【歴史】偉人たちの処世術・世界編 ヒトラーが宣伝大臣ゲッベルス夫妻の離婚を許さなかったワケとは[07/12] [無断転載禁止]©bbspink.com

1逢いみての… ★2018/07/12(木) 02:18:28.16ID:CAP_USER
早見俊『偉人たちの処世術・世界編』

一国の首相や大統領夫人をファーストレデイと呼びますね。ところで、ドイツ第三帝国、通称ナチス・ドイツのファーストレデイは誰だったのでしょう。アドルフ・ヒトラーがエヴァ・ブラウンと結婚したのは自決する前日のことで、それまでは独身を通していました。

従って首相と大統領(国家元首)を兼任していたヒトラーの夫人はいなかったのです。では、ナチス・ドイツにファーストレデイは不在だったのかというと、ちゃんと存在していました。マグダ・ゲッベルス、宣伝の天才と称される国民啓蒙宣伝大臣ヨゼフ・ゲッベルス夫人です。

何故ヒトラーがマグダをファーストレデイにしたのでしょうか。マグダと不倫関係にあったからではありません。ゲッベルス夫妻にはマグダの連れ子一人を含め七人の子供がおり、マグダはナチスが推奨する良妻賢母の典型、お手本とされたからです。

そんなマグダの夫ゲッベルスとはどんな男であったのでしょう。彼は四歳の頃、小児麻痺を患って負った身体的障害を乗り越えようと複数の大学に学び、名門ハイデルベルク大学で哲学博士号を得ました。ナチス入党後は、宣伝部長となって選挙戦に多大な貢献をします。

その功績でヒトラーが政権を獲得すると宣伝大臣に就任しました。ベルリンオリンピックを政治利用したことは有名です。オリンピック名物の聖火リレーはゲッベルスが初めて実施し、史上初のテレビ中継も行われました。

宣伝相としてマスメディアを握ったゲッベルスは多くの女優と関係を持ちました。中でもチェコの女優リダ・バアロヴァとは真剣に愛し合い、マグダと離婚して宣伝相も辞し、大使として日本で新婚生活を送ろうと考えた程です。

ゲッベルスに裏切られたマグダはゲッベルスの部下と不倫、夫婦関係は破綻しました。しかし、ヒトラーは離婚を許さず、二人は仮面夫婦を続けました。第二次世界大戦が勃発すると、ゲッベルスは国民の戦意発揚に辣腕を発揮、マグダは銃後を支える良妻のシンボルとなります。ドイツを代表する理想の家族、ゲッベルス一家は仮面夫婦のままベルリン陥落の直前、ヒトラー夫妻の後を追い、子供達を道連れに一家心中したのでした。

以下ソース
http://www.dansen-web.com/article/detail/1231442/

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2夜更かしなピンクさん2018/07/12(木) 08:06:59.45ID:OUMIH2G3
ナチス思想や共産主義思想ではお金持ちになれません!

本当に必要なモノだけで暮らすシンプルで豊かな生き方を考えましょう。

ジョシュア・フィールズ・ミルバーン著
「minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ」

ジョシュア・ベッカー著
「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」

レオバボータ著
「減らす技術」

タミーストローベル著 
「スマートサイジング」

ドミニック・ローホー著
「シンプルに生きる モノを持たない暮らし」

佐々木典士著
「ぼくたちに、に、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」

3夜更かしなピンクさん2018/07/14(土) 21:42:29.05ID:kesCXh0S
男の潮吹きの具体的なやり方とか ⇒ https://www.google.co.jp/search?q=ko0e9ir8uie83

3MI

新着レスの表示
レスを投稿する