【身体】水虫の再発は50%! 完治の秘訣はかゆみのあるなしにかかわらず皮膚が入れ替わる 『3ヵ月のあいだ薬を塗り続けること』[10/13] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/10/13(金) 00:34:54.69 ID:CAP_USER
よく「水虫を治す薬を作ったらノーベル賞ものだ」といわれる。
しかし「白癬菌」に効く薬は、実はたくさんある。では、水虫薬はどれも効くのに、どうして治りにくいのだろう?
それは、皮膚の深いところまで薬を浸透させることが難しいからだ。

足がかゆくなったら、すぐに皮膚科に行って診てもらおう。
医師に水虫と診断されたら、毎日、薬を塗って治療することだ。

治療をしていれば、かゆみが消えてくる。
そこで薬を塗るのを止めてはいけない。ある意味、「ここからが勝負」ともいえる。かゆみがなくても、皮膚の深いところには、まだ白癬菌が残っているからだ。
菌を全滅させないと、また菌が繁殖してしまう。

ちなみに、水虫で医師に診てもらうときの注意。
患部の皮膚を少し取って、顕微鏡で確認しない医師は敬遠したほうがいい。
診察室の机の上には顕微鏡が必須、皮膚科の医師なら、必ず白癬菌を顕微鏡で見て診断するものだからだ。

再発しやすい水虫を完治させるためには、どのように治療すればいいのだろう?
薬を毎日塗ることで表面近くの白癬菌を退治したら、深いところの皮膚が表面に出てくるのを待ち、また退治する――。これを繰り返すしかない。

皮膚の深いところに白癬菌が残っているのに、かゆみが消えたからといって治療を止めてしまうと、それまでの努力が水の泡。
少しでも残っていれば、そこからまた繁殖してしまう。根絶やしにするまで、薬を塗り続ける覚悟で塗ろう。

私たちの皮膚は表皮の最下層である「基底層」で作られ、4週間ほどかけて皮膚表面に出てくる。さらに2週間ほどたってから剥がれ落ちる。
つまり、「皮膚の入れ替わり」には「計6週間」が必要になる。念には念を入れて治療の期間を2倍にすれば「6週間×2=12週間」。
つまり3ヵ月間は薬を塗り続けよう。

かゆくてもかゆくなくても、3ヵ月間は毎日薬を塗る根気が、水虫を完治させるために必要だ。
多くの人は、それ以前に治療を止めてしまうので再発するのだ。

白癬菌が足の爪に入り込むと「爪白癬」になる。
これまで爪白癬は、飲み薬でしか治療できなかったが、平成26年に「クレナフィン」という薬が、また、平成28年に「ルコナック」という薬が認可された。どちらも爪白癬用の塗り薬だ。

特に高齢者の場合、免疫力が下がることもあって、水虫にかかりやすいという調査結果が出ている。
文京学院大学の藤谷克己教授の研究によると、爪白癬の罹患率は、一般成人では9%だが、65歳以上の人では55%だったという
(履いていた靴下を培地にこすり付けた後、2週間培養することで白癬菌の有無を判断)。
高齢者が爪白癬にかかると、歩行困難の原因にもなり、生活の質(QOL)の低下に直結すると、警鐘を鳴らしている。

高齢者が歩行困難になったら、「認知症」や「寝たきり生活」まっしぐらだ。
同居している家族も高齢者の足を観察して、疑わしかったらすぐに医者に行き水虫治療をしよう。

家族に水虫の人がいたら、使うタオルは共用しないほうがいい。
普通に洗濯すれば、白癬菌は洗い流されるので、別々に洗う必要はない。掃除も同じだ。
水虫の人の角質が剥がれ落ちれば、そこに白癬菌が確実にいる。それらは掃除をして、除去するようにしたい。

以下ソース
http://healthpress.jp/2017/10/post-3276.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 夜更かしなピンクさん2017/10/13(金) 05:13:11.93 ID:RHIbb/mx
爪水虫は塗り薬では治らん
3 : 夜更かしなピンクさん2017/10/15(日) 21:10:21.07 ID:RqiGCFDl
スプレーボトルに、キッチンハイターを薄めて入れて

それを毎日足にふりかける。

靴下、靴の中敷にもかける。
(脱色するので注意)

一発で水虫菌が死ぬよ。