■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【海外】「妻が言うことを聞かないんだ。何とかしてよ」 夫にインドから呼び出された両親 妻と孫への虐待に加担―アメリカ[09/10] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/09/10(日) 00:56:01.43 ID:CAP_USER
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2017/09/04/21/43E873CE00000578-4851918-image-m-11_1504556924583.jpg

「妻が言うことを聞かないんだ。何とかしてよ」―男はこんなふうに両親に伝えたのだろうか。
このほど米フロリダ州に住む男がインドにいる両親を呼びつけ、一家そろって妻を虐待していたことが発覚した。
『Fox News』『Tampa Bay Times』『Metro』など複数のメディアが伝えた。

フロリダ州リバービューで9月2日早朝、インド人女性シルキー・ゲインドさん(33歳)と1歳の娘がヒルズボロ郡警察に保護された。

シルキーさんは、同じくインド人の夫デブビア・カルシ(33歳)と娘との3人暮らしだったが、デブビアがインドに住む自分の両親に「妻が素直に言うことを聞かない」と相談すると、父ジャスビア・カルシ(67歳)と母ブピンダ(61歳)は「嫁を諭して躾ける」とフロリダへとやって来た。
そして事件が発覚するまでの間、息子と一緒にシルキーさんを虐待する日々を送っていたのだ。

9月1日の夜、デブビアはシルキーさんと口論になり何度も殴りつけた。
自己防衛しようとしたシルキーさんを見たデブビアの両親も、一緒になって義理の娘に暴行を加えた。
母親に抱きかかえられていた娘も、顔を殴られる被害に遭っている。

その後、シルキーさんはインドにいる自分の両親に夫と舅、姑からの虐待を告白し、助けを求めた。
シルキーさんの両親が警察へ通報し、2日の午前6時半頃ヒルズボロ郡警察は一家を訪れたが、シルキーさんはジャスビアにナイフで脅され携帯電話を奪われて部屋に閉じ込められていた。
警察官が何度ノックしても応答がなかった矢先、シルキーさんがドアを開け「私と娘を助けて!」と叫んだという。

デブビアは警察官に入られまいとドアを無理やり閉めようとしたが結局、両親ともども逮捕された。
デブビアとジャスビアには不法監禁と幼児虐待、911へのアクセス拒否をした罪で逮捕され、さらにジャスビアは凶器を用いた加重殴打罪にも問われると見られている。
またデブビアにはDV(家庭内暴力)の加重暴行罪、ブピンダにはDVと幼児虐待の通報を怠った罪が科せられることになるようだ。
3人は保釈金無しで同郡拘置所に身柄を拘束されているが、今後はインドへの強制送還もあり得るという。

近隣住民らは、家の中で行われていた恐ろしい暴力に「よく親を加えて奥さんを虐待することができたものだわ。幼い子供だっているのに酷すぎる」と声を震わせた。

現在、シルキーさんと娘は安全な場所に保護されている。

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2017/09/04/21/43E85DA700000578-4851918-image-a-9_1504556887229.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2017/09/04/21/43E85DAB00000578-4851918-image-m-8_1504556880284.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2017/09/04/21/43E85DB100000578-4851918-image-a-10_1504556892645.jpg

以下ソース
http://japan.techinsight.jp/2017/09/ellis09050846.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 夜更かしなピンクさん2017/09/10(日) 01:01:16.63 ID:ZnS5vl34
多文化共生ニダwwww
3 : 夜更かしなピンクさん2017/09/10(日) 02:42:06.22 ID:iCz1HUju
>>1
インドでは嫁が気に入らなかったり持参金が少ないと焼き頃すお国柄ですから
4 : 夜更かしなピンクさん2017/09/10(日) 02:48:32.57 ID:iCz1HUju
http://jp.wsj.com/articles/SB10777827119304873821304581127623629104968
持参金問題で嫁が焼き殺されるインド

インドでは家族の名誉を傷つけたとか、花嫁の持参金が少ないといっては、女性に火をつける家族や義理の親族が今も後を絶たない。政府の統計によると、花嫁の持参金に関するもめごとで約1時間に1人の割合で女性が死亡している。
また、虐待から逃れるために、考えあぐねた末に自ら火をつける女性もいる。
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています