■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【身体】甘〜いイチゴで抗酸化作用&精力アップ 高い栄養価のヘタは「苺茶」に[03/14] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/03/14(火) 00:12:02.04 ID:CAP_USER
http://www.zakzak.co.jp/love/images/20170313/lov1703130830001-p1.jpg
マリリン「イチゴの赤い部分にはポリフェノールの一種『アントシアニン』があり、抗酸化作用、老化防止に役立つそうですよ」(深澤宏太撮影)

春の代表的なイベントのひとつに、イチゴ狩りがあります。
イチゴの旬は春なので、まさにこれからがおいしい時期であり、暖かくもなるのでお出掛け先にもピッタリ。
このイチゴにも、アンチエイジングや精力アップの効果が見込めます。

イチゴにはビタミンCが非常に多く含まれています。
ビタミンCといえば、美しい肌を作るのに欠かせない栄養素。
男性もおろそかにしてはいけないポイントでしょう。

そして、あの鮮やかな赤色の素となる成分が、ポリフェノールの一種である『アントシアニン』です。
強力な抗酸化作用があり、老化防止にも役立ちます。
特に、目の疲れや視力低下を回復する効果に優れ、それに伴う老化の進行を抑制します。

イチゴは、部分によって甘さに違いがあるのをご存じでしょうか。
葉に近い部分から先端に向けて、糖度が増していきます。
食べるときは先端から口に含む方が多いと思いますが、ヘタを取ってその部分から食べていったほうが、徐々に甘みが増していくように感じられます。
最後に甘い部分で締めくくられるので、理想的な食べ方といえるでしょう。

取ったヘタですが、この部分も栄養価が高いとされています。
イチゴの葉には『アグリモニイン』という成分が含まれていて、実の部分同様に抗酸化作用や強壮作用が期待できます。
ですから、ヘタを取らずにそのまま食べてしまうのも、栄養を逃さないという意味では有効な方法。
苦みや食感が気になる場合もあり、農薬の問題もあるので、いったん取ってよく洗ってから乾燥させ、細かく切ってお茶などにして飲むといいかもしれません。

かわいらしい赤い小さな実には、アンチエイジングに役立つ成分がふんだんに詰まっています。
この春は、パートナーの方とイチゴ狩りへお出掛けになってみては。

以下ソース
http://www.zakzak.co.jp/love/news/20170313/lov1703130830001-n1.htm

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています