【雑うp】巨乳ちょっと来い【むっちり歓迎】3

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1 転載ダメ2017/09/24(日) 15:53:54.19
(´・ω・`)やぁ、Dカップ以上のおっぱいを晒せぃ(´・ω・`)
★「Dカップ以上のおっぱい」 条件はこれだけです!
★荒らし煽り叩きはスルー反応する住人もスルー、相手する人も荒らしですよ!
★「巨乳に貴賎無し」 荒らしを完全スルーして、楽しくうp&観賞いたしましょう!!

※自分の安全のために必ずテンプレを全て読んでからうpしてください
※雑談・馴れ合い大歓迎(但し再でもいいので必ずうpを交えてください)
※スレの進行は「sage」進行でお願いします
※おっぱい以外を晒すのもいいですが、必ずおっぱいも一緒に晒して下さい
※おっぱいうp以外のリクエストは禁止しますが、女神の自発的うpはこの限りではありません
※性器画像・動画のうp、リクエストは厳禁です
※分からないことがありましたら、気軽に住人にご相談ください。初心者女神様も大歓迎です

★動画撮影時の注意★
一部携帯機種で、本名等が動画の情報に書き込まれる場合があります。
動画作成の際は十分ご注意ください。
「menu」→「0」で出てきた画面を確認してください。
あなたの名前がありますか?もしあった場合は名前を消してください。
※名前以外の情報(メールアドレス、電話番号等)が出る事はありません。

★スマホ(iPhone、Android)をご使用の女神様はGPS機能をオフにしてから撮影を★
「設定」→「位置情報サービス」→「カメラ」→「オフ」にする。
※オンの状態では撮影時の場所が画像・動画に組み込まれます(ジオタグ:geotag)

【アップローダ】
◎まじまじ(http://mjmj.be/) 送信先:up@mjmj.be (画像・動画兼用 追加可)
◎Myあっぷ(http://myup.jp/) 送信先:up@myup.jp (画像・動画兼用 追加可)
◎イメピク(http://imepic.jp/) 送信先:up@imepic.jp (画像のみ 位置情報自動削除)

※前スレ
【雑うp】巨乳ちょっと来い【むっちり歓迎】2
http://phoebe.bbspink.com/test/read.cgi/megami/1506110151/

2名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/09/24(日) 17:37:14.65ID:AvGA99Ju0
こないだから連投してる荒らしは巨乳に怨みかか何かあるのか?

3名無し@18歳未満の入場禁止 無断転載禁止2017/09/24(日) 18:42:48.55ID:WS89XsNp0
荒らしなんざどうでもいいわ
すぐスレ立つのだから

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

9999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

999

999

卑劣かつ馴れ合いで他人の命を脅かす人間のクズこと馴れ合い厨どもへ
馴れ合い、他サイトの荒らし行為、ハセカラのようなネットいじめ(リアルいじめも含む)は犯罪です
これはお前たち無法者への警告であり、制裁でもある


いじめ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81

いじめ(苛め、虐め、イジメ英: Bullying)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、
暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である[2]。
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、
いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されている。
教育社会学者の藤田英典は、(学校での)いじめを次の4つに分類し、多くのいじめに対する言説がその特性の相違点を考慮していない点を批判している[15]。
モラルの低下・混乱によるもの。1980年代中ごろに頻発したタイプで、
被害者が偶発的に決定されるところに特徴がある。一種のモラル・パニックや集団ヒステリーといえる。
社会的偏見・差別による排除的なもの。1のケースと比較するといじめの対象となった理由(特定の社会的属性を持っていたということ)は明瞭であり、
差別意識自体を取り除く指導をすることがこの種のいじめの対策となる。
閉鎖的な集団内で特定の個人に対して発生するもの。教師など外部から実態が把握しにくいぶん、対策は難しくなる。
特定の個人への暴行・恐喝を反復するもの。3のケースと違って、加害者と被害者の属するグループは異なる場合が多い。
不良が下級生からカツアゲするといったものが典型的なもので、認知されやすい。
教育評論家の森口朗は、藤田英典の分類を継承して「修正藤田モデル」という四分類を作った[16]。
子供たちが共同生活をおくる上で当然発生するであろう軋轢。
従来型コミュニケーション系いじめ。仲間はずれにするなど、犯罪の構成要件は満たさないもの。
犯罪型コミュニケーション系いじめ。インターネット上での誹謗中傷のように犯罪(名誉毀損罪、侮辱罪など)とみなしうるもの。
暴力・恐喝型いじめ。暴行や窃盗などの犯罪(暴行罪、傷害罪、恐喝罪など)に問われるもの。
そしてそれぞれ求められるべき対処法は異なり、1のタイプの軋轢の解消は
可能な限り生徒の自主性に任せ(教師は2の段階に移行しないかを直接介入することなく見守る)、
3・4のタイプでは警察へ通報または弁護士に相談するなど司法の介入によって解決し
、2のタイプのみ教師・学校側が積極的に解決すべき問題であるという。
いじめによる暴行で重篤な場合は重傷を負わせられる、傷害の結果死に至ったり(山形マット死事件)、強姦されたり(1996年の旭川女子中学生集団暴行事件)
自殺する例もある(1986年の中野富士見中学いじめ自殺事件)。また、
中学生が5000万円も恐喝によって得たり(名古屋中学生5000万円恐喝事件、2000年)、
いわゆる問題児(モンスターチルドレン、不良行為少年)による単純な暴力だけでなく、
使い走り(パシリ)をさせたり、「物を隠す」「第三者の物を隠し、被害者に罪をなすりつける」「交換日記で悪口を書く」「机に花を置き死亡したことにする」
「被害者の名前を隠語にして被害者がききかえしても別人のことをしゃべっているふりをする」といった「心に対するいじめ」もあり、
シカト(無視、仲間外れ)などは水面下で行われることから、教師や周囲が気づかないうちに深刻な事態になりうる。
1996年(平成8年)に文部大臣(当時)が緊急アピールしているように
、「深刻ないじめは、どの学校にも、どのクラスにも、どの子供にも起こりうる」[6]もので、児童生徒1,000人あたりの7.1人がいじめを受けている[18]。
調査では「小学校4年生から中学校3年生までの6年間の間に、
いじめ(仲間はずれ、無視、陰口)と無関係でいられる児童生徒は1割しかいない」[6]ことが指摘されている。

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ[1](harassment)である。
一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話などのネット端末を経由して、
一方的に継続的な物理的・精神的苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることである。
ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話などの場で行われる。
過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ[2]、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、
インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています