【海外】10代向けファッション誌『Teen Vogue』が「アナルセックスガイド」掲載 超過激な内容にママ激怒で「穴論争」に発展![09/14] [無断転載禁止]©bbspink.com

1 : 逢いみての… ★2017/09/14(木) 01:04:05.80 ID:CAP_USER
10代女性向けファッション情報誌『Teen Vogue』が、未成年女性にアナルセックスを奨励する記事を掲載し、大きな問題となっている。

事の発端となったのは、『Teen Vogue』の電子版に7月7日付で掲載された1本の記事「アナルセックス:あなたが知るべきこと」だ。

執筆者は自称性教育者のジジ・エングル(Gigi Engle)氏。
記事を見てみると、アナルセックスは古代ギリシアから実践されてきた“自然な性行為”であると書かれており、さらには“前立腺刺激は気持ちいいもの”であると直接的な表現が多く見られる。
記事全編にわたり、詳細なアナルセックスのイロハが紹介され、中には「プレイ中には糞便が付着することもある」と実に丁寧な(?)注意もされている。

「あなたはお尻の穴に挿入しているんです。そして、お尻の穴はうんこが出てくるところです。
アナルセックスにうんこゼロを求めるのは現実的ではありません。大した問題ではありませんよ。皆うんこをするし、お尻を持っているのですから」
(『Teen Vogue』)

問題はここからだ。この記事に怒ったクリスチャンのブロガー、グレース・エリザベス・ジョンソンさん(通称、Activist Mommy)が、Twitter上で同記事を揶揄する投稿をしたところ、Twitterのルールに反するとして、アカウントが凍結されてしまったのだ。
その投稿がこちらだ。

「おめでとう、フィリップ(『Teen Vogue』の編集者)!あなたのために男色雑誌(sodomite mag)が、子どもたちに肛門性交(sodomy)を教えたわ」

恐らく宗教的に差別的な意味合いのあるsodomy(肛門性交、男色)という言葉が、Twitterの機嫌を損ねたのだろう。
これに対し、同性愛者であると公言している『Teen Vogue』の編集者フィリップ・ピカルディ氏は、男性とキスをしながら中指を突きたてた写真を投稿。
ジョンソンさんの怒りに油を注ぐような挑発行為に出た。

この“事件”だけに注目すると、一部の(宗教的)保守が騒いでいるだけの問題に見えるかもしれないが、(政治的に中立とされる)英高級紙『The Independent』(7月9日付)も、今回の『Teen Vogue』の記事に対する嫌悪感を露わにしている。
というのも、同記事では男女の下腹部の解剖図も図示されているが、女性器周辺のディテール、たとえばクリトリスなどが除外されていることもあり、まるで女性が「前立腺の無い人」「非男性」として表象されているというのだ。
女性が最も性的刺激を受ける部分がすっかり無視されているため、「女性の体が男に挿入されるためだけの穴」になっており、女性がアナルセックスに同意することは自身のためではなく、男性パートナーの快楽を満たすためになっているとも非難している。

続く

以下ソース
http://tocana.jp/2017/09/post_14439_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 : 逢いみての… ★2017/09/14(木) 01:04:30.14 ID:CAP_USER
さらには、アナルセックスのリスクを強調していない点も問題であると指摘。
腸壁は傷つきやすく、排泄物による感染症は時に外科手術を要するほど深刻になりうる上、ご存知のように、アナルセックスはHIVの感染確率を高めるといわれている。
こういったリスクへの注意喚起が目立っていないというのは、教育的立場から見ても確かに問題だろう。

米ニュースブログ「PJ News」の記者ミーガン・フォックス氏も9月6日付の記事で、ピカルディ氏やその仲間たちは、児童を性的に虐待する性犯罪者と変わりがなく、15歳の女の子に腰をかがめさせ、尻を突き上げるよう指示しているのだと強い口調で非難。
彼らのやり口は、直接に子どもたちを虐待するのではなく、子どもたち同士を性的虐待に追い込む点で最悪のプロットだと怒りを露わにしている。
また、そもそもの話をすれば、『Teen Vogue』の読者層であるティーン(13〜19歳)のほとんどは性交が許される法的年齢に達していないため、肛門性交であれ、セックスを奨励するような記事自体が不適切と指摘することもできるだろう。

とはいえ、我が国でも一部の少女漫画誌が性的に過剰であるとして問題になることがあるが、確かにその線引きには難しいところがあり、今回の件もピカルディ氏と批判者の間で、大きな認識の違いがあるように見受けられる。
今後もしばらく論争は続くことだろう。

https://youtu.be/39Z5xC8rpQw

終わり
3 : 夜更かしなピンクさん2017/09/14(木) 01:37:44.74 ID:lOYusGMa
エイズ蔓延するな
10代なんてバカだから
4 : 夜更かしなピンクさん2017/09/14(木) 04:04:24.12 ID:d5BtqHur
ケムトレイルやめたら
5 : 夜更かしなピンクさん2017/09/14(木) 04:33:38.67 ID:N3b4GW79
あっ、なる ほど