってけ【どっちも歓迎】
http://phoebe.bbspink.com/test/read.cgi/megami/1491405055/

2名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/13(木) 22:08:54.95ID:KOz1EvuI0

3名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/13(木) 22:16:43.45ID:wmZePWg20
落ちてたので立て直しました。

おっぱい見られたくてウズウズしてる女神さま
「来ちゃった」って軽いノリで良いので
貴女のおっぱいを見せに来てください。

4名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 00:03:33.89ID:5JjyxYUw0
    (  ))  シュポン!
  ((  ⌒  ))__∧__∧___
 ((   (≡三(_( ´・ω・ )__()  −=≡>>1
  (( ⌒ ))    (  ニつノ
  (( )      ,‐(_  ̄l
          し―(__)

5名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 00:18:56.25ID:eU50DHj40
俺のチンコが元気無いから
女神来てーー!

6名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 01:46:28.30ID:W0UCTdqT0
ほおしゅ

7名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 09:02:43.10ID:uoX8YTCg0
女神来るまで保守

8名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 11:29:18.55ID:zZ4v3Zxo0
保守しないと速攻落ちるよ

9名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 11:29:43.27ID:UwcQ1X/b0
ほしゅ

10名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 11:48:53.10ID:JueLZUU70
とりあえず20まで保守

11名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 12:08:29.74ID:zZ4v3Zxo0
サイバー攻撃か?
重い

12名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 12:33:27.76ID:uoX8YTCg0
確かに重いですね。
むっちり巨乳が近づいて来てるのかもしれませんね。保守。

13名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 14:30:25.12ID:UwcQ1X/b0
保守

14名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 16:35:14.40ID:UwcQ1X/b0
定期ほしゅ

15名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 18:05:40.25ID:uoX8YTCg0
保守。

16名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 18:09:37.67ID:JueLZUU70
女神が来てくれたら保守しなくても
あっという間に20レス埋まるんだけどな。

Dカプ以上の女神さまマジで来て!

17名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 18:41:39.79ID:9vgSHk/20
保守

18名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 18:51:51.30ID:Mqpdk5Ib0

19名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 18:52:13.37ID:Mqpdk5Ib0

20名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 18:53:23.76ID:Mqpdk5Ib0
イングヴェイ←いんぐべー?

21名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 19:19:41.35ID:pg/nzSHK0
おっぱい見たい!

22名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/14(金) 19:28:29.05ID:9vgSHk/20
世界にはおっぱいしかない

23名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 09:17:30.26ID:2SO6xJEn0
巨乳おっぱいの来ない連休さみしい

24名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 21:58:46.84ID:T4Av24qU0
巨乳募集!グラドル事務所が新人オーディション開催
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1856006.html

25名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:22:31.74ID:60tkf9kd0
こんばんは(^O^)
先週ぶりにまた来ました!
http://imepic.jp/20170715/841070

26名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:24:15.76ID:5xKfJAp70
>>25
いらっしゃいませませ〜

27名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:26:33.56ID:eeBhVi9F0
>>25
超まってましたよー

28名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:27:09.79ID:60tkf9kd0
>>26>>27
ありがとうございます(^O^)
http://imepic.jp/20170715/843890

29名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:33:38.64ID:eeBhVi9F0
>>28
むちむち感がたまらないですね。まずは片方よろしくお願いします。

30名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:34:58.33ID:5xKfJAp70
>>28
指先から漂うエロティシズム

31名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:35:35.09ID:m2si6UCB0
おっぱい!

32名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:36:08.13ID:5OCnSFFj0
(>ω<)ワッショイワッショイ!!!

33名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:41:04.83ID:60tkf9kd0
ありがとうございます(^O^)
http://imepic.jp/20170715/852320

34名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:44:20.68ID:6ZtmdnBz0
ちゅーちゅーしたい

35名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:44:21.72ID:PNQcjhG/0
めっちゃキレイ!なにカップ?

36名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:45:22.00ID:eeBhVi9F0
>>33
やっぱりムチムチがいいオッパイしてるね。
乳首つまんで固くしちゃいたいな。

今日ちょっとソフトフォーカスかかってる。
スマホのレンズ拭いて乳首アップでクッキリ見せて

37名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:45:24.96ID:INpDz5p50
思いっきり乳を寄せて撮ってほしい

38名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:49:24.82ID:60tkf9kd0
カメラのフィルターかかってます!
見づらいみたいでごめんなさい( ; _ ; )
おっぱいはFです
http://imepic.jp/20170715/856790

39名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:50:55.75ID:D1d/fTNy0
前回の覚えてるよ
相変わらずキレイなおっぱい!

40名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:51:41.35ID:PNQcjhG/0
唇見たいな。てか、自分で舐めれそうやねw

41名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:54:10.07ID:60tkf9kd0
>>39
覚えてくれてて嬉しいです♪
http://imepic.jp/20170715/860100

42名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/15(土) 23:54:25.02ID:eeBhVi9F0
>>38
フィルター大丈夫です。ごめんね。
ギュッてしてるのいいね。
両方のおっぱいを出してギュッとしながら
たくさんの人に見せてよ。

43名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:00:58.40ID:VnELDzIF0
なんちゅーエロ綺麗なおっぱい!
モミモミしてレロレロしたい!

44名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:01:17.86ID:qPbBHZkt0
>>41
いいおっぱいだなぁ

挟まれたいわ

45名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:06:22.17ID:hism8buC0
自分のおっぱいは舐めれないですよ(笑)もっと大きい方は別ですが( ; _ ; )(笑)
http://imepic.jp/20170716/003120

46名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:12:10.35ID:Q8RRQ+kC0
>>45
エッチな気分でムラムラした時に
どんな風におっぱいや乳首をいじって気持ちよくなってるのか
動画で見せて欲しいな!

前回リンクおしいところまで出来てたからリベンジしようよ。

47名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:12:30.54ID:xXF1G7W60
イイ乳首じゃあ

48名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:13:01.79ID:Hm2joTFX0
>>45
えっちな下着のおねぃさんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

49名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:14:09.45ID:o1RkLwf20
血管エロい

50名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:15:57.14ID:IqrcDs9K0
妻さんですか?

51名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:24:09.18ID:hism8buC0
独身ですよー^_^
http://imepic.jp/20170716/014230

52名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:26:01.61ID:VnELDzIF0
>>45
>>51
たた、たまらんw
嫁にして毎日揉みたい!

53名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:30:00.71ID:Q8RRQ+kC0
>>52
おっぱい大きいのに乳輪の色も薄くて
乳首がポチっとしてるから
このおっぱいかわいいんだなぁ。
乳首固くなってきてる?

54名無し@18歳未満の入場禁止 転載禁止2017/07/16(日) 00:32:40.11ID:hC47iHei0
>>51
こんだけエロい体してると、すんごいヤラシイプレイとか経験ありそう

55名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:36:06.70ID:VnELDzIF0
>>53
なぜ俺に聞く?

56名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:36:15.20ID:hism8buC0
>>54
いたってノーマルプレイばっかりですよ(笑)
あ、でも、こないだエッチしたときはベランダでしました
http://imepic.jp/20170716/020800

57名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:38:17.29ID:Q8RRQ+kC0
>>55
すまん、すまん、アンカ間違えてたわw

>>56 女神さん宛てで書いた >>53ですわ。

58名無し@18歳未満の入場禁止 転載禁止2017/07/16(日) 00:38:37.05ID:hC47iHei0
>>56
マジか。もったいない。
縛られたり夜中に露出プレイしたりしてみたくない?

59名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:39:37.70ID:hism8buC0
>>58
目隠しとか手縛るくらいはやってみたいかもです〜

60名無し@18歳未満の入場禁止 転載禁止2017/07/16(日) 00:40:45.77ID:hC47iHei0
>>59
優しい縄で乳も縛られてみようよ。絶景になるのに。

61名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:44:15.66ID:Q8RRQ+kC0
>>56
おへそと下のショーツも一緒に見せて

62名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:46:14.13ID:EU2QHbLX0
>>56
え!あれ君だったの?楽しませてもらったよ
超望遠で見てたw

63名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:52:58.62ID:hism8buC0
>>62
まじだったらやばいですけどね(笑)
http://myup.jp/HHPg0aIO

64名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 00:59:41.98ID:1+2Qe6Ao0
一晩中顔うずめてたい

65名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 01:02:50.14ID:Q8RRQ+kC0
>>63
動画だとブルンブルンなのがよく分かるわー。

乳首舐めまわしたいわ。

66名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 01:05:59.62ID:hism8buC0
そろそろ寝ようと思います。。(´-`).。oO
http://myup.jp/LlHKhVip

67名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 01:10:33.35ID:EU2QHbLX0
>>63
ドローンも使うよ
温泉の露天風呂とかも
4kカメラだからバッチリw

68名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 01:11:09.55ID:Q8RRQ+kC0
>>66
おっぱいを揉みしだいてから
指で乳首をコリコリってするのがいいんだね。
彼氏にもそうやってもらってるのか、彼氏うらやましいなぁ

69名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 08:27:18.23ID:piJmlAhi0
>>41
すいません、朝からおかずにさせて頂きます

70名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:05:26.89ID:aMjDu93K0
>>56
それは彼氏とー?セフレとー?

71名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:12:12.18ID:hism8buC0
>>70
おはようございます♪
彼氏とですよ^_^
http://imepic.jp/20170716/330920

72名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:13:54.22ID:tgyiJ4EGO
これはたまらん乳やな

73名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:17:11.96ID:9o8573lJ0
>>71
おはよう〜朝からエロい

74名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:21:44.02ID:Hm2joTFX0
>>71
このすけべ

75名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:29:35.85ID:6e2ZswGs0
>>71
2カップぐらい小さいブラだろ。w

76名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:36:49.02ID:dxbFpIRm0
8月で37になる子持ちの主婦ですがせっかくなのでラブホで旦那に撮って貰った下着姿の写真を載せます。
http://imepic.jp/20170716/339200
ちょっと画像がボケててゆるゆるなオバサン体型ですがどうでしょうか?

77名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:38:18.40ID:hism8buC0
>>75
ちゃんとサイズは合ってますよ(笑)
http://imepic.jp/20170716/343640

78名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:55:28.17ID:Q8RRQ+kC0
>>77
ブラ取って横乳見せてよ

79名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 09:56:58.02ID:rgGngTIf0
>>76と同時進行だ

80名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 12:33:49.91ID:xCkdgFiR0
これはひどい

81名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 15:21:13.10ID:PJTdXJAI0
>>77
何かっぷですかー?

82名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 15:38:07.84ID:6e2ZswGs0
>>77
ほんとかよ。
着けてるのブラじゃなくバストリフターじゃないかってぐらい胸が溢れ出してるやん。
まあ、それが魅力的でもあるわけだが。

83名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 20:31:59.15ID:hism8buC0

84名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 20:57:48.49ID:GGLNloPf0
動画でみせて

85名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 21:15:48.65ID:18/Kbcun0
>>83
ありがとー♪
薄い乳輪が好きすぎる〜彼氏羨ましすぎる〜

86名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 22:45:25.44ID:hism8buC0
>>85
自分では乳輪薄いと思ってなかったので、初めて自覚しました!
http://imepic.jp/20170716/818790

87名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/16(日) 22:57:09.86ID:+21oKms20
>>86
外国人女性と付き合ったことあるけど、そっくりだよ!
ほんときれいなピンク!

88名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 08:02:41.35ID:LsRDebIS0
>>86です
>>87ありがとうございます(*'▽'*)
http://imepic.jp/20170717/288770

89名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 08:13:09.39ID:rBqu/T+N0
>>88
とても艶っぽい

90名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 11:19:13.48ID:l/cVKKR80
色が薄過ぎると妖怪ぬっぺほふみたいだな
さて転載するか

91名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 11:36:28.58ID:zoEZ8Vy40
>>88
朝から極上のおかずが!堪らず抜いた
ありがとーそれにしても彼氏が羨ましい

92名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 12:00:11.51ID:9WR95UwJ0
三連休最後の朝から小銭拾うのに必死なのか

93りん2017/07/17(月) 20:11:30.98ID:vuJaxA/S0
こんばんは。
お昼に主人が子供と出てる間に撮ってみました。

http://imepic.jp/20170717/394550
http://imepic.jp/20170717/394570

94名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:16:50.44ID:pekSFm++0
素晴らしい

95名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:20:20.76ID:aotgZfk+0
いいおっぱいである

96りん2017/07/17(月) 20:23:26.84ID:vuJaxA/S0
撮る前に少しだけ乳首いじっちゃって
コリコリになっちゃってました///
http://imepic.jp/20170717/394590

97名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:29:26.47ID:aotgZfk+0
いじってないのにビンビンになっちゃいました///

98りん2017/07/17(月) 20:30:36.31ID:vuJaxA/S0
>>97
えっw
嬉しいです///

99名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:35:26.83ID:aotgZfk+0
まるでパン職人のようにりんちゃんのおっぱいを揉んでみたいんです

100名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:39:22.06ID:9S7Y+TAt0
じゃあパンこねてろよ
このおっぱいは俺がもらう

101りん2017/07/17(月) 20:43:28.76ID:vuJaxA/S0
ぜひ揉んでいただきたいですw

http://imepic.jp/20170717/390970
http://imepic.jp/20170717/390980
下から撮って
乳首摘んでみました

102名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:43:35.51ID:Z7QXh5D70
りんさん待ってたよ

103名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:46:57.17ID:5a2AjUnK0
>>101
これはどこで揉めるんですか?

104名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 20:48:32.02ID:6WKd7yoi0
も、揉みたい…!
揉ませてください!

105りん2017/07/17(月) 20:58:07.95ID:vuJaxA/S0
http://imepic.jp/20170717/391000

みなさん、嬉しい反応ありがとうございます(><)

106名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:00:27.47ID:9hPi1oza0
>>105
しゃぶる!

107名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:06:26.84ID:+oBiOhPC0
>>105
ねぶる

108りん2017/07/17(月) 21:07:38.46ID:vuJaxA/S0
しゃぶられるのもねぶられるのも大好きです//
すぐコリコリになっちゃいます...

109名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:13:11.54ID:Da95RHdI0
>>108
りんちゃんでシコってるよ

110りん2017/07/17(月) 21:15:50.34ID:vuJaxA/S0
http://imepic.jp/20170717/395000

私なんかのおっぱいで気持ちよくなっていただけるなら本当に嬉しいです!

111名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:16:31.49ID:Da95RHdI0
>>110
こすりつけたい・・・

112名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:18:27.39ID:9hPi1oza0
>>110
もうパンツぬるぬるだよ

113名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:20:41.93ID:aotgZfk+0
あぁ、また硬くなってきてしまった…

114りん2017/07/17(月) 21:22:45.28ID:vuJaxA/S0
これで最後になります(T^T)
http://imepic.jp/20170717/395030

みなさん、本当に嬉しい反応してくださって、、、お世辞だとしても感謝です

115名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:23:19.64ID:Da95RHdI0
>>114
おっぱいに出していい?

116りん2017/07/17(月) 21:25:28.64ID:vuJaxA/S0
>>115
主人もよく出します///

117名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:26:11.71ID:aotgZfk+0
おっぱいこそ、真実

118名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:31:53.76ID:Gv8RPlolO
>>114
俺も掛ける!

119名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:35:45.18ID:Da95RHdI0
>>116
いっぱい出た

120名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:36:12.76ID:Nr+UVtM10
>>114
このおっぱいにお世辞なんていらないでしょ

本音でGO

121名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:37:59.55ID:oUFUe4zl0
>>114
ステキなおっぱいをありがとう。
今度もし出来たら
その巨乳を形が変わるくらい揉みしだいたり
プックリとした乳首をコリコリにいじっている動画をみせてほしいです!

122りん2017/07/17(月) 21:40:06.46ID:vuJaxA/S0
動画は撮ってみたいなぁと思いつつ、、、
今度チャレンジしてみますね!

では、また来させてください。
今から主人と...仲良くしてきます//

123名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:44:20.88ID:5a2AjUnK0
>>122
僕とも仲良くしてください

124名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:46:37.85ID:Nr+UVtM10
>>122
くっそぅ

こんないい嫁さんが欲しい

125名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:47:52.46ID:oUFUe4zl0
>>122
動画待ってますっ ( ??? )

旦那さんとのイチャラブうらやましいなっ

126名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 21:50:25.81ID:oUFUe4zl0
文字化けしてしまった。すませんっ。

127名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 22:02:35.43ID:6WKd7yoi0
マジで旦那が羨ましすぎる

128山崎の眷族2017/07/17(月) 22:21:58.12ID:DTasYr4Q0
やれやれ

129名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 22:28:32.64ID:Da95RHdI0
誰かこないかー

130名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 23:08:51.67ID:o5voSUKA0
ヘンタイと思われるかもだけど。。。してるところを撮ってもらお(o・ェ・o)

131名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/17(月) 23:31:46.23ID:Da95RHdI0
>>130
期待

132りん2017/07/18(火) 16:39:47.19ID:eCFWPj410
こんにちは。
ここは動画のアップはいいんでしょうか?
どなたか教えていただけると嬉しいです。

133名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 16:40:25.71ID:k3abZ2cn0
問題ない

134りん2017/07/18(火) 16:47:27.08ID:eCFWPj410
教えてくださってありがとうございます!
動画は初めてなので、
今夜1時間だけ公開しようと思います。
ありがとうございました!

135名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 16:50:38.02ID:k3abZ2cn0
みんな見逃すなよ!

136名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 16:59:10.73ID:LgT3xtdG0
お、おう

137名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 17:09:45.90ID:NkTa57M80
夜勤だわ。1時間公開なんか無理だわ。

138りん2017/07/18(火) 17:19:45.88ID:eCFWPj410
ごめんなさい!!
たいした動画をアップするわけでもないのに限定公開なんて生意気ですよね...
でもほんと、ただ揉んでるだけの動画なんです...期待はずれになるので、、、

さっきからなにもアップしてないので
動画の一部写真アップします
http://imepic.jp/20170718/622660

139名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 17:32:06.92ID:8tbc4RuT0
>>138
喘ぎ声入りの動画 待ってるよー

140名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 17:51:35.25ID:oYaIcAkO0
>>138
乳揉み動画楽しみにしてる

141名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 17:56:32.87ID:v1tqvWKO0
頼む!おっぱい動いてくれ!

142名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 18:20:20.65ID:2uXUozFz0
何時ぐらいにうpるの?

143名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 18:21:19.34ID:2uXUozFz0
動画の、話ね

144名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 18:30:31.13ID:k3abZ2cn0
自分でハードル上げてんじゃねえ

145りん2017/07/18(火) 18:53:05.28ID:eCFWPj410
主人が早く帰ってきそうなのでアップします。
音声は申し訳ないですが消しました(><)
本当に期待するほどのものじゃないので...ごめんなさい
http://k.mjmj.be/jTtSEBNiuJ/

146名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 19:06:47.35ID:lS2y112B0
ええなあ
今度はテーブルにおっぱい載せるのもやってよ

147名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 19:10:47.29ID:huUR56O60
>>145
おー動画だとぷにぷに感が3割増ですね〜 良い!
泡まみれモミモミ動画も視てみたいです ソープ嬢風にw

148名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 19:11:19.87ID:qh+KWLZG0
柔らかそうで揉みたいわ

149名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 19:12:48.45ID:rSjhuvIK0
これは早く帰って揉みたくなるおっぱいだわ

150りん2017/07/18(火) 19:15:46.60ID:eCFWPj410
つまらない動画ですが、みなさん反応ありがとうございます(><)
今度テーブルにおっぱいのせてみますね。

151りん2017/07/18(火) 19:32:13.14ID:eCFWPj410
動画、消すのは明日にしようと思います
コロコロと変えてごめんなさい
あとでもう一つアップしますね!

152名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 19:38:38.12ID:Rx1wY7i20
>>151
ありがとう

153名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 19:42:19.36ID:gyGbMubA0
>>151
動画だとりんちゃんのおっぱいの柔らかさやボリューム感がすごく良く伝わっていいね!
次の動画もめっちゃ楽しみ!
チンコ硬くして待ってるよー

154名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 19:42:21.73ID:e151lNyK0
音消すなよ…

155りん2017/07/18(火) 20:42:29.60ID:eCFWPj410
http://k.mjmj.be/mlBvd63BRr/
今度音ありでやってみます
主人と子供がいないときに(笑)

156名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 20:54:20.31ID:jlcQ+bq/0
>>155
ぶち殺すぞくそぶすばばあ
んなくだらねぇ動画あげんなら二度とくんな

157名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 20:55:28.65ID:oKxplCN10
>>155
(・∀・)イイネ!!

158名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 20:58:03.13ID:5GoMy+200
本格的に夏にはいったな…
今の時期って海の日位から学校の休みって始まるんだな

>>155
おー、いまきたけど最高じゃん…
声あり是非ともお願いいたしますといいたいけど、無理のないようにね
途端にバレの危険性もあるしね

159りん2017/07/18(火) 21:03:12.23ID:eCFWPj410
>>158
お気遣いありがとうございます!
そうなんですよね、その危険も考えてひとまず今回のは音声消してみました(><)
音声アリでアップするかどうかもよく検討してからにしようと思ってます。

160名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 21:12:17.03ID:5GoMy+200
>>159
おっけおっけ
声が無理でもレンズに押し当てたり谷間に挟んだりとか色々できるしね

とりあえず今晩も昨晩に続いて旦那さんと?w

161りん2017/07/18(火) 21:28:17.66ID:eCFWPj410
>>160
今夜もする予定になってます♡(笑)

162名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 23:16:56.34ID:CLCHmMOO0
>>161
イイなぁ
羨ましいよ

163名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/18(火) 23:43:46.68ID:/FpkAzTA0
>>161
今頃あのおっぱいを揉みまくられて乳首カチカチにしながら
動画では聞けなかった気持ちよくなってる声を出しまくってるんだろうな。
写真と違って動画で見れたから
どうやって旦那とセックスするのか想像もリアルになるな。

うふ〜ん

165りん2017/07/20(木) 07:10:52.12ID:+/7wMKJg0
朝、誰もいないうちに少しだけ動画撮りました
http://k.mjmj.be/AKIsdg0KZ9/

166名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/20(木) 07:15:00.78ID:1+nMIuqw0
やったー!

167名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/20(木) 07:59:04.08ID:aROBVSPa0
>>165
おっぱい触りたい

168名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/20(木) 08:01:31.78ID:ddg8UEf10
>>165
個人的にはもっと色素濃いほうが好みだけど、吸いやすそうな乳首さんですね
とても柔らかそうで美味しそうです

169りん2017/07/20(木) 18:58:09.85ID:+/7wMKJg0
こんばんは。
朝はそのままバタバタしてしまって貼り逃げになってしまってました
もう一つ残ってるので貼らせてください(>_<;)
http://k.mjmj.be/GD0aGgux6Z/

170名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/20(木) 19:05:18.81ID:26Ixyfo10
りんさん音下さい

171りん2017/07/20(木) 19:10:56.67ID:+/7wMKJg0
>>170
ごめんなさぃ
音ありは検討中です(>_<;)

172名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/20(木) 19:11:46.50ID:1+nMIuqw0
ぜひ!

173名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/21(金) 07:19:34.24ID:HcGA/kV60
輝き

174名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/21(金) 08:21:01.50ID:UW2ocV/a0
数年前なら確実に荒れてたけど慢性的な女神不足でこのところマッタリしてる

175名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/21(金) 15:00:22.72ID:JRCaDXUR0
りんちゃんのおっぱいでたくさんぬいてしまったよ

176名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/21(金) 16:45:26.85ID:k2t0Onn/0
旦那は幸福者だな

177名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/24(月) 09:28:45.60ID:KnE6HYot0
ない

178名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/07/25(火) 15:44:29.95ID:EDhfXenu0
ほしゅ

179名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/01(火) 09:28:52.07ID:eb7Y7TmN0
女神きてー

180名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/01(火) 21:18:56.03ID:jwKOKue50
世界中のおっぱいが、男に活力を与え、世界を動かしている

181山崎の眷族2017/08/01(火) 22:02:04.76ID:T8oA1BdP0
>>180
君の個人的な見解を世界の総意みたいな感じで語るのは止めようね
人にもよるけど、年食うとおっぱいとかどうでも良くなるから

182名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/04(金) 14:37:21.68ID:mpiPYMcC0
女神こないな

183名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/06(日) 15:24:58.59ID:vpM0WxW60
ほしゅ

184名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:27:18.46ID:IE1zUqSM0
ピザデブに一レスだけしたのですが、
人がいないようなのでこちらでもいいですか?
胸がメインなので…!

185名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:30:47.62ID:jNfdufMq0
どうぞどうぞ

186名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:37:33.55ID:IE1zUqSM0
お言葉に甘えて
http://imepic.jp/20170807/051520

撮り溜め&少ないですが、たくさん見てほしいのでじわじわいきたいです

187名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:38:34.38ID:FYgxCBZE0
めっちゃ期待

188名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:39:55.06ID:pMMcrlUc0
まだ乳首立ってない段階なのね

189名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:40:25.53ID:jNfdufMq0
おー!すばらしい!

190名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:42:35.66ID:IE1zUqSM0
ぬるくマゾなので縛ってみました
http://imepic.jp/20170807/046800

191名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:47:57.39ID:IE1zUqSM0
もしかして、こういうのはNGなスレですか?
今回は全体的にこんな感じなんですが…

192名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:48:59.61ID:pMMcrlUc0
問題はないよー

193名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:51:35.72ID:IE1zUqSM0
>>192
ありがとうございます!
まぁ大したものはないんですが


http://imepic.jp/20170807/045782

194名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:56:09.40ID:yfAjiDT90
>>193
やらしいね
乳首見たい

195名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 01:56:57.60ID:pMMcrlUc0
あらまあ下乳の存在感
かなりきつく締めてたのね

196名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:02:36.08ID:IE1zUqSM0

197名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:05:26.39ID:5x7lO/580
エッロ
すげーヤラシイ乳首してそう

198名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:05:41.62ID:yfAjiDT90
>>196
エロ〜い
良い乳してるわ

199名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:10:00.34ID:pMMcrlUc0
かなりきつく締めてるね
こういう緊縛好きなのかな
洗濯バサミで乳首挟むのはどうだろ?
痛い系が好きというわけではないのかな

200名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:12:09.08ID:IE1zUqSM0
次で最後です
なんかハードル上がってて怖い…

>>199
力の限りギチギチにしましたw
Mって断言しちゃうとガチの人に怒られそうですが
わりとなんでもイキたいMだと自覚してます
痛いのも大好き

201名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:14:40.09ID:pMMcrlUc0
こういうので濡れた下の証拠、濡れたパンツのシミや糸引きが見られると興奮するね
次は自分が興奮してるとこを色々撮ってもらえると嬉しい

洗濯バサミとかw

202名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:15:07.38ID:yfAjiDT90
>>200
むちゃくちゃにしたいわ

203名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:16:07.34ID:pMMcrlUc0
予想以上に美味しそうなおっぱいだったからみんなの期待が高まってるのは当然かなw
それだけ評価されたということでは

204名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:16:52.83ID:S743rbRZ0
>>200
縛っていいなら手を後ろで縛ってやりたい放題やりたい
とりあえずオッパイ揉ませて

205名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:17:24.39ID:IE1zUqSM0
http://imepic.jp/20170807/081340

以上です
お目汚し失礼しました。

206名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:18:52.10ID:S743rbRZ0
>>205
いい乳首してるね〜
今撮り駄目?

207名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:19:19.73ID:pMMcrlUc0
あっ
乳首出た
美味しそうな乳首
吸い付きたくなるね
ギュってつまみたい

感想もらってどんな気分?

208名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:28:24.81ID:IE1zUqSM0
>>206
もう寝る状態なのでちょっと…


>>207
引きちぎれそうになるまで?

嬉しいですが恥ずかしいですw

209名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:32:28.51ID:pMMcrlUc0
>>208
引きちぎれそうになるまで痛くするのが好みなら試してみてw
見てもらうと濡れてくるのかな?

おっぱいの丸みが分かるところも見てみたい

210名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 02:34:52.17ID:pMMcrlUc0
きついクリップ好きな女性はペットボトルつけたクリップで乳首挟んでぶら下げたりする人もいたね
ぶらぶらと

211名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 03:03:38.19ID:JxOpe+RQ0
ほしゅ

212名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 06:40:03.99ID:q9/Htum10
ない

213名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 07:10:45.47ID:pMMcrlUc0
どれ?
まだあるのでは?

214名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/07(月) 07:17:32.67ID:WzUORoF20
ない

215名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/08(火) 08:12:04.09ID:oTTojerW0
女神きてー

216名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/08(火) 13:27:07.50ID:wPkRWVof0
ほしゅ

217名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/08(火) 14:46:42.33ID:y00nbs780

218名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/08(火) 15:11:35.26ID:yCXZDUIj0
コレくらいならデブでも出来るやろ

219名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/08(火) 15:52:20.05ID:oFlJotaw0
>>217
誰得?

220名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/08(火) 15:54:02.25ID:/DRY+U5k0
腹で

221名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/09(水) 10:36:35.48ID:Bc0xMb6B0
たまえ

222名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 21:53:36.03ID:q3W4qMlg0

223名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 21:56:12.65ID:C1+ezIGQ0
でっか

224名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:01:44.54ID:q3W4qMlg0
すっごい久しぶりにきた〜〜〜
太りましたよ
http://imepic.jp/20170810/787200

225名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:04:06.27ID:BMNVPLw10
>>222
むっちり柔らかそうw
こんばんわ。

226名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:06:25.07ID:q3W4qMlg0
人がいる!うれしー
久しぶりに家で飲んだらいえーいって感じです
http://imepic.jp/20170810/792060

227名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:07:11.37ID:BMNVPLw10
>>224
巨乳だから形がムニュムニュ良く変わってモミごこち凄くよさそう。
どれくらいの巨乳なのか普通座りで正面から見せて欲しいな

228名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:08:51.96ID:BMNVPLw10
>>226
家のみでイエーイ中っすか!
いいオッパイしてるね!感度もよさそうだし。
とりあえずシャツ全部脱いじゃおうか。

229名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:10:48.81ID:q3W4qMlg0
一人でいえーいしてます!
http://imepic.jp/20170810/792010

230名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:12:20.38ID:PutWvXsT0
いつぶりぐらいに来たのー?

231名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:14:25.11ID:q3W4qMlg0
正面からっす!左右で大きさちがう笑
http://imepic.jp/20170810/799800
一年以上ぶりかな?

232名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:17:02.51ID:E/T5zomb0
しゃるりたい

233名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:18:17.64ID:BMNVPLw10
>>231
心臓のある左の方が大きくなりがちっていうよね。
いいオッパイだし、イチャイチャしたくなるステキな裸ですやん。
乳首ちょっといじってコリコリってなった所を見てみたいな。

234名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:18:33.09ID:C1+ezIGQ0
肉まん

235名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:24:41.17ID:q3W4qMlg0

236名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:26:26.10ID:q3W4qMlg0
http://imepic.jp/20170810/804910
撮ってすぐ加工できるの便利笑

237名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:28:00.61ID:BMNVPLw10
>>235
ボリュームがすごいな。揉まれるの好きでしょ。
おっぱいに顔をうずめながら徐々に乳首に近づきながら吸い付きたい!
下は今、パンツ1枚かな?パンツも見せてよ。

238名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:30:18.00ID:bQp69Rvb0
肉まん食べたい

239名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:34:12.78ID:q3W4qMlg0
ちくび
http://imepic.jp/20170810/809430
ここの人なんですぐ肉まんってわかるの?
お久しぶりです笑

240名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:36:30.44ID:bQp69Rvb0
背景とおっぱい

241名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:38:01.06ID:q3W4qMlg0
おっぱいソムリエ……

パンツは無印です笑
http://imepic.jp/20170810/813080

242名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:42:58.69ID:BMNVPLw10
>>241
そういう普通の感じが一番そそるw
エッチなおっぱいに普通のパンツとか
私生活覗いてるようでギンギンに立ってきちゃったよ。
正面からその巨乳とパンツをもっとよく見せて

243名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:45:04.85ID:q3W4qMlg0
眠くなってきたのでおやすみなさい〜
また来たくなったら来ます!

244名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:45:09.24ID:ZD47m/PY0
>>242
スマホにしたんだ半角おっさん

245名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:52:02.00ID:BMNVPLw10
>>243
また来てね、おやすみー


>>244は誰と間違えているんだ?
俺はiPhone3Gの頃からスマホだが?
意味不明すぎるアンカーはやめてくれねぇか?

246名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:52:49.87ID:F+/34dw10
>>229
ケツかと思ったw

247名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 22:54:21.27ID:F+/34dw10
アンカ間違えたw
>>222だったw

248名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 23:50:31.68ID:PutWvXsT0
ソムリエたちすごいなー
言われてみたらそうだと納得の肉まんでした

249名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/10(木) 23:52:48.59ID:y3sWkpaI0
最高のおっぱいキタ

250名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/11(金) 00:04:36.96ID:l28S7PS20
肉まんさんというのか
ああいうおっぱいは抱きついたら気持ち良さそうだね

251名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/11(金) 00:19:38.85ID:ebrp98v60
>>243
いい乳、

252名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/11(金) 00:45:41.45ID:SM/54KUu0
肉まん来てくれたのか!
おととい近所のコンビニ肉まん始めましたし、思い出してた
ありがとー

253名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/11(金) 10:10:12.48ID:b3JZcI2I0
みんくちゃんねる
みたわ

254名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/12(土) 12:35:21.13ID:rTv96Nyd0
ピエロ

255名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 18:48:15.32ID:u6ghkJzJ0
ほしゅ

256名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 20:11:40.80ID:ewYrhVmY0
いますか?

257名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 20:18:22.60ID:ZftItm2v0
>>256
いるぜ☆

258名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 20:20:01.64ID:z/YxgVi50
>>256
呼んだ?

259名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 20:30:42.23ID:dPPcBtSz0
>>256

260名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 20:48:51.24ID:2hEykm6H0
>>256
いらっしゃい

261名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 20:49:09.18ID:k6/rHTWU0
いるいるー

262名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/14(月) 20:59:23.87ID:T+MBqQwa0
>>256
いるよ

263名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/15(火) 01:14:45.30ID:81T4xEh40
サンキュー山崎

264名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/08/15(火) 10:53:11.33ID:CZMQGEwU0
女神きてー

265F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:01.20ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

266F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:14.26ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

267F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:17.33ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

268F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:32.66ID:hp5fa8lE0
a

269F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:42.69ID:hp5fa8lE0
a

270F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:45.49ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

271F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:56.81ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

272F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:51:59.46ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

273F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:08.73ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

274F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:23.21ID:hp5fa8lE0
a

275F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:25.60ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

276F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:33.43ID:hp5fa8lE0
a

277F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:35.86ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

278F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:43.15ID:hp5fa8lE0
a

279F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:45.28ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

280F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:52:58.37ID:hp5fa8lE0
a

281F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:00.63ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

282F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:07.91ID:hp5fa8lE0
a

283F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:10.98ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

284F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:19.89ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

285F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:22.12ID:hp5fa8lE0
a

286F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:31.19ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

287F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:33.79ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

288F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:42.19ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

289F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:44.97ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

290F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:51.93ID:hp5fa8lE0
a

291F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:53:54.63ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

292F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:02.18ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

293F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:04.54ID:hp5fa8lE0
a

294F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:11.72ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

295F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:14.29ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

296F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:26.26ID:hp5fa8lE0
a

297F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:28.78ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

298F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:44.62ID:hp5fa8lE0
a

299F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:54:55.10ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

300F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:07.82ID:hp5fa8lE0
a

301F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:10.35ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

302F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:23.26ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

303F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:25.45ID:hp5fa8lE0
a

304F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:35.81ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

305F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:38.51ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

306F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:47.58ID:hp5fa8lE0
a

307F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:50.50ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

308F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:55:58.71ID:hp5fa8lE0
a

309F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:01.08ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

310F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:08.62ID:hp5fa8lE0
a

311F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:11.29ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

312F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:18.69ID:hp5fa8lE0
a

313F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:21.16ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

314F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:28.30ID:hp5fa8lE0
a

315F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:30.55ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

316F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:38.15ID:hp5fa8lE0
a

317F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:40.66ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

318F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:48.04ID:hp5fa8lE0
a

319F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:50.55ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

320F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:56:57.99ID:hp5fa8lE0
a

321F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:00.58ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

322F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:08.95ID:hp5fa8lE0
a

323F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:11.28ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

324F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:19.59ID:hp5fa8lE0
a

325F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:22.36ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

326F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:30.14ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

327F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:32.38ID:hp5fa8lE0
a

328F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:39.83ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

329F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:42.54ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

330F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:50.05ID:hp5fa8lE0
a

331F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:52.27ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

332F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:57:59.59ID:hp5fa8lE0
a

333F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:02.01ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

334F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:09.44ID:hp5fa8lE0
a

335F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:11.76ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

336F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:19.11ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

337F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:21.15ID:hp5fa8lE0
a

338F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:28.57ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

339F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:31.07ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

340F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:38.59ID:hp5fa8lE0
a

341F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:40.54ID:hp5fa8lE0
a

342F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:48.04ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

343F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:50.44ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

344F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:58:57.89ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

345F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:08.77ID:hp5fa8lE0
a

346F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:13.83ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

347F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:21.39ID:hp5fa8lE0
a

348F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:23.86ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

349F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:32.54ID:hp5fa8lE0
a

350F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:34.94ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

351F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:42.48ID:hp5fa8lE0
a

352F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:45.07ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

353F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:52.62ID:hp5fa8lE0
a

354F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 17:59:55.16ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

355F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:02.58ID:hp5fa8lE0
a

356F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:04.90ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

357F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:12.17ID:hp5fa8lE0
a

358F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:14.92ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

359F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:22.44ID:hp5fa8lE0
a

360F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:24.46ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

361F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:32.07ID:hp5fa8lE0
a

362F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:35.24ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

363F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:42.75ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

364F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:45.57ID:hp5fa8lE0
a

365F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:52.98ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

366F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:00:55.50ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

367F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:03.00ID:hp5fa8lE0
a

368F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:05.43ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

369F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:12.80ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

370F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:14.84ID:hp5fa8lE0
a

371F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:22.20ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

372F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:24.49ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

373F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:31.84ID:hp5fa8lE0
a

374F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:34.30ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

375F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:41.72ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

376F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:52.44ID:hp5fa8lE0
a

377F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:01:54.36ID:hp5fa8lE0
a

378F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:02:08.63ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

379F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:02:19.58ID:hp5fa8lE0
a

380F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:02:24.35ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

381F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:02:40.23ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

382F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:02:42.35ID:hp5fa8lE0
a

383F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:02:50.05ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

384F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:02:52.69ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

385F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:00.28ID:hp5fa8lE0
a

386F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:02.83ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

387F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:10.34ID:hp5fa8lE0
a

388F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:12.93ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

389F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:20.37ID:hp5fa8lE0
a

390F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:23.02ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

391F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:30.56ID:hp5fa8lE0
a

392F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:35.36ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

393F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:42.07ID:hp5fa8lE0
a

394F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:44.40ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

395F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:52.21ID:hp5fa8lE0
a

396F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:03:55.21ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

397F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:02.26ID:hp5fa8lE0
a

398F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:05.08ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

399F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:12.72ID:hp5fa8lE0
a

400F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:15.40ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

401F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:23.56ID:hp5fa8lE0
a

402F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:26.26ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

403F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:33.67ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

404F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:36.55ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

405F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:44.18ID:hp5fa8lE0
a

406F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:46.54ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

407F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:54.35ID:hp5fa8lE0
a

408F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:04:56.81ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

409F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:05:04.47ID:hp5fa8lE0
a

410F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:05:07.29ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

411F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:05:14.84ID:hp5fa8lE0
a

412F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:05:17.85ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

413F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:05:27.69ID:hp5fa8lE0
a

414F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:05:30.55ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

415F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:05:38.10ID:hp5fa8lE0
a

416F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:06:37.27ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

417F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:06:43.95ID:hp5fa8lE0
a

418F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:06:51.55ID:hp5fa8lE0
a

419F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:01.91ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

420F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:05.00ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

421F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:12.82ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

422F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:15.55ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

423F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:23.02ID:hp5fa8lE0
a

424F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:25.53ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

425F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:32.95ID:hp5fa8lE0
a

426F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:35.25ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

427F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:43.14ID:hp5fa8lE0
a

428F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:45.71ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

429F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:53.12ID:hp5fa8lE0
a

430F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:07:55.51ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

431F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:03.22ID:hp5fa8lE0
a

432F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:05.65ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

433F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:12.35ID:hp5fa8lE0
a

434F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:15.03ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

435F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:30.04ID:hp5fa8lE0
a

436F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:32.48ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

437F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:45.43ID:hp5fa8lE0
a

438F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:53.27ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

439F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:08:55.81ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

440F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:03.71ID:hp5fa8lE0
a

441F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:06.11ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

442F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:13.76ID:hp5fa8lE0
a

443F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:15.98ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

444F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:23.75ID:hp5fa8lE0
a

445F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:26.37ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

446F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:34.13ID:hp5fa8lE0
a

447F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:36.48ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

448F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:44.09ID:hp5fa8lE0
a

449F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:46.65ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

450F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:54.34ID:hp5fa8lE0
a

451F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:09:56.97ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

452F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:04.40ID:hp5fa8lE0
a

453F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:06.84ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

454F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:14.30ID:hp5fa8lE0
a

455F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:17.29ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

456F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:24.81ID:hp5fa8lE0
a

457F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:27.02ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

458F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:34.70ID:hp5fa8lE0
a

459F9 ◆y1vclJAQITzj 2017/08/15(火) 18:10:37.19ID:hp5fa8lE0
卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています