■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ナイト】熟女キャバクラ急増のワケ「苦労している分、若いコにはできない気配りがある」 いま求められる“熟女力”[02/13] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/02/13(月) 01:52:23.34 ID:CAP_USER
栄枯盛衰、かつて栄えていたものも、時代の移り変わりにより突如終焉が訪れる。
2017年2月、大阪のとあるキャバクラが20年の歴史に幕を閉じようとしていた。

繁華街の中心に店を構える「クラブL」。
40坪の店内には、常に20名以上のキャストが在籍。20代の若い女性をメインに揃え、リーズナブルな価格設定で、週末には必ず満席になるほどの賑わいだったという。
人気のキャバクラに、いったい何があったのだろうか。周辺事情に詳しい人に話を聞いた。

「年末にはお客さんが並ぶほどの盛況ぶりでした。それでも往年に比べると、売り上げは伸び悩んでいたそうです」
(キャバクラの客引き)

ここ数年、業績不振といわれているキャバクラ業界だが、ある変化が起きているという。

「最近は若いコがいる店より、熟女キャバクラのほうがお客さんは入っていますね。
『クラブL』もオーナーが変わり、跡地には熟女キャバクラができるそうです」
(同)

数年前から人気が高まっているといわれる熟女キャバクラだが、ここ1年ほどで、その人気は急上昇しているという。
ひと昔前まで、熟女キャバクラとは30代前後の女性キャストが在籍する店のことを指していたが、最近では30代から40代の女性のキャストがメインだという。
しかしなぜ今、若手メインのキャバクラが減少し、熟女キャバクラが増え続けているのだろうか。

「2000年初頭、キャバクラに来る客はヤミ金や振り込め詐欺などの犯罪を働く若者が中心となり、年齢層は一気に低下しました」
(元キャバ嬢)

90年代後半まで、若い客などほとんど来なかったキャバクラ。
だが2000年に入り、ヤミ金融やオレオレ詐欺、テレクラのサクラなどの職業が流行し、大金を持った若者たちがキャバクラで豪遊するようになった。
05年には雑誌「小悪魔ageha」(インフォレスト、現・主婦の友社)が創刊。派手な盛り髪にデコネイルの「age嬢」ファッションは社会現象にもなり、キャバクラ嬢は「小中学生の将来なりたい職業ランキング」にランクインする。
しかし、時代は長く続かない。

「ヤミ金、振り込め詐欺の摘発強化により、それまで豪遊していた若者連中が姿を消しました。
さらに追い打ちをかけたのが、2005年に改正された風俗営業法(風営法)です。
今まで深夜過ぎまで営業していたキャバクラが、深夜1時閉店となったことで、終電を逃した若者たちが来なくなりました」
(同)

最近、よく目にするようになった「若者の酒離れ」など、キャバクラから足が遠のいた理由は諸説あるが、風営法の改正は大きく影響したと見られる。
こうした「若者のキャバクラ離れ」により、客の年齢層が上昇。これに目をつけたキャバクラ経営者がオープンさせたのが、正午から夕方まで営業する「昼キャバ」だった。

「昼キャバ客のターゲット層は、定年退職者などの高齢者。それに合わせ、通常よりも年齢の高い30代以上のキャストを採用しました。
キャストのほとんどが、昼間子どもを預けられる主婦や、離婚歴のある子持ちの女性です。苦労している分、若いコにはできない気配りがあります。
また、若いコに比べ、低コストで雇えるのも大きいです。生活がかかってる分、仕事熱心で、経験者も多いので、一から教えなくて済む。
今や熟女は、若いキャバ嬢よりも経営者側にとって需要が高いといわれています」
(熟女キャバクラ経営者)

昼間は30代前後のキャスト、夜は20代のキャストと二部制にすることで、一時、落ち込んでいた売り上げも同店では戻ってきたという。
さらに二部(夜の営業)にも30代以上の女性を起用し、客層も幅広い年齢へと広げていった。

続く

以下ソース
http://www.cyzowoman.com/2017/02/post_128935.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 逢いみての… ★2017/02/13(月) 01:52:42.68 ID:CAP_USER
そんな中、同氏が熟女キャバクラをつくるきっかけとなる出来事が起こったという。

