【衝撃】5000年前に忽然と消えた「リトル・ピープル」の古代都市が謎すぎ! ドワーフか宇宙人か… ミイラ化死体の分析結果は…[10/10] [無断転載禁止]©bbspink.com

1逢いみての… ★2018/10/10(水) 01:12:52.53ID:CAP_USER
https://tocana.jp/images/cityofdwarves1.JPG
“ドワーフの都市”

 現在のイラン・ケルマーン州で紀元前3000年前の町の遺跡が発掘された。その町の住居や通路は我々が暮らすにはあまりにも小さいことから、かつて存在した“リトル・ピープル”の町だったのではないかと話題を呼んでいる。

 チワワからセントバーナードまで、犬にはさまざまなサイズの種があるが、我々人類もかつては大小さまざまなサイズの種族がいたのかもしれない。

 イラン・ケルマーン州のMakhunikという村で、いにしえの町の痕跡を残す遺跡が1946年に発掘されている。それまでは土に埋もれていたこの遺跡は、なんと紀元前2000年から4000年も前のもので、町を構成する住居や通路などがすべて奇妙なほど小さかったため、“リトル・ピープル”の町だったのではないかと噂され、“ドワーフの都市”という呼ばれるようになったのだ。ちなみにドワーフ(dwarf)とは北欧神話で語り伝えられるきわめてパワフルな小人だ。

 1948年から同国テヘラン大学などによって本格的な調査が始まったが、町の通路やトンネル、住居の天井から暖炉に至るまでいずれもサイズが小さく、ここで暮らしていたリトル・ピープルはせいぜい身長1メートル前後であったと考えられるという。そして、墓の跡と思われる場所も数多く発見されたが、なぜかその中から人骨が発見されることはなかった。

 生活の痕跡はあるのに人の気配がないこのドワーフの都市なのだが、ある研究者は放棄された町ではないかと指摘している。遺跡の住居の扉には封印が施されているケースが確認されていることから、いずれは戻ってくることを念頭に、ある時期にリトル・ピープルたちは集団で町を離れたのではないかという。町を離れる理由は、たとえば過酷な干ばつなどである。しかしながら、この地に我々とは違う種族のリトル・ピープルの文明が栄えていたのかどうかの手がかりは、今もまったくつかめていない。

https://tocana.jp/images/cityofdwarves2.JPG

 ケルマーン州の観光協会は次のように述べている。

「遺跡がドワーフの都市であると確信を持って言うことはできません。ここはきわめて古い地域で、地理的な変化によって土に埋もれていました。当時は技術があまり開発されておらず、家々を土埃から守るために高い壁を建てることもできませんでした」

 このドワーフの都市について、専門家の間でもいくつかの議論が起こったのだが、この地でリトル・ピープルの遺体が発見されていないことから話はそこで堂々巡りとなっていた。

 しかし、2005年8月に新たな展開を見せることになる。この地で25センチほどのミイラ化したリトル・ピープルの遺体が発見されたというのだ。最初の分析ではこのミイラは死亡時に16歳から17歳であると推定されたという。

https://tocana.jp/images/cityofdwarves3.JPG
ミイラ化したリトル・ピープルの遺体

 この話題を多くのメディアが取り上げて古代イランのリトル・ピープルが広く注目を集めるところとなったが、発見から1年後の精密な分析では、この遺体は400年ほど前のものであり、自然にミイラ化して縮んだものであるとの分析結果がもたらされたのだ。こうしてリトル・ピープルの“騒動”はいったん収まることになったのである。

続く

以下ソース
https://tocana.jp/2018/10/post_18323_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2逢いみての… ★2018/10/10(水) 01:13:11.74ID:CAP_USER
 ケルマーン州のドワーフの都市は再び謎に包まれることになったが、それでもドワーフや妖精、ホビットなどリトル・ピープルの伝説が世界各地に残されていることは事実だ。また、インドネシアのフローレス島で発見された、身長1メートルほどの小型のヒト属と考えられるホモ・フローレシエンシス(Homo floresiensis)の例もある。

 はるか昔、5000年前のドワーフの都市にリトル・ピープルが暮らしていたのだろうか。そしてリトル・ピープルはどこへ消えたのか? 

 陰謀論の筋からはリトル・ピープルはかつて実在し、その遺体は厳重に秘匿されているという指摘もある。また“リトル・ピープル宇宙人説”もあり、この説ではここで暮らしていたリトル・ピープルは5000年前に全員宇宙に帰ったということになるのかもしれない。そして、ドワーフの都市の周辺一帯を発掘すればまだまだいろんなものが見つかる可能性もある。リトル・ピープルについての新たな動きがあればいち早くお伝えしたい。

終わり

3夜更かしなピンクさん2018/10/10(水) 01:25:40.52ID:mOummbAx
そういう趣味を持ったおっさんが5000年前に居たんだろうな

4夜更かしなピンクさん2018/10/10(水) 02:17:11.06ID:Jw5SDmeN
紀元前4000年のおまいら

5夜更かしなピンクさん2018/10/10(水) 03:44:48.18ID:+ZUUOZZW
トカナの記事でいちいちスレ立ててたら滅茶苦茶になる
もうやめてくれ

6夜更かしなピンクさん2018/10/10(水) 04:15:34.84ID:mpQF3RSu
ぼうけんコロボックル

7夜更かしなピンクさん2018/10/10(水) 11:06:56.59ID:c9nmfG/U
自然にミイラ化して縮んだものであるとの

ミイラになったらこんなに縮んじゃうのね。

8夜更かしなピンクさん2018/10/10(水) 23:38:28.09ID:4LLnCNoj
・子供用の大規模アトラクション施設だった可能性
・当時の創作物のテーマパークだった可能性(例えばの例:ガリバー旅行記
・なんか作ってみた

9夜更かしなピンクさん2018/10/10(水) 23:40:06.80ID:4LLnCNoj
あ、子供用の教育・教練施設だった可能性も
有事にはそのまま子供だけの要塞として機能

新着レスの表示
レスを投稿する