【社会】ターゲットは女性だけではない!「被害者は男!!」新時代の性犯罪[04/16] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/04/16(日) 00:14:42.75 ID:CAP_USER
レイプといえば、男が女を襲うものと誰もが思ってしまうが、現代は逆パターンの事件も増えている――。

昨年は大学生によるレイプ事件が相次いだ。表沙汰になっただけでも東大、近畿大、慶応大、千葉大など。
こうした性犯罪の影響もあってか、政府も動き出した。

「今期の通常国会では、性犯罪に対する刑法改正案が提出される予定です。強姦罪の刑期の引き上げをはじめ、今までは親告罪だった強姦事件も非親告罪となります。
これにより、被害者の泣き寝入りも少なくなると思います」
(社会部記者)

刑法改正で性犯罪がなくなることを祈るばかりだが、実は今回の改正案には意外なものも含まれていた。

「男性も強姦罪の被害者に含める」

お分かりだろうか。強姦被害者は何も女性に限ったことではない。

「現在の強姦罪の被害者は“女性のみ”とされているんです。しかし、男性が強姦に準ずる被害に遭ったときも強姦罪を適用すべき、という改正案も提出されたんです」
(前同)

言い換えれば、性犯罪の被害に遭う男性が増えているということだ。
そこで今回、本誌は男性の被害実態を徹底取材した。

「まず一番多いのは、電車内の痴漢ですね。昔から男にお尻を触られるといったホモ痴漢はありましたけど、最近は女性に逆痴漢されたケースもよく聞きますね」

と語るのはカウンセリングルーム「青山リラク」を主宰するカウンセラーの青山愛さん。
逆痴漢といえば、AVの痴女モノを想像するが、現実は全然違うようだ。

「私のところにも何人か、逆痴漢の被害に遭った男性が相談に来ましたけど、とにかく“気持ちが悪い”と言うんですね」
(前同)

具体的に話を聞くべく、実際に被害男性にも取材させてもらった。
「もう1年以上前のことですが……いまだにショックで、女性恐怖症です……」と話すのは現在、都内の某企業で働くAさん(25)。
女性にイタズラされるだけにイケメンかと思いきや、どちらかというと“ずんぐり体型”の地味な男性だ。
痴漢されたのはある私鉄の車内だったという。

「午後6時過ぎの帰宅ラッシュの時間帯で、車内は満員でした。電車に乗ってすぐに、お尻を撫でられている感覚があったんです。
まさか?と思って振り向いたら、55歳ぐらいのケバいオバチャンがいたんです。
その女は僕と目が合うと、今度はあからさまに股間に手を伸ばしてきたんです。
頭の中では“なんだよ、このババア!”と思う一方で、“おかしい人だったら危ないから、関わらないでおこう”という防衛本能も働いていました」
(Aさん)

乗った電車は急行だったため、次の停車駅まで約15分。その間、Aさんは股間をひたすら弄られていた。

「勃起なんて一切しませんよ。むしろ、恐怖と不快感だけ。女が僕のナニのサイズを確かめるように触っていたのもイヤでした……」

現在もAさんは50代の女性を見るだけで吐き気を覚えてしまうという。
また、こんなケースも。

「学生時代の話なんだけど、今思い出しても気持ち悪い。あいつのせいで、当時の彼女にもフラれたんだよね」と訴えるのは、31歳の男性会社員・Bさん。
精悍な顔立ちのイケメンで、学生時代はテニスサークルに入っていたという。

「そのサークルの合宿で、俺は酔っ払って寝ていたんだよ。で、目が覚めたら、前々からストーカーのようにつきまとっていた後輩の女がフェラチオしてんだよ。
陰気くさい女でサークル内でもあまり好かれておらず、俺も苦手だった」

当然、Bさんは「何やってんだよ!」と激怒。だが、大声を出したため、他のメンバーも目を覚ました。

「勝手にしゃぶられていたのに、周りの反応は違うんだよね。俺がヤラせたみたいになっていて……そのことが彼女の耳にも入って、一巻の終わり」(前同)

時として女のほうが大胆で、暴走しやすい。これもまた、男性が被害に遭った性犯罪と言えるだろう。

続く

以下ソース
http://taishurx.jp/news/detail/25766/

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 逢いみての… ★2017/04/16(日) 00:14:58.85 ID:CAP_USER
では、強姦はどうか。

「海外では女が男をレイプする事件は頻繁に起きています。たとえば、タイで伝統的行事が行われている最中、“俺は並外れた絶倫だ”と自慢していた47歳の男性に、興味を持った女性たちが酒を飲ませたあげく、男性のペニスが腫れ上がるまで逆レイプしたとして、告訴された」
(夕刊紙記者)

2009年、ロシアのヘアサロンに押し入った強盗が、武道の達人であった女性美容師に返り討ちされた。
これだけなら拍手喝采だが、

「その後、女性美容師は強盗を地下室に運び込み、リストバンドで拘束。さらにバイアグラなどの薬物を飲ませて、3日間にわたってレイプしたんです」
(前同)

なんともスゴイ……。

さすがに日本ではこうした事件は見当たらないが、都内の印刷会社で働く男性のCさん(32)はこう告白する。

「自分は以前、アパレルメーカーで働いていたんです。女性の多い職場で、女子校みたいなノリでしたね」

会社の飲み会でも、数少ない男性のCさんは常にイジられ役だったという。

「けっこう下ネタも当たり前で、みんな彼氏のことや浮気相手とのSEXの話もするんですよね。
当時、自分は女性を“神聖な存在”と思っていたんで、少なからずショックでした……」

それだけではない。あるとき、飲み会で酔っ払った女子社員たちが……。

「僕にも酒を飲めと強要してきて、めちゃくちゃに酔わされたんですよね。で、気づいたときにはパンツを脱がされていました……あとで聞いたら、パンツを脱がせたのは女性たちで、おしぼりでペニスを拭かれたりしていたそうです」 

これなどは完全な逆セクハラだが、Cさんいわく、「キレるわけにもいきません。笑い話で済ませるしかないんですよ、男は……」

男ゆえに辱めを受けても、本気で訴えられないのも事実。
こんな話もあった。

「強姦とは言えないかもしれないけど、あれはたぶん、睡眠薬を飲まされた……」

こう告白するのは都内の飲食店の従業員男性のDさん(32)。今から2年前、チャットで知り合った女性と会う約束をしたという。

「27歳の看護師と言っていたんだけど、実際に会ったら、どう見ても40過ぎ。キツいなぁと思いつつも、酒を飲むことになって……」

頃合いを見計らって帰ろうと思っていたものの、途中から記憶がないという。

「目が覚めたら、両手と両脚をベッドに縛られていた。“ちょっと冗談はやめてよ”と言ったんだけど、“そっちが誘ったんでしょ?”と言い返してくる」

顔も体もタイプではなく、ヤリたくもなかったが、ここは従うしかなかった。

「でも勃起できないんだよね。そしたらその女、“だらしないわね”と怒りながら、なぜかアナルバイブを手に持っていて……」
(同)

激痛が走ったのは言うまでもない。しかし彼女は、「もっと泣け、わめけ!」と背筋が凍るほどゾッとする表情で突き刺してきたという。
Dさんがこう言う。

「いるんだよ、世の中には変な女が……」

一刻も早い法改正を望むばかりだ。

終わり
3 : 夜更かしなピンクさん2017/04/16(日) 00:45:33.55 ID:Bm/5t+fF
よかったな、おまえら