「昨年から始まったマイナンバー制度の導入で、『昼の仕事にキャバクラの副業がバレてしまうのではないか』と、昼夜掛け持ちする副業キャバ嬢が一斉に辞めてしまいました。
彼女らのほとんどが20代半ば頃から後半、店の中堅層といわれる年齢のキャストたちでした。
結果、キャストの平均年齢が上がってしまったので、思い切って熟女キャバクラに変えることにしました」
(同)

客に続き、働き手側にも「若者のキャバクラ離れ」が始まった。
店は30代から40代のキャストをメインに集め、熟女キャバクラへと生まれ変わった。
しかし、ただ年齢層が高いだけのキャバクラではいずれ飽きられてしまう。そこで秘策を打ち出した。

「銀座や北新地のクラブのように、接待で使ってもらえる店を目指しました。
今まで企業の接待は、座って数万円する高級クラブが使われていましたが、1人のお客様に対して、ホステスが数人着くことがある。
キャバクラの特徴である1対1の接客を武器にして、接待で使っていただけたらと。
キャストの年齢自体は高級クラブのホステスと変わりません。教育を徹底的に行いました」
(同)

この店では料金は指名しても、1人1時間1万円。
ハウスボトルがあるので、クラブに比べると、かなり安い価格設定だ。

「料金もですが、クラブのような厳しさがないのも特長です。
店内カラオケ禁止とか、出勤の時は必ずドレスにハイヒールとか、そういう規則はうちにはありません」
(同)

働くキャストは、若いキャバ嬢やクラブホステスのような派手さはないが、背中のあいたロングドレスにショールといった落ち着いた衣装が主流だ。

「熟女キャバクラ嬢の魅力は、気を使わなくていいとこ。年齢が近いので話が合います。
若いコ相手だと話が合わないので疲れちゃうんですよね。高級クラブのように、同伴で高級店に連れていかなきゃ、というプレッシャーもないし。
あと、多少のオサワリを許してくれるのも良いですね(笑)」
(熟女キャバクラ常連客)

そんな熟女キャバクラだが、中には比較的若いキャストもいるようだ。

「もともと、キャバクラで働いていたのですが、若いお客さんや女のコのノリに付いていけなくて、こっち(熟女キャバクラ)に移ってきました。
お客様は年配の方が多いので働きやすいです。キャバ嬢のような派手な服装も苦手なので、熟女キャバクラの落ち着いた雰囲気は自分に合っていると思います」
(熟女キャバクラ嬢28歳)

いまや、熟女キャバクラは勢いを増している。
しかし一方で、減りつつある若手のキャバ嬢たちはどう思っているのだろうか。
閉店を間近に控えた「クラブL」のキャストに、先行きを聞いた。

「売り上げがあるキャストは、熟女キャバクラに残れる方針でいるそうです。
でも、全員を今まで通りの時給で、というわけにはいかないみたいです。
私はほかの店を探そうと思ったのですが、時期が時期なので、しばらく熟女キャバに残りながら、ほかの店を探すことにしました。
また、売り上げや出勤が少ないキャストは、遠まわしにクビを宣告されているそうです。
新しい店を探したり、キャバクラの派遣会社に登録するというコもいますが、皆、なかなか移動先が見つからないとぼやいています」
(「クラブL」古株キャスト・27歳)

水商売で2月は、暇な月といわれている。実績がないと、働き口はなかなか見つからないという。

「同じエリアなら、今まで来てくれてたお客さんも引っ張りやすいけれど、この辺りで『L』と同じ料金で飲める店はない。
新天地で一からお客さんをつかんでいくのも厳しいけど、時給が下がるのも困る」
(同)

相次いでオープンする熟女キャバクラの裏側で、多くの若手キャバ嬢たちが路頭に迷っているようだ。
「小悪魔ageha」全盛期の頃のように、彼女らがふたたび日の目を見ることはあるのだろうか。

終わり
3 : 夜更かしなピンクさん2017/02/13(月) 01:58:19.36 ID:UTJBv5gc
あいみてうっとおしいんだよ
4 : 夜更かしなピンクさん2017/02/13(月) 03:22:33.45 ID:8k1i+Yqq
当たり前と言えば当たり前。
客は高い金払って接客してもらいに行ってるのに、
何を勘違いしてるのか若いキャバ嬢はろくな接客も出来ないのばっかり。
大概の客はどーせヤれるワケでもないんだから、
ちょっと歳食ってても気が利いて楽しく会話出来る相手の方が気分良く飲める。
『キャバよりスナックの方が気楽で良い』って層は少なくない。
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